« 新しいサイトに切り替えて | トップページ | 浅川さんの名古屋講演会 »

2013年5月 4日 (土)

織部ヒルズへ

いつも教室に来て下さるお客さんから、妹さんが岐阜県土岐市の織部ヒルズ(土岐美濃焼卸商業団地)の店で働いていると聞いていて、一度行ってみたいな~と前から思ってました。うちからドライブするのにちょうど良い距離で、この連休に行ってみようとだんなさんと話してたのですが・・

今朝、のんびり起きて準備して、11時半に家を出ようとしたまさにその時、なーんと織部ヒルズでは、毎年5月の3、4、5日は土岐美濃焼まつりが行われると知り、えぇーーっ wobblysign01とビックリしましたが、いつも初日が混むと知り、じゃ今日は大丈夫かなと楽観して、とりあえず出掛けることに coldsweats01

結局、往復路とも渋滞に巻き込まれることなく、良かったです。駐車場に誘導され、駐車できるまでに20分くらいかかったのが、ちょっと大変なだけでした。

結構たくさんの人がいましたが、織部ヒルズは名古屋ドーム5個分くらいの広さだそうで、歩くスペースが広く、周りに山の景色も見えたし、岐阜のじいちゃんばぁちゃんは穏やかな方が多くてheart04、ほのぼの気分でゆったり歩けて、良かったです。

今日は全てを回るつもりはさらさらなく、まずはお客さんの妹さんが勤めるお店を目指しました。多分、この方かな?という方を見つけましたが、なにぶん今日は一大イベントの日なので、スタッフの方達はとても忙しそうで、声を掛けるのは遠慮しましたsweat01。また後日、来ようと思います。

飲食スペースではB級グルメブースがたくさん出ていて、私は横手やきそば、だんなさんはベトコンラーメンを食べました noodle 。どちらも、美味しかった~sign01です。そこから駐車したところまでブラブラ歩きながら、焼き物を見て歩きました。

私達が歩いた通りは、ギフトのセットもの(コーヒーカップとか)安く売る卸ブースが多かったけど、作家さんが集まる通りもあり、そっちの方が私は興味津々でした。前から花瓶を欲しかったのを思い出し、花瓶を探しました。

焼き物の作家さんって、ブースごとに作風が全然違うのが面白いです。私、以前は器に全く興味がなかったですが coldsweats01 、陶器の街・多治見で教室をするようになって、少しずつ興味が出てきました。

備前焼のイギリス人男性のブースがあり、そこにあった水差しがちょっと変わった形ですごく素敵で、花瓶にも使えそうだったけど、お値段がやや高くて bearing 、あきらめて他を探したら・・

形は違うけど、やはり水差しで、花瓶にも使える素敵なのを見つけて、買いました heart02 。信楽焼きのアトリエ野恵さんのものでした。ブースに入ったら、デザインが他と全然違うのを感じ、焼き物はどれも素敵sign01一目見て気に入りました。今度、花を買って、うまく飾れたら、写真を撮ってみます。

我が家はこんな感じですが、みなさん、楽しい連休を~shineshinesign01



Blogdecobanner8

« 新しいサイトに切り替えて | トップページ | 浅川さんの名古屋講演会 »

作家さん・店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいサイトに切り替えて | トップページ | 浅川さんの名古屋講演会 »