« 去年作ったブレスレット見本 | トップページ | 死んだ後に残るものは、名前 ~トーマさんのメルマガより »

2016年5月20日 (金)

麻ひもで作る平結びのブレスレット

先週から今週はずっと、教室とその準備でドタバタしていますがrun、お客さんからリクエストを頂いて、麻ひもでブレスレットを作りました。今までは、何か編む時はストラップコードやワックスコードなどポリエステル100%のコードを使い、天然素材の麻を使うのは初めてです。

2016052001

正直言って、麻ひもで編むことは今までなるべく避けてましたcoldsweats01。ポリエステルの方が始末の仕方が簡単なのと、金属パーツの方が好きだからです。いつかお客さんからリクエストが来たら、その時やろうと思ってました。

2016052002

実際に編んでみたら、やはり天然素材は良いですね。キュッと結んだ時の感じが、ポリエステルと全く違って、心地いい。ふと、私のご先祖様も稲わらでいろいろ編んだだろうと思い、血がそれを思い出した気がしました~smileshinesign01

麻ひものメーカー、メルヘンアートさんサイトを拝見すると、

HEMP(ヘンプ)といわれる麻は日本でも古来より自生、栽培されている大麻(おおあさ)のことです。
古代より人類の暮らしに浸透した植物で、世界各地で繊維利用と食用の目的で栽培されてきました。
神道では神聖な植物として扱われ、日本各地で名字、地名が残っているように身近な存在でした。
近年、棉(コットン)の普及などによって忘れられがちだった素材ですが、21世紀に入り環境に優れた天然資源として見直されています。

と、あります。

戦後、GHQの指導により、麻は徹底的に排除されたそう。今は麻を復活させる機運がわずかながらも徐々に出ており、私も麻ひもをもう少し積極的に使ってみようかな。

麻ひもはお洒落じゃない気がして、気が乗らなかったのもあるのですが。今回、いろいろ調べたらお洒落な使い方がいっぱいあるのを知り、良い刺激になりましたgoodshine




« 去年作ったブレスレット見本 | トップページ | 死んだ後に残るものは、名前 ~トーマさんのメルマガより »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 去年作ったブレスレット見本 | トップページ | 死んだ後に残るものは、名前 ~トーマさんのメルマガより »