« 富山の風を感じる旅② | トップページ | 富山の風を感じる旅④ »

2018年5月 8日 (火)

富山の風を感じる旅③

かれこれ28年くらい前、会社勤めしてた時に北陸担当の営業のおじさんが、「北陸は魚が美味しいんだよ」「氷見は魚の美味しいところだよ」と言っていたのが印象に残り、覚えてましたconfident

さっきふと、あのおじさんも当時50歳を過ぎてたと思うから、今はもう80歳くらい?って思ったら、もうそんなになるのcoldsweats02sign02 とビックリ。月日は本当に、あっという間ですね。

ネットで調べると、氷見駅周辺は何もなさそうだけど、歩いて10分くらいの漁港に行くと、飲食店はありそうだったので、そちらに向かうことにしました。

住宅が建ち並ぶ道だったけど、歩いている人はいないし車も少ない、静かな通りでした。あとで、もう少し北側に出れば海沿いの歩道が、南側に出れば昭和を感じる商店街があり、そちらは人も車もにぎわってました。

漁港が近くなったところで、A4の紙に変わった書体の文字が印刷されたビラを発見。初め私は外国語かと思いましたが、よく見たら日本語で「魚市場食堂」と書いてありました・・coldsweats01sign01

漁港の魚市場食堂deliciousheart01。ピンと来て、ここでお昼を食べようと、歩きました。広い駐車場を抜け、少し奥まった魚市場の建物にビラと同じ書体の文字を発見。

2018050803

20180508037

のれんの隣りには、「大漁満足」と書かれた看板があるけれど、これも私は、読むのにしばらく時間が掛かりましたcoldsweats01。食堂は2階で、薄暗い階段を上がると食堂の部屋は仕切られ、中は明るく、お客さんでにぎわってました。

この時、カラスの声がよく聞こえ、渡り廊下を真っ直ぐ歩くと、1階の漁港の様子がよく見える場所が。男の人達が忙しくしていました。

2018050801

時間は11時50分くらいで、セリは終わった後だと思います。こういう現場を見たのは初めてで、ちょっとテンション上がりましたupup。「見学者はここまで」という札が下がってたので、そこから撮った様子です。

この右側は海に面してましたが、そのへりには、

2018050802

カラスやアオサギ、海鳥がおこぼれを狙ってか、ズラッと並んでいてビックリ。カラスは手前でも鳴いており、そちらに気を取られ、初めは気づかなかったです。

そのうち、天井をトビが悠々と飛んで鉄骨の隅に隠れたり、カラスが魚を一匹口にくわえてピューッと横切ったり。こういうのを見るのも、初めてでした。

食堂は12時すぎに入れたと思うけど、料理はしばらく待ちました。刺身や天ぷらの定食メニューがいろいろあり、私達は2人とも「本日のフライ定食」を頼んだら、その日はイワシフライでした。

2018050804

何枚か撮ったけど、食欲に押されてピントがぶれましたbleahshine。写真はイマイチだけど、お味は絶品happy02shinesign03でしたよ。

フライはもちろんのこと、刺身はコリコリ、小鉢のイワシ甘露煮は深みのある味、ひじき煮は磯の香りがしました。ご飯も美味しく、みそ汁は上品な薄味でつみれ入りでした。

それにしても、店内は妙にキレイ。壁も、テーブルもイスも、何もかも。スタッフの方に聞いたら、4月18日にオープンしたばかりだそう。

そうか、オープンして初めてのGWだったのね。言われてみれば、スタッフの方みな忙しくしているけれど、確かに慣れていないような気が(女性スタッフはみな、昔のお嬢さん達winkshine。時間が掛かったのも、そういう理由だったのでしょう。

心も胃も大満足heart02で店を出ると、入口にはさっきはなかったすごい行列がcoldsweats01。入るのに1時間待ちだと、聞こえてきました。

電車は本数が少なく、乗り換えや夕方のクルーズを思うと、あまり時間はなかったけど、藤子不二雄Ⓐアートコレクションが近かったので、こちらに立ち寄ることに。

氷見市は、藤子不二雄Ⓐ先生の出身地でした。そういえば昔、NHKの銀河テレビ小説でお二人の「まんが道」がやってて、母親が見てたような・・?と思ったら、その案内がありました。これももう、30年前なんですねぇcoldsweats01

原画や複製原画が展示されており、息遣いが伝わって来そうな原画は素晴らしかったです。何かの表紙を飾ったカラー画はとてもきれいでした。

小さい建物だけど、大人もじっくり楽しめました。入館料200円は安すぎる気もしたけど、儲け云々ではなく、地域貢献なのでしょうね。先生、大きな愛をありがとうheart02

館内は撮影禁止だったけど、街のあちこちに懐かしいキャラクターがいました。

2018050806

2018050805

忍者ハットリくんとシンちゃん。TVアニメが放映された頃は、私はあまり見なかったけど、妹たちが楽しんでた気がしますconfident

この周辺は、飲食店もいくつかあったけど、どこも店の外まで人が並んでました。魚市場食堂はまぁまぁ広いので、お近くまで来られた方は、是非お立ち寄りくださいねwinkheart02

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

« 富山の風を感じる旅② | トップページ | 富山の風を感じる旅④ »

神社・旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富山の風を感じる旅② | トップページ | 富山の風を感じる旅④ »