« 今日は出かけて | トップページ | 福岡&熊本を巡る旅・その2 »

2008年9月16日 (火)

福岡&熊本を巡る旅・その1

13、14日と福岡と熊本に行って来ましたが、今回の旅は先日も書いたように、九州の雄大な自然と大地のエネルギーを満喫した良い旅でした shine

福岡に行くのは4回目、前回が2006年4月なので、2年半ぶりです。4回のうち2回は人と同行し、一人で飛行機に乗るのは3年ぶりだったのですが、飛行機の乗り方があやふやで、いろいろすっとこどっこいなことをしました coldsweats01 。機内に荷物を持ち込むのにカウンターで荷物を預けようとするし、機内では福岡に着陸した時にシートベルトをはずそうとしたら、はずしかたがよくわからず(今までちゃんとはずせたのに!)、カチャカチャしていたら隣に座っていた品の良いおばさまがはずして下さいました shine 。ホントにもう、自分にあきれる珍道中でしたが、お陰で飛行機の乗り方がようやく理解できました。

福岡空港に着く前に、心の中で(九州の土地神さま、今日から2日間お邪魔しますので、よろしくお願いします)と挨拶しました。自分が住んでいる以外の所を訪れる時は、大体挨拶します。でも、時々忘れる時もあります coldsweats01 。今回は台湾に台風が来ていて、天気が少し心配でしたが、車で移動中は小雨が時々ぱらついたものの、歩く時は雨はやんでくれました。

それから、実は今回、私は初めてJALで福岡を往復しました。福岡に行く時はネットで格安チケットを買うのですが、私がいつも利用する会社はANAを扱っていました。今回福岡に行こうと決めてチケット手配しようとしたら、日にちが間際だったため、いつもの会社はもう販売を締め切っていました。そこで慌てて他の会社を探し、安いのを買ったのですが、それはJALの往復チケットでした。

今の時期は夏のレジャー(8月)後のためなのか、3連休にもかかわらず結構お安く買えてありがたかったですが、月曜の朝、新聞を開いてビックリ。ANAは14日早朝からコンピューター障害が発生していたのですね。そういえば私が福岡から帰る時、私が乗る1時間前の名古屋行きのANAが欠航になったアナウンスを聞いたのを思い出しました。私は何も知らずにJALで定刻通りに帰って来ましたが、もしも今回もANAだったら、私も多少は影響を受けたと思います。

帰りの飛行機に乗り込んだ時、雨がザーザー降っていて、機体に雨が打ちつける音がよく聞こえました。今日院長から聞いたのですが、私を空港まで見送った後、すぐに雨が降り出したそうです。すっとこどっこいでも、ヒュッと九州に行って、天気に恵まれ、美味しいものを食べ、楽しい嬉しい出会いもして、ヒュッと帰ることができて、運の良さに感謝しました。今回の旅をサポートして下さった全ての存在に感謝しますheart04 。それから、普段は院長の携帯は鳴りっぱなしなのですが、会員のみなさんはこの旅行中は電話を控えて下さったようで、ありがとうございましたm(__)m。

と、前置きが長くなりましたsign0113日は、2時すぎに院長のクリニックに到着しました。院長とスタッフのAさんは変わらない様子でした。この日、クリニックに午前に来ていたお客さんは最近私からブレスを買って下さっていて、そのまま私を待っているとのことだったので、一緒にお昼ご飯を食べようと思い、名古屋名物天むすと岐阜の栗きんとんを持参しました。空港で買った天むすは、美味しかったです。院長は、前日お客さんからもらったというお豆腐を出してくれました。これも、とても美味しかったです。

私は自分のホームページとブログに顔写真を載せていますが、写真やブログから感じる印象とだいぶ違うらしくて、実物のしゃべる私と会うと、全然違うと時々言われます。実物の私はよくしゃべりよく笑い、楽しいそうです。ネットでは、怖い印象もあるかもしれないですね coldsweats01 。こう見えてもあたくし、射手座のB型で好奇心旺盛で、楽しいこと大好きですので notes 。あと、実物の方がキレイ smile とも、時々言われるのですが、言われるこちらはややビミョーな気分で、顔写真くらいはプロにお願いして撮ってもらうのが良いのかなぁ?と、やっと最近考えるようになりました。

そのまましばらく4人で歓談し、お客さんが帰ったあと、院長とAさんと私は院長の車に乗り込みました。

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら人気blogランキングへ 1票クリックお願いします。

« 今日は出かけて | トップページ | 福岡&熊本を巡る旅・その2 »

神社・旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は出かけて | トップページ | 福岡&熊本を巡る旅・その2 »