« 石川&福井県旅行記・その2 | トップページ | だんなさんの入院 »

2008年8月16日 (土)

石川&福井県旅行記・その3

次の日は、旅館から車で5分くらいの世界のガラス館に行きました。まぁここは・・お土産品を買うところでした。ぐるっと見て、駐車場に戻ると、パワーストーンを扱っているらしい店の看板を見つけました。看板を見ても、そう大したことはなさそうだと思ったのですが、行ってみることにしました。

もう店の名前も忘れたほど coldsweats01 、大したことはなかったのですが、そこからあるお寺がすぐ近くだったので、そこに行くことにしました。そのお寺の名前は私は知っていたけれど、今回行こうとは考えていなかったです。そのお寺とは、那谷寺(なたでら)です。

P8130035_2

行ってみたらいろいろ新鮮だったのですが、ここは白山信仰のお寺でした。古い時代から、山岳信仰、神道、仏教が一緒になったようです。境内はかなり広く、広い庭に歩道がある感じで、小高い場所にいくつも建物がありました。ここも・・ かつてはとても多くの人(お坊さんや修行する人、信仰する人など)が集まった歴史がありますが、今は観光スポットで人が集まっているようです。観光スポットと言っても、今はとても暑いせいだと思いますが、それほど多くの人はいなかったです。

これは、不動明王。いつからだったか、私は不動明王が好きだと気づきました。龍さんもいたので、パチリ。

P8130038

どこの建物を見るにも、急な階段を登らなければならず・・ この日も相当暑くて、ふと目に入った三重塔だけ見に行きました。

P8130039_3

その三重塔そばに、木彫りの仏像(大日如来だったと思います)が安置された祠がありました。これは、修験道に由来するもののようでした。ほんの少し、寒気のようなものを感じましたが、手を合わせて帰りました。

私が嬉しかったのは、お寺を出たすぐの売店で一休みした時、そこで「ひやしあめ」を見つけたことです。関西ではお風呂上がりに飲むと、以前テレビで見て以来、一度飲んでみたいと思っていたので、注文しました。甘い生姜味が美味しかったです。

P8130043

レモンのかき氷はだんなさんのです。

その後、福井に向けて8号線を南下して、きときと寿司を目指しました。たまたま行こうと決めたこの店は、わかりやすい8号線沿いで良かったです。

P8130048

富山でしかない、白えびを食べました。魚はどれもとても新鮮で、美味しかったです。

P8130045

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら人気blogランキングへ 1票クリックお願いします。

« 石川&福井県旅行記・その2 | トップページ | だんなさんの入院 »

神社・旅行記」カテゴリの記事

コメント

ルーンさんの旅行記は、いつも読んでいてすぐに入り込めてしまうので、大好きです!
今回の旅も、私も旅行した気分を味わえてお得!でした~。
しかし、ひやしあめ、初めて知りました。生姜と何が入ったものなのですか?色でみると、ハチミツ…??

*ガーベラさん
ギャハハ!「入り込める」と言われるのが、一番嬉しいです!!
ひやしあめは、私もちょっと前に初めて知りました。
私は色のフシギに全く気付きませんでした☆が、
これは麦芽糖の色だそうです。

ちゃんと調べていないですが、富山や石川は船で移動すれば、
京都は近いので、関西の文化が昔から身近なのかもですね。

麦芽糖ですか~☆
1度、味わってみたいものです。
この「ひやしあめ」という呼び名、耳に心地よく響きます。

しかし~ルーンさんって本当に博識ですね。恐竜のお話のときにも、読んでいて引き込まれたし。
関西とのつながり…、興味深いですね。

*ガーベラさん
博識とは、ちょっと違うと思いますcoldsweats01
自分が好きなことだけ、夢中になって本を読んできたからですよ☆
しかも、その本はどれも、怪しいものばっかりで・・☆
怪しい本には、恐竜時代に関する不思議な説も多いのです。
地球の自転に関しても、あやしい説はいっぱいです。

あやしすぎる説はどうかと思いますが、科学はもうちょっと謙虚に、
いろんな説を真面目に研究しても良いのではと私は思うのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川&福井県旅行記・その2 | トップページ | だんなさんの入院 »