« トーマさんのメルマガより~「白の暴力」 | トップページ | 浅川さんの名古屋講演会 »

2012年11月24日 (土)

投票はどの政党に

来月の総選挙が決まりましたね。このところ、いくつかブログ記事を集中して読み込み、フツフツと思うことがいくつかあるのですけど、とりあえず、名古屋市長の河村さんは亀井さんとくっつき、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」ができて良かったsign01です。

維新の会の橋下さんは、私の中ではしばらく前からクエスチョンマークが点灯してたし、河村さんへの対応がそっけなくて、河村さんが気の毒だったので。

次回の選挙では、民主が惨敗するのは目に見えているけれど、自民が復活するのは私は反対です。私は子供の頃から自民の先生方が好きではないけれど、一番の大きな理由は、原発の扱いです。自民党は過去何十年も原発を推し進め、また今後もそうしたい様子が見え見えだからです。

TPPも、私は断固反対です。日本が参加しても、美味しい思いをするのは大企業とアメリカだけ、場合によっては私達の生活が大変なことになるようです。

で、どこに投票したら良いのかと思っていたら、各政党の考えをまとめた一覧表を見つけたので、添付します。パソコンの方は、画像の上でクリック下さい。拡大画像が見られます。

2012112401

脱原発「あなたの選択」プロジェクト より:

 私たち首都圏反原発連合は昨年3月に発生した福島第一原子力発電所の深刻な事故の後もなお、原発の危険性や甚大な被害を無視し、まともな安全対策もとらぬまま出鱈目なプロセスで再稼働を進め、国民の9割が支持する「原発ゼロ」を後退させてきた政府や官僚、利益団体、原子力事業者等に対し反原発、再稼働反対の声を上げてきました。

 毎週金曜日の首相官邸前抗議は30回以上に及び、毎回数万人以上が参加、6月・7月の抗議については20万人が参加しています。また、同じく毎週金曜日全国100以上の地域で同時刻同時多発的に原発の抗議行動が繰り広げられてきました。さらに、2030年での原子力発電の割合を求めるパブリックコメントでは9割が「原発ゼロ」を求めました。

 ところが、政府は大飯原発をろくな検証もなく電力が足りないと国民を脅しすかし再稼働させました。原子力規制委員会の人事については原子力ムラの中心人物が占める違法まがいの人事で国会同意すら得られていないまま安全精査を開始しています。

 今なお福島の人々は16万人が避難生活を強いられ、故郷に帰ることができない人々がいる中、国民の安全や命の問題は置き去りにされたままです。

 これほど非民主的で政治に侮辱され、国民の安全がないがしろにされたことが明示されたことがあったでしょうか。民主主義の軽視と言わざるを得ません。

 11月16日ついに衆議院は解散されました。私たちは投票による選挙の力でこの政治を「脱原発」へ覆さなければなりません。今こそ原発推進勢力を落とし、多くの脱原発議員を国会に送り込まなければなりません。

 世論喚起のために、首都圏反原発連合ではポスターとフライヤーを作成しました。このポスターやフライヤーを参考に政策を精査し比例区での政党を考え、小選挙区で議員一人一人を見極め、脱原発の意思を国会に送り込みましょう。

 

 

Blogdecobanner8

« トーマさんのメルマガより~「白の暴力」 | トップページ | 浅川さんの名古屋講演会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

私たち一人一人が、見極めて、投票したいですよね。
同じ意見でした^^

*kaoriさん

おぉ、嬉しいコメント、ありがとうございましたsign01

話は変わりますが、急にだんなさんの休みが取れ、
今週、旅行に出掛けることになりました。
慌しいスケジュールですが、
kaoriさんの住まいの方面に初めて行くことになりました(^o^)/♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トーマさんのメルマガより~「白の暴力」 | トップページ | 浅川さんの名古屋講演会 »