« アンスリウム | トップページ | ホ・オポノポノの本二冊 »

2011年4月18日 (月)

I(アイ)メッセージ

今日は欲しいものがあって、栄をあちこち歩いていましたが、地下街で偶然、知り合いに会いました。

お茶でもする?と言われ、そばのカフェに入り、知り合いの話に耳を傾けていたら、I(アイ)メッセージの話が出て来て、ちょっとビックリしました。つい最近読んだ本で、知ったばかりだったのです。こうして欲しい、ああして欲しいと、人にお願いしたいことがある時は、「あなた」ではなく、「わたし」を主語にして話す話法のことです。カウンセリング技法の1つだそうですね。

知り合いは、ご主人に家事をお願いする時にこれを使うと言っていました。例えば、ご主人は魚を焼くのが上手だそうで、ご主人にお願いしたい時に、「あなたがやってよ」と言うのではなく、「私が魚を焼くより、あなたが焼いた方がとても美味しいから、焼いてもらえないかしら」と言うのだそう。

私の読んでいる本には、
『電球を換えてもらいたい時、「あなたは何度頼んでも、電球を取り換えてくれないのね(早く取り替えて欲しい)」という言い方をすると、相手を責める印象になり、相手の機嫌を損ねてしまう。これは、YOU(あなた)を主語にしたYOUメッセージ。

イライラしている時は相手の非を責めたくなり、ついつい「あなたは・・」と言ってしまうが、問題は”わたし”の感情にある。「あなたは・・」と言いたいところを「わたしは」に言い換えるだけで、冷静な気持ちになる』とあります。

『問題は”わたし”の感情にある』と言うのが、なるほど、確かにその通りで、その本で一番印象的でした。

ちなみに私は、アイメッセージは知らなかったけれど、だんなさんに何かお願いしたい時は、ほぼアイメッセージみたいな言い方をしてました winkshine

 

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

« アンスリウム | トップページ | ホ・オポノポノの本二冊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンスリウム | トップページ | ホ・オポノポノの本二冊 »