« 今年の半年を振り返ると | トップページ | C子さんに見たヨーロッパの過去世 »

2018年7月 1日 (日)

岐阜県土岐市の四季彩料理 藤美

先月からリハビリが始まって、18日くらいになるのかな。はたから見ると、先月初めにギプスしてたと思えないほど、手の動きは自然になったと思いますconfidentheart01

固まった肘をリハビリで曲げ伸ばしして、毎日の家事をこなしてたら、やせ細った右腕の筋肉も回復し、その相乗効果で良くなった感じ?です。リハビリの運動のせいで、肘まわりはいつも筋肉痛があるけれど、その痛みもだいぶ少なくなりました。

先月は10日に教室を再開したけれど、その時はまだ、手首や肘まわりが時々痛く、肘もあまり曲がらず、箸で口元まで食べ物を運ぶのがやっとの状態でした。

なので本当は、教室はあと1週間遅らせても良かったのですが。

なぜ10日に再開したかというと、この日は教室のみなさんとランチに行く約束をしており、どうしてもそこに行きたかったからでした・・coldsweats01sign01

普通のランチだったら、丁重にお断りしたと思うのだけど。そこは大変な人気店で、数か月前からお客さんに予約してもらい、それをキャンセルすると、また予約が数か月先に伸びるからでした。

お店は、岐阜県土岐市にある四季彩料理 藤美(ふじみ)です。4年前に大感動した、瑞浪市のきん魚で働いていた方が開いたお店で、ここもまた、立派な日本家屋を改装されてました。

この日は手首の調子が今ひとつだったので、写真は撮らなかったです。ネット検索したら、先月に藤美に行かれた方のサイトを見つけたので、こちらをご覧下さい。

四季彩料理って、どんな料理かな?と思いましたが。ベースは日本料理だけど、意外な組み合わせが多かったです。

例えば、冷製茶わん蒸しが出たのですが、卵液にココナッツミルクが合わさっていたそう。夏野菜との相性も良く、体験したことのない味は、舌からすぐ脳に伝わった感じdeliciousshineshine。今もよく覚えています。

野菜は全て新鮮で、さっき畑から取ってきたみたい。下ごしらえは手を抜いておらず、手間暇かかってるのがわかり、家で作る料理とはまるで別世界でした。美濃焼の町なので、器も素晴らしかったです。

ちょっと無理してでも、行って大満足shinelovelyshineのお店でした。公式サイトはないみたいなので、地図などは食べログを参照下さい。

やや遠いですけど、名古屋のみなさん、土岐プレミアム・アウトレットなどと一緒に是非どうぞ。予約は必須なので、お忘れなく。

ランチした直後は、なんだか気が引けて、綴れなかったですがcoldsweats01。大人が充分満足する良いお店なので、やっと紹介できて良かったです。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

« 今年の半年を振り返ると | トップページ | C子さんに見たヨーロッパの過去世 »

作家さん・店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の半年を振り返ると | トップページ | C子さんに見たヨーロッパの過去世 »