« お客さんからアンダラを預かって | トップページ | アクセサリー販売ページ、更新しました »

2013年9月10日 (火)

良くも悪くも、親の影響が大きいなら

小田真嘉さんから毎朝届く無料メールレター、「成長のヒント」をいつも拝読しています。どちらかと言うと、働いている人向きな気がするけれど、時々ハッとさせられたり、ジーンと胸に響いたりします。

先月だったか少し綴りましたが、この頃、私って父親ソックリだとしみじみ振り返ることが多いのですが、今月5日に届いたメールレターは、

 人は誰でも
 好き嫌いを別にして
 親に似ているところかが多々ある

 親の影響を放置していたら
 無意識に影響を受けて
 親のコピーとして生きることになる

 道は2つ  その似ているところを
 極限まで良い方向に磨いて高めるか
 逆を行って  それ以外のところで勝負するか
 そのどちらか

 いずれにせよ  似ているところを自覚するのが
 最初の第一歩となる

という内容で、私には、ズシーーーンと響いてました(^-^;)。

私が10~20代だった頃、ちょっとしたことにいちいち反応して、気分を害したり、怒ることが非常に多かったけど、そのほとんどが親に向けてで、エネルギッシュに反抗してました。

私の父親は小難しい面がたくさんあり、その頑固さで、家族は苦労が多かったし。母親は田舎の保守的な人で、考え方や好みが私と違い、枠にはめようとするものには大いに反抗してました。

・・・なんだけどね(^-^;)。

父親の小難しい面は、形は少し違うものの、私もしっかり受け継いでる。案外私は、保守的な面もあり、自分で自分に枠をはめてぐるぐる走り回り、出られないよ~sign01と思い込んでることもあるなぁと。自分で気づいたり、人の言葉で気づかされるのが、このところ続いてました。

もちろん、良い面もいっぱい受け継いでもいます。細かいことに集中するのが得意なのも、読書が好きなのも、器用な手先も、絵がうまく描けるのも、楽観するのも、ワイワイやるのが好きなのも heart02

結局、いろいろ考えてみると、「似ているところを 極限まで良い方向に磨いて高める」のが、自分にとって、幸せになる一番の近道なのだろうね。近頃なんでもケロッと忘れやすいので、これは忘れずにいたいsign01です。




Banner01

« お客さんからアンダラを預かって | トップページ | アクセサリー販売ページ、更新しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お客さんからアンダラを預かって | トップページ | アクセサリー販売ページ、更新しました »