« 光の柱プロジェクト・鳳凰の旅人*後編 | トップページ | 赤池弁財天 »

2010年5月 4日 (火)

赤池弁財天竜神祭

昨日と今日、だんなさんと岐阜県加茂郡白川町の白川温泉に行ってきました。高速を使わなかったですが、渋滞に巻き込まれることなく、スイスイ行けました。春がないまま、いきなり初夏を迎えたような天気でしたが、新緑が美しい山々を通り抜けるのは、とても気持ち良かったです。

近場の温泉に行こうと前から決めていたものの、付近の様子を調べる時間もなくて、とりあえず宿だけ前々日にネットで予約して出掛けました coldsweats01 。一応カーナビはついているけれど、かなり前のものなので、地図を見ながら進んで行くと、目指す温泉の手前・加茂郡七宗町に、「道の駅・ロックガーデンひちそう」と、すぐ隣りに「日本最古の石博物館」という小さな文字を見つけ、おぉsign01ここに立ち寄ることにしました。

道の駅で昼ご飯を食べようと思ったら、同じ考えの人はたくさんおり、飲食コーナーは混雑していました。五平もちを注文し、外を歩きながら食べたけど、それでは足りず。テント小屋みたいな小さな店に龍神蕎麦とあったので、蕎麦を食べようと移動すると、GWなのに休みでした。併設のたこ焼き屋で、たこ焼きと五目ご飯を食べ始め・・ 足元付近の壁をなんとなく見やると、「赤池龍神 赤池弁財天」と大きな文字の書かれたポスターがあったのです。

実は、出掛ける直前、ベランダの掃き掃除をしていた時のこと。声の主はわからなかったですが、(今日の旅先で、神社に行って来て欲しい)という声が聞こえた気がしました。

そう言われても、全く知らない土地で、私が行くべき場所がわかるだろうかと、素朴に思いました。私にわかるなら、行ってみますが・・ と、心の中で消極的な返事をしていました。

地図を見ると、ここらは山間に流れる川沿いの道。あちこちに小さい神社やお寺は確かにあるけれど、地元の人が訪れるだろうところに、縁もゆかりもない私が行っていいのだろうかと、躊躇していました。

が。ポスターには「赤池弁財天竜神祭」とあったので興味がわき、内容をよく見てみると、今日(3日)の午後1時半から神事、2時半から餅投げの案内があったのです。

その時、腕時計を見ると1時20分でした。よしsign01これに行こうと思い立ち、たこ焼き屋の兄さんに場所を聞くと、すぐ出掛けることに。私に引っ張り回されただんなさんが少しばかり気の毒でしたが、その後の時間を彼なりに楽しんでくれたようで、助かりました coldsweats01

場所は神社ではなく、ロックガーデンというところでした。そこに到着する前、道が細くなる手前で地元消防団の人がいたので詳しく聞くと、この先は道がだいぶ細くなるそう。消防車も停まっていたその場所に、車を停めていいかと聞いたら、まぁ良いでしょうと。木々の日陰に停めることができ、助かりました。

そこからしばらく、線路伝いの細い道をてくてく歩くと・・

2010050401p5030002

なんとなんと。山間の小さな春祭りに、立派な青い龍を見つけてビックリでした。テントでは、綿菓子とジュース販売が。すぐ隣りでは蕎麦がゆでられ、来た人に振る舞われていました。だんなさんがもらった蕎麦を私も少し食べましたが、山菜の入った冷たい蕎麦で、とても美味しかったです。蕎麦は手打ち、山菜は今が旬だったのでしょう。

偶然立ち寄ることができ、ラッキーだと思いましたが、地元の人しかいない様子。ちょこちょこ歩いて様子をうかがうと、警察官が地元の人とのんびり会話をしており、「もっと観光者が来ても、良さそうなものだがなぁ」「・・ここらは、道がないでなぁ」そんな声が聞こえてきました。

2010050402p5030005

青い龍は、私達が訪れる前に奉演があったのかも。動くのは見られませんでした。青い龍の下では、祭壇らしいものが組まれていました。私は離れたところから見るだけでしたが、祭壇周りはスーツを着た男性達がいて、神主さんと思われる男性は山伏の格好でした。腰からお尻にかけて、鹿の毛皮らしいものがヒラヒラしていました。

山間のお社は、昔から山伏が関わっていたのだろう。初めて知りました。2時になると、なにやら式次第に従い、山伏の方が般若心経を読み始めました。以前、奈良の天河神社の朝事に参列した時、やはり般若心経が読み上げられたのを思い出しました。

明治時代に廃仏毀釈があったけれど、山間ではかつて、仏教、神道、山岳信仰が混在し、その名残なのかなぁ・・ と思いました。

地元の人達は餅投げを待っている様子でしたが、私達は餅投げには興味がありませんでした。ロックガーデンから500メートル離れた場所に、赤池弁財天のお社があると気づいたので、そちらへ移動することにしました。

もう少し写真を紹介したいので、別の記事で綴ります。

 

 

Blogdecobanner3
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

« 光の柱プロジェクト・鳳凰の旅人*後編 | トップページ | 赤池弁財天 »

神社・旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 光の柱プロジェクト・鳳凰の旅人*後編 | トップページ | 赤池弁財天 »