神社・旅行記

2018年5月 9日 (水)

富山の風を感じる旅④

氷見漁港のもう少し先を行っていれば、ひみ番屋街があり、買い物も飲食もいろいろ選べたなぁと今さらながら知りました・・coldsweats01sign01まぁでも、私達はベストな選択をしたと思うので、これで良いのheart01

さっき初めて知ったけど、魚市場食堂は去年11月に閉店し、4月に別の業者がリニューアルオープンしたそう。新しい魚市場食堂の、千客万来の繁盛を祈りますshineshineheart04

さて、藤子不二雄Ⓐアートコレクションを後にすると、駅に向かって海沿いの歩道を歩きました。

2018060901

この日は快晴で、雪が残る立山連峰がかすかに見えました。でも、写真はうまく撮れなかったです。

てくてく歩くと、しばらく先に、トビが並んで羽休めしているのを発見sign01こんな風景が、見られるのですね。

2018060902

今、画像をトリミングして気づいたけど、青い標識の横、ぼんやり白く写ってるのが立山連峰です。

2018060903

トビ達を驚かせないよう、そっと移動して、撮りました。トビって結構、体が大きいです。うまい具合にカラスも写ったので、体格差がわかると思います。猛禽類という言葉がピッタリでした。

こういうのがね、行き当たりばったりの旅は、楽しいのです~noteslovelyshine

さて、富山駅に到着すると、私達はちょっと疲れたので、神戸屋であんぱん休憩cafe。その後は市電(路面電車)に乗り、広貫堂資料館に行きました。

富山と言えば、「富山の置き薬」が有名ですが、その元祖の会社です。市電を降りると、すぐ近くにありました。

会社の敷地にある資料館です。停留所を降りると立山連峰がよく見え、清々しかったですが、フワッと良い風を感じました。それはずっと、広貫堂に入っても続きました。

広貫堂は、その歴史がとーっても興味深くて、資料をじっくり見ました。この辺りから撮るのが面倒になってきて、あまり写真を撮らなかったですcoldsweats01

2018060904

↑パソコンの方は、クリック拡大して、じっくり読まれて下さい。かつて富山では、江戸から明治にかけて北前船で北海道に荷を運び、帰りは昆布やニシンを持ち帰ったそう。

その昆布が、薩摩藩を経て中国では薬として珍重され、その見返りに中国の薬種を得たとも。

2018060905

「医療の仁恵に浴せざる寒村僻地にまで 広く救療の志を貫通せよ」 越中売薬の祖とされる藩主・前田正甫(まさとし)のこの言葉が、社名の由来だそう。これを見たら、胸がジーンとしました。

江戸城腹痛事件をきっかけに、富山の薬が全国へ売られるようになったとか。前田正甫公は、富山城址公園に銅像が建っています。

皇族の方も関心を持たれたようで、明治時代から広貫堂を度々訪れていたそう。今の天皇陛下が皇太子だった頃、美智子様とお出でになったそうで、小さな年表と写真が壁に掛けられてました。

良い風が吹いていたのは、ここが本当に良い会社だからだろうconfident。創業からの様々な人の思い、受け継ぐ重みと責任、富山を代表する企業の誇り・・ とても、心地良い所でしたconfident

そして、夕方からは、水上クルーズsign01これはとても良かったですから、富山にお越しの方は是非、楽しまれて下さいね。個人的には、地元ガイドの方の話が面白かったです。

船上では、閘門(こうもん:運河で水量を調節する水門)の開け閉めの様子が見どころで、特に男性が興味深そうに写真を撮ってました。私はあまり立ちたくなかったのでcoldsweats01、目で見て楽しみましたgood

2018060906

夕暮れ時の、環水公園と立山連峰。野鳥を観察する展望台から撮りました。

富山は本当に居心地が良く、心身ともにほぐれ、良い気分転換になりました。帰宅して今日まで、たまたまつけたテレビで富山の紹介がされたり、富山の方が出るのを見たりと、まだ富山づいてます(笑)。

また富山に行けますようにsign01これからもますます、富山を訪れる方が増えますようにhappy01shineshine

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年5月 8日 (火)

富山の風を感じる旅③

かれこれ28年くらい前、会社勤めしてた時に北陸担当の営業のおじさんが、「北陸は魚が美味しいんだよ」「氷見は魚の美味しいところだよ」と言っていたのが印象に残り、覚えてましたconfident

さっきふと、あのおじさんも当時50歳を過ぎてたと思うから、今はもう80歳くらい?って思ったら、もうそんなになるのcoldsweats02sign02 とビックリ。月日は本当に、あっという間ですね。

ネットで調べると、氷見駅周辺は何もなさそうだけど、歩いて10分くらいの漁港に行くと、飲食店はありそうだったので、そちらに向かうことにしました。

住宅が建ち並ぶ道だったけど、歩いている人はいないし車も少ない、静かな通りでした。あとで、もう少し北側に出れば海沿いの歩道が、南側に出れば昭和を感じる商店街があり、そちらは人も車もにぎわってました。

漁港が近くなったところで、A4の紙に変わった書体の文字が印刷されたビラを発見。初め私は外国語かと思いましたが、よく見たら日本語で「魚市場食堂」と書いてありました・・coldsweats01sign01

漁港の魚市場食堂deliciousheart01。ピンと来て、ここでお昼を食べようと、歩きました。広い駐車場を抜け、少し奥まった魚市場の建物にビラと同じ書体の文字を発見。

2018050803

20180508037

のれんの隣りには、「大漁満足」と書かれた看板があるけれど、これも私は、読むのにしばらく時間が掛かりましたcoldsweats01。食堂は2階で、薄暗い階段を上がると食堂の部屋は仕切られ、中は明るく、お客さんでにぎわってました。

この時、カラスの声がよく聞こえ、渡り廊下を真っ直ぐ歩くと、1階の漁港の様子がよく見える場所が。男の人達が忙しくしていました。

2018050801

時間は11時50分くらいで、セリは終わった後だと思います。こういう現場を見たのは初めてで、ちょっとテンション上がりましたupup。「見学者はここまで」という札が下がってたので、そこから撮った様子です。

この右側は海に面してましたが、そのへりには、

2018050802

カラスやアオサギ、海鳥がおこぼれを狙ってか、ズラッと並んでいてビックリ。カラスは手前でも鳴いており、そちらに気を取られ、初めは気づかなかったです。

そのうち、天井をトビが悠々と飛んで鉄骨の隅に隠れたり、カラスが魚を一匹口にくわえてピューッと横切ったり。こういうのを見るのも、初めてでした。

食堂は12時すぎに入れたと思うけど、料理はしばらく待ちました。刺身や天ぷらの定食メニューがいろいろあり、私達は2人とも「本日のフライ定食」を頼んだら、その日はイワシフライでした。

2018050804

何枚か撮ったけど、食欲に押されてピントがぶれましたbleahshine。写真はイマイチだけど、お味は絶品happy02shinesign03でしたよ。

フライはもちろんのこと、刺身はコリコリ、小鉢のイワシ甘露煮は深みのある味、ひじき煮は磯の香りがしました。ご飯も美味しく、みそ汁は上品な薄味でつみれ入りでした。

それにしても、店内は妙にキレイ。壁も、テーブルもイスも、何もかも。スタッフの方に聞いたら、4月18日にオープンしたばかりだそう。

そうか、オープンして初めてのGWだったのね。言われてみれば、スタッフの方みな忙しくしているけれど、確かに慣れていないような気が(女性スタッフはみな、昔のお嬢さん達winkshine。時間が掛かったのも、そういう理由だったのでしょう。

心も胃も大満足heart02で店を出ると、入口にはさっきはなかったすごい行列がcoldsweats01。入るのに1時間待ちだと、聞こえてきました。

電車は本数が少なく、乗り換えや夕方のクルーズを思うと、あまり時間はなかったけど、藤子不二雄Ⓐアートコレクションが近かったので、こちらに立ち寄ることに。

氷見市は、藤子不二雄Ⓐ先生の出身地でした。そういえば昔、NHKの銀河テレビ小説でお二人の「まんが道」がやってて、母親が見てたような・・?と思ったら、その案内がありました。これももう、30年前なんですねぇcoldsweats01

原画や複製原画が展示されており、息遣いが伝わって来そうな原画は素晴らしかったです。何かの表紙を飾ったカラー画はとてもきれいでした。

小さい建物だけど、大人もじっくり楽しめました。入館料200円は安すぎる気もしたけど、儲け云々ではなく、地域貢献なのでしょうね。先生、大きな愛をありがとうheart02

館内は撮影禁止だったけど、街のあちこちに懐かしいキャラクターがいました。

2018050806

2018050805

忍者ハットリくんとシンちゃん。TVアニメが放映された頃は、私はあまり見なかったけど、妹たちが楽しんでた気がしますconfident

この周辺は、飲食店もいくつかあったけど、どこも店の外まで人が並んでました。魚市場食堂はまぁまぁ広いので、お近くまで来られた方は、是非お立ち寄りくださいねwinkheart02

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年5月 7日 (月)

富山の風を感じる旅②

昨日も綴ったように、1日目は時間がずれ込んだので、遅い昼食後は駅近くのホテルにチェックインし、富山城だけ観光することに。歩いて10分くらいで行けたと思います。

2018050701

4日(金)の富山は、肌寒かったです。家にある春のコートを着たいbearingsign01と思ったほど。風は強かったけど、夕方からようやく晴れ、そこから少し暖かくなりました。

城に入ると、中は富山市郷土博物館でした。一応、歴史好きな私は興味深かったけど、戦国時代から明治時代まで、ここで活躍した武将やお殿様の名前を全く知らなかったです。

富山城は戦国時代に建てられたけれど、時の権力者の入れ替わると城が破却されたりcoldsweats02、その後も大火で焼失、大きな地震や川の氾濫で被災し、戦争でも焼け落ちて、幾度も建てられてきたそう。

研究資料は乏しく、城の下から発掘された皿の欠片や、燃えて炭化した細かい植物が丹念に調べられ、それらが展示されてましたが、ちょっと地味な感じ・・

富山の方から怒られそうだけど、名古屋城や犬山城(こちら地元の国宝の城)、徳川美術館を思い出してはつい、比較してしまいましたcoldsweats01

私の住む地域って、戦国時代に三英傑を輩出した土地なので、三英傑にゆかりのある素晴らしい品々が伝わっているのね。それってすごいことなのだなぁと、改めて気づかされました。

2018050702

お城の周りは、散策できる場所が広々と設けられてました。日本庭園もあり、水のきれいな池では、小さい泡がブクブク吹き出してる箇所が。ここは立山連峰の見える場所、山の蓄える豊かな水が自噴してるようです。

1日目は曇ってたので、立山連峰はぼんやりとしか見えなかったけど。2日目は建物の合間から雄大な姿を何度も見られて、それは本当に素晴らしかったlovelyshinesign01です。残念ながら良い写真は撮れなかったですが、目にしっかり焼き付けました。

今回私達は、富山駅周辺をよく歩きました。北陸電力など企業ビル群が立ち並ぶ、名古屋で例えると栄のような繁華街ですね。連休のため働く人はおらず、街はかなり人が少なかったと思うけど。

それを念頭に置いても、街を流れる気の流れは、名古屋のそれとは全く違ってました。とにかく、風が心地良かったです。

街全体を見る風水は、私は詳しくないけれど。ここ富山は、立山連峰や豊富な水、漁場に恵まれた海など、街を流れる気の流れに大変恵まれた土地ではないかしら。立山連峰から吹くのは、女神の風という気がしましたconfident

2018050703

↑2日目に富岩運河を目指して歩いた歩道。と~っても広かったです。街路樹は背が高く、素晴らしい都市計画heart04

2018050704

こちらは、富岩運河環水公園。運河の両側は、芝生の土手や広い歩道が整備され、ここからも立山連峰がよく見えます。この土手に、洗練されたスタバが建ってます。

私達は、この運河を船で渡る水上クルーズに乗りたく、朝から乗り場に向かったのだけど。事前にネット予約ができ、午前の運行はすでに予約でいっぱいでしたcoldsweats01

なので予定を変更し、夕方のクルーズを予約しました。普段の夕方は行われないけど、連休中はあるそう。これはこれで、なかなか良かったですheart04

その後は駅に戻り、あいの風とやま鉄道に乗り、高岡駅でJR氷見線に乗り換え、終点の氷見駅を目指しました。

だんなさんが「自然豊かなところに行きたい」と言うので、大した下調べもせずに向かいましたが。氷見線は1時間に1本しか電車がなく、1本もない時間帯もあって、ビックリcoldsweats01

行き当たりばったりだと、こういうことも起こるけど、氷見ではこれまた良いひとときを過ごせて良かったです。続きはまた、明日以降に。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年5月 6日 (日)

富山の風を感じる旅①

4日から今日6日まで、だんなさんと富山に行って来ました。私は初めて行く富山でしたが、2人とも自然の豊かさに大いに癒された良い旅でしたhappy01shine

愛知から富山に行くには、JRだとちょっと大回りで、時間もお金も掛かります。車だと、岐阜から富山に抜ける東海北陸道がつながり、行きやすくなったけど、距離が長くて運転するのがやや大変です。

そこで今回、私達は高速バスを使いましたbus。JRより早くて安いのが魅力的で、片道3時間半くらいの予定でした。

なのだけど、行きは名古屋を朝9時すぎに出て、富山に到着したのが15時くらいcoldsweats01sign01まさかの2時間遅れでした。一宮までが混んでたのと、東海北陸道は途中の車線が少なく、その手前で渋滞が起きてました。

帰りも朝9時すぎに富山を出たけど、今日はスムーズに進み、13時前に名古屋に到着できて良かったです。

本当は今日は、遅くに帰っても良かったのだけど。私達は相変わらず旅の準備が下手でcoldsweats01、連休の直前に宿泊先を予約し、バスも予約しようとしたら、2人席は朝の時間しか取れなかったです。

またしても、行き当たりばったりな旅になったけど、富山は本当に良いところshineshine。関東にお住いのみなさんは、北陸新幹線が開通して行きやすくなったと思うので、どしどし訪れて下さいね。

中部圏のみなさんは、道路の混み具合をうまいこと回避すれば、バス旅も良いです。今は、山の新緑が目に優しかったです。

今日は遅くなったので、詳しくはまた明日以降に綴ることにして。今日はちょこっとだけ。

3年前の3月に北陸新幹線が開通した時、テレビでは金沢駅のことがよく紹介され、富山駅がどうだったか、失礼ながらよく覚えていないですがm(__)m。

新幹線の開通に合わせて、富山駅はすっかりリニューアル、駅周辺も合わせて再開発されたようで、どれも立派できれいshineshineでした。

2018050601

↑今朝8時に撮った富山駅。ちょっと曇ってて、きれいに撮れてませんが、晴れると壁もガラスも美しく輝いていました。

富山の観光を調べようとネット検索すると、世界一美しいスタバがあると出てきます。私達は大して興味がなく、通りかかったら写真を撮ろうと思ってたら、昨日は何度もその前を通りましたcoldsweats01sign01

2018050602

10年前にできたそうだけど、朝から晩まで来店する人は途切れず、建物の様子を撮る人も絶えなかったです。

2018050603

昨日は氷見まで行きました。これは、海岸沿いの歩道の花壇で咲いていたスズラン。久しぶりに見たけれど、可憐でかわいかったです。

2018050604

同じ歩道のそばで、羽を休めているトビに遭遇。近づくと飛ぶだろうと思い、ちょっと離れたところからそーっと撮りました。

ではまた、続きをお楽しみにsign01

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年1月11日 (木)

長崎・軍艦島への旅④

最終日は、路面電車に乗って諏訪神社へ行きました。諏訪神社の秋の大祭、長崎くんちの行なわれる神社です。

2018011001

↑神社そばの交差点で。道路標識の裏は、長崎くんちの大きな写真でした。この日は朝から快晴で、寒かったけど日光は温かかったです。

2018011002

この日はまだ、初詣らしい方達が多く訪れていました。

今年の正月は、1~3日とも地元の神社に、4日は稲佐山のふもとにある淵神社、6日は諏訪神社と松森天満宮、7日は名古屋の熱田神宮と、ほぼ毎日お参りしてました・・sign01

淵神社は、夕暮れ迫る時間に行ったら、提灯の明かりが灯り、良い雰囲気でした。優しい、柔らかい感じがしましたが、ご祭神は女神様でした。

それに対して諏訪神社は、すがすがしい男神のエネルギー。街のみなさんから慕われているのを感じました。

2018011003

横に広~い階段は、長崎くんちで観客席になるそう。

2018011004

↑本殿前から下を見た様子。この広場で、長崎くんちが行われます。前日にグラバー園にある長崎伝統芸能館に行き、祭りの様子を映像で見たら、その迫力がすごく良い感じshineshine

日本のお祭りなのだけど、男衆の着物の様子や、踊りを奉納する女性たちの髪形が、なんとなく異国風。山車は舟の形で、日本の船もあれば、中国の舟、オランダ船もあり、いろんなものを受け入れてきた長崎の懐の深さを感じ、なんとも心地良かったです。

諏訪神社で参拝を済ませ、階段を下ると、何番目かの鳥居のところで道が交差しており、松森天満宮の案内がありました。時間があったので、そちらも行くことにして歩き始めると、歩道に石碑のようなものがありました。

なんとなく見ると、男の人の顔が彫られており、説明文を読むと・・ 思わず見入りました。

2018011005

最近の歴史の教科書には、このラナルド・マクドナルドのことが載ってるのかしら。私は全く知らず、この時初めて知りましたが、せっかくなので石碑に刻まれた文をそのまま打ち込みますね。

ラナルド・マクドナルド(1824-1894)について

ラナルド・マクドナルドは、1824年アメリカ・オレゴン州アストリア市で、スコットランド人を父、チヌーク族の首長の娘を母として生まれた。

早くから日本に憧憬の念をいだき、24才の時、捕鯨船員として日本近海に至り、北海道・利尻島に上陸した。

ただちに密入国者として長崎に連行され拘禁されたが、彼の誠実な人柄と高い教養を認められ、長崎奉行の肝入りで西山郷に英語教室を開いている。

期間は半年ほどであったが、森山栄之助を含む14人の日本人に英会話を教え、我が国の対外交渉に大きな貢献をした。

また帰国後、アメリカ議会に「日本社会は法治国家であり、日本人は礼儀正しく民度も高い」といった、彼の陳述書が提出された。

と、ありました。この石碑は、割と最近に作られたようです。

スコットランド人の父、アメリカ先住民の母から生まれた人が、日本に行きたいと思って密入国までしてやって来てたとは。こういう人がいたのを知り、感慨深かったです。

初日の出島や前日のグラバー園でも、いろんな人やその活躍ぶりが紹介され、それらを読むと幕末から明治の激動の時代に意識が飛び、胸がジーンとすることが多かったです。

それらを書き出したら、歴史の教科書みたいになると思い、我慢しました・・coldsweats01sign01今回の旅ブログ自体がもう、教科書チックなのでshineshine

私は昭和アナログな人なので、旅の最中、何度も「長崎は今日も雨だった」が頭の中で流れてましたshine。昭和の建物が多く残っていたので、思い出したのかも。

長崎は遠いと思う方が多いと思いますが、機会があれば是非。様々な歴史が空間に折り重なる様子は、普段の日常とまるで違い、感じ入ることが多いことでしょう。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年1月 9日 (火)

長崎・軍艦島への旅③

軍艦島から帰ると、長崎中華街へランチしに行きましたnoodle。小雨模様だったので、写真は撮らなかったです。

長崎中華街は、長崎ちゃんぽんを出す中華料理のお店がほとんどでした。入口すぐのところに、立派な外観でお客さんの多いお店がいくつかありましたが、私達は適当にお店を見つけ、入りました。

今は人気のお店って、ネットですぐにわかりますね。それはとても便利だけど、中華街のように似た店がたくさんある所では、流行る店とそうでない店の差が、いっそう開いてる気がします。

私達の入ったお店は普通に美味しかったけど、お客さんの入りが少なかったみたい。これから、繁盛しますようにconfidentheart04

その後は、大浦天主堂に行きました。29年前、中のステンドグラスに感動し、もっと見たいと強く思ったのですが。

29年ぶりに見たら・・ あれ?あまり、感動しないね、私?特に何の感情もわかない自分に、拍子抜けしましたcoldsweats01

2018010901

屋根は改修工事中、中は撮影禁止のため、写真は外に安置されているマリア像だけです。

天主堂の中では、「信徒発見」エピソードが繰り返しアナウンスされていました。私は初めて知り、思わず胸が熱くなり、感動しました。

入場券を買った際、頂いたパンフレットに載っていたカトリック長崎大司教の挨拶文がわかりやすかったので、入力します。ちょこっとお付き合い下さい。

*********

 2015年、大浦天主堂は創建150年を迎えました。美しい異国風の建物は、歴史文化都市・長崎のシンボルとしてわたしたちを魅了してくれます。一方で、その歩みは、「こころの自由」を獲得する苦難の連続でした。

 日本と西洋の最初の出会いは、コロンブスらが活躍した大航海時代に始まりました。ポルトガル人宣教師が伝えたキリスト教は各地に広まりましたが、やがて禁教と鎖国で、西洋との交流は長崎の出島に絞られました。

 2度目は幕末の出会いです。産業革命によって欧米は交易を求めて世界に進出します。日本も黒船の来航で安政の開国が実現すると、長崎には外国人商人や討幕派の志士たちが集います。

 大浦天主堂は、こうした混沌とした幕末に、安政の条約に従って、おもにフランス人のための教会として誕生しました。

 ところが、長崎県には禁教令化、秘かに信仰を守ったキリシタンが多く、この天主堂を舞台に世界宗教上の奇跡「信徒発見」がなされます。

 しかし、明治時代を迎えても禁教は続き、浦上四番崩れなどの大迫害が起こります。これに対する西欧諸国の非難でキリスト教は1873年(明治6年)に黙認されますが、その後も軍国主義による抑圧、そして被爆と苦境は続きました。

 さあ、美しい教会に秘められたそのドラマを旅してみましょう。あり余る自由に満たされた現代のわたしたちにとって、自由の意味と意義を考える機会になることでしょう。

2018010907

*********

このパンフレット、29年前にも頂いた気がするけど、全く読まなかったような・・(-_-;)。当時は、文章ばかりの白黒印刷だったと思うけど、今はカラー写真がふんだんに使われ、漫画も少し載ってました。

戦国時代にザビエルがキリスト教を伝え、1978年にヨハネ・パウロ二世が長崎を訪問するまでの歴史も、わかりやすく書かれていますが。二十歳の頃にこれを読んでも、あまり印象に残らなかったかも。

軍艦島に向かう途中、ガイドさんが離れた島を指し、「かつてあの島には、キリシタンが潜伏していました」とか、別の島の説明では「今は島民のほとんどが、キリスト教を信仰しています」というのを聞き、感じ入るものがありました。

が、これも二十歳の頃だったら、聞き流していたんじゃないかな。「信徒発見」も、当時は響かなかったかも。50歳近くになり、経験を積んで、いろんなことが深く感じられるのでしょう。

もしくは、かつて私も隠れキリシタンとして生きた人生があったのかもねと、チラッと思いました。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年1月 8日 (月)

長崎・軍艦島への旅②

今回の旅行の直前に、「今から20年くらい前に、ドラマで軍艦島が出たのを見たことがある。話の内容は覚えてないけど、軍艦島ってどこなんだ?と、印象深かったのを覚えてる」と、だんなさんから初めて聞きました。

私は軍艦島のことをほとんど知らず、事前に調べることもなく、いきなり島をドーンと見たわけですが、それもまた良かったです。

軍艦島は勝手に上陸することはできず、一般人が見るには、民間業者のクルーズを利用します。事前にネット予約し、当日に料金を支払いました。

2018010801

↑私達が乗った船。この日、乗船したのは200人くらいでした。「ブラックダイヤモンド」って何だろうと思いましたが、かつて日本で石炭が盛んに掘られてた頃、石炭は「黒ダイヤ」と呼ばれてたそう。そこから来てたのね。

軍艦島は、今は廃墟となった建物群が軍艦のように見えるのでそう呼ばれてますが、正式名は端島(はしま)だそう。明治時代から昭和40年代まで、海底の石炭を三菱が掘る島だったそうです。

長崎の海からは、船に乗って40分くらいで到着です。船内ではガイドさんの説明を聞きますが、出航してすぐの海沿いには三菱の巨大な造船所があり、その説明もいろいろ聞きました。

2018010810

↑これは午後にグラバー園に行き、そこから撮った様子。この真ん中の海を、左へ渡っていきました。

拡大するとわかりますが、写真中央に写っているのは2隻のイージス艦。そばで見ると、大きくて立派でした。ここで新しいのを建造もするし、修繕もするそう。平和的に利用して欲しいものです。

2018010802

↑波に揺られ、ウトウトしかけたところで、軍艦島が見えてきました。

だんなさんが見たドラマは、特別許可を得て島内で撮影されたようだけど、今は建物の多くが崩れ、ガイドさんと歩けるのは舗装されたわずかな道のみです。

2018010803

島にあった案内図。

2018010804

私達が歩けるのは、↑向かって左側の、島の外側の通路のごく一部です。

2018010805

奥のコンクリート住居跡は、石炭を掘る人達とその家族が住んでいたところ。がれきも散乱しています。

2018010807

私達が訪れた日は、海はとても穏やかだったけど。台風の時は、大変な高波が襲うそうです。建物のガラスは長く残ったようだけど、今は1枚も残ってなかったです。

2018010806

↑子供達のプール。かつてあったプールは台風で壊れ、新たに作られたもの。プール底の白線が残っていますね。

2018010808

↑文字を入れましたが、海底から掘った石炭を載せて運ぶベルトコンベアはかなり大きかったです。休むことなく動いていたそうで、音も大きかったでしょうね。

海底には380mほどエレベーターで降り、石炭を掘ったそうだけど、いつも気温は30度で湿度は90%ほど、かなり過去な労働環境だったそう。時には、掘っている最中にガス爆発などの事故があり、亡くなった方も少なくなかったとのこと。

危険と隣り合わせだけど、お給料は良かったそうです。島には床屋や雑貨屋などもあったけど、そういう商売する人はかなり儲けることができ、あとで長崎に家を建てた人もいたそう。

石炭を掘っても、良質な石炭は3割くらい。残りの7割は島の周りに埋め立てられ、島は面積を広げたそうです。

昭和40年代に政府がエネルギー転換をして、各地(北海道や福岡)の炭鉱は赤字となり、やがて閉山しますが、端島は唯一、黒字だったそう。ここも閉鎖が決まると、従業員は再就職先を世話してもらい、引っ越し費用も全て会社が持ってくれたそうです。

他にもいろいろ聞きましたが、地元ガイドの話は味わい深くてGoodでした。軍艦島を見学するクルーズは、この先はそう長く続かない気がするので、行くことができて良かったですconfident

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年1月 7日 (日)

長崎・軍艦島への旅①

みなさんそれぞれ、良いお正月を過ごされたと思いますconfident。私は4日(木)~6日(土)まで、だんなさんと長崎へ行って来ました。普段の日常をすっかり忘れ、初めて見るもの&29年ぶりの再訪を楽しみ、長崎の歴史もちょこっと触れて、有意義な3日間でした。

往復とも、新幹線と特急かもめ(福岡と長崎間)を使いました。名古屋から長崎へは飛行機もあるけれど、年始の時期は高かったので。うちから片道6時間ちょっとの旅でしたが、道中は快適に眠ることが多くcoldsweats01shine、時間は気にならなかったです。

毎年、だんなさんは年末年始の休みは長くないけれど、今年は有給休暇を取り、長く休めることに。どこか行こうかと話した時、前からだんなさんは長崎の軍艦島に行きたいと言ってたのを思い出し、これをメインの旅にしました。

あとは、私が行きたいところをちょこっと足すことに。長崎の夜景、中華街、大浦天主堂などです。

私は短大の卒業旅行で、九州を巡るパックツアーに友達と行きました。バスであちこち立ち寄ったけど、長崎では大浦天主堂を訪れた際、時間があまりに短かったのが心残りでした。

他にも立ち寄ったところはあったけど、(大浦天主堂は、必ずまた行けますように)と強く願ったのを覚えており、これを叶えることにwinkheart01

1日目は曇り空、2日目は小雨&かなり寒く、3日目にようやく晴れましたsun。3回くらいに分けて旅日記を綴りますので、お付き合い下さいマセhappy01shine

2018010701

↑駅前のカステラ屋さんにいた、野良ちゃん。駅前の道路は片側3車線、人通りも多く、猫ちゃんが生きるには危険も多そうですが。昼間通ったらツンとしてたけど、夜にもう一度通ったら、甘え上手のゴロスリになってました。

長崎は魚がとても美味しいところ。誰かくれる人がいるのかな。やせてるけど、元気そうな感じでした。

ホテルに荷物を置くと、早速てくてく歩くことに。文明堂総本店でカステラを少し頂き、出島に行きました。

2018010702

出島と言っても、歴史で習った出島そのものは今はなく、縮小して復元された施設です。

2018010703

いろんな建物があったけど、私達はすでに疲れ始めてたのでcoldsweats01、少しの建物だけじっくり見ました。

2018010704

↑出島に陸揚げされた輸入品を、役人が立ち合って検品しているジオラマ。オランダの計量器で砂糖を計っている様子です。実物は小さい人形だけど、よく作られているので、接写すると良い感じに撮れますね。

世界遺産の絡みだと思うけど、どの資料もわかりやすかったです。出島があった当時、オランダは日本から銅を大量に輸入していたこと。その時、世界では銅の需要が大変多く、オランダは銅を売りさばいて、かなり儲けていたそう。

それって、日本から銅を安く買い上げ、ぼろ儲けしてたのかなと思いましたが。オランダは日本のことを、「大切なダンスのパートナー」としていたそう。うまい表現ですね。日本は貴重だった砂糖の他、多くの物資を輸入していたそう。

オランダはインドネシアなどにも貿易会社を作り、それらの国を経由して象やクジャクなども運び、当時の日本人を大変驚かせたことなど、教科書で習ったことをおぼろげに思い出しつつ、知らない情報にも触れ、興味深かったです。

2018010705

↑奥に見える山が、稲佐山。ロープウェイで山頂まで登り、展望台で夜景を楽しめます。長崎は坂が多いけれど、住宅の多くが山の斜面に建てられています。

愛知では夕方5時10分位で真っ暗になるので、そのつもりで山頂に5時半すぎに着いたら、まだほんのり明るかったです。すっかり忘れてたけど、国内でも差があるのねcoldsweats01

5時45分には暗くなったけど、途端に気温がグッと下がったのがわかりました。標高380メートル位の山だけど、やはり山頂はとても寒かったですsweat01。温かい恰好をしても、手足の指先がジンジンするほどでした。

周りは家族連れや若いカップル、学生のグループが多く、私達は30分位で切り上げて帰ることに。

2018010706

撮影講座で夜景の撮り方を習ったけど、すっかり忘れましたcoldsweats01sign01夜景モードで撮ってみたけど、私の腕では、↑これが精いっぱいの夜景でした。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2017年9月21日 (木)

滝田 栄さん

2017092101

今日は秋晴れsun、爽やかな日だったので、カメラを持って近所の遊歩道へ散歩がてら、花などちょっと撮りました。画像は、ヒガンバナ。この花は本当に、彼岸に合わせて花を咲かせますね。

さて。私は日頃、「(芸能人の)あの人は、最近どうしてるかな?」と思うと、大体数日以内にテレビで姿を見かけたり、たまたま読んだ雑誌などで近況を知ったりします。

最近は、俳優の滝田 栄さんはどうしてるだろう?と思っていたら、一昨日だったか新聞の小さい記事に載っていました。今は長野に住み、仏像を彫っていると知って、新鮮な驚きでした。

滝田さんと言えば、私が小学生の頃、ドラマで活躍していたような。背が高くて端正な顔立ちで、子供だった私もかっこいいな~と思ってましたが、他の俳優さんと全く違うのをいつも感じていました。

当時はそれを、うまく言葉に表せなかったけれど。何か光っている感じ、一般の人が持っていない美しいもの・・?を感じていました。

今、滝田さんのサイトや、滝田さんの講演会に行かれた方のブログも初めて拝読しましたが、ご両親の信仰が深かったこと等々を知り、なるほど納得でした。

華やかに活躍する人の話を聞くのも良いけれど。滝田さんの活動が、広く世の中に知られますように。ささやかながら、祈っていますconfident

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年8月12日 (土)

10日の京都では

今日も暑かったですねsun。今年の夏は、曇りや突然の大雨が多くて戸惑いますが、西日本は晴れ間がそれなりにあり、それはそれで有り難いかもしれないですね。

2017081011

10日の京都は蒸し暑かったですけど、名古屋の暑さで鍛えられてるので、私は平気でしたgood。上の画像は、八坂神社です。いつも思うけど、あでやかな赤色ですねshineshine。今回は参拝しなかったですけど、観光客が多い様子でした。

旅のことを、もう少しだけ。よしもとを見るのは、会社勤めしてた頃、慰安旅行でなんばグランド花月に行って以来でした。もう27年位前です。

当時は、ただ面白くて笑ってましたが。50歳も近くになると、自分より若い芸人さんの緊張感やその他いろいろ、細かいところに気づいて違った味わいになるのねと、意外な発見でした。

ザ・ぼんちが出演し、何十年かぶりに見ましたが、相変わらずハチャメチャですっごく面白かったですhappy02shine。でも今、ネットでちょっと調べたら、一時期は解散してたのね。いろいろありつつ、積み重ねたものは、芸の結晶になっている感じでした。

新喜劇は、事前にYou TUBEで予習しましたheart01。次の展開がわかっていても、グフグフ笑いました~happy02shineshine

音や迫力、出演者の動きなど、テレビで見るよりライブの方が断然良いですね。アドリブも面白かったし、加計問題など時事ネタも取り入れてて、関西らしくて良かったです。

夕方は占い銀月堂に行き、五条桜花さんに見て頂きました。お客さんが定期的に見てもらっている一押しの先生で、私も興味を持ったのです。お客さんには今までも、おどり猫の箱を教わり、良い出会いをつないで頂いていますconfidentheart02

私はアクセサリー教室を続けているけれど、カードリーディングもいずれ本格的にやりたいが、それで良いか?と聞いたところ、この秋から始めて下さいと言われ、えぇ~~coldsweats01sign01と、半分嬉しいような、半分動揺した感じでした。

桜花さんからすれば、同業になると思いますが。誠実に見て下さって、良いアドバイスを頂きました。耳の痛いところも突いて下さってcoldsweats01、良かったです。ちょっと不思議な手さばきで、カードを並べてたのですよね・・ あれは、気になりました。

あと、家族のことも少し聞きましたが、過去や未来もざっくり見えるみたいで。こちらが大して話さなくても、的確なことを言われ、なかなか興味深かったです。

30分コース(3000円)でお願いしましたが、良心的だったと思います。言われたことをメモ書きしたら、結構な量でした。

京都に旅行して、ちょっと見てもらいたいと思われたみなさん。是非、桜花さんのところへ行かれて下さいね。お勧めですhappy01heart04

2017081007

↑祇園界隈は、こんな小道がいっぱい。夜はにぎやかでしょう。昼間は、誰も歩いてなかったです。

2017081008

↑草間彌生さんの展示を知らせるポスター。なんとなく、京都っぽい気が。

2017081009

↑お茶の辻利とカフェのコラボを知らせる看板。ケーキが和風な感じ。

2017081010

蘇民将来子孫者也、八坂神社の「ちまき」。神社そばの店先につるされてました。

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

より以前の記事一覧