スピリチュアルいろいろ

2018年7月13日 (金)

2年前に亡くなったAさんを思い出したら

今日はふと、2年前に亡くなったAさんを思い出しました。彼女を偲ぶ会が2年前の7月にあったな、と。彼女の最後は、レアな事柄が重なり・・ 正直なところ、複雑な思いを持ったものでした。

一番思ったのは、心根の優しい彼女が、なぜこんなに早く人生の最後を迎えたのか。まさかの終わり方だったのも、少なからぬ衝撃でした。

彼女のプライベートは、最後の数年、とても幸せでした。だけど本当は、もっともっと長く、その幸せを味わいたかったよね。彼女と比べたら、私は人並みに幸せに暮らしてる・・

そう思ったら突然、私の涙腺が崩壊し、ドッと涙があふれてきましたweepsweat01。2年前、彼女を思って泣いた時よりもっと泣けて、しばらく止まらなかったです。なんでこんなに、泣けるのか?

この涙は・・ 私の目から流れてるけど、もしかしたら、Aさんの涙ではないかしら。私の身体を使って、彼女が泣いてるのでは?

Aさんは私と知り合った頃、私のことがだいぶ怖かったらしいですcoldsweats01。私が何かと怒ったり、強気でものを言う様子は、彼女の生きる世界と相容れなかったみたい。

その後は、私もおとなしくなり、普通に話すようになりました。彼女からアクセサリーの注文が来るようになり、私の作ったブレスレットを愛用してくれたのも、今では懐かしい思い出です。

今日は泣きながら、(ねぇAさん、私の声が聞こえる?)と、心の中で投げかけてみました。多分、テレパシーみたいな会話ができたと思うのだけど。

彼女の最後のことは、彼女自身は、さほど気にしていないみたいでした。ただとにかく、終わる時は本当に急だから、自分のやりたいことをしっかり生きてと。そう伝えてくれた気がします。

(うん、わかってる。私はこれから、やっていく。挑戦していく。Aさん、私のことも応援してね)と、思いを投げましたconfident

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年7月 2日 (月)

C子さんに見たヨーロッパの過去世

以前、徳さんの過去世の話を綴り、タロットリーディングに興味のある方で過去世モニターになっても良い方は連絡を下さいと案内しましたが、最近あるお客さん(以下、C子さん)から連絡を頂きました。

その連絡はメールでしたが、改めてC子さんのお名前をじっくり見たら、パパパーッと過去世が見えてきました。それでまず、タロットリーディングの前にこの内容を話すことにしました。

大雑把ではあるけれど、当時のストーリーがいろいろわかりました。小さいエピソードがいくつも浮かび、1つずつ追いかけては内容を確認し、最終的に時系列に並べると、今のC子さんに伝えると良さそうなメッセージが見えてきました。

かつて私は、過去世のビジョン(額の辺りに見える映像)を見ると、それが過去世の様子を読み取ったものなのか、私の頭がこねくり回した作り話なのか、判断のつかないことが多く、今ひとつ自信を持てなかったです。

それでも、半分ドキドキしながら本人に話すと、何かしら思い当たることがあり、受け入れてもらえたので、この頃ようやく自信が持てるようになりました。

私が見る過去世って、本人に何かしらメッセージがあるみたい。この頃ようやく、それをはっきり確信しました。って、気づくの遅すぎーsign01と、誰かが言ってる気がしますcoldsweats01

それで、C子さんに見た過去世は、このブログでも公開したいなと思っていました。本人に話した後でそれを申し出たら、ぜひどうぞと快諾下さったので、ざっくり綴ります。

*****

時代や国ははっきりしないけど、毛織物など織物産業が大変栄えた地域と見えたので、ベルギーやイタリアあたりかなと思う。

C子さんは、毛織物など扱う裕福な商人の家の生まれ。その地域一帯の経済は大変潤っており、周りの国々より立派な建物が多く建ち並び、人の交流も多く、芸能文化や様々なことが洗練されていた。

当時、裕福な家の女性が仕事に就くのは、珍しかったのだけど。

C子さんは子供の頃から美しい織物に囲まれ、今でいうファッションコーディネーターとか、インテリアコーディネーター的な才能が早くから芽生え、周りの大人達もそれに気づいてた。それで、お父さんやお兄さんと一緒に仕事するようになった。

けれど、周りにはそれを快く思わない人達もいたのね。美しいものを扱うことや、様々な活躍をするC子さんをうらやましく思うやっかみ、嫉妬は少なくなかった。

今の言葉で言えば、彼女はセレブな家の生まれ。家で働く使用人や、遠くの粗末な家で暮らす人たちの生活の実態や大変さは、本当の意味ではよくわかっていなかった。育ちの良さや真面目さ、天真爛漫さを、鼻持ちならないと感じる人もいたみたい。

何か女性が集まるような会とか、そういう場所では、彼女は浮くことが多かった。彼女としては周りに溶け込みたいと思い、努力するのだけど、空回りしてしまう。

セレブなのだから、華やかに着飾っておしゃれして、パッカーンとはじけても良さそうなものだけど。案外、地味なものを着てた様子。彼女の家族は実直さを絵に描いたようで、そういうことを許さなかったかも。

彼女の心のよりどころは、聖書。熱心なクリスチャンだった様子。様々な教えが、彼女の心をなぐさめてくれた。

結婚し、子供も生まれ、引き続き家業も手伝った様子。不自由のない暮らしで、良妻賢母として生き、聖書の教えを実践し、まさに人々の手本のような生き方だったけど。

本人としては、やり残し感の多かった人生だったようです。

頑張りすぎても、弱音を吐けなかったみたい。物事を気楽にとらえ、おバカなことをして笑いを取ったり、自分でも大いに笑ったり、良い意味で「いい加減」を目指しても良かったのかもhappy01shine

*****

と、そんなこんなをお話ししたところ、C子さんから「私、布地が好きなんです」と、まさかの感想を頂いて、ビックリcoldsweats01。詳しくは省きますが、今のC子さんにこの内容で大いに響くものがあったそうです。

私自身も、何かリンクしてる気がしましたcoldsweats01。いろいろと、真面目にとらえすぎるとことかねshine

もしかしたら、C子さんと似たようなテーマを抱え、今を生きている方もいらっしゃるかもと思います。みなさんに響くものがあれば、嬉しいですheart01

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年6月22日 (金)

私達は時空の旅人

昨日の教室の帰り道、自宅近くを歩いていた時のことです。風が強かったので、私は背をかがめて歩いていました。

道路を挟んで左側の住宅の前には、おばさまが2人で立ち話していたのが視界の端にぼんやり見えました。道路の幅は数メートル、おばさま達の脇には1台の原付が止まってました。風が向い風だったので、前も横もあまりよく見ていなかったです。

そのまま15メートルほど歩いた先に、左側の住宅の前でおばさま2人が立ち話しているのがしっかり見えました。その脇には、1台の原付が止まっています。

あれ?これとソックリ同じ風景を、私、さっき見たよね?と思い、後ろを振り返ると、誰もいなかったです。

えーっと・・、これは一体、どう解釈したら良いかなcoldsweats01?この頃、こういうようなことがちょくちょく起きていますcoldsweats01coldsweats01。気にしないでおこうと思い、すぐ忘れちゃうけど、昨日のことは印象に残りました。

******

今日はリハビリの日で、夕方、病院に行きました。待合室ではしばらく待つので、いつもスマホをいじってますが、今日はまたホウホウさんのブログが面白く、集中して読みました。

今日の記事内容は、過去世を見るヒントでした。過去世は誰でも見ることができるのを、わかりやすく説明されてました。

うんうん、きっとそうなのよと思いながら、リンクされてた過去記事も辿ると、私もアカシックレコードにアクセスでき、あるお客さんの過去世(詳しくは省きますが、私が見たかったもの)がパァーッと見えてきました。

そんな簡単に?と思われるかもしれないけれど、繋がれる時はすぐ繋がれるのです。ホウホウさんの言うように、リラックスが大事だと思いますconfident

病院の待合室で、アカシックレコードにつながるのもどうかと思ったけどcoldsweats01。天井が高くて、明るくてきれいで、見知らぬ人の中で集中できたのが良かったかもしれないです。

4月に過去世モニターの記事を書きましたが、興味を持って連絡を下さったお客さんがいて、少し事前サーチしたかったのです。

実は、そのお客さんと明日お会いしますheart01。今までよく見えなかったのが、こんな間際に見えてくるのが、私らしいと言えば私らしいcoldsweats01shine。本当は先月の予定だったのが、私が骨折してしまい、1ヶ月遅らせて頂いたのでした。

******

私達はみな、時空の旅人。現在が一番大切で、過去も未来も「今」に連動している。連動しているから、見ようと思えば、過去も未来もある程度アクセスができる。

それをみんなで認識できると、あらゆることがひっくり返り、とっても面白いことになると思うのだけどなheart01。それができる世の中になるまで、私にできることをやり続けようと思いますconfident

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年4月17日 (火)

徳さんの話の続き

昨日まで、新しい販売ページを作るのにかかり切りでした。それが終わってホッとしたら、今日はちょっと気が抜けました・・coldsweats01sign01

お陰様で、アクセサリーはいくつか羽ばたき先が決まりました。みなさん、いつも本当にありがとうございますhappy02shineheart02。新しいアクセサリーと入れ替えたいけど、次に更新するのは今月末か来月になりそうです。

さて先日は、徳さんの過去世の話を綴りましたが、それを読まれた方から、初めて連絡を頂きました。タロットリーディングと過去世のモニターをご依頼下さって、大変嬉しかったのですが、その方は遠方にお住まいでした。

私は目の前でお会いし、その方のエネルギーに触れると、過去の情報が私の頭にダウンロードされるのを実感します。なので、丁重にお断りし、お会いする機会があればその時は是非お願いしますと伝えました。

それから数日後、ハッと思い出したのですが。

実は私、高校生だった時に、徳さんを目の前で見たことあったのです・・sign01もう30年くらい前で、すっかり忘れてましたcoldsweats01shine

当時、友達と一緒に高校生クイズに参加したら、福留功男さんが司会進行役で。クイズ会場のあちこちで徳光さんが出没しては、クイズに落ちた高校生の声を拾っており、一度だけ徳さんを近くで見たのです。

高校生だった時は、その30年後にバス旅の番組を見て、過去世をチラ見することになるとは、全く考えてなかったですが。ちょっとビックリしつつも、なんだか嬉しかったですwinkshine

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年4月 3日 (火)

徳さんの過去世をちょっとだけ見た話

日曜の午後、だんなさんは家にいると、徳さんの「路線バスで寄り道の旅」を見てることが多いです。何も考えず、ボーッと見るのが好きだそうcoldsweats01

私はその時間、洗濯物をたたんだりしてあまりちゃんと見ておらず、なんとなく見てる感じです。一昨日も、そんなふうでした。

あぁまた見てるなと思い、パッとテレビ画面を見た時、徳さん達一行はバスの中でこれから向かう先のことを話していました。確か、徳さんの行きつけの店に行く内容だったと思います。

その時、隣りに居合わせた一般女性が、徳さん達の行きたい場所にそのバスは向かわないことを伝え、そのお陰で徳さん達は、目的地にスムーズに移動したのですが。

その一般女性を見た時、なぜか、平安時代の女性の姿が被さって見えました。平安美人と言えばそういう顔立ちだったので、そう見えるのかな?と思いましたが。

多分、平安時代の貴族に仕えた女性だけど、この人自身も身分は高かったと思う。徳さんには親切に教えてたけど、かつてはキツイ性格だったのではないかな。

袖振り合うも他生の縁、だったのかしらcatface。私がわかったのは、そのくらいの情報でした。

こんな具合に、過去世をフッと感じることはたまにあります。確かめようがないし、私は江原さんみたいに詳しいストーリーはわからず、当時の状況が一場面だけ見えるのと、少しの情報がわかるくらいなので、話すこともないですが。なんとなく、その女性は印象に残りました。

昨日、キッチンで洗い物をしながら、バス旅のことを思い出し、(あの女性・・ なんだか、気になったのよね)と思っていたら、なんとsign01今度は急に、徳さんの過去世が見えてきましたcoldsweats01

徳さんの着ているものは、百人一首に出てくる貴族のよう。私には、左斜め後ろから見た様子だけわかり、衣服の色、うなじ、後ろの髪の様子、頭に被っているものが見えます。顔は今の徳さんのままだけど、もっと若いです。

徳さん、平安時代の貴族だったのかしらcoldsweats01。ふと今、古今和歌集が気になり、ウィキペディアでザッと調べましたが、よくわかりませんでした。今の名前が、徳光和夫。徳が光るって、良い字ね。和と夫も、日本男児を表す良い字。ここにかすかなヒントがある気もするけど。

私がわかるのは、これくらいのこと。それでも、見ようと思った人の過去世が見られると良いな。

例えば、タロットリーディングの最中に、パパパッと見るとか。お客さんが悩んでることに関係のある過去世があれば、それを紐解けると良いなconfident

タロットリーディングに興味のある方で、過去世を見るモニターになっても良いよという方がいらっしゃったら、ご連絡お待ちしていますwinkshineheart01

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年3月 7日 (水)

「出口王仁三郎の耀盌(ようわん)とその一門の作品展」へ

2018030701

先日、名古屋駅の構内で、出口王仁三郎(でぐち おにさぶろう)さんの作品展を知らせるポスターを見かけました。名駅から歩いて行けるノリタケギャラリーで開催されるとのことで、興味がわいて今日行って来ました。

出口王仁三郎さんを、若い方は知らない方が多いでしょう。私も詳しい方ではなく、なんとなく知っているのは、

・大本教の教祖の一人 ・予言者 ・奔放な生き方で、彼を慕う人も多かったが、敵対する人も多かった

ということくらいです。その作品を見られる機会は滅多にないだろうと思い、行くことにしました。

主催者の紹介文を、そのまま貼り付けますね。

出口王仁三郎は、明治4年、京都府亀岡市に生まれ、幼少時代より特異な霊能力を持つ神童と言われました。

「人類愛善」「万教同根」を理念のもと世界平和の建設を目指し、また陶芸や書画などの芸術にもその才能を発揮して多くの作品を残しました。

その中でも晩年の約一年間に作陶した3千個ほどの楽焼茶盌は王仁三郎没後、その数点を目にした陶芸評論家の加藤義一郎氏により「これこそ明日の茶盌」と評して「耀盌」と命名されました。

1972年から欧米6カ国で開催された「出口王仁三郎とその一門の作品展」には25万人の入場を得て各地で絶賛されました。

近年日本各地で開催されている作品展が、いよいよノリタケの森ギャラリーにて開催されます。是非、ご高覧ください。

昨日から開催され、3月11日(日)まで。入場無料です。思ったより、多くの方が見に来ていらっしゃいました。来場者の年齢層は私より年上の方がほとんどで、高齢の方も少なくなかったです。

私は焼き物やうつわのことは、よく知らないです。芸術的なことはさっぱりわからないので、今日は実物を見て、「感じる」ことを意識してじっくり見ましたが。

カラフルで、型にはまっていなくて、エネルギッシュなうつわ達で、引きつけられる魅力は大いに感じました。出口さんは、作りたいものを素直に現実化(物質化)されたのではないかしら。

個人的には、出口さんの書かれた書(大きな掛け軸)が気に入りました。「光」の一文字だけを書かれたのが、良かったです。力強い筆致でした。

掛け軸はショーケースに入っておらず、間近でじっくり見ていると、かすかに体が揺れ、意識がどこかへ飛びそうになり・・

いっそ飛んでみたかったですけど、すぐそばには係の方が座っておられ、来場者も多かったので、遠慮しましたcoldsweats01。興味の湧いた方は、ぜひどうぞ。

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年2月27日 (火)

今年も算命学で鑑定を

去年の3月に算命学で鑑定してもらいましたが、今日はピエニコティのママさんに算命学で仕事のことを見てもらいました。なかなか良かったsign01ですwinkshine

去年じっくり見てもらった時は、仕事のことも聞いたけれど、私の性格(私自身の傾向と対策)や、一生の大まかな流れがメインでした。いろいろ言い当てられ、算命学にすっかり感心したものでした。

この頃は自分でカードを引いたりするけど、考えることもあり、今回お願いすることにしました。ピエニコティさんのサイトでは、算命学の案内がまだ載ってない様子。良い宣伝になればと思いつつ、ざっと綴ります。

算命学では人生を、0歳~20代半ばの青年期、20代半ば~50歳の中年期、それ以降の老年期の3つに分けて、大体どんな感じになるかを解説してもらいます。

私の若い頃はどんなふうだったか、30代と40代に起きただろう出来事、人間関係、私のやり方など話してくれましたが、これがまぁ、ほぼその通りの内容でした。

私が今までどんなふうに生きてきたかは、ママさんはほとんど知らないのだけど。話を聞きながら、うんうんそうだったと頷くことばかりでした。

開口一番、私は人から騙されやすい面があると言われ、たはは~coldsweats01sign01確かに、若い頃はそういう面もあったと思います。私が注意すると良いこと、私のやりやすい失敗は、実際に経験したことばかり。

去年聞いたのと同じ内容もあったけど、初耳なことも多くあり、興味津々でした。そのごく一部を披露すると・・

私は父親から受け継ぐものが多かった。良いこともそうでないことも含め、よく似ている。私は母親を助ける。

車で例えると、私は1600ccの普通乗用車。ダンプのようなタフさはないけど、シュッとスピードを出すことができる。マメに給油しないと走れなくなるから、小休止をよく取るのが大事。

私の伴侶は、私と同質なものを持っている。結婚運は一度しかなかった。「ご主人は良い意味で、一般的な人とちょっと違ってるでしょ?」と言われて、はいと答えたけど(どうして私の生年月日から、それがわかるのかcoldsweats01?)

私は大器晩成型。70、80歳になっても生涯現役で活躍できると言われ、すご~く嬉しかったですhappy02shinesign01。まさにそれが、私の目指す理想なのでheart04

ママさんによると、算命学は若い人がやっても、あまり意味がないそう。大まかにはわかるけど、出会う人の縁により、多少変わるからと。私くらい年齢を重ねると、なるほどそうだったと振り返るものが多くなり、これからどうすると良いか見えてくるそうです。

算命学は要予約で、一見さんは不可です。興味のわいた方はピエニコティに出向いて、ママさんにご予約下さいますよう、よろしくお願いしますheart01

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2018年2月23日 (金)

私のスピリチュアルフードも

今日、怜宝さんのブログを拝読したら、スピリチュアルフードはきのこ類だと綴られており、おぉ~やっぱりそうかsign01と嬉しかったですhappy01shine

私もなぜかきのこ類は欠かしたくない思いがあり、ここ10年くらいよく食べるようになりました。特に好きなのは、しめじheart01です。

どうしてこんなにきのこ類が食べたいのか?自分でも不思議でしたが、好きだから食べると言うより、必要な気がして食べる感じ。

怜宝さんは結構な量を毎日食べていらっしゃるけれど、私は1種類のきのこを料理に使い、なくなったら新しいのを買うペースです。

きのこは植物ではなく、菌類。植物と動物の中間らしいです。そこに何か、秘密が隠れている気がしますconfident

直感タイプの方や、普段から気配り心配りの多い方は是非、きのこ類を食べて元気を保っていきましょうねgoodshine

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

2017年10月31日 (火)

テンプルビューティフルさんのメルマガより~宇宙人からワンネスへ

エドガー・ケイシーのグッズを扱っている、テンプルビューティフルさんのメルマガをいつも愛読していますが、先週土曜に届いた内容が深いものだったので、シェアさせて下さい。

下記に出てくるフランス人ジュリアンさんのお話し会に、私もとーっても行きたかったです。開催は夜、新幹線の時間を調べて、さぁどうする?と考えているうちに、定員になってしまいました(+_+)。もしまた開催されるなら、今度は必ず行きたいです。

***********

さて、先週開催した謎のフランス人、ジュリアンのお話し会は、定員を遙かにオーバーし、部屋の椅子が足りなくなりそうなほどのご参加をいただきました。

また、ジュリアンのお話も、宇宙人と会った、UFOを見た、といったレベルの内容ではなく、主催者の私も予想しなかった、深いワンネス体験へと話が進んでいきました。ここで、少しそのいったんをご紹介させていただくと・・・

ジュリアンは、17歳のある日、友人と夜空に不思議な動きをする飛行物体を目撃します。ところが、あれはUFOに違いないと言っていた友人は、翌朝になると「あれは飛行機だったんだよ」の一言で片づけてしまいます。
*フランスは、UFOや霊的な現象に興味を持つ人の割合がかなり低いのだそうです。

一方、ジュリアンは、そのUFOの目撃以降、真夜中になると『今、窓を開けたらUFOが見える』という思いで目が醒めることが続いたり、夜、自宅にいると「何ものかがいる」という、ある存在の気配を感じるようになってきます。

夕方、学校から戻ってくるあたりから「今夜、それが来る!」という予感 → 「誰かに見られているという感覚」→ 「誰かが部屋に入ってきた感覚」 → 「誰かが自分のすぐそばにいるという気配」が続くのです。

でも、家中、部屋中探しても誰もいない。

何故、毎晩、その存在の訪問を受けるのか理解できず、パニックになりそうなほどの恐怖で、毎晩、気絶するように寝ていたそうです。

大学に入学してからは「あれは気のせい」と思い込むようにして日常生活を送り、その存在を無視するようにして生活するようにしていました。でも「それ」は、ジュリアンの身体を直接触り、自分の存在をアピールするようになってきます。

その時点でジュリアンは、ある意味、その現象を受け入れ、同時に日記をつけながら、自分に何が起こっているのか冷静に観察しはじめました。

そのうち、ジュリアンの体験は、宇宙人やUFOにとどまらず、体外離脱をしたり、亡くなった人からのメッセージを受け取ったりと、しだいに内容が変化、発展していくことになるのですが・・・。
(私が初めてジュリアンに会ったのは、ちょうどこの頃になります・・・)

さて、パリの大学院入学後、ジュリアンはしばらくの間、パリ郊外のお兄さんの家に居候し、お兄さんの仕事を手伝う、という時期がありました。

すると、お兄さんの家でもその存在の来訪は続き、お兄さんも一緒に体験するようになりました。それまで毎晩目に見えない存在が部屋にやってくるというのは、彼1人だけの体験だったのに、共有体験できる人ができたわけです。

すると何が起こったかというと、「その存在」が発する気配がだんだん濃厚となり、家に戻ると、あたかも手で触れられそうなほどの濃厚な波動が家に漂い始めました。

そして、その波動の作用からなのか、ジュリアンもお兄さんも「生きていることは素晴らしい!」「すべてが美しい!」という感動が内側から湧いたり、足の下の地球からの反響のようなものを感じるようになりました。

その頃、23才当時のジュリアンから届いたメールはこちらhttp://nmitsuda2.com/2004/12/22/heart_0081/

街を歩くと、すれ違う人のエネルギーレベル(オーラ領域)に触れて、道行く人の思いが分かってしまう・・・。

ここまで来ると、雑誌やテレビで見聞きしてきた宇宙人体験やUFO体験と、ジュリアンの体験が全く違っていることに気がつきます。世界と繋がっているような、周りの人と1つになったような感覚…。そんな感覚も起こり始めました…。

そのような感覚が週に何度も、1日に何度も起こり始めたのに、なぜそれが起こるのか、そんなに頻繁に起こるのか分からない…。しかも、それが起こると、自動的に涙が出て泣いてしまう。あまりにもその体験が素晴らしすぎて、周りが見えなくなってしまう。

この体験をどう表現したらいいのか、いったい何なのか、どういう検索ワードで調べるとヒットするのか、ジュリアンが模索している頃、どなたかがテンプルのメルマガを彼に転送し、それが「ワンネス体験」と呼ばれていることを知った、という、嘘みたいな本当の話があるのですが、

ともかくも、17歳から始まったジュリアンの宇宙人体験は、単に『UFOを見た!』レベルの話ではなく、彼をさらに深いワンネス体験へと導いていったのでした。

ジュリアンはもうすぐ37歳。ですから、約20年にわたる体験とドラマを、先週、彼は私たちに話してくれました。

独学で学んだ第2外国語である日本語で、しかも2時間15分ほどの時間で話すには、彼にとってはかなりハードルの高いことだったと思います。

も、フランスではなかなかシェアできない内容を、自由にシェアできる場があったことをとても喜んでいました。*実は今回の来日も、今年の4月、宇宙存在から「東京でこれまでの体験を話すように」というメッセージを受けたので、私に連絡をくれたそうです。

…ということは、その宇宙存在は私のこともテンプルのことも知っているはず。なのに、私の前には1度も姿を見せてくれず…(涙)

上記に書いたのは、ジュリアンが話してくれた内容のほんの一部。

ほとんど、はしょっているので、うまく伝えられていませんが、「宇宙人」と私たちが一緒くたに呼んでいる存在の中には、私たちの魂を高みに導こうと働いている一群も存在しているのかもしれませんね。

ワンネス体験を話そうとして、マイクを持ったまま、思わず涙を流してしまう・・・。その感動の感覚を思い出して、言葉がでなくなってしまう…。そんなジュリアンの姿をみて、私たちの内側にもその感動が広がっていく・・・。

魂の清まった人がその場に1人いると、その場全体、その街全体を清めてしまうほどの力があると聴いたことがありますが、もしかしたら、宇宙人たちは、地球の各地にそのような人を育てているのかも・・・なんて、ちょっと想像したりしています。

今、ジュリアンはワンネス体験すら超えたさらに高い次元の体験をしているようです。彼のもとに訪れている宇宙存在には、さらなる目論見や意図があるのか、ないのか・・・。いつかまた彼が日本に来るタイミングがあったときには、今度はもっとじっくりと話してもらえたらと思っています。

ワンネスの中にいると、すべてが壓がり、すべてが1つで、時間さえも1つになっていく。。ジュリアンと一緒にいると、彼が誰に対しても公平で誠実な人だということを実感します。その誠実さが本物なんですよね。

外見ではなく1人ひとりが持つ魂のきらめきを彼は感じているのかなと思います。

おそらく、人に対して批判的になったり、責めたり不安をあおったりということは、彼はしないし出来ないだろうなと思います。自分はあなたであり、あなたは自分である、すべては繋がっているということを身をもって体験していますから…。

こういう世界観で一人ひとりが生きていけるようになれば、地球からは武器も紛争も、競いあうこともなくなっていくのでしょうね。

***********

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

2017年10月24日 (火)

願えば叶う、私の中の宇宙

私は物欲はそれほど強くないと思うけれど、(これは絶対に、欲しいsign01)と思った対象には、熱烈ラブコールな思いを送り続け、実際に手に入れることが多いです。

自分で探して見つけることもあるけれど、思いがけず人からもたらされることもよくあります。

「宇宙」の意味を辞書で調べると、「あらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり」だそう。星が浮かぶ空間を大宇宙と呼ぶならば、各個人の中に存在するのは小宇宙と呼んでいいでしょう。

私の中の宇宙では、「願えば叶う」ようになっています。本当は、誰の宇宙でもそうなっているそうです。

20代まではそのことに気付かず、良くないイメージを膨らませてその通りになり、もったいない使い方をしたsweat02と思います。例えば具体的には、「彼氏がなかなかできない」が大きな事案でしたsmileshine

元々、子供の頃から見えない世界に興味があったけど、大人になってから精神世界の良書が出回り、いろいろ読んでいくうちに、私の中の宇宙が把握できるようになったみたいです。

これをもっと、わかりやすく伝えられたらいい。いつもそう思いつつ、なかなか難しいと躊躇しますが。

願いを叶える、自分の思う通りの人生を生きるのは、多くの人が求めていることだと思うので。私が日頃、実践していることをいくつか書き出してみると・・

☆私は今、何を感じているのか。それをいつも感じ取り、「私は今、こういうふうに感じている」のを客観してみる。感情を味わう自分と、それを観察する自分の、2人が同時に存在するふうです。

☆自分でもよくわからない感情が湧き上がった時は、その原因を調べて解き明かす。自分の中の意味不明な思いを、放っておかない。

☆過去と現在と未来は全て、「今」に凝縮されているらしいです。自分が今、何を感じているのか的確に把握していると、少し先の未来の情報が今の私に滲むように伝わり、ちょっとした未来予知ができる。

☆何か選択を迫られる時、「Aを選んで、体験する未来」と「Bを選んで、体験する未来」が瞬時にザッと把握でき、自分にとって良い方を選ぶことができる。

☆頭の中はなるべく、無の状態を目指す。こうすると、未来情報が受け取りやすいみたい(そうは言っても、次から次へと雑念が浮かび、消えないことも多いですcoldsweats01)。

☆感情はいつも、穏やかでいるのを目指します。真っ白な部分を作っておくと、そこにフワッと、直感が降りやすい気がします。

☆願う時は、一点集中で行います。微塵も疑うことなく、これが手に入りますようにと、上にポーンと投げる感じ。あとは、実際に叶った様子をリアルに想像。

☆言葉は口から出すと、力を発揮するもの。自分に嘘をつかない。自分に決めたことは、できる限り守る。

☆花や木、川や岩など、自然のものには命が宿っています。その営みに思いを馳せると、エネルギーレベルでかすかな繋がりができるので、時々それを試します。

☆自分の宇宙を大切にするのは大事だけど、人との付き合いを優先する。自分の世界に籠らない。私の宇宙を、人に強要しない。

と、ざっくりこんな感じでしょうか。こんなふうですけど、参考になるものがあれば、嬉しいですwinkshine

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

より以前の記事一覧