2017年11月16日 (木)

第2回「ごきげんマルシェ」出店ご案内♪

2017111501

いつも私のブログをご覧頂き、ありがとうございますheart01

このところイベント出展はしていなかったですが、お声掛けを頂いて、緑区で行われる第2回「ごきげんマルシェ」に参加することになりました。

今月26日(日)に開催で、場所はCCNet東名局(中部ケーブルネットワーク)、地下鉄徳重駅やヒルズウォーク徳重そばです。

今までイベント出展すると、教室とアクセサリー販売を行っていましたが、今回はアクセサリー販売のみです。今までに作った教室見本など30%OFF~で販売しますsign01

他にも、様々な手作り雑貨、天然酵母パン、焼き菓子、野菜などの販売、リンパマッサージやネイル&メイクもあります。

近隣にお住まいの方、買い物で近くにいらっしゃる方は是非どうぞsign01お待ちしていますshineshine

第2回「ごきげんマルシェ」

日 時 11月26日(日)10:00~16:00
場 所 CCNet東名局 Cスペース・駐車スペース・スタジオ
     名古屋市緑区鳴海町字神沢33-15

こころもからだも喜ぶ、ごきげんな一日!
売る人も、買う人も、伝える人も、みんなつながる素敵な時間・・。
今年も「CCNet ごきげんマルシェ」開催します。
安心・安全な新鮮お野菜、ふっくらもっちり天然酵母パン、焼き菓子、
ほっとひと息おいしい飲み物、ハンドメイドのおしゃれ雑貨やアクセサリー、
おしゃれな小物たち。
そしてそして、リンパマッサージやおはなし会まで、
こころもからだも喜ぶ、多彩な催しとお店がいっぱい。
お子様連れも、おじいちゃん&おばあちゃんも、
もちろん、若い人たちも、一緒に楽しい時間をつくりませんか。
第2回「ごきげんマルシェ」、もうすぐです。

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年11月15日 (水)

似たような恰好の2人の男性を見て

2017111401

昨日は名古屋駅の東急ハンズにちょこっと行きました。私鉄とJRを乗り継ぐのですが、その道中で見た2人の男性が印象に残りました。

2人とも紺色の上着を着て、ジーンズをはき、コンビニで買ったビニール傘を持っていました。

初めに目に入ったのは、30代後半~40代に見える男性。電車を一緒に降り、駅の連絡通路で走り去っていきました。

その男性の上着は、一応ブレザー風だけど、ペラペラの薄い生地。ジーンズは形から推測すると、かなり前に買ったもので、両足の裾とも破れてる。肩に掛けているショルダーバッグはナイロン製で、これも長く使ってきたみたい。

髪の毛は伸びっぱなしで、しばらく床屋に行っていない感じ。肌はきれいだけど、不自然にやせており、ちゃんと食べているのかちょっと気になる。走った時、体の動きがちょっと変わってて、走り慣れてない(?)ような気がしました。

その後、駅のホームでは別の男性が目に入りました。今度は、50代~60代に見える男性です。

その男性は、仕立ての良さそうな紺色のブレザーを着て、ケミカル加工されたジーンズは体の線に沿ってました。鞄は一昔前におじさん達に流行ってたもので、作りのしっかりしたもの。

髪は、白髪混じりのオールバック。身長と体型を見ると、学生時代にスポーツをしていたようながっしりタイプ。悠然と歩く様子から、今まで成し遂げた仕事の自信や、人からの信頼も厚いと感じました。

推測したことを正直に言うと、初めに見た人は、しばらく一般社会に身を置いてなかった感じ。次にすれ違った人は、自営の社長さんっぽい。

パッと見た感じは、似たような服装をした男性だったけど。それぞれが持つコンビニのビニール傘は、まるで違う感じでした。初めの男性のは、彼を支える貧弱な杖。次に見た男性のは、仕事の相棒と言った具合でした。

人って本当に、自分の「思った通り」になると思う。

思いは、本人の自覚のないところで、魔法のように本人に働きかける。学校で習う国語や算数も大事だけど、本当はこういうことこそ、子供のうちに教えられると良いと思う。

初めに見た男性が、幸せでありますように。もしそうでなかったら、その思いを強く持ち、彼が幸せになるヒントがもたらされますように。

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年11月11日 (土)

今日は0xCAFEで教室

もういっちょ、更新です。今日は0xCAFEで教室でした。

2017111101

教室の最中、私はパタパタ駆け回り、写真を撮ろうと思いつくことはほとんどないですcoldsweats01。が、今日は珍しく思いついたので、撮りましたgoodshine

手前にニョーンと伸びているのは、クリップタイプのデスクライト。奥のピンクのライトは、折り畳めるタイプ。どちらも軽くて、持ち運びに助かってます。

今日はみなさん、取り掛かったものは様々で、時間いっぱい集中して作られました。テーブルの上はややとっ散らかってますが、楽しそうな雰囲気が伝わったら嬉しいですwinkshine

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

マーリン(黄緑色のアンダラ)のペンダントトップ

201711yh

以前作ったペンダントトップを預かり、ワイヤーを巻き直しました。黄緑色のアンダラ、マーリンです。

マーリンは光を当てた時、独特な反射の様子がキレイですshineshine。お客さんの胸元で、またキラキラ輝きますようにsign01


アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい
・アクセサリーのご注文は、こちらを参照下さい

 

魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています
よろしければ、応援クリックお願いします

2017年11月10日 (金)

cafe PIENI KOTI(カフェ ピエニ コティ)さんへ

2017111001

今日は名東区にあるカフェ、PIENI KOTI(ピエニ コティ)さんにお邪魔し、コーヒーとブラウニーを頂きましたcafe。どちらも美味しかったですdelicious。ブラウニーは、ナッツと甘く煮たリンゴがたっぷり入り、高カロリー☆だったけど、甘さ控えめであっという間に平らげました。

先日、ここのママさんが私の教室に初めて来て下さって、もし良かったら、お店で教室をさせて下さいnotesと話し掛けたところ、トントン話が進み、今日はその打ち合わせをしました。カフェ開催のワークショップとして、近々ブログに載せて頂ける予定です。

ママさんとは、あんな話やこんな話もすることができ、数時間お邪魔したけれど、あっという間でした。コツコツ頑張っていると、こういう嬉しい出会いを頂けて、本当にありがたや~shinesign01です。

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年11月 9日 (木)

友人宅で、今年2回目のカードリーディング

2015100102

昨日は友人宅で羊毛フェルト教室があり、興味がわいて参加してきましたnotes。小さいボールをいくつも作り、ミニツリーを作るはずが、時間内にできず持ち帰ることにcoldsweats01。羊毛フェルトも、奥が深いですねぇ。今日もちょこっとボールを作ったけれど、出来上がったらまた披露しますshine

午前は手芸を楽しみ、午後からは部屋の隅に小さいテーブルを出してもらい、カードリーディングを行いました。

前回は7月に行ったけれど、その時に来られたお客さんからリクエストがあったそう。みなさん、ありがとうございますhappy01sign01昨日は、7人の方に行いました。

昨日初めて来られた方がいらっしゃって、初めに引いたカードが図星を指したらしく、かなり驚かれた様子でした。

前回いらした方は、カードのアドバイスに従ったら、良い具合に物事が運んだ方がいらっしゃったり。以前に引いたカードと同じカードを引き、ビックリされた方がいらっしゃったり。嬉しいご報告を聞くこともあれば、より突っ込んだ質問内容になったりと、私の経験が深まり、本当に有り難い限りですheart01

数年前まで、か~なり緊張したものでしたが。昨日は大して緊張もせず、どっしり構えられるようになったなと思いましたconfident

そろそろ、無料カードリーディングの修了や、価格変更も考えています。バシッと決まったら、ご案内しますね。

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年11月 7日 (火)

小さいワクワク♪

部屋の模様替えとリンクしているのか?この頃、新しい教室が始まるかもnotesみたいなお話があったり、ミニイベントみたいな話があったりと、ちょっとワクワクlovelynotesしていますshine

まだ決まっていないことだけど、小さいワクワクnotesshineが踊って止まらない感がありますheart04。色で例えると、マゼンタみたい?

地道にコツコツと、小さな新しい芽を育てるのは、いつもとても楽しいです。いろいろ決まって、またここで紹介できますようにwinkshineheart02

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年11月 5日 (日)

小田真嘉さんのメールレターより~親がつくった環境(影響)から脱出・卒業する

今日はだんなさんの用事に便乗し、名古屋駅に行きました。昼は、11時40分頃にセントラルタワーズとゲートタワーのレストラン街に行ったら、どちらもかなり混雑。ゲートタワーにできたミート矢澤か、たいめいけんに行きたいな~と思ってたけど、どちらもがつく人気ぶりでした。

タカシマヤは、名古屋の百貨店で独り勝ちしてます(実際、魅力的な店が多いと思う)。平日なら、もう少しマシなのかなcoldsweats01?結局、インド料理のマハラジャでランチしました。スパイスの味が本格的で、大好きsign01美味しかったですrestaurant

私は昔、インドで生きたことがあると思ってます。当時も女性で、朝から晩まで家事に追われ、家族のカレーを作る人生だった気がしますconfident

さて今日も、小田真嘉さんのメールレターの紹介です。親の影響は大きく、そこから抜け出さないと、自分らしい人生を歩めないという内容です。

私自身は、親の敷いたレールを大きく外れることはなかったけど、基本的に反発してばかり、時々脱線してました。それでも、血(DNA)は受け継ぎ、嫌だと思うところが似てたりしますcoldsweats01

************

いくつになっても
親の呪縛を超えない限り
自分の人生は始まらない。

親が作ってきた環境の影響(洗脳)を深く受けたままでは
親のことが好き嫌いに関わらず

無意識のうちに制限(ロック)がかかり
親の思考パターン・行動パターンを8掛けで引き継いで
なかなか本領が発揮できなくなってしまう。

そもそも
自立、大人、社会人とは

そこにいるだけで安らいで、元気になる環境と
本来の良さが発揮できて、チャレンジできる状況を
自分自身で作っていけること。

そんな環境と状況をつくっていくなかで
親の呪縛、影響、洗脳、制限、ロックが外れていき

本来の自分(自分らしさ)に気づき
自由に人生を歩めるようになっていく。

 

成長のヒント バックナンバーはコチラ
http://ow.ly/4qNzw

************

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年11月 4日 (土)

部屋の模様替え

昨日から三連休、天気もほぼ快晴でsun、みなさんそれぞれ充実のひとときを過ごしていると思いますconfident

我が家は昨日、リビングの模様替えをしましたgood。年が明けると結婚して20年になりますが、嫁入り道具で持たせてもらったこたつテーブルと、だんなさんが高校生の時に買ってもらったステレオセットを処分することに。どちらも昨日、業者に引き取ってもらいました。

その2日前にステレオとテレビ台の裏にたまった綿ぼこりを掃除しdash、前日は全ての部屋のワックスがけもして、年末の大掃除っぽくなりましたshineshine

こたつテーブルは、親心で長方形の大きいのを買ってもらったけど、実はちょっと使いにくかったです。ステレオは、結婚後は私が使っていたけれど、10年位前から音が聞こえなくなってました。

小物の処分は、普段から私が勢いよくやっているけれど。ステレオはスピーカーが大きくて重く、こたつテーブルはもっと重くて、今までなかなかできなかったです。

季節のことは何も考えていなかったけど、暑くも寒くもないこの時期でバッチリでした。テレビの位置も変え、なかなか良い感じshinenotesです。良い運気が入って来ますようにwinksign01

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年10月31日 (火)

テンプルビューティフルさんのメルマガより~宇宙人からワンネスへ

エドガー・ケイシーのグッズを扱っている、テンプルビューティフルさんのメルマガをいつも愛読していますが、先週土曜に届いた内容が深いものだったので、シェアさせて下さい。

下記に出てくるフランス人ジュリアンさんのお話し会に、私もとーっても行きたかったです。開催は夜、新幹線の時間を調べて、さぁどうする?と考えているうちに、定員になってしまいました(+_+)。もしまた開催されるなら、今度は必ず行きたいです。

***********

さて、先週開催した謎のフランス人、ジュリアンのお話し会は、定員を遙かにオーバーし、部屋の椅子が足りなくなりそうなほどのご参加をいただきました。

また、ジュリアンのお話も、宇宙人と会った、UFOを見た、といったレベルの内容ではなく、主催者の私も予想しなかった、深いワンネス体験へと話が進んでいきました。ここで、少しそのいったんをご紹介させていただくと・・・

ジュリアンは、17歳のある日、友人と夜空に不思議な動きをする飛行物体を目撃します。ところが、あれはUFOに違いないと言っていた友人は、翌朝になると「あれは飛行機だったんだよ」の一言で片づけてしまいます。
*フランスは、UFOや霊的な現象に興味を持つ人の割合がかなり低いのだそうです。

一方、ジュリアンは、そのUFOの目撃以降、真夜中になると『今、窓を開けたらUFOが見える』という思いで目が醒めることが続いたり、夜、自宅にいると「何ものかがいる」という、ある存在の気配を感じるようになってきます。

夕方、学校から戻ってくるあたりから「今夜、それが来る!」という予感 → 「誰かに見られているという感覚」→ 「誰かが部屋に入ってきた感覚」 → 「誰かが自分のすぐそばにいるという気配」が続くのです。

でも、家中、部屋中探しても誰もいない。

何故、毎晩、その存在の訪問を受けるのか理解できず、パニックになりそうなほどの恐怖で、毎晩、気絶するように寝ていたそうです。

大学に入学してからは「あれは気のせい」と思い込むようにして日常生活を送り、その存在を無視するようにして生活するようにしていました。でも「それ」は、ジュリアンの身体を直接触り、自分の存在をアピールするようになってきます。

その時点でジュリアンは、ある意味、その現象を受け入れ、同時に日記をつけながら、自分に何が起こっているのか冷静に観察しはじめました。

そのうち、ジュリアンの体験は、宇宙人やUFOにとどまらず、体外離脱をしたり、亡くなった人からのメッセージを受け取ったりと、しだいに内容が変化、発展していくことになるのですが・・・。
(私が初めてジュリアンに会ったのは、ちょうどこの頃になります・・・)

さて、パリの大学院入学後、ジュリアンはしばらくの間、パリ郊外のお兄さんの家に居候し、お兄さんの仕事を手伝う、という時期がありました。

すると、お兄さんの家でもその存在の来訪は続き、お兄さんも一緒に体験するようになりました。それまで毎晩目に見えない存在が部屋にやってくるというのは、彼1人だけの体験だったのに、共有体験できる人ができたわけです。

すると何が起こったかというと、「その存在」が発する気配がだんだん濃厚となり、家に戻ると、あたかも手で触れられそうなほどの濃厚な波動が家に漂い始めました。

そして、その波動の作用からなのか、ジュリアンもお兄さんも「生きていることは素晴らしい!」「すべてが美しい!」という感動が内側から湧いたり、足の下の地球からの反響のようなものを感じるようになりました。

その頃、23才当時のジュリアンから届いたメールはこちらhttp://nmitsuda2.com/2004/12/22/heart_0081/

街を歩くと、すれ違う人のエネルギーレベル(オーラ領域)に触れて、道行く人の思いが分かってしまう・・・。

ここまで来ると、雑誌やテレビで見聞きしてきた宇宙人体験やUFO体験と、ジュリアンの体験が全く違っていることに気がつきます。世界と繋がっているような、周りの人と1つになったような感覚…。そんな感覚も起こり始めました…。

そのような感覚が週に何度も、1日に何度も起こり始めたのに、なぜそれが起こるのか、そんなに頻繁に起こるのか分からない…。しかも、それが起こると、自動的に涙が出て泣いてしまう。あまりにもその体験が素晴らしすぎて、周りが見えなくなってしまう。

この体験をどう表現したらいいのか、いったい何なのか、どういう検索ワードで調べるとヒットするのか、ジュリアンが模索している頃、どなたかがテンプルのメルマガを彼に転送し、それが「ワンネス体験」と呼ばれていることを知った、という、嘘みたいな本当の話があるのですが、

ともかくも、17歳から始まったジュリアンの宇宙人体験は、単に『UFOを見た!』レベルの話ではなく、彼をさらに深いワンネス体験へと導いていったのでした。

ジュリアンはもうすぐ37歳。ですから、約20年にわたる体験とドラマを、先週、彼は私たちに話してくれました。

独学で学んだ第2外国語である日本語で、しかも2時間15分ほどの時間で話すには、彼にとってはかなりハードルの高いことだったと思います。

も、フランスではなかなかシェアできない内容を、自由にシェアできる場があったことをとても喜んでいました。*実は今回の来日も、今年の4月、宇宙存在から「東京でこれまでの体験を話すように」というメッセージを受けたので、私に連絡をくれたそうです。

…ということは、その宇宙存在は私のこともテンプルのことも知っているはず。なのに、私の前には1度も姿を見せてくれず…(涙)

上記に書いたのは、ジュリアンが話してくれた内容のほんの一部。

ほとんど、はしょっているので、うまく伝えられていませんが、「宇宙人」と私たちが一緒くたに呼んでいる存在の中には、私たちの魂を高みに導こうと働いている一群も存在しているのかもしれませんね。

ワンネス体験を話そうとして、マイクを持ったまま、思わず涙を流してしまう・・・。その感動の感覚を思い出して、言葉がでなくなってしまう…。そんなジュリアンの姿をみて、私たちの内側にもその感動が広がっていく・・・。

魂の清まった人がその場に1人いると、その場全体、その街全体を清めてしまうほどの力があると聴いたことがありますが、もしかしたら、宇宙人たちは、地球の各地にそのような人を育てているのかも・・・なんて、ちょっと想像したりしています。

今、ジュリアンはワンネス体験すら超えたさらに高い次元の体験をしているようです。彼のもとに訪れている宇宙存在には、さらなる目論見や意図があるのか、ないのか・・・。いつかまた彼が日本に来るタイミングがあったときには、今度はもっとじっくりと話してもらえたらと思っています。

ワンネスの中にいると、すべてが壓がり、すべてが1つで、時間さえも1つになっていく。。ジュリアンと一緒にいると、彼が誰に対しても公平で誠実な人だということを実感します。その誠実さが本物なんですよね。

外見ではなく1人ひとりが持つ魂のきらめきを彼は感じているのかなと思います。

おそらく、人に対して批判的になったり、責めたり不安をあおったりということは、彼はしないし出来ないだろうなと思います。自分はあなたであり、あなたは自分である、すべては繋がっているということを身をもって体験していますから…。

こういう世界観で一人ひとりが生きていけるようになれば、地球からは武器も紛争も、競いあうこともなくなっていくのでしょうね。

***********

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

«今日はみどりやさんで教室