« ウラジーミル・メグレさんの「アナスタシア 響き渡るシベリア杉シリーズ2」 | トップページ | はな姉さんのブログ »

2015年7月29日 (水)

鹽竈神社(しおがまじんじゃ)へ

5月に一緒に日撫神社に行ったはな姉さんが、昨日は名古屋へ遠征してくれ、中川区西日置にある鹽竈神社(しおがまじんじゃ)へ行って来ました。

名古屋で「しおがまじんじゃ」と言えば、地下鉄・塩釜口駅から近い塩竈神社だけだと思ってましたが、名古屋駅近くにもあるのを初めて知りました。どちらも、江戸時代に宮城県塩竈市の鹽竈神社のご分霊をお迎えしたそうです。

今日綴る話は、ちょっと突き抜けてるので、夢物語と思って読んで下さいマセ(^^)。いつもより、長文です。

***************************

前回は私が遠征したけれど、今回ははな姉さんが名古屋に来ると言い、はな姉さんに縁のある神様が祀られた神社を3つピックアップしてくれました。その中で、ピピッと気になったのが鹽竈神社でしたが、はな姉さんもそこが一番気になっていたそう。

今回は、主にはな姉さんのための神社ツアーだけど、私自身にも良い経験になると直感し、まさにその通りになりました。

2015072901

お互い都合の良い日を合わせ、昨日にしたのですが。神社を訪れると、地元のおじさん達が「かや」らしいものを束ねていました。これはきっと、茅の輪(ちのわ)くぐりだろうと思っていたら、やはりそうでした。

2015072902

手水場で手を洗い、ふとその辺りを見ると、夢でこの場所を見たような気が・・ はな姉さんにそう言うと、そうそうsign01ここは、私も縁のあるところだけど、あなたにもとても縁のあるところよと。はな姉さんは感覚が優れていて、直感でビビッと体感する人です。

空ではヘリコプターが旋回してましたが、この辺りを回っているらしく、結構うるさかったです。近づいたところで空を見上げたら、ちょうど私達の上空あたりで、お腹側が2か所ピカッと光りました。体で例えると、あごと足先が光った感じ?

ヘリコプターらしいけど、なんだかベルっぽいような。ベルと言えば、前回の神社ツアーのあと、ランチする場所が見つからず困っていたら、光るベルが不意に空に現れ、その方向へ歩いて行ったら、ようやく店を見つけたことがありました。

はな姉さんは、それがベルとの初めての遭遇だったそう。その帰りにも見たそうで、驚いたと後で耳にしました。

この後もずーーーっとベルは辺りを旋回していて、うるさかったですが、とりあえず気にしないことに。

今回、何が目的だとか、お互い何も考えずに来ましたが、はな姉さんは手水場で二つの石を出しました。私がワイヤーを巻いたアンダラと紫金石(しきんいし)で、二つとも同じくらいの大きさです。

紫金石はブルーゴールドストーンとも言い、厳密には天然石ではなく、加工された石です。キラキラきれいなラメが入り、宇宙の美しい星空を思わせ、私は以前、ハート形の紫金石を愛用していましたconfident

詳細は省きますが、はな姉さんによると、二つの石の相性と言うか、紫金石が気になるそう。変わったルートで紫金石を手に入れたことは、事前に聞いてました。石は私の方がプロなのでと、どうしたものかと持って来て下さったのです。

紫金石を手にすると、下に突き抜けるエネルギーを感じました。何か言いたそうだけど、私もはっきりよくわからない・・ この時、蝶がそばを舞い、雀もヒュッとそばを通り抜け、応援してくれたようでした。

茅の輪を組んでるおじさん達のそばでは、余った「かや」がドラム缶で燃やされ、煙がモクモク出てました。煙いけれど、良い匂いです。

あの煙・・・ 石の浄化に良さそうと思っていたら、はな姉さんも同じように感じたそうで、アンダラと紫金石をお借りし、しばらく煙に当てました。

2015072903

なんかもう、行き当たりばったりですが、直感でこれでOKsign01という強い気持ちが湧き上がりました。はな姉さんにも、バッチリOKをもらいました。インディアンの過去世の私が手伝ってくれたみたいで(^^;)、最後にはな姉さんと私も煙を浴びて、浄化完了です。

一瞬インディアンに戻った私は、両足揃えてピョンと3回飛びました。記憶はないけれど、きっと私の部族では、浄化の際にリズムを取って足踏みする作法があったと思うのです。

「私、かつてインディアンだったのでheart01」と話したら、はな姉さんはすぐ、私の過去世を察知してくれました。面白い姉さんですwinkshine

石が解決したところで、本殿で挨拶しました。本殿の脇に「ぬさ」が立てかけられていたので、まず私が立ち、はな姉さんにはらってもらうことに。喉あたりで一度はらい、なぜか両肩を軽くはたかれました。

次に私がぬさを手にした時は、はな姉さんの頭上で∞の形を書きたくなり、そのようにはらいました。

何気なく行いましたが、あとでこの意味を解説してもらいました。私はこれから、言いたいことをうまく言えるよう喉をはらったこと、「しっかりやれよ」と肩を叩かれたと。

本殿では、今日ここに来られたことに感謝の思いを送りました。

その後、本殿脇にある大きな岩が気になり、柵越しに触れてみることに。昨日も朝から猛暑でsun、岩の表面はとても熱かったですが、そのうち気にならなくなりました。元々、この神社は名古屋城にあり、その縁からこの岩がここにあるらしいです(岩に彫られた印は、おそらくこの岩を運んだ大名か藩を指すもの)

2015072904

大きな岩に触れるといつも、グワーーッとエネルギーを感じますが、この岩は、

「下に、下に、下に、下に向かえ」
「下に向かってこそ、大きく上へ飛び上がることができる」

と言っているように感じました(↑この言葉は、私へのメッセージでもあるけれど、今この記事を読まれてみるみなさまにも是非、お送りしたいと思いますconfident)。

はな姉さんによると、私は宙に浮いたような感じがあるので、下(地球内部)に意識を向けたら良いと。はな姉さんも岩に触れると、「これは変換石だ」と言ってました。

その後は、奥にある境内社へ挨拶に行きました。

2015072905

↑右手前の小道の先には、神明社・津島社・秋葉社が祀られています。ここで目を閉じ手を合わせていたら、はな姉さんには「ペットみたいなかわいい犬dog」が見えたそう。本人も、笑ってました。

私は、その隣りの無三殿社(かっぱの神様)が気になり、しずしず近づいていくと・・ かっぱの石像がありました。

奥には瑞々しいきゅうりがたくさん供えられていて、確かにかっぱの神様だと思うのだけど、

2015072907

う~ん、かっぱ?かっぱと言うよりは、天狗に思えました(宇宙人のような気も・・shine

はな姉さんはこの像を見るなり、「あの、気を悪くしないでね」と前置きし、さっきのインディアンの過去世の私と似ている気がするとcoldsweats01。って、普通にしゃべったら怒りそうな会話ですけど、実際こんな顔だったような気がしますshine

かっぱの神様には、(この地域がますます繁盛しますように)と祈りました。手を合わせる時はいつも、はな姉さんと一緒に行いますが、この時は正面から(かっぱの神様の後ろから)強い風がしばらく吹き抜けました。はな姉さんは別の事を祈ってましたが、祈りは風に乗り、天に届きますように。

あとで写真を撮った時、写真を撮らせて下さいと心の中で思いを伝えると、(男前に撮るように)と言われた気がしました。斜めから撮りましたが、いかがでしょうかconfident

その後、神社を後にして歩き始めたところで、はな姉さんが「写真を撮り忘れたsweat01」と気づいて、戻ることに。そういえば私も、カメラを持って来てたのに、すっかり忘れてました。

というわけで、撮った写真は全て、あとから撮ったものです。茅の輪も、ここに来た時はおじさん達が束ねている最中だったけど、すっかり出来上った様子を撮りました。煙も、もっとモクモクでした。

ふと気づくと、さっきまで境内にいた間、ずっと旋回していたベルがいなくなってました。ベルが飛んでいた時、はな姉さんは「きっと、最後まで見張ってるんやで」とつぶやいてましたが、案外そうだったかもです。

茅の輪のことを全く知らずに訪れたけど、昨日の日付でバッチリsign01でしたshineshine。全ての計らいに、感謝、感謝ですheart04

***************************

名駅に戻ってランチしましたが、この時、話の流れで、私がつけていたブレスレットをはな姉さんが持つのが良い気がすると、勧めました。

ピンクのモルガナイトがメインのブレスで、つい最近作ったけれど、私にはちょっと元気が良すぎる気がして、人と会う時だけつけていました。

はな姉さんは、石のブレスレットをつけるとすぐに石が割れるそう。このモルガナイトは大丈夫、割れることもないからと、根拠はないけどそう思いました。

2015072909

数回使ったけれどお金も頂き、はな姉さんの手首には石を1つ増やすと良い感じだったので、すぐ作り直して送るからとやり取りしたのですが。

この時、ブレスに1つ入っているシトリンを、はな姉さんが指差し「この石が、気になるのよね・・」と言いながら、はな姉さんの手の甲と手のひらを見ると、金色のキラキラしたものが出てきたのです。いわゆる、金粉です。

よく見ると、確かにキラキラがあちこちに出ていましたが、試しに私の手も観察してみたら、私にも出てるcoldsweats01。金粉って、子供の頃から手のひらによく出てて、私はずっと汗だと思い、大人になってからはアイシャドーのラメだと思ってました。

金粉は、ブレスレットをはな姉さんが持って良しというサインだと思いました。

その後、はな姉さんがおもむろに紫金石をバッグから出し、じっくり見たところ、神社では地味だった紫金石のラメが明らかに増え、キラッキラにshineshineshine輝きを放ってました。

石の輝きが変わるのは、今まで数え切れないほど見てきたけれど。人工の紫金石がこんなに変わるのを見て、新鮮な驚きでした。

ブレスレットのサイズを直したので、これからはな姉さんに発送しますheart04

久々に長文になりました(^^;)、ここまでお付き合い下さって、ありがとうございましたsign01




« ウラジーミル・メグレさんの「アナスタシア 響き渡るシベリア杉シリーズ2」 | トップページ | はな姉さんのブログ »

神社・旅行記」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。まる子です。暑い日が続いていますが、お元気ですか?今日の記事、石のメッセージの下へ下への所が、胸に響きました。ありがとうございます。

*まる子さん

お久しぶりです、お元気そうで何よりですsign01
私はここ2年で体質が変わり、暑さが平気になり、夏は元気です(^^;)☆

胸に響いたと言って頂いて、恐縮ですm(__)m。
石を触りながら、これはブログに綴りたいと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウラジーミル・メグレさんの「アナスタシア 響き渡るシベリア杉シリーズ2」 | トップページ | はな姉さんのブログ »