スピリチュアルいろいろ

2019年11月 1日 (金)

これも、パラレルワールド?

2019041501

昨日、えーっ❗と少しビックリしたことがありました。私は、パラレルワールドを垣間見たの(*_*;)?と思い、今まで綴った記事でパラレルワールド関連を調べたら・・

まぁまぁわかりやすい内容を、2012年12月にUPしてました❤。そこからコピペします。

パラレルワールドとは、私達の生きる三次元の現実とは少し次元の違う世界のこと。三次元と並行し、無限に存在していると言われる宇宙のことです。

・私達はみな、それぞれの宇宙を持って生きている
・私達はパラレルワールドに生きている
・本当はたくさんの宇宙があり、それぞれの世界に「今」の自分と少し違った自分が存在している
・私達は、そのたくさんいる自分をまだ自覚はできない

例えば今、私はパソコンに向かって文章を打ち込んでいますが、別の宇宙には、もう少し違う文章を打ち込む私がいる、という話です。

2012年当時、それが本当かどうか確かめようがないと思ったところに、トーマさんから面白いメルマガが届いたのね。一部抜粋して、コピペします。

*****

今年の夏に、面白い出会いが、ありました。Tさんという女性の方なのですが、ひょんなことから、横浜で、お茶する機会がありました。私と同じ沖縄出身の方でした。

いろいろ話していくと、私の親友の奥さんのいとこだったり、繋がりが深いことが、わかりました。子供の頃から霊感があり、いろいろなものが、見えるという方でした。

不思議な体験談をシェアしていたら、凄いことが、わかりました。

以前に、エッセイでも書いたのですが、私が大学4年生の頃、24歳の時に沖縄で友人たちとドライブしていた時に、UFOの話題になったことがあります。

その時、車内にN君という親友が乗っていたのですが、彼が子供の頃、沖縄県の糸満市で、巨大なオレンジ色のUFOの母船を目撃したという話を、聞いたのです。

私は、このN君の目撃談をキッカケに、UFOや宇宙意識に興味をもって、「バシャール」という本も買ったので、このN君のUFO目撃体験は、私の人生にとって、大きなターニングポイントとなる話でした。

Tさんに、このN君の糸満市での目撃体験を、話したら、「ええっ!私、その時、そのUFOに、乗っていたんですよー!」 と言ったので、ビックリしました。

てっきり、 「私も、そのUFOを、見ました」 と言うのかと思っていたら 「私は、そのUFOに、乗っていました」 と言ったので、大笑いしてしまいました。

Tさんによると、ちょうどその時、同じ糸満市の家からそのUFOに乗りこみ、上空から、糸満市の街を眺めていたそうです。その下で、私の親友のN君がビックリしながら、そのUFOを眺めていたということです。

私の人生を大きく変えたN君のUFO遭遇体験の当事者に、まさか会えるなんて、ビックリ仰天でした。

調べてみると、今から約40年以上前、昭和47年9月22日の夜に、この巨大なUFOの母船は糸満市から名護市まで、沖縄県全域でたくさんの人に目撃されていたようです。

沖縄の新聞にも掲載されたそうですが、読売新聞や毎日新聞でも、写真入りでデカデカと記事が掲載されていたそうです。日本テレビなども、現地に取材にきたりして、けっこう有名な大事件だったようです。

Tさんとは同郷ということもあり、すぐに仲好くなり、今でもたまに食事しますが、会うたびに面白い話を聞かせてくれます。

「パラレルワールド」の話が、特に面白いです。よく話には聞いていますが、その世界を日常茶飯事に体験しているそうなのです。

私たちの住んでるような宇宙が無限に存在していて、それらが平行宇宙のようなかたちで、同時進行しているという話ですね。

うまく言葉で表現できないのですが、Tさんによると、面白い世界みたいです。まったく別の人生を生きている自分が、別の宇宙にたくさん存在しているのだそうです。

具体的には、Tさんは現在、結婚して子供さんもいるのですが、「たまには独身の生活も、そろそろやりたくなってきたな…」 と思ったら、自分の意思で、独身の人生を生きている別の自分の世界に行くそうです。

それから、しばらくその生活を楽しんだら、またこの世界に戻ってくるのだそうです。

他にも、「別の男性との結婚生活も、やってみたいな…」 と思ったら、また自分意志で、別の男性と結婚している人生を生きている、別の自分の世界に行くそうです。

そして、それを楽しんできたら、またこの世界に戻ってくるそうです。こうやって、自由にいろいろな人生が楽しめるという不思議な人生を、生きているそうです。

慣れないうちは、「どの人生が、本当の自分の人生なんだろうか?」 と混乱したりして大変だったそうですが、現在では、ある程度落ちついているそうです。

Tさんのような方が存在していることは、私たちも将来、こういう人生を生きる可能性があるということです。

もしそうなったら、結婚、離婚、浮気、不倫など、人間の世界の問題など、ほとんど気にならなくなるような気がしませんか?人生観や価値観が、大転換すると思います。

(中略)
「パラレルワールド」は、すぐにたくさんの人が体験するわけではないと思いますが、これから少しづつ、こうやって生き方の自由度が広がっていく人は、増えてくると思います。

*****

と、ここからは、昨日の私の話に戻ります。

昨日、大相撲の高安が婚約したのがニュースになりましたね。私はネットのニュースで読みましたが、高安の兄弟子がまだ結婚していないとあって、あれれ?と思ったのです。

兄弟子とは、元稀勢の里のこと。確か、結婚してたよね?と思い、ネットでいろいろ調べたのですが、まだらしい。結婚→離婚→今は独身、というわけでもなくて。

えぇぇ~~(;^ω^)☆・・❗

稀勢の里が現役だった頃、私はたまに、テレビで大相撲を見てたのよね。確かその時、稀勢の里には奥さんがいると聞いたのよ。

他の力士と、勘違いしてた?さび付き始めた記憶をたどると、稀勢の里に興味があった私は、彼の話題として、注意して耳を傾けてた。さすがにまだ、ボケることはないし(そのはず☆)。

目を閉じて記憶をたどったら、眠くなってしまい、少し寝ました・・❗稀勢の里の奥さんの名前まで調べて、覚えておけば良かったなぁ💧。

実は、似たようなことが過去に2回あって。2014年2月と、2017年10月に綴ってました。どれも、有名人にまつわる記憶が、実際のものと違ってたのです。

う~む。私は時々、別のパラレルワールドに足を突っ込み、そこで見知ったことを記憶してたのかな?と考えると、つじつまが合い、私の中では納得できます。

ってことはさ。

普段の日常でも、身近な人間関係でも、もしかしたら別のパラレルワールドに瞬間移動して、ちょっと記憶が違ってしまうことが、あり得るね。しかもそれは、誰にでもあり得ること。

もうそろそろ、こういうことが、普通の会話としてできるようになりたいです💕。

こういうことが普通の会話になるのに、私にできることは何だろう?と思い、ブログ記事にしてみました。

とっても地道だけど(;^ω^)☆。小さくとも、周りに響き渡っていきますように。



******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年10月26日 (土)

私の中のインディアン

私がインディアンとして生きたのは
何回かあったようで

ある時は、石や羽根、皮や植物で、
装飾品や身を守るお守りを作り

その時に得た、材料の扱い方や
石の組み合わせなどは
魂にしっかり刻まれて
今世の私に役立っていると見てます

最後のインディアンだった時は
海を越えて白人がやって来て
合衆国ができつつある頃
私はある部族のシャーマンでした

風の歌と大地のささやきから
明日の天気を知り
鷲の伝えるメッセージを読み
個人や部族の未来を見ては
みなにアドバイスしてました

天と地とつながり
自然といつも共にあり
幸せに暮らしていたけれど

善人顔の白人が部族に近づき
信頼関係を築いたところで
私達にひどい仕打ちをしました

白人を信じ切っていた私は
裏切りを見抜けなかったことや

その後、部族に苦難を強いたことに
悔やんでも悔やみ切れない
強い思いを持ったようです

これと似た過去世は
他にもあり
今世の私に
色濃く影響してるみたいで

スピリチュアルなことを
発信するのに
慎重になりすぎたり
怖さをぬぐい切れない

本来備わった力を発揮できない
歯がゆい思いをすることが
多かったです

今回の人生、特にこの20年は
様々な経験と共に
過去世で作った心の傷を
1つ1つ外したように思います

*****

こういったことは
向き合う内容は違えど
誰もが経験するもの

私達の普段の日常で
心の奥底がうごめくもの・・

できれば触れられたくない
隠しておきたいもの

そこに
自分で決めた課題が
あるみたいです♡

*****

シャーマンだった時の私は、今の私の中に生きていて。直感やインスピレーションの形で、石を選んだり、アクセサリーを作るのにサポートしてくれている気がします。

過去世の私が今の私の中にいるというのは、説明が難しいのですが。守護存在みたいなものと思って頂いたら、良いと思います。

私がビジョンクエスト・タロットを扱えるようになったのは、シャーマンが辛抱強く時を待ち、根気強く本や人を介して、導いてくれたと思ってます。

と、こうして文章にするのに、一体何年かかったことか~(^^;)❗
他にも綴りたいことはあるけど、ここまで文章綴るのに2日も掛かったので、今日はこの辺で。

最後に、サボテン報告を。去年の9月に、小さいサボテンを買いました。

2018090901

寒い時期は部屋でカーテン越しの日光に当て、今年の暑い夏は強い直射日光を浴びさせたら、新しい子株がニョキニョキ生えてきて、

2019102501 

今ではこんなににぎやかに~💕❗少し前、土を入れ替え、植木鉢も変えました。どこまで大きくなるのか、楽しみです🎶。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年10月 1日 (火)

大きい鈴に、大麻ひもで蝶結び

先日の大麻飾りの講座では、精麻の繊維をほぐし、長い紐を作りました。それとは別に、家で復習できるよう精麻を2枚持ち帰っており、今日はこの精麻で紐を2本作ってみました。

紐が3本あると、三つ編みがしたくなり・・✨。試しに編んでみると、なんとかできました。

麻は罪穢れを祓い清めるとされています。講座で作った大麻飾りは、神棚や玄関、枕元に飾るのがお勧めとのことだったので、三つ編みは寝室に置くことに。

我が家は、唯一ある小さい和室を寝室にしていて。ここには、だんなさんのばぁちゃんの遺品の、大きい鈴を置いてます。

ばぁちゃんが亡くなった後、親類総出で、ばぁちゃんの生活用品を片付けましたが、その時に見つけた鈴が気に入り、私がもらい受けました。

かつては、ガラスケースに入れられ、床の間に飾ってあった鈴です。ばぁちゃんは腕力も気も強くて、一家のボスだったそう。そのばぁちゃんの鈴なら、お守りになりそうでしょ🎶。

鈴には、すっかり変色した太い紐がつけられてましたが、はさみでバッサリ❗切って。

代わりに、大麻紐の三つ編みを通し、蝶結びにしてみたら・・

2019100101

思った通り、良い感じにできて、大満足です~✨✨❗帰宅しただんなさんに見てもらったら、いいね❗を頂きました💕。

肘に力を入れないよう、紐はざっくり作りました。太さはバラバラな3本の紐で、編んだ三つ編みも太さが揃ってませんが、それも手仕事の良い味ということで。

両端はタッセルのようにしました。結んだ紐をほぐし、エイッと気合を入れて指で押さえると、素直にまっすぐ伸びます。大麻の不思議な特徴です。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年9月29日 (日)

大麻飾り職人 養成基礎講座へ

先月、自由空間八田でマクラメ教室に参加に参加した時、隣の小部屋では、大麻飾り(たいまかざり)職人養成講座が行われてました。

教室が終わった後でそれを知ったのですが、興味を持った私の様子を見て、店主さんが講座の先生に声をかけて下さって(^^ゞ。

すると先生は「これも縁でしょうから」と、講座の最中なのに小部屋に招き入れて下さいました。

壁には、精麻(せいま、大麻の繊維。神社のしめ縄にも使われるもの)で編まれた飾りが掛けられ、中でも、水晶ビーズを編みこんだ飾りに私の眼はくぎ付けに❗

なんて美しいのだろう。石も美しいけれど、周りの飾り編みも凛として。長く伸びた精麻は、絹みたいな輝きを放ってる。

古い文献には、正式な祓いの作法は、この長く伸びた精麻を上から下へ3回引き撫でると明記されているそうで、「良かったら、3回引き撫でて下さい」と言われ、えぇ~っ❗

緊張しましたが、おそるおそる3回精麻をなでて・・ この時にはもう、大麻飾りにすっかり魅了され、私も講座に参加したいと思っていました(^^;)。

大麻のことは、天下泰平さんブログでたくさん記事を読んでおり(そのうちの1つがこちら)、ずっと興味がありました。

先月から、マクラメ教室、ブローチ体験講座も参加してバタバタでしたが。大麻飾り基礎講座に申し込み、昨日受講しました。

受講したのは、私ともうお一人だけでしたが。その方とは、実は9年前に一度お会いしていて、まさかの再会にビックリ~❗

10時にスタートし、夕方4時過ぎに終了でしたが、濃密であっと言う間のひとときでした・・❗

2019092901

↑これが精麻、絹のような光沢✨✨✨。指でなでて、なめしていくと、繊維が分かれてゆきます。

2019092902

基礎講座では、麻結び紐の結び方を教わります。自分でなめした精麻で、編むように結びます。

結び方は単純ですが、力の入れ具合など難しく、結び目の大きさを揃えられませんでした~❗両肘の具合が万全ではないので、昨日はこれで良しとしました。

午後からは、長さの揃った精麻で細かく結び、最後に先生が二重叶結びをして下さって。それを持ち帰りました。

2019092903

小さな大麻飾りですが、十分満足です~✨❗我が家の玄関に鎮座している、スモーキークォーツの前に置くことにしました。

***

更年期もだいぶ楽になり、外に出向く元気も出てきて。今月は習い事が重なりましたが、実際に参加して得られたものは多く、どれも有意義なひとときでした。

大麻飾りの講座に行く前、受講日に意識を合わせると、いくつか感じられたことがありました。受講はどんな感じか、未来を先取りしたのと。先生の過去世も少し見てみました。

講座当日は、それを確認するような感じでしたが、改めて、自分の直感を信じてやっていこうと思った次第です。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年5月17日 (金)

私のソウルカラーはピンク♪

先月末、お客さんがソウルカラーセラピーというメソッドの説明会に行かれ、とても楽しかった旨をメールで頂きました💕。なんでも、西暦の誕生日を足していき、出た数字でソウルカラー(今回の人生の魂のカラー)がわかるのだとか。

私のソウルカラーも調べて下さると言われ、誕生日を足した数字を連絡しましたとも✨。私の場合は、1+9+6+・・と足していくと、33。これをさらに1桁にすると、3+3=6。

私はブルーやグリーンが好きなので、6のソウルカラーはそんな感じかな?と思っていたら・・・

なんと、予想外のピンクと言われ、ビックリ~(^^;)❗テーマカラーを身につける事や目にする事で、本来の自分に目覚めやすくなり、幸福感がアップするそう。

ピンクのテーマは、「無条件の愛、優しさ、女性性、母性、思いやり、親切、自己受容、女性的な直感力、気づきやすさ、繊細、親切で世話好き、アートへの造詣が深い」なのだそう。

ふむむ・・・ これらは、私が若い頃から意識したり、こうなりたいと目指してきたものばかり。テーマと言われると、納得です。

ただ、ピンクという色は、どちらかというと今まで避けてきた色なので、意外でした。私は男っぽくサバサバしてて、ピンクからほど遠い人だと思ってたくらい(^^;)。

けど、決して嫌いではなく、ピンク色の石は好き。ローズクォーツは好きで、私の部屋には大きいのが鎮座しています。

お客さんの解説を拝読すると、なるほど~・・・ 色が人に与える影響の大きさと深さに、改めて感じ入りました。

こうして、人を介してやって来る情報は、大事なメッセージということが多いので。ここは素直に、受け入れることに💕💕。

そういえば、ローズクォーツと言えば、かれこれ17年位前に原石ペントップを買ったものの、部屋に飾ったままでした。今の私なら、良い感じにつけられるかも💕。

と、連休明けにこういうやり取りをしたのですが、土曜の教室に、古くからの友人が久しぶりに来てくれました🎶。

彼女からかわいいメモセットをもらったのですが、それを買った時にもらったポストカードもそのまま手渡してくれ、それがピンク色のピクルスでした🎶。

ピンク色を意識したら、向こうからピンク色が来てくれて✨✨。嬉しかったので、手帳の透明ポケットに入れることに。

2019051701

そ~いえば❗手帳と言えば赤を選ぶことが多いですが、今年は珍しく、サーモンピンク色を選んでましたね(^^♪。

全身ピンクのコーディネートは無理だけど、こんな具合に、さりげなく取り入れるのはできそう。これから、意識してみます🎶。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年5月13日 (月)

5日は東京で「算命学軍略で時代の流れを読む」の講座に

2019041501

今日はもう13日で、連休もあっ❗という間でしたが、先週もすごいスピードで過ぎ💨💨、今日やっと落ち着いた感じです💦。

何のアレルギーか不明だけど、手の甲に時々、湿しんができます。先月からまたでき、様子を見てましたが、岡山にいる間にひどくなったので、連休明けに皮膚科に行きました。

塗り薬と抗アレルギー薬(錠剤)を処方され、アレルギー湿しんの他、鼻炎にも効くとあって。飲み始めて4日目には、手はすっかりキレイになり、洪水状態だった鼻もだいぶ楽になりました。

ひどい湿しんがすぐ治まるのは、なんだかコワい💧ですが。鼻水がひどいと頭がボーッとして集中できなくなるので、それがなくなったのはありがたかったです。

そうなる前の5日(日)は、ある講座に参加するため、一人で東京に行きました。咳もあってマスクをつけましたが、鼻はもうズルズル~(^^;)❗

私の両側と前に座られた方には、大変ご迷惑をお掛けしましたm(__)m。3月に申し込み、楽しみにしていたので、ちょっとのことではあきらめたくなかったです。

*****

参加したのは、算命学特別講座「算命学軍略で時代の流れを読む」というもの。吉元由美さん主催で、講師は光田秀さん。いつも愛読している、テンプルビューティフルのメルマガで知りました。

テンプルビューティフルは、エドガー・ケイシーのグッズを販売するお店で、その店長は光田菜央子さん。菜央子さんのお兄さんが秀さんで、ケイシーの研究者。その奥様が、吉元由美さんです。

吉元さんと言えば、平原綾香の「Jupiter」を作詞した方。吉元さんと秀さんがご夫婦だと、講演会を申し込んでから知りました。

そのお二人が、どうして算命学の講座を開くのか?素朴に思ってましたが。講座の初めに、お二人がそれぞれどのように算命学を知り、勉強してきたかを話して下さって、面白かった~✨❗です。

講座内容は、秀さんの紹介文からお借りすると、

「軍略」とは算命学13代宗家 髙尾義政先生が晩年にもっとも心血を注いで研究・啓蒙された理論で、一言でいうなら、国家の運、社会の推移、時代の流れを読み解く原理であり、その的中率は驚異的です。

一例を挙げるなら、先のアメリカ大統領選挙では、大方の予想を裏切ってトランプ氏が第45代大統領に当選し就任いたしました。

算命学軍略の教えるところによれば、第45代大統領は必ずや中央集権的な人物が就任することになり、一昨年の軍略講座で私は「次のアメリカ大統領に誰がなろうと、中央集権的な政策を打ち出し、世界はその一挙手一投足に戦々恐々とすることになる」と指摘しましたが、改めてその恐るべき予知力に感服したところです。

しかもトランプ氏は大運天中殺陽転で強運の極みにあり、一方のクリントン氏は年運天中殺の年で実力が発揮できない年回りでした。

また日本では、この5月に天皇陛下が御退位され皇太子殿下が御即位されることになりました。算命学軍略の教えるところによれば、日本の国運は天皇陛下によって守護され、その中で時々の首相が国運の舵取りをします。

大統領制の国家と異なり、日本の国運は二段構造になっています。そのため、天皇の代が変わるということは、国運に大きな変化をもたらします。算命学軍略はその変化の様子をも予測することを可能にします。

今回の講座では、皇太子御即位後の社会と時代の変化と流れを算命学軍略によって予測し、その上で、私たちは時代の変化にどのように対処すれば良いのか、どのような準備が可能であるのかを、算命学軍略をもとにお話しいたします。

とあり、難しそうだけど、私の大好物な内容で(笑)💓。東京や大阪で、魅力的な講演会があっても、滅多に行かないですが。今回のは、衝動的に申し込みました❗

時間は3時間でしたが、奥の深い算命学の表面をサラッと説明するにも、時間が足りないほど。資料を何枚か頂きましたが、後半はなかなか難しかったです。

一昨年の春、算命学で鑑定してもらいましたが。東京の講座にまで行くとは、自分でもちょっとビックリです(^^;)。

*****

算命学とは、今から4000年前の中国で、宇宙と自然を詳しく観察する中で軍略(国家の運営)を予測するものとして生まれました。

その奥義は一子相伝で伝えられたが、文化大革命の際に算命学の先生達は「この国では、もう続けられない」のを悟り、台湾に逃れたそう。そのうちの一人が長崎にやって来て、幼い少年(のちの髙尾義政先生、すでに故人)の才能を見出したとのことでした。

講座の参加者は、事前に生年月日を伝えていて、個人の命式(算命学の運命分析表)を頂きました。それをもとに、星の見方、陰陽五行を教わりました。

算命学の原理で、世間に一番知られているのが、天中殺。怖いものではなくて、「時間と空間のズレによって起きる、運命の不安定時期」だそう。これは、ざっくり詳しく解説。

そしていよいよ、算命学の軍略を教わりましたが、とても興味深くて面白かったものの、表がないと説明は難しいとわかりました💦。

本当にすごーく簡単にまとめると、令和の日本は、「新しい時代の幕開けになること。いくらか波乱を含むものの、希望にあふれた時代になり得る」とのことでした。

日本、アメリカ、中国の過去の流れなども、興味深かったです。もう少し知りたい方がいらっしゃったら、教室の後にでも質問して下さいませm(__)m❗




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年2月28日 (木)

時の旅人

私達は、時の旅人
様々な人とめぐりあい、触れ合い、
輪を作る

それを物で例えるなら、
銀細工で作った輪
大小様々で、飾りも様々

磨きたての銀の輪は
キラキラ美しいけれど

中には、時を経て
渋い色合いになることも

私達の手の内にある輪もあれば
私達の周りに、ふんわり浮かぶ輪もある

関係が終われば、輪は消えてしまうけど
感情を伴い、出来事に関連した輪は
強い印象とともに、私達の胸に残る

本当は手放したいのに
ズルズル持ち続けている輪もあれば

美しくて、本当は大好きで
ずっと持ち続けたいのに
手放さなければいけない輪もある

どの輪もみんな、キラキラ煌めいて
幸せな光を放つと良いね

*****

昨日は栄に繰り出し、いろいろ話す機会がありました。最近のことから始まって、話す内容に共通のキーワードに気づいたり、ある場所について見知っていることを共有してたら、時間があっという間でした。

昨日は、私達の知り得ないところで、何かが整理され完了したような感じ?もあって。歯に何か挟まったような言い方で、申し訳ないのですがm(__)m。

様々に感じ入ったことを、ビジョンクエスト・タロットで例えると、10番 スモール・メディスン・ホィール(伝統的なタロットの、「運命の輪」)みたいに感じました。

完了し、次の新しいことに進む、というカードです。

2019022801_2

*****

私達が自分自身と向き合い、世の中のことを見知って、様々にイメージすることが、「この世」のこととして現れていると思います。

そのイメージ力が合わさると、世の流れとなったり、外交にや気象にも響きを与える。私達一人一人の在り方が、周りの全てに響き合っている。

誇張した表現ではなく、おそらくこれが、この世の真実だと見ています。

なのでね。嬉しい、楽しい、大好きという思いを、いつも持ち続けるのがとても大事なのだけど。実際は、それがなかなか難しいですね。

自分と向き合い、1つでも何か克服できたなら、バンザーイと喜んで。明日はもっと素敵な1日になると、能天気にいたい。その積み重ねで、私達みな、より良い未来を受け取れますように

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2019年2月25日 (月)

20歳の私にエール

今日は、ちょっと変わった話にお付き合いを。私が20歳だった時、実際にあった話です。

私が短大を卒業し、就職して、事務仕事をしていた時のことです。部屋には机が整然と並び、社員やパートさん達が黙々と仕事をこなしていました。当時の私は、書類の整理や照合作業、電話応対などが担当でした。

ある時、机に向かって仕事に集中していると、背中の辺りがポッと熱くなりました。私の背中が熱いというよりは、背中から10センチくらい離れた空間に熱を発するものがあって、それが熱く感じられる具合です。

でも、私の背中周りには何もなく・・。背中合わせに仕事している人はいるけれど、もっと離れていて、熱を感じるような距離ではないです。入社して2年目くらいに、それが何度か起きてました。

ある時、またポッと熱さを感じたので、思い切って後ろを振り向いてみたけど。みんながいつもと同じ様子で仕事しているだけで、空間には何も見えなかったです。

(でもさ、絶対に何か、いるんだよね)

熱さだけでなく、とても温かい感情を伴った存在が、なんとなく感じられたからです。目に見えないけど、お化けみたいなものじゃなく、私を応援してくれる存在がいる。

今から30年も前の話なので、この時だったか、しばらく時間が経った後だったか忘れてしまったけれど、(これってもしや、未来の私自身なのかな?)と考えるようになりました。

*****

私は高校生の頃から勘が冴え始め、20歳の頃には、仕事でたまに役に立っていました。

出社すると、たくさんある書類の束の中から、1束だけ目に留まって。あとでそれを開くことになるなど、そういうのはしょっちゅうでした。自分に関する小さな未来予知ですね。

今では、特定の日付を意識すると、その日がどんな具合かザッと感じますけど、20歳の頃は、未来からたまにやって来る情報を受け取る程度でした。

私の肩や背中に何か乗っかり、重苦しい気がしたり。顔の右半分に、スライムみたいなものが張り付いてる感じがするとか。自分でコントロールできない、ちょっと困ることもありましたけど、それらは24歳くらいで全てなくなりました。

*****

話は変わり、先週のことです。お客さんと深い話をしながら、「自分が幸せだったのは、いつだったか」と、話をふられた時・・

普通なら、かつて付き合った彼氏の思い出とか、結婚した時の幸せな気持ちを思い出すかもしれないけれど。

私が結婚した時は、一つ下の妹が亡くなって1年ちょっとしか経っておらず、心の底からは幸せ気分に浸れなかったのね。

とか思い出してたら、不意に、20歳の頃の私をバァーッと思い出しました。

思い浮かんだのは、新入社員教育に参加するため、歩いていた私の後ろ姿。春先の、少し肌寒いけどよく晴れた朝で、少しの不安と大きな希望を胸に抱いて、しっかりした足取りで歩んでいる私。

あの時が、幸せな時だったの?と聞かれると、この時期だけじゃないと思うのだけど。なんだかわからないけど、30年前の私を妙にリアルに思い出したのです。

で、これまた唐突に、あの時、背中がポッと熱くなったのは、今の50歳の私が送った応援の思いじゃないかしら?と、急にそう確信しました。

どうして確信できるのか、根拠はないですが(;^ω^)。自分のことだから、なんとなくわかったという感じです。

*****

20歳の頃の私は・・ 

自分に自信が持てず、劣等感が強かった。モテないと思い込む反面で、恋に恋してた。仕事は、生真面目にがんばりすぎ。好き嫌いがはっきりしすぎて、人間関係に苦労した。

喜怒哀楽が激しくて、感情のコントロールができず、たまに爆発させたことも。怖いものなしだったけど、意固地な面もあって、自分で自分に手を焼いたっけ。

一生懸命がんばってるのに、どこか空回りする私、です。

30年も経って振り返ると、あの当時の自分は、とてもかわいい~今の私くらい、自分のことを大好きになれてたら、良かったね

がんばり屋の私へ。あと数年で、将来結婚する人と出会うから、楽しみにね。その後は、人生の山や谷がこれでもかとやって来るけど、みな乗り越えて行けるからね。

という思いを、ほんの短い時間にぶわ~~っと強く、過去の私に送ってみました・・あれはきっと、50歳の私からのエールだったと、思うことにします

と、物語風に綴ってみたけれど、こういうことってきっと、誰にでもあると思うのですよ

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2019年2月15日 (金)

222とか555をよく見るこの頃

ここ2週間くらいで、222や555の連番をよく見ていました。連番を見るのはよくあるけれど、決まった数字が現れるのは、何かメッセージかも。そこで、ドリーン・バーチューさんのブログを探し、解説文を拝読したら・・

数字の「2」は、「信念を貫く」という意味。「蒔いた種の芽がまだ見えなかったとしても、種の世話を続けましょう」というサインです。

 「555」は「あなたは人生の大きな変化を遂げている最中です」という意味。「その大きな変化はもう目の前に来ている」というメッセージでもありますから、今から心構えをしておいてください。

とあって、よしっっっと、嬉しかったです

このところ、私自身の整頓と言うか、なかなか手放せないものを手放したく、自分自身と向き合っていました。

ようやく心の整理がつき、手放すイメージをしてみたら、心身とも軽くなった気が。こういうのも、微妙に更年期とリンクしてた気がします

本当に、ようやくいろいろ楽になって、何よりです。ここまで本当に長かったけど、過ぎてみればあっという間。つらいことも、時は忘れさせてくれますね

2019021501

画像のペンダントは、これも日本のアンティークボタン。12月に作ったイヤリングで使ったボタンの、色違いです。

ペンダントにする金具を張り付け、細いワックスコードを四つ編みしたものをチェーン代わりとしました。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2019年1月14日 (月)

土曜に見た、2人の若い男の人

そういえば、土曜の教室の行き帰りで・・

地下鉄改札口に向かう、上りエスカレーターに乗っていた時のこと。目の前に若い男の人がいて、何気なく足元を見たら、私のだんなさんの若かった頃にちょっと似ていました。

理系男子っぽい雰囲気と、服装センスの今ひとつなところが・・(^^;)

教室とその後の時間を楽しく過ごし、帰りに立ち寄った商業施設で、下りエスカレーターに乗っていた時のこと。目の前にまた若い男の人がいて、何気なく上半身を見たら、かつて好きだった人にちょっと似ていました。

頭の形と、毛先がカールしたくせ毛、色白のうなじがソックリでした。

夜にふと、そのことを思い出してたら、(・・・で、どちらを選んで良かったと思う?)と、ちょっぴり意地悪な質問が聞こえた気がして。

それはもう、だんなさんに決まってるでしょと答えたけれど。質問を投げかけた存在は、フフフッ・・と笑って、スーッと消えたみたいでした。

2人は若いのに、私は年を重ねてて、ちょっとずるいなと思いました

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

より以前の記事一覧