« 「アナスタシア・リンギングシダー4」を再読 | トップページ | 小泉七美さんの「人気ハンドメイド作家になりたい人が読む本」 »

2016年8月14日 (日)

109シネマズ名古屋で「シン・ゴジラ」

一昨日はお墓参りに行き、昨日はだんなさんと初めて109シネマズ名古屋へ出掛け、「シン・ゴジラ」を見ました。なかなか、良かったです。

ネットでちょこっと情報を調べたら、急に見たくなりました。前日にネットで座席予約した時は空席だらけだったけど、そこから徐々に予約が入ったようで、上映直前に満席に。大きい映画館で映画を見るのは、13年ぶりくらいでした(^^;)。

ゴジラ映画をちゃんと見たのは、これが2回目。前回はジャン・レノが出ていた、ハリウッド映画のゴジラです。

今回のゴジラ映画は、初めてフルCGで作られた特撮だそう。東日本大震災、福島原発事故を経た日本では、こういう内容になるのかなと思いましたが。個人的には、ゴジラが東京湾沖に本当に実在しているように感じられて、良かったです。

初めてゴジラが姿を現した時は、まさかの姿に思わず吹き出しそうになったり。それはないやろと突っ込みたくなる場面もあったり、石原さとみはミスキャストだなと思ったり。ゴジラが登場する時間は少なかったし、場面の展開が早くて、話について行けないことも度々ありましたが。

ゴジラは身長120mの設定で、スケールの大きい映画は、大きい画面で見るのが良いですね。自衛隊の航空機や戦車も相当リアルで、見ごたえがありました。

政治家の特徴をうまく捉え、よくこういうセリフをちりばめたなと、感心したことも多かったです。日本人による、日本人のためのエンターテイメントとして見れば、なかなか完成度の高い作品だったと思いますconfident



« 「アナスタシア・リンギングシダー4」を再読 | トップページ | 小泉七美さんの「人気ハンドメイド作家になりたい人が読む本」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アナスタシア・リンギングシダー4」を再読 | トップページ | 小泉七美さんの「人気ハンドメイド作家になりたい人が読む本」 »