« 999 | トップページ | シーフォームアンダラのネックレス »

2012年10月31日 (水)

秋の鞍馬山

20121031011   

今年の3月に関西のみなさんと鞍馬山に行きましたが、今日はミラクル21の面々と秋の鞍馬山に遊びに行きました。たまたま今週は出掛けることが集中したけれど、どれも滅多にないことで、今日の遠出も前からとても楽しみ heart02notes にしていました。

2012103102

本来なら、10月終わりの京都と言えば紅葉シーズンのはずが、今年は暑さが続いたため、葉っぱ達はまだ青々としてました。

それでも、今日は暑くもなく、寒くもなく、風もなく穏やかでした。観光者は少なく静かで、時々聞こえる鳥の声は心地良く、山の空気は澄み、何度も深呼吸して、気分リフレッシュsign01今日は15人がマイクロバスで行き、往復6時間かかったので、鞍馬山で過ごした時間はあっという間だったけど、心身共に癒されたひとときでした。

2012103103

鞍馬山の上には、鞍馬寺があります。その本殿前には、六角形や三角形モザイクの石畳がありますが、これは『金剛床(こんごうしょう)』と言うそうです。「鞍馬山の教えの理想、内奥に宇宙の力を蔵する人間が宇宙そのものと一体化する、ということを表現している」そうで、この中央部にみなさん1人ずつ立っては、祈ったりしています。

ここを訪れた時、私は8人のメンバーと一緒でしたが、この中央部を囲んで手をつないで輪を作り、エネルギーを感じてみようと提案し、輪を作ったところ・・ ふと空を見上げると、なんと私達の真上にベルが飛んでいたsign01のです。

でも、わかりやすいように「あれ見て、UFOだよ!ほら、光ってるでしょう?」と説明しても、みんなややあきれた様子で、「あれは飛行機だよ」とバッサリでした coldsweats01

ミラクルの中で、クリスタルベルを知り、ネットで発信してるのは私だけなので、しょうがないか~と思いました。癒しの仕事をしている面々でも、こんなもんです。今後みんなが、妙な飛び方をする光る飛行物体をやたら見るようになり、今日私の言ったことを思い出してくれますようにっ dash

ベルの話はこのくらいにして。
私も含めて9人で手をつなぐとすぐ、何かエネルギーが時計回りにグルグル回り始めるのが感じられました。各自、感じ方は微妙に違ったけれど、そのうち、つなぐ手のひら、足裏から膝あたりまでビリビリ感じて、とってもわかりやすく、は~~、面白ーい happy02sign03 と、私達は大盛り上がりでしたが。

その時、一般観光客の方達は私達の様子にすっかりドン引きし、距離を置かれて眺めていたそうです。まぁ、無理もないですね。良い年したおじさんとおばさん達が輪になって、ある人はニコニコ笑い、またある人は真面目な様子で目を閉じ、またある人はテンション高く喜んでいるのだから。

ところが、そこには外国人観光客も来ており、彼ら彼女らは私達の様子を見ると大喜びで、パシャパシャ撮影していたそうです。

輪つなぎが終わった後、メンバーのIさんが太陽の写真をスマホで撮ったら、

2012103104

太陽の周りに、美しいピンク色の玉がいっぱい写り込んでいました。こういう写真は普段からよく撮っているそうで、特にきれいに撮れたそうです。

その後、かすかに紅葉している葉っぱ達を撮ったら、

2012103105

今度は赤い玉がいっぱい heart02 。赤いのは初めて撮ったそうです。私も試しに撮ってみましたけど、こういう玉は撮れませんでした coldsweats01

その後、てくてく歩いて、奥の院の魔王殿で参拝しましたが、

2012103106

木々の向こうから太陽が輝く様子がとてもきれいで、ここで写真を撮ったら、きっと良いのが撮れる予感がして、撮ってみると・・

2012103107

私はこんな感じで撮れました。Iさんも同じ位置で撮ると、やはりさっきと同じような赤い玉が写り込んでいました。

デジカメやレンズの性能に、そう大差はないと思います。どっちが良い悪いではなく、撮る人(エネルギー)によって、なにかしら違いが出るのだろうと思いました。

個人的には、みなで輪になってグルグルエネルギーを循環させたことと、こういう写真が撮れたことには、関連がある気がしました。推測ですけどね。

クリスタルベルも、不思議な場所で輪になることも、こういう写真を撮ることも、まだまだ知られておらず、うっかり知られると、何かと勘違いされやすいけれど。

それほど遠くない未来、直感で生きるのにふさわしい時代が来ると思う。その時、1人でも多くの方に、こういう感じ方や捉え方があるのを、参考にしてもらえたらと思います。

 

 

Blogdecobanner8

« 999 | トップページ | シーフォームアンダラのネックレス »

神社・旅行記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
どん引きですね。傍で観てたら。主人だったら怒り出すわ。。(笑)
でも、このお写真、特に紅葉の赤いのを観た時にいらっしゃいと天狗様がおっしゃっているワと思いました。輪になってエネルギーを循環させると共鳴して素晴らしいエネルギーになりますよね〜
とてもたのしそうで、私までワクワクしちゃいました♡

*ティニママさん

お~ぉsign01 そう、鞍馬と言えば、天狗sign01
私、みなで輪になった時、
ビリビリ感じるエネルギーに、どういう意思があるのか?と思い、
感じて見たのですが、
「ようこそ、鞍馬へ」そういう感じの意思が、ポンッと聞こえたんです。

ホントはこのことも、ブログに綴りたかったですが、
内容てんこ盛りになってしまうのと、
言葉で綴ると、なんだか軽い感じがしてしまい、
うまくニュアンスが伝えられないな~と思い、
綴るのをやめていたのです。

天狗の大きなお面など、参道入り口で目にしていたのに、
私達を歓迎して下さった大きな意思は、
天狗だったかもしれないとは、全く思いつきませんでしたcoldsweats01
んもー、私、どこか1本ねじが抜けてるんですよ~☆彡

いつかティニママさんとハヌルさんとも、
こういうエネルギー循環を、やってみたいでーーす(^o^)/sign01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 999 | トップページ | シーフォームアンダラのネックレス »