2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

黒猫の上でカーソルを動かしてみてニャ


« 丸善で、本を吟味♡ | トップページ | 亀家さんで買った、薬草ecoクリーム »

2018年11月29日 (木)

天外伺朗(てんげ しろう)さんの「日本列島祈りの旅2 クナト姫物語」

2018112901

私は本を読むと、これは良いsign01と思ったものを、ここで紹介しています。精神世界の本がほとんどだけど、胸にジーンと来て、多くの方に読んで頂きたいと思うものばかりです。

でも、今日紹介するものは、万人向けではなさそうです。これから時間をかけて、多くの人に浸透すると思うけど、今はまだ、この内容を受け入れ、理解する人は少ない気がします。

それでもあえて紹介するのは、この本を昨日見つけ、今日の午後に読了した時に、ブログに載せなくてはと、せかされるものを感じたからです。

ここから先の文章を読まれて、ピンと来た方には、この本を大いにお勧めしますけど、何のことやらさっぱり?な方は、ちょっと変わった本が出たのね、くらいに受け止めて頂けるとありがたいです。

いつも私のブログを読んで下さっている方にも、検索サイトから偶然ここにアクセス下さった方にも。この情報が必要な方に、なるべく早く届きますように。

この本の紹介文は、内容が的確にまとめられているアマゾンから拝借しますね。

天外伺朗氏が、民族の封印された御霊を開放することを目指し、2016年から始めた“祈りの旅"待望の2巻。

本書は、Tya‐Tya氏(ヒーラー、エネルギー・ワーカー)に降りてきたチャネリング情報に基づいて、島根県の潜戸(クケド)で2年越しに行った祈りの儀式の記録です。

出雲王朝より昔の時代に、龍蛇と心を通わす“クナト姫"と呼ばれる美しい女性と、そのとき一緒にいた一族(異なる部族)が潜戸で虐殺されたというチャネリング情報。

そして、虐殺された人々の霊が潜戸に長い年月、封印されてしまっているといいます。その封印を解くことが「日本列島祈りの旅」全体のキーになると。

何が起きたかは、チャネリング情報をベースに想像を交えて小説とし、追記も含めてフィクションとして巻頭に掲載しています。本書は、これ以外はノンフィクションという、変則的な構成になっています。

フィクションの部分は、救いようもない悲しい物語。3000年以上たった2016、2017年に、今度はノンフィクションとして、祈りによりクナト姫もオオババ様も封印が解かれ、解放される…… という壮大な物語になっています。

私たちが住んでいるこの日本列島に、はるか昔にこのような悲劇があり、それが今日まで延々と続いてきた、というロマンをお楽しみいただけます。

ノンフィクション部分では、潜戸での祈りの儀式の様子に加え、一体「地縛霊とは何か」という疑問を、深層心理学の知見と、医師による看取りの体験談などから推定しています。

いま、人類は進化しつつあり、それに伴い社会も「“分離"から“統合"へ」変わろうとしています。 地縛霊というのは、「分離」された生命エネルギーが、肉体が消滅した後も残ってしまった状態。

その供養をインディアン流に表現すると、「母なる大地」が「分離」から「統合」へと向かうことであり、この人類の進化、社会の進化と呼応しているのです。

↑紹介文は、ここまで。太字の部分がキーワードになると思い、私が勝手につけました。

天外さんが複数の人と連れ立って行く、日本各地の封印を解く旅の様子は、大雑把な内容です。地縛霊についての見識は、理論的に書かれてるけど、やや理屈っぽいかも。

それでも、これだけの内容をよくぞ1冊にまとめられたことに、素直に敬服の思いを抱きました。

この本は、見た目は普通の本だけど。読み進めると、時空を超えて物語の世界がドーンとつながっていて。天外さんが日本各地を訪れた旅先のエネルギーも多次元的に重なって、とても立体的と言うか、多面的な本という気がしました。

たまたま私は本を読む前に、You Tubeで「秋のクラシック」を見つけ、それを聞きながら読み進めたのですが。初めの物語の部分は、部族の戦いなどハードな内容があり、そのエネルギーを和らげるのに、役立ったように思います。

「秋のクラシック」って、ちょっと物悲しいけど、力強い希望を感じる美しい旋律が、ちょうど良かったですconfident

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

« 丸善で、本を吟味♡ | トップページ | 亀家さんで買った、薬草ecoクリーム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸善で、本を吟味♡ | トップページ | 亀家さんで買った、薬草ecoクリーム »