« 教室見本ネックレス | トップページ | 何もかも素晴らしかった、瑞浪市の日本料理「きん魚」 »

2014年9月 6日 (土)

スタバにて

今日は金山でビーズ教室でした。この教室の時は早い時間に家を出て、金山駅を出たところにあるスタバに行きます。

スタバのコーヒーは、香りは好きだけど、味はそう好きでもないですcoldsweats01。が、店の雰囲気が好きなのと、気軽に入れること、一人でこういう時間を過ごすのが好きなので、利用しています。

一人客が座るカウンター席では、みな黙ってスマホやパソコンをいじったり、私みたいに読書する人がほとんどだけど。たまに二人席に座ると、隣りの方達の会話が印象に残ることがありますconfident

********

数か月前のスタバでは、私の隣りに、50歳くらいの男性が一人で座っていました。休日の朝なのにスーツ姿で、堅そうな仕事をしている感じ?こう言っては失礼かもしれないけれど、スタバではあまり見かけない感じの方でした。

一人でコーヒーを飲んでても、なんだか落ち着かない様子で。そのうち、その方の携帯が鳴って外に出たので、席にチラッと眼をやると、見たことのない和菓子屋さんの紙袋があり、机にはどこかの街をPRするような書類がありました。

市役所か県庁に勤めている人が、菓子折り持って出張で来てるのかな?と思っていたら、やがて学生らしい男の子を連れ、ニコニコ笑顔で戻ってきました。

ん?と思っていたら、二人は親子でした。息子さんはこちら方面で下宿し、お父さんが名古屋に来るのに合わせ、ここで待ち合わせをしたようです。

さっきまで黙っていたお父さんは息子さんに、ご飯はちゃんと食べているか、布団がどうとか(季節の変わり目だったので)、生活のあれこれを気にかけ、ずっと話していたけれど。息子さんは、親のすねをかじってばかりで申し訳ないと、言っているのが聞こえました。

私が学生だった頃はバブル真っ最中で、うちは大して儲かってなかったけれど、親のすねをかじりまくっても、私は感謝すらしてなくてcoldsweats01。父親も、こういうふうに話す人ではなかったので、今どきの親子を見知って、勝手にジーンとしてました。

********

今日のスタバも、二人席に座りました。数か月前にあの親子が座った席で、以前私が座った隣り席は初め空席だったけど、そのうち、若いカップルが来て座りました。

私は前に読んだ本を再読しており、内容をすっかり忘れcoldsweats01、初めてみたいに楽しく読んでたのに、そのうち、隣りのカップルの会話が聞こえてきました。付き合ってるのかと思ったら、お互い敬語で話しており、当たりさわりのない話で、二人の心の距離は近くない感じ?

どうも、お見合いでもして、今日が初デートみたいでした。視界の端に女の子のスカートの裾が見えたけど、オシャレしてる感じが伝わってきますwinkshine

お互い相手を立て、なんだか初々しい感じでheart01。楽しそうな様子と、温かいエネルギーの交流が、こちらにも伝わってきました。が、そのうち、青年がややしゃべりすぎな様子が気になるように。

青年は、緊張や照れ隠しで、突っ走ってしゃべってるような気もするな。会話の内容は大して面白くもないし、女の子はそろそろ、相槌を打つのも疲れてきたみたい。って、まだ朝の10時前だよ。デートは、これからだよね?

初めは本に熱中していた私はだんだん、二人の会話が気になってきて、机をバンッと叩いて、

「青年よ、黙りなさいっ。もうちょっと、彼女の話を聞いて」

と言いたいのを、必死でこらえてました・・coldsweats01sign01んもーー、お節介おばちゃんよねぇsign01

私、ちょっと前まで、隣席の会話に耳を澄ますとか、おせっかいを焼くようなキャラじゃなかったのに。年齢のせいなのか、五黄土星の強気のせいなのかcoldsweats01

********

都会のカフェには、それらしい人間模様がいろいろあるのね。読書に集中できる席も良いけど、たまには、こういうのも良いかもconfident。なんだかんだ言って、若かった頃より、いろいろ気づいたり感じることの多い今の方が、楽しくて幸せlovelyheart02です。




Banner02_2

« 教室見本ネックレス | トップページ | 何もかも素晴らしかった、瑞浪市の日本料理「きん魚」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしは五黄土星イノシシ年ですよ。

結構気が強い星です。(゚▽゚*)

*mamarinさん

アハハ、同じでしたね!私の干支は、さる年です。

五黄土星の人って、強いものを持ってますよね。
周りの五黄土星の方も、似てる気がします☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教室見本ネックレス | トップページ | 何もかも素晴らしかった、瑞浪市の日本料理「きん魚」 »