2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

書籍・雑誌

2019年6月17日 (月)

ジュリアン・シャムルワさんの「ワンネスの扉 ― 心に魂のスペースを開くと、宇宙がやってくる」

2019061701

エドガー・ケイシーのグッズを取り扱う、テンプルビューティフルさんのメルマガをいつも愛読しています。話題は商品紹介に限らず、店主の光田さんの旅先の話、スピリチュアルな話など、いつも興味深いです。

何年か前から、フランス人のジュリアンの話題が時々出ていました。2年前にジュリアンのお話会が東京で開かれた時は、新幹線の時間もチェックし、行こうかどうしようかギリギリまで迷ったほど。

当時は更年期で体調が今ひとつだったので、あきらめましたが(T_T)、光田さんの企画&プロデュースで今年の4月に彼の著書が出ると知って、これは是非買おう❗と、とても楽しみにしていました。

発売されるとすぐ買ったのですが、他にも読みたい本があり、最近になってようやく読み始めました💓。

私は10代の頃からスピリチュアルな本が好きで、たくさん読み漁ってきました。ここ数年は、胸が熱くなる良い本と出会ってますが(アナスタシアシリーズなど)、ジュリアンの本も素晴らしかった✨✨です。

アマゾンから紹介文をお借りします。ちょっと長いですが、お付き合いを。

*****

フランス・ブルゴーニュの葡萄畑に囲まれた村で育った少年が16歳のある夏の夜、UFOを目撃。それからというもの、夜ごとに謎の宇宙人が訪れ、目に見えない交流が始まります。

そして数年後、パリで新生活をスタートした彼は、とつぜん自分がなくなり、宇宙のすべてと一体になってしまうという、信じられないほど素晴らしい体験に頻繁に見舞われるようになります。

日常生活のなかで、何の前ぶれもなくいきなり圧倒的な感動が押し寄せ、涙があふれて泣きくずれてしまう……

最初はそれが「ワンネス」と呼ばれる体験であることも知らず、いったい何が起こっているのか全くわからないまま繰り返し体験し、自分は気がふれたのではないかとさえ悩みます。

いったい宇宙人はなんの目的でやってくるのでしょう?そして、そこからわかってきたこととは……?

冒頭から躍動感あふれる展開、読み出したら止まらない! フランス人のジュリアン氏が流暢な日本語で書いた、驚きの体験記。シンプルな言葉で、目に見えない魂の交流を鮮やかに語ります。

文化的に理性を重んじ、「個」の意識が強いフランス社会のなかで、UFO遭遇、宇宙人との交流、そしてワンネス体験…と、説明のつかない意識の拡大現象をいきなり次々に体験してしまう著者。

彼は「目に見える現実」と「目には見えない現実」とのはざまで強い恐怖に襲われ、激しい矛盾に葛藤しながらも、少しずつこの物質的現実の奥に広がる、多次元世界に目覚めていきます。

そして解釈や分析や判断はすべて脇において、ただひたすら 自分に起こる現象をありのままに観察し、すべてを詳細に記録しました。そのエッセンスが凝縮されている本書は、まれに見る貴重な魂の記録といえます。

*****

フランス人のジュリアンは、子供の頃から日本のアニメを楽しむなど、早くから日本に興味を持ち、独学で日本語を勉強したそう。この本は、彼が日本語で書いています。

光田さんがその原稿を読み、不明な点は彼に質問したそうですが、どんな言語でも表現しにくい内容をよくここまで書かれていると、感心しました。

夜ごとやって来る宇宙人は、目で見えるものではなく、気配で感じるもの。あまりの恐怖に、彼はいつも気絶するように眠っていたそうです。


年を経るにつれ、彼は自分の身に起こることを冷静に観察し、ノートに書き留めていきます。

今年39歳になる彼が、母国のフランスではなく、日本で著書を出すというのも不思議な流れです。その辺りのエピソードは、是非著書でどうぞ。

この本がちょっと特殊なのは、今まで様々な本を読んできた中で、あまり感じたことのない「静けさ」が感じられること。私はもう一度、読み返してみます。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年3月27日 (水)

古宮 昇さんの「プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術」

2019032701

子供の頃から本が好きな私は、読む時は集中し、本の世界に入り込みます💓。電車や飲食店など、多少の音がする場所で読むのは、全く平気です。

が、この頃は、活字を追う集中力が落ちてるのを絶賛実感中(;^ω^)❗電車の移動時間が読書タイムだったのに、スマホを見ることが増えました。

大好きなアナスタシアの本も、6巻を読んでる途中で骨折し、そこで止まってしまって。秋に出た7巻は買ってあり、6巻の初めから読み直したいです。

去年の11月に丸善で買った「プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術」は、何か月もかかってようやく読了❗良い本でした。読みながら、自分や周りの人達のことを振り返り、時間が掛かりました。

「はじめに」から文章を拝借しますが、

福祉、教育、医療など人とかかわる職業に就いている人々は、傾聴の大切さを痛感しています。しかし、がんばって聞こうとしても、なかなかうまくいかないものです。

なぜなら、傾聴するためには、相手の気持ちを、その人の身になって理解するための理論と技術が必要だからです。その理論と技術が傾聴術です。

本書は、傾聴の実践に欠かせない技法とともに「人間の心の成り立ち」や「傾聴を妨げる心の動き」についてわかりやすく具体的に解説しています。

さらに傾聴の技法を実践的に学べるように、第6章では事例を通して、聴き手がしてしまいがちな悪い応答例と良い応答例をその理由とともに解説しています。(中略)

本書で傾聴の基本を学び、共感力と傾聴スキルを磨くことによって人間関係が改善されたり、困っている人の力になれたりします。その結果、仕事のやりがいがアップし、得られる喜びも大きくなっていくことでしょう。

とありますけど、ようは、

☆聞き上手になりたい
☆人間関係がちょっと苦手
☆心のしくみを知りたい
☆自分が何につまづいてるのか、客観したい
☆親子の関わり方の参考にしたい

こういう思いのある方には、男女や年齢に関係なく、是非ご一読をお勧めしたいです。個人的には、大人はもれなく全員、読むと良いと思いましたよ。

☆モンスターやクレーマーの対応のコツ
☆愚痴が止まらない人の本当の理由
☆万引きをやめられない子供の心
☆怒りをぶつける人の、心の裏にある怖れ

など、これはほんの一例で。複雑でデリケートな心のしくみを、イラストもふんだんに使い、わかりやすく詳しく書かれています。

自分自身はもちろんのこと、身近にいる「困ったちゃん」を理解する助けにもなりそうです💕。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年2月22日 (金)

小田真嘉さんのメールレターより~自分本来の良さが発揮されるボディーづくり

水曜の教室の後もタロット、昨日もタロットをやり、まるでタロット強化週間のようでした。みなさんそれぞれ、印象に残るものがあった様子。日常の暮らしの中で参考にして頂けることがあったなら、この上なく嬉しいです

さて今日は、小田真嘉さんのメールレターの紹介を。先週土曜に届いたもので、ブログに載せたいと思っていたものです。

身体を温め、柔らかく保って、「自分本来の良さが発揮されるボディー」を自分で見つけようという内容です。

私は最近1キロやせてしまい、周りから見たら、うらやましい話かもしれないけれど。私の年齢(;'∀')?だと、胸からやせてしまうのね。

あたくし、ただでさえ貧乳なので、胸からやせるってイヤなのですよーお腹とか背中の肉とか、やせて欲しいところは他にあるのに

*****

体が冷えていたら
(特に、下半身と手先)
心も冷めていく。

体が硬くなっていたら
(特に、頭と首と肩と背中)
心も偏って、かたくなになっていく。

体に疲れがたまっていたら
心にも感情が鬱積していく。

誰もが本当は もともと前向きで、
しなやかで、愛情深いもの。

それが
体からの影響を受けてしまい
心が暗く、冷たく、重く、固くなっていく。

だから
体を温めて、関節をゆるめて
筋肉を柔らかくしていくと

自然に
心も温かくなって、人にやさしくでき
発想も柔軟になっていく。

そして
イヤなことがあっても受け止めて
かつ、ネガティブな気持ちは流せて
人を許し、認めることができる。

しかし理想の「体形」に関しては
人によって違う。

全員が痩せて、
筋肉質がいいとは限らない。
多少ふくよかな方が、いい人もいる。

人それぞれ
自分の個性や特質や
働き方と生き方に応じ

本来の良さが引き出されて
本領が発揮できる体形は違う。

こればかりは
自分の調子をみながら、
見つけていくしかない。

大事なことは
お借りしている体を通じて
心の変化を見ながら

身の内に宿る
本来の自分を知っていき
体づくりをすることで

本来の自分が
思う存分に活躍できるための
武器と防具と乗り物をつくっていくこと。

*****

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2019年2月14日 (木)

50歳でようやくファッションが楽しくなったかも♪

昨夜遅くにブログ記事を綴り、さぁアップロードしようと、保存ボタンをクリックしたら、なんとっ先日と同じく、またそこでネット回線が切れ、綴った文章全てが消えてなくなりました

かつては瞬間湯沸かし器だったワタクシも、この頃は落ち着いてますが。2度目ともなると、さすがにカチンと来ましたねぇ。前回と同じく、アップロード直前まで、他のページを見ることができたので。

文章は大体頭に残ってたけど、もう一度打ち込む気力はなく、パソコンの電源を落として寝ました。う~ん何か対策を考えようと思いますっ

さて最近は、12月に読んだ「着るだけで夢が叶う服選びの魔法 人生を変えるフレイム・ファッション」を再読しては、学生時代の友人を思い起こして、彼女達がどのタイプに当てはまるか、楽しく妄想しています

タイプ別の解説を読んだからと言って、全ての人を判断できるわけではないけれど。付き合いの長い友人だと、体格の特徴や全体の雰囲気、性格などわかっているので、おおよそ判断できるのです。

美人のRちゃんは、体格や性質から見ても、リーダー気質のストレートタイプ。いわゆる、定番のつるんとしたスーツや黒パンプス、細身のロングネックレスなどがよく似合う人。実際に彼女は、ストレートタイプに似合うものを着ると、よく似合ってる。

私の妄想で、彼女に似合う服をとっかえひっかえ着替えてもらうと、どれもすごく似合ってる。服だけじゃなく、髪型、アクセサリーもストレートタイプに似合うものにすると、もともと美人な彼女がさらに垢抜け、魅力は倍増

こうなるときっと、その明らかな変化に彼女の周りはビックリしつつも、中には対応が変わる人も現れるかも。

実際の彼女は、ウェーブタイプの服を着ることが多く、生き方と考え方も、ウェーブタイプに納まろうとしてる感じ。本人が選んでいることだけどね。

彼女が自分に似合うものを着るようになると、いろんなことがガラリと変わり、まさに運気も変わるのではないかな

とまぁ、そんな具合に私の妄想は広がり、次の友人の着せ替えが始まりますの

これをしばらく繰り返して、ストレート、ウェーブ、ナチュラルのタイプ別の特徴がざっくり覚えられると良いな。似合うアクセサリーを、判断できるようになりたいです。

若い頃は、ファッションに縁遠いと思っていた私。でも本当は、オシャレ上手な人にすごーーーーく憧れ、私もそうなりたいと、いつも思ってたのよね。

50歳になって、あぁそうだったと思い出し、大急ぎで勉強してるみたいな。本来なら、10代、20代で興味持つところを、私はだいぶすっ飛ばしたり、スルーしてたので

今の私は、体重は結構あるのに、着やせするので、この体型が好きですが。かつては、今よりたった3キロ多いだけなのに、全身がパーンと張って、特にヒップがぱっつぱつでした。

私の目は今は「ふたえ」で、とても気に入ってるけど。25歳くらいまで、まぶたが厚ぼったい「ひとえ」(これは母方の遺伝)で、当時の写真を見ると、まるで別人(笑)。マジですの

若かった頃は、そういう体型や目にすごくコンプレックスを感じて、オシャレも楽しめなかったです。なので、50歳だけど今は素直にいろいろ楽しめて、嬉しいです

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2019年1月22日 (火)

藤野英人さんの『投資家が「お金」よりも大切にしていること』

2019012201

先月だったか、武田双雲さんがブログで、藤野英人さんの本を絶賛していました。私は藤野さんを知らなかったけど、双雲さんがそこまでほめるのに興味がわいて、中古本を取り寄せました。

今月、教室の行き帰りの電車でこの本を読みましたが、もうグイグイ引き込まれっぱなしでした。

双雲さんは、様々な人と交流し、物事の捉え方はミクロからマクロまで自由に行き来し、実現させたい世界がはっきりしている人。その辺り、藤野さんとビビビッと引き合うものがあったのだろうと思いました

本のカバーには、

本書は、私が投資家として20年以上かけて考えてきた「お金の本質とは何か」の結論を一冊に凝縮したものです。

特に、これからの日本を担う10代、20代に読んでもらいたい。なぜならお金について考えることは、自らの「働き方」や「生き方」を真剣に考えることと同義だから。若いうちにお金の見方が変われば、自分の人生や社会に対する見方も大きく、良い方向へと変わっていくでしょう。

理想論を言っているのではありません。お金の本質を全く考えずに良い人生を歩んでいくのは、現実的に不可能なのです。カネの話は汚い、金儲け=悪だと思っている人は、世の中について何も知らないことを、自らさらけ出しているのかもしれませんよ。

とあります。

実際の中身は若い方だけでなく、大人にも大いにお勧め。日本人なら、一度読んで損はない、と思わせるものでした。

藤野さんがお金に関する様々なことを、意外な切り口で読者に問いかけながら、わかりやすく教えてくれたり、「こうしたら、どうだろうか」と、希望の持てる未来の話を熱く語っています。

お金の話ではあるけど。こうすれば投資で成功するという、儲け話ではなく、お金に関する多岐に渡った深い話です。初めは、日本人の性格と、そのお金の使い方を具体的なデータから説明されています。

人の話を真摯に聞き、自分の頭で考え、世の中を勉強していないと、この本は書けないのがわかります。大人なら、胸に刺さるか、頭にガツンと来るか、耳に痛い内容が多いです。

私は心地よくガツーンと来て、何度も読み返したくなりました。興味のわいた方は、是非どうぞ。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年12月 2日 (日)

MALIKAさんの「着るだけで夢が叶う服選びの魔法 人生を変えるフレイム・ファッション」

2018120201

昨日また、大塚屋にちょこっと行きました。今度はイヤリングに使うボタン探しです。今日まで大創業祭をやっていて、ボタンも安くなってるかしらと期待して行きましたが、安くなってたのはお値段の高い高級ボタンだけでした

品ぞろえはまぁまぁでしたが、お客さんが希望するものに似たものが、1つ見つかっただけ。探す時間はもう少しあるので、今度はボタン専門店に行ってみます。

画像は、大塚屋そばの桜通のイチョウ。昼間は気温がやや高めだけど、朝晩はすっかり冷えるようになり、街路樹もすっかり秋色ですね

大塚屋を往復する電車で読もうと、先日買った本を持っていきました。MALIKAさん著の「着るだけで夢が叶う服選びの魔法 人生を変えるフレイム・ファッション」です。

2018120202

これ、とーーーっても面白くて、帰宅後にも読んで、今日また読んで、読了しました。またまた、アマゾンに載ってた紹介文を拝借しますが、

「仕事が楽しくていつの間にか昇進しました」
「彼氏ができて結婚しました」
「本当にしたいことを見つけることができて、毎日が楽しいです! 」

似合う服を選ぶレッスンをしたら、仕事や恋愛、人生がうまくいくようになる。今まで以上に活躍しながら、そんな自分を好きになって、愛され体質になる!

あなたの骨格タイプは、「ストレートさん」?「ウェーブさん」?それとも「ナチュラル」さん?

◆ストレート さん―― つるん ・リーダー気質
◆ウェーブ さん――ふんわり ・癒しの人
◆ナチュラル さん――ざらざら・職人気質

自分の骨格タイプを知り、「つるん」「ふんわり」「ざらざら」といった質感から服選びができるようになるだけで、人生がうまく回り始めます。そんな「洋服選び」と「人生で本当にやりたいこと」の関係をお教えします。

と、こういう内容でした。本当は色合わせの本が欲しくて探したのだけど、お客さんとの会話から、骨格診断とパーソナルカラーの本も面白そうだなと思い、そちらで探しました。

今、骨格診断とパーソナルカラー診断が流行っているのを、私は全然知らなくて。お客さんから教わり、ようやく知った次第です。

パーソナルカラーは、何年も前に見てもらったけれど、骨格診断って何だろう?と思い、丸善では何冊かの本を読み比べました。流行ってるだけあって、似た感じの本がたくさんあったので。

その中で、MALIKAさんの本は、「自分の使命に合わせ、骨格を選んで生まれてきた」「骨格を知れば、自分の進みたい道がわかる」とか、「服の力を借りて自分らしさ満開に、幸せになる」などの切り口が興味深く、ピピピッと感じて選んで、大正解でした

素人判断だけど、おそらく私はナチュラルタイプ。ナチュラルタイプの人が似合う服の特徴を読み、大いに納得し、同時にとても嬉しかったです。私が好きで、着たいと思う服ばかりだったので。

10代の頃から、ちょっと変わった服が好きだった私。20代は、人と同じものを着るのはイヤだったけど、かといって大して冒険もできなかったです。

30代は、独身の頃に着なかった服を試すように。失敗も多かったけど、思い切っていろんな店に行くようになったのは良かったかな。自分に似合うパーソナルカラーを知り、大いに参考になりました。

40代は、「アクセサリー教室の先生らしい服」を意識するように。加齢により、自分の体のライン、似合う色が変わったのを実感。

さぁこれから50代は、どんな服を着ようかと思ってましたが。MALIKAさんから良いアドバイスをもらった気分です

3月に買った堀川波さんの本は、しばらく机に置き、毎日読み返しました。オシャレに関心が出る10代の頃より、今の方がよっぽど、本を読んでます

骨格診断とパーソナルカラーの本は、興味のわいた方がいらっしゃったら、本屋で読み比べるのをお勧めしたいです。MALIKAさんの本は文章がメイン、他の方の本は実際の服の着こなしなど、写真が豊富なものが多いです。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年11月29日 (木)

天外伺朗(てんげ しろう)さんの「日本列島祈りの旅2 クナト姫物語」

2018112901

私は本を読むと、これは良いと思ったものを、ここで紹介しています。精神世界の本がほとんどだけど、胸にジーンと来て、多くの方に読んで頂きたいと思うものばかりです。

でも、今日紹介するものは、万人向けではなさそうです。これから時間をかけて、多くの人に浸透すると思うけど、今はまだ、この内容を受け入れ、理解する人は少ない気がします。

それでもあえて紹介するのは、この本を昨日見つけ、今日の午後に読了した時に、ブログに載せなくてはと、せかされるものを感じたからです。

ここから先の文章を読まれて、ピンと来た方には、この本を大いにお勧めしますけど、何のことやらさっぱり?な方は、ちょっと変わった本が出たのね、くらいに受け止めて頂けるとありがたいです。

いつも私のブログを読んで下さっている方にも、検索サイトから偶然ここにアクセス下さった方にも。この情報が必要な方に、なるべく早く届きますように。

この本の紹介文は、内容が的確にまとめられているアマゾンから拝借しますね。

天外伺朗氏が、民族の封印された御霊を開放することを目指し、2016年から始めた“祈りの旅"待望の2巻。

本書は、Tya‐Tya氏(ヒーラー、エネルギー・ワーカー)に降りてきたチャネリング情報に基づいて、島根県の潜戸(クケド)で2年越しに行った祈りの儀式の記録です。

出雲王朝より昔の時代に、龍蛇と心を通わす“クナト姫"と呼ばれる美しい女性と、そのとき一緒にいた一族(異なる部族)が潜戸で虐殺されたというチャネリング情報。

そして、虐殺された人々の霊が潜戸に長い年月、封印されてしまっているといいます。その封印を解くことが「日本列島祈りの旅」全体のキーになると。

何が起きたかは、チャネリング情報をベースに想像を交えて小説とし、追記も含めてフィクションとして巻頭に掲載しています。本書は、これ以外はノンフィクションという、変則的な構成になっています。

フィクションの部分は、救いようもない悲しい物語。3000年以上たった2016、2017年に、今度はノンフィクションとして、祈りによりクナト姫もオオババ様も封印が解かれ、解放される…… という壮大な物語になっています。

私たちが住んでいるこの日本列島に、はるか昔にこのような悲劇があり、それが今日まで延々と続いてきた、というロマンをお楽しみいただけます。

ノンフィクション部分では、潜戸での祈りの儀式の様子に加え、一体「地縛霊とは何か」という疑問を、深層心理学の知見と、医師による看取りの体験談などから推定しています。

いま、人類は進化しつつあり、それに伴い社会も「“分離"から“統合"へ」変わろうとしています。 地縛霊というのは、「分離」された生命エネルギーが、肉体が消滅した後も残ってしまった状態。

その供養をインディアン流に表現すると、「母なる大地」が「分離」から「統合」へと向かうことであり、この人類の進化、社会の進化と呼応しているのです。

↑紹介文は、ここまで。太字の部分がキーワードになると思い、私が勝手につけました。

天外さんが複数の人と連れ立って行く、日本各地の封印を解く旅の様子は、大雑把な内容です。地縛霊についての見識は、理論的に書かれてるけど、やや理屈っぽいかも。

それでも、これだけの内容をよくぞ1冊にまとめられたことに、素直に敬服の思いを抱きました。

この本は、見た目は普通の本だけど。読み進めると、時空を超えて物語の世界がドーンとつながっていて。天外さんが日本各地を訪れた旅先のエネルギーも多次元的に重なって、とても立体的と言うか、多面的な本という気がしました。

たまたま私は本を読む前に、You Tubeで「秋のクラシック」を見つけ、それを聞きながら読み進めたのですが。初めの物語の部分は、部族の戦いなどハードな内容があり、そのエネルギーを和らげるのに、役立ったように思います。

「秋のクラシック」って、ちょっと物悲しいけど、力強い希望を感じる美しい旋律が、ちょうど良かったです

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年11月28日 (水)

丸善で、本を吟味♡

2018112801

昨日までいろいろ頑張ったので、今日はOFF、自分にご褒美することに。栄の丸善に行きました

しばらく前から、カウンセリングの本を読みたく、じっくり探したいと思ってました。より良いタロットリーディングをするのに、私にプラスになる気がしたからです。

それと、色合わせの参考になる本も欲しかったです。これは、昨日の教室のお客さんとの会話に触発されて。その会話の後で、明日、栄の丸善に行こうと思いつきました。

何年も前から、本を買うのにアマゾンを利用しているけれど。最近は、本屋に足を運んで、似た本を読み比べ、今の自分にピッタリなものを探すのも大事だと思うことが増えました。レビューを参考にして買うと、失敗することがたまにあるので

今日は、とても楽しかった~です。思い起こせば、子供の頃から本が好きで、立ち読みするのが好きだった私。今は、様々なジャンルの本を見ては、こういう本があるのだと感心することが多いです。

まずは、カウンセリングの本を1冊立ち読み。なかなか良かったけど、同じ著者の別の本を買うことにしました。

次に、精神世界コーナーをチラッと見たら、1冊の本が私を呼び止めてくれました。本が私に声をかけるって、あやしいでしょ(笑)。著者は、天外伺朗さん。多分、天外さんの一番新しい本です。

立ち読みして、初めはどうかな?と思ったけれど。読み進めるうち、ちょっと特別な本という気がして、買うことに。

色合わせの本は、色としてはピンとくるものがなかったけれど、別の切り口で面白そうなのを見つけました。

本を3冊も買うなんて、本当に久しぶりのこと。しっかり読んで、自分の中に落とし込もうと思います。

カウンセリングの本は、ちょっと専門的だけど。他の2冊は、多くの人向きだったら、またここで紹介しますね。

そうそう、画像は、途中で通ったクリスタル広場の様子です。

クリスタル広場と言えば、かつては噴水があったけれど、撤去されましたね。ずっと工事中だったけど、最近リニューアルオープンしたようで、メタリックなオブジェが飾られてました。銀色のクリスマスツリーみたいで、きれいでしたよ

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年11月27日 (火)

小田真嘉さんのメールレターより~闇の底を掘ると、光が湧きだす

昨日と今日は我が家で教室でした。バタつきながらも、11月も楽しいひとときを過ごして、幸せ~でございました

今日は、月曜に届いた小田真嘉さんのメールレターの紹介です。

生きていると、嬉しいことや楽しいことばかりではなく、つらくて落ち込むこともありますね。実はそこに、自分の魅力や強みのヒントがあるという内容で、その通りだと思います。

まぁ、どつぼにハマってる間は、それに気づくのも一苦労ですが。否定してたものが大好きになるどんでん返しって、あるのですよね~

人生って、苦しみの中に一筋の希望の光を見つけ、笑い、感動し、楽しみ、喜びを得る、ロールプレイングゲームの繰り返しみたいなもの。かすかな光に希望を感じるのか、怒りを感じるのかは、自分次第。

人生は本当に短いと、この頃よく感じます・・楽しいことや素敵なことをたくさん見つけ、自分の器を広げて、豊かな人生を過ごしたいです。

*****

自分探しをしたり
居場所や活躍の場を探しをしても
偽りのものしか見つからない。

実は
人生の谷や壁、落とし穴にこそ
自分の長所、武器、魅力、使命が隠されている。

今まで一生懸命にやってきて
苦しんだこと。
葛藤したこと。
絶望したこと。
悔しい思いをしたこと。
周りに迷惑をかけたこと。
大きく失ってしまったこと。

それらを
闇と決めつけるのではなく

光の母だと考え
「~のおかげで」
と見つめてみる。

すると
感謝することがある。
導かれたご縁がある。
運ばれた場所がある。

それらに気づくと
人生の展開が、一気に早くなっていき

自分の輝きが
ますます引き出されていく。

◆成長のヒント バックナンバーはコチラ
http://ow.ly/4qNzw

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年10月22日 (月)

本のプレゼントのご案内~槇村さとるさんの「50代は悩み多きお年頃」~

2018102201

この間、何を探した時だったか忘れたけど(^^;)、久しぶりにアマゾンをクリックしたら、槇村さとるさんの本を見つけました。

私は、マンガを楽しんだのは小学生の頃まで。槇村さんの名前は知ってるけれど、作品は読んだことがないです。

そんな私だけど、この本は参考になるかな?と思い、中古本で買いました。ページをめくると、右ページが文章、左ページがイラストという具合で、読みやすくてあっという間に読了しました

アマゾンの紹介文を読むと、

「すべてを受け入れ、自分らしく生きたいと願う女性たちへ。

体型の変化、ポスト更年期、大切な人との別れなど、女性にとって50代には、受け止めなければならない悩ましいことがたくさん起こる。だけど、それらは歳を重ねれば当然のこと……。

仕事にプライベートに、いつも全力投球の漫画家・槇村さとるが、50代の日々をユーモラスに綴る。 」

とあり、私には少し先の話になりそうだけど、参考になるかな?と思い、取り寄せましたが。もうすぐ50歳の私には、まだちょーっと、早かったです

槇村さんは、更年期が落ち着いたと思った55歳から、つらいあれこれの症状に悩まされたそう。この本が出されたのは槇村さんが60歳の時で、しんどい最中に雑誌に寄せた文章を、まとめて書籍化したようでした。

50代後半の方とか、槇村さんのファンの方が読まれたら、共感するものが多そうです。

このまま手元に置くのは、もったいない気がする。買い取ってもらうにしても、2年前に出た本で、大した金額にならないと思うので。私より、大事にして下さる方がいらっしゃったら、差し上げます

送付は普通郵便でよければ、送料はこちら持ちで。希望される方がいらっしゃったら、こちらからご連絡下さいまし

***

10月24日追記:
本は、嫁入り先が決まりました。神奈川にお住まいのTさん、メールが送信されず戻ってますが、本を送りますね~

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

より以前の記事一覧