« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

TVを見て

私はあまりTVを見ませんが、たまにふと見入ることがあります。

先日は・・先々週だったか、フランス映画祭に合わせてシルヴィ・バルタンが紹介され、シルヴィの今までの軌跡を紹介している番組を何気なく見ていた時、アイドル時代の唄う映像が出てきました(私が生まれる前の映像。確か、1963年)。

歌は「あなたのとりこ」で、ここ数年でもコマーシャルなどで使われているので、みなさんもよくご存じだと思います。

唄うシルヴィのすぐそばでダンサーが踊っていたのですが、ニッコリ笑顔で、今のバックダンサーとはだいぶ違って、ものすごく面白く感じて見入りました。

今、ネット検索したら、Tou Yube にありました。私がテレビで見たのと同じ映像だと思います。

私が生まれる前、この映像がカラーで日本で流れたことはあったのかしら。

もし流れたことがあったなら、当時の日本人からすれば、スラッと素晴らしいプロポーションやお洒落な衣装とダンスは、とてもまぶしく、憧れの的だったのだろうな・・と思いました。

それから、27日の真夜中のこと。

BSを見ていたら、「伝説のロック全米ベストヒット」が放映されており、たまたまビートルズの演奏の映像が流れたので見入りました。

ビートルズも、私が生まれる前に大旋風を起こしたグループ。私は、高校生の頃に夢中になってよく聞いていました。

デビューした頃は揃いのスーツ姿で、イエスタディあたりまでの曲は好きだけど、彼らの髪やヒゲが相当長くなった頃のサイケデリックな曲はやや苦手です。

私が見たのは、番組後半以降だったようですが、エンターテイメントの国・アメリカの歌番組の古い映像が、なかなか味わい深くて良かったです。

見たのは一部だったので、ネット検索して調べたら、去年のちょうど今頃に放送され、かなり反響が良かったようで、去年末から新年にかけて編集されて再放送、そして27日にも再放送されたようです。

そして、ついさっき、NHKのゆうどきネットワークを見ていたら、介護施設で働く知的障害のある男性を紹介していたのですが、その方、ものすごく良い笑顔の方で・・・

何の根拠もないけれど、(この人の胸の奥には、仏様がいる)と思え、そう思ったら、なぜかしばらく泣けました

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月30日 (日)

スカラベを使ったストラップ

Ws240

どなたかがエジプトに旅行に行った際、お土産としてスカラベの青いビーズを買ったそうで、周り回って、去年私が3つ頂く機会がありました。

しばらくしまいこんでいたのですが、少し前にビーズの整理をしていた時、このスカラベがひょっこり出てきました。

ちょうどその頃、旅のお守りにターコイズを使ったストラップを3つ作って欲しいと注文を頂き、青いターコイズと色がピッタリと思ったのと、なんとなくこのスカラベを3つとも使いたいと思い、了解を得て作りました。

それが、この画像のストラップです。スカラベとターコイズは共通で、ひとつ違う石を使っています。

旅行の行き先はフランスだそうです。多分このスカラベはエジプトで作られたと思いますが、それを日本に住んでいる私が使ってストラップを作り、フランスの旅行に同行するなんて、ワールドワイドなスカラベです

フランスは、私も一度行ってみたい国です。楽しい旅になりますように!

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月29日 (土)

満天の星空の夢

今朝見た夢は・・

だんなさんとだんなさんの妹と私が、雑居ビル?のようなところにいます。だんなさんの勤め先事務所がそこにあり、仕事が終わったらしく、部屋の電気を消して部屋の外に出ると、私たちはビルの屋上に上がって行きました。

空を見上げると、そこには満天の星空が!日本国内では見られないはずの、ものすごい数の星空で、そのビル屋上から星々は随分近く見えます。

天の川は本当に川のように空を横切っており、川の端には鯛の形に星が集まっていました。なぜ、天の川に大きな鯛なのか?私の見る夢は、いつもどこかハチャメチャです。

視線を左へずらすと、そこにも星がいっぱい出ており、しばらくすると流れ星が長い尾を引いて流れてゆくのが見えます。だんなさんの妹はそれを見て、何か願い事を唱えていました。

私はデジカメを取り出し、さぁ写真を撮ろう!と星空にピントを合わせると・・・♪タンタ~ンタンタ~ン・・・と無情な音が。携帯の目覚ましの音でした。

あ~っ!せっかく、私の大好きな満天の星空の夢を久しぶりに見たと言うのに。久しぶりに、目覚ましの音を恨めしく思った朝でした。

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月28日 (金)

暖かな春

毎週あっという間に過ぎますが、今週は今月で一番あっという間に過ぎてゆきました

月曜は午後からビーズなど買いに栄に出掛け、火曜は緑区エコショップでビーズ教室(初めていらっしゃった方がいて、私も新鮮な気分でした)。

水曜と木曜はアクセサリー制作他でガーッと集中したら、今日金曜は疲れが出てきてややダウン気味 なので、ゆっくりしました。

今年は早くから暖かい春で、もう桜が美しく咲いていますね。お客さんからとてもきれいな写真をメールで頂き、私一人で見るのがもったいなく、了承を頂いたので、ここに掲載します (これは、栄の桜通大津の交差点で撮ったそうです)。

Photo_2


今の時期は、沈丁花がとても良い香りですね。私の住むマンションにも、植えられています。

2008032501

先日の朝、マンション1階の扉が開いて息を吸った時、沈丁花の香りをいっぱい吸い込んでとても心地良かったです。

子供の頃、どの花が沈丁花なのかよくわからなかった思い出がありますが 、大人になっても会社勤めをしている頃は季節の花に疎かったです。

それにしても・・桜がこうも早く咲いて暖かいと、今年の夏もまた強烈に暑いのだろうなと思います。

2008年3月25日 (火)

ブログのメンテナンスについて

先日紹介したラブラドライトのブレスは、羽ばたき先が決まりました
ありがとうございましたm(__)m。

さて、私が使っているこのブログは、25日(火)15:00から翌26日(水)11:00までの約21時間、メンテナンスを実施するそうで、この時間中は日記の書き込みやコメントの受付ができないそうです。よろしくお願いします

2008年3月22日 (土)

3連ネックレスとラブラドブレス

近頃私はアクセサリーを撮影する時、クリスタルや小物を使っています。平らなところにただ並べるより良いなと気づいたからです。

目鼻のある人形を使うと、やはり人形に目が行くので、脇役のように使えば良さそうです。今日は、天使の人形を使ってみました。数年前、天使雑貨の店で買ったお気に入りの人形です。

Wo331_2

3連ゴージャスネックレスは色目が落ち着いているので、つけてもそれほど派手な感じはしないです。ビーズ教室で作って頂けますので、是非どうぞ。

人形の手に合わせるようにブレスレットを持たせてみたら、そのためにポーズを取ったみたいに、大きさがピッタリでした。

Wd337

ドレスの色とブレスのラブラドライトが似た色目なので、どうかな?と思いましたが、いかがでしょうか。

この6ミリラブラドライトは、カットもきれいですが、石そのものが大変きれいで、青い輝きが美しいです。紫はアメジスト、色の薄いピンクはマダガスカルローズクオーツです。

手首15、16センチの方にちょうど良いサイズで、価格は5,300円です。欲しい方はご連絡下さい(あまりに美しく、衝動買いしたのですが、美しいだけあってお安くなかったです )。

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月21日 (金)

まもなくアンダラ入荷!

そうそう!!うっかり案内し忘れていましたが、まもなくアンダラが入荷いたします

注文下さっているみなさま、意外に早くお届けできることになりました。注文頂いた順に連絡いたしますので、楽しみにお待ちくださいね!

明日か月曜に、こちらに届く予定です。のんびり屋の私ですので、案内するのに4月いっぱいかかると思いますが、よろしくお願いします。

アンダラを扱う鈴木さんのブログの21日の記事で、私の紹介をして下さいました。

素敵に紹介されすぎて、恥ずかしい~ ですが、大変光栄 です。ネックレスやストラップに仕上げたのは私だけれど、アンダラ達よ、本当にありがとう~

初めてのトールペイント教室

私の住んでいるのは丘の上の住宅地ですが、丘を下ると郵便局やATMがある他、いろいろお店があります。

昭和の香りがするお店もありますが、郵便局へ行く途中の道沿いに、バラの雑貨屋さん・カントリーショップCozyが1年前くらいにできました。

ずっと気になっていたけれど、なんとなく店に入るのは遠慮していました。が、先日、仕事用にバラ柄のメモ用紙がどうしても欲しくなり、初めて入ってみました。

店内は広くないですが、バラの美しい商品が多種あり、オーナー手作りの品も販売され、素敵なお店でした。あー、もっと早く店に入れば良かったデス・・☆

ちょうど欲しいサイズのメモ用紙が見つかり、買ったのですが、レジでお金を払った時に、トールペイント教室が月に一度店内で開かれているという案内に気づきました。

今月は、携帯に花柄を描く内容でした。私の携帯は殺風景なシルバーなので、急にやってみたくなり、初めてトールペイント教室に参加することにしました。今日がその教室日でした。

たまにですが、興味がわくと、1回参加の教室に参加します。

教える側にいると、自分の内側からいろいろ出してばかりなので、本を読むなど、情報を吸収することも気をつけますが、やはり時には教わる側になるのもいいなと思います。

普段と全く立場が逆なので、ものすごく新鮮なのです。教室指導する先生をなにげに観察できる良い機会で、観察しながら、自分を振り返ったりします。そういうわけで、今日の私は自分のことは一切しゃべらず、おとな~しくしていました。ダマでいるなんて、私らしくない☆ですが、それも普段の逆で、良いです。

今回のトールペイントは、全く経験のないことをやってみるという久しぶりの機会だったので、楽しみでした。教室の感想は、「面白かった!」です 。携帯は、こんなふうになりました。

2008032101

葉っぱを描くのは、先生に手伝ってもらいました。あとは、大体一人でやりました。ラメの粉をふってあり、キラキラきれいです。初めてでこれだけできて、大満足です。

そして、つくづく思ったのは・・具体的な理由は割愛しますが、私のビーズ教室も良い教室だわぁ ということでしたアハハ またまた自画自賛で失礼しますが、今回改めてそういうことに気づいて、嬉しかったです。

次回の教室作品は、玄関に飾るウェルカムボードでした。これまたやってみたくなり、やることに。

Cozyさんのサイトをのぞいてみたら、トールペイント教室で作る年間の作品写真が載っていました。そのボードを作ったら、トールはもうおしまいにしようと思います。

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月20日 (木)

我が家のミステリー☆

火曜日の夜のことです。我が家の廊下には、人感センサーで点灯する足元灯があります。

2008032001

もう何か月も前に電球が切れてしまい、それ以降は電気がつかなかったのですが・・

火曜の夜に廊下を通った時、いきなり点灯していて ビックリしました。普通は人が通り終わると消えますが、ずっと明るいままです。

それまで部屋にいたので、一体何分ついていたのか不明ですが、電化製品でこういう経験は初めてでした。

(私の足元をよく見なさいってことなのかしら?)と思いましたが、数分して見てみたら、もう消えていました。ちょっと怖いーーーー☆

まぁでも。私たちの周りに無尽蔵にあると言われるフリーエネルギーが、いつか電化製品に活かすことができたら、いいですね

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月18日 (火)

11日のネックレスを少し変えて

11日に紹介したネックレスが売れたので、もう一度作ろうとしたのですが、プレナイトが足りませんでした。

そこで、形が少し違うプレナイトと、アマゾナイトを使って作りました。

Wo324

アマゾナイトは最近見つけ、とてもきれいだったので買ったのですが、グフフ 、このネックレスも良いですね(自画自賛で失礼します☆この間のも良かったけれど、これも良いなぁと)。

今、メール返信が少し遅れています、申し訳ないです。返事を待って下さっている方、少しお待ちください。よろしくお願いします

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月12日 (水)

フランス映画「アメリ」イメージアクセサリー

1月に雑誌ロザルバに広告を掲載しましたが、ロザルバを出版している会社よりもう1つお仕事の話を頂いていました。

以前から時々このブログでも書いていましたが、フランス映画をイメージしたアクセサリーを作ってみませんかという内容で、そのアクセサリーは雑誌媒体ではなく、その会社のサイト上で発表するというものでした。

そのフランス映画とは、「アメリ」です(アメリとは、主人公の女の子の名前)。

かつてある人から、私がアメリによく似ていると言われ、是非その映画を見ると良いと言われていたのですが、そのまま一度も見ることなく時を過ごしていました。

そこで「アメリ」のDVDを購入し、何度か見たのですが、この映画はいろんな特徴がありました。

一番印象的だったのは、登場人物の背景にあるほとんどのものが、赤と緑で統一されていたことです。

一番面白かったのは部屋の様子で、フランスらしく、雑貨や生活用品がとにかく洗練されてオシャレで、それらがみな赤と緑色だったことでした。

差し色に黄色が時々あるくらいです。主人公アメリの服も、赤系と緑系、時々キャラメル色が入るふうでした。

予想外でビックリしたことは、カフェで働くアメリはいつもシンプルで素敵な服を着ているのに、アクセサリー類を一切つけていないことでした。カフェで働く他のスタッフはネックレスなどつけていたのに。

それに気づいた私はすっかり嬉しくなり、映画の中に私もスッポリ入りこみ、アメリを観察し、カフェで働くアメリには指輪やブレスレットはいらない、つけるとしたら仕事に支障のないネックレスやコームだろうと思いました。

ということで、作ったものは・・・ こちらをどうぞ!

今日はあちこちへ

今日はあちこち出掛け、歩きまわりました~。私は用事ができて外出する時は、いろんな用事をまとめ、一度に行うようにしています。

大体私は、「A店でこれを1個とあれを2個、B店ではいつものを3個」のような感じで、あちこちでちまちま買うことが多いので、出掛ける時は一度に済ませる方が良いのです。

今日は、お客さんの息子さんがこの春に美大を卒業し、その卒展が行われているとのことで県美にも行きました。

息子さんのエピソードがあまりに面白く、興味を持ったからですが、作品を見たら「???」でした。現代美術は、私は理解が難しかったです

あちこち歩き、疲れたところで、休憩スペースを見つけました。

そこに座り、携帯に来ていたメールに返信し、なにげに上を見上げたところ、その場所の天井は金属で、鏡ほどではないものの、私の姿がクッキリ映ってて。

面白くなり、周りにあまり人がいなかったので、天井に写る私を撮ってみました♪

2008031201

天井に映っている姿とは思えないクッキリさでしょう?

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月11日 (火)

エンジェルナンバー

2008031101

以前から時々、同じ数字が並んだゾロ目を見ます。一時期本当によく見たので、ドリーン・バーチューさんの書いたエンジェルナンバーの本を買いました。

今は翻訳本が出ていますが、当時は洋書しかなく、ペーパーバックのこの本を買いました。

0から999までの数字の並びにどのようなメッセージがあるのか、簡単に解説されています。

私は一応、英文科卒なので大体読めるのですけど、わからない単語が結構多く、結局あまり読まないでいます

最近やたらと、111や444の並びを見ていました。なんだったかしらと思い、久しぶりにページをめくってみると・・・素敵な解説でした。

111は、思ったことがすぐ現実化するので、思いを賢く選択すること。

444は、今たくさんの天使があなたを囲んでおり、愛と助けがあること。助けがあるので心配しないようにとありました。

こういう数字を見ていたとは、とてもラッキーでした。その幸運を活かしたいです。

みなさまも、111や444の数字の並びを身近で見ることができますように

それから、アンダラのまとめを書きたいのですが、じっくり打ち込みできる時にしようと思います。アンダラヤのこともまだまだ載せたいので、気長にお待ちください。

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

春のビーズ教室

Wo318

ポカポカ暖かい春がやって来るのもあと少し。
春のコートで出掛ける日には、
軽やかなアクセサリーはいかがですか。

流行りのロングネックレスは
軽い貝殻など使います。

天然石ビーズ教室は、
名古屋市緑区鳴海町のeco shop 和、
金山総合駅そばのイピアルにて行っています。
(来月イピアルの教室は定員になりました)

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

2008年3月 8日 (土)

桃の手紙~作画・落合崇秀~

Img_165525_20909766_1

『ママ、ママ、大好きだよ』
『ママもミー君のこと大好きよ』
 
『ママ、私もママ大好き』
『ママもマリちゃんのこと大好きよ』
 
『私だって大好きだもん』
『ママもミニちゃんのこと大好きよ、
さあみんな、ねんねですよ』
 
ママ猫と、ミー君、マリちゃん、
ミニちゃんは、仲良くねんね。

いつもとかわらない、
四人の安らかで幸せな時間。
いつものように、
幸せな「おはよう」があるはずでした。

・・・でも、
目覚めた子猫たちの目に映ったのは、
見たことのない景色。

Img_165525_20909766_2

『ココはどこ?どこなの?』

それ以上に、驚いて、悲しかったのは、
ママがいなかったこと。
冷たい固い段ボールの中に、たった三匹…。

『ママーっ!!ママーっ!!』
何度も何度も、
三匹の子猫は呼び続けました。

何も食べてなくて、
お腹がペコペコで、
フラフラしてきた。

でも、僕たちは
声が枯れるまでママを呼んだんだよ。
何度も何度も…
力を振り絞って
『ママーっ!!ママーっ!!』って。

でも、やってきたのはママじゃなかった。
たくさんの、人間たちがやって来た。

僕たちのことを
『かわいい』『かわいい』と言って
乱暴に持ち上げたり
触ったりしたんだよ。

Img_165525_20909766_3

怖くて怖くて…
痛くて、苦しかった。

僕たちは『かわいい』ってことの
意味は分からなかった。
けど、凄く怖い言葉だと思ったの。

そんな人間がたくさん来て、
去っていった一日…。
僕たちは、
ヘトヘトになって眠ったよ。
ママのことを考えながら…
朝がきたのに、
一番おちびのミニちゃんは
いつまでたっても起きなかったの。

『どうしたの?ミニちゃん!』

僕ととマリちゃんは
何度も何度も
ミニちゃんを呼んだけど
ミニちゃんは眠ったまんま

Img_165525_20909766_4

今度は触って起こそうとしてみたら
いつもポカポカで暖かい
ミニちゃんのお腹が、冷たかったんだよ。

『なんでミニちゃん冷たいの?』
『なんでミニちゃん起きないの?』
『なんでミニちゃん動かないの?』

僕たちはミニちゃんに話しかけたけど、
ミニちゃんは返事をしなかった。

『マリちゃん、きっとミニちゃんは疲れて寝てるんだよ』
『そうだね、もう少し寝かせといてあげようか…』

そんな話をしていたら、
また人間たちがいっぱいやってきたんだよ。

昨日と同じように僕たちを乱暴に持ち上げて
『かわいい』『かわいい』と言ったよ。

そしてミニちゃんを見て
『死んでるね』『かわいそう』と言って
ミニちゃんを土の中に埋めてしまったの。

『やめて』って何度も言ったのに
『やめて』って何度も叫んだのに

僕たちは自分の力で
箱の中からも出ることも出来ず
ミニちゃんを守ってあげることが出来なかった。

怖くて・・・悔しくて・・・涙がでた。

疲れきった僕たちは
二人身を寄せあって、眠ったんだ。

次の朝、また人間がやってきた。
僕たちは怖くて怖くて、
もうヘトヘトだったけど、
声を振り絞って言ったんだよ。

『あっちへ行って!何もしないで!
ママ助けて!怖いよ!』

でも、今度の人間は
何も言わずに、僕たちをそっと抱き上げた。
そして何処かへ…。

Img_165525_20909766_5

着いた場所は、なぜかママの香りがしたんだ。
僕たちは、
その「ママの香り」に近付き…飲んだ。

『ママの味がするね』

『ミルクだよ、いっぱい飲んでね』
そう人間が言ったよ。

いっぱい飲んだら、
お腹の中が熱くなって、ポカポカしてきた。
そして、久ぶりの暖かさに包まれて眠ったよ。
人間は、僕たちを二人だけにして、
そっとしておいてくれたんだよ。

目が覚めると
あれだけ弱っていた身体が、
少しだけ元気になっていたの。
横を見ると、マリちゃんも少し、元気そうだった。

そしてその人間がまた
温かいミルクを持ってきてくれた。
『いっぱい飲んでね。ゆっくり仲良くなろうね』
そう言って、ちょっと離れたところから、
僕たちを笑って見ていたよ。

次の日も次の日も、そのまた次の日も…

Img_165525_20909766_6


ママへ

ママは元気ですか?ミー君だよ。
僕たちに、新しいママが出来たんだよ。
そのママは人間だけど、凄く優しいんだ!!
僕たちのしたいこと、嬉しいこと、
なんでもわかってくれるママなの。

そうそう新しい名前が付いたんだよ
『桃』って名前なんだ!
マリちゃんは『ラナ』になったよ♪

僕たちは元気だよ♪

幸せです。
でも僕たちは、本当のママの顔を
良く思い出せなくなってきちゃったんだ。




Img_165525_20909766_8

作者&挿絵:落合崇秀陶房・落合崇秀

協力:ブログ友達♪

ブログ絵本を書いての後書きです。
http://blogs.yahoo.co.jp/ochiai_takahide_toubou/11608677.html

落合崇秀へのコメントはこちらにどうぞ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ochiai_takahide_toubou/11608579.html


最後まで読んで頂きありがとうございました。
共感してくださった方、
是非、転載お願いします。

そしてお子様が居る方、
子供さんに読んで聞かせてあげてください。
この絵本でこの世から捨猫、
捨犬が少しでも減ることを信じて。

そして共感して転載して下さった方
1年後2年後にもう一度転載してください。
新しい人に見て貰えます。

その時赤ちゃんだったお子が
理解できる歳に成っています。

是非、宜しくお願い致します❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)❤ฺ  

初掲載2008年2月10日
第2版~2008年2月14日

落合崇秀陶房
落合崇秀

2008年3月 5日 (水)

乱丁本

乱丁(らんちょう)・・製本の過程で、とじ違えたために、書物のページの順序が狂っていること(大辞林より)。

読書が好きな私は今までに、ページの角が変なふうに裁断された本は何度か読んだことがあったり、SF小説を読んだ時は数ページ抜けていたことがありました。

それ以上ひどい乱丁の本は読んだことがなかったのですが、3日に紹介した深田さんの本は、実は、20ページほどガバッと抜けていて、代わりに別のページが20ページほど重複していました(出版社に交換依頼済みです)。

このことは書かないでおこうと思ったのですが、ここで本を紹介すると、同じ本を買って読まれる方がいらっしゃるので、やはり書くことにします。

他の本の乱丁なら、それほど気にしなかったかもしれませんが、本に書かれている内容を思うと、この乱丁は、メッセージだと感じました。その著者のブログ管理している私にこういう本が来たのも、メッセージだと。

私が3日に綴った文章、今は鏡写しの・・の下りは、単なるほめ言葉ではないです。私のブログを読まれているみなさまは、察しが良いと思います。

今年も私たち本来の姿がわかる(隠していた、隠れていたものが表に出る)年です。自分は金なのではがれるメッキはないのか、それとも、メッキだからはがれるのか。

そうではなく、私たちみな、自分がどんな個性を持った金で、どんなふうに光っているか自分をよく知って。

個性を理解したら、お互いの光を受け入れ、皆がパカーンと輝いていく。そういう時代にして参りましょうね。

それができない人は、これからますます寂しくなるだけだと思います。

2008年3月 4日 (火)

人の振り見て

以前書いたと思いますが、私は少し前から仕事道具を入れる箱を探していました。

雑貨屋で箱を探しましたが、なかなか希望サイズのものが見つかりませんでした。そこでネット検索したところ、楽天市場内の店で、サイズもデザインも良さそうな箱を見つけました。

販売数が残りあと1つとあり、じっくり観察し、やはり欲しいと思ったので、それを買うことに。私は自分がネットで販売していることもあり、ネットで買い物することには抵抗ありません。

今までトラブルは一度もなかったですし、誤送などあれば、どの店もきちんと対応してくれました。楽天は人気商品を扱う良い店が出店しているので、なおのこと心配なかったです。

ネットで買い物するとどこでも必ず、確認の連絡メールが来ます。その店からの確認メールは・・なんと言うのか、メール文章に必要以上な丁寧さが感じられました。

まぁ、日本人ならではのサービスの一種ねと思いましたが、最後あたりに「お客様のお買い上げになった商品を心をこめて梱包いたします」とありました。

ちょっと嫌な予感がして、いやいや、梱包に心は込めなくていいから、と咄嗟に思いました。

その店は、梱包資材はリサイクルを行っているとか。昨今はそういう店も珍しくないので、それは結構だと思っていたのですが。。。

実際届いたものは、まず、商品の箱に「プチプチ」緩衝材がぐるっと丁寧に巻いてありました。これは良かったです。けれど、段ボールの隙間に、手でもみほぐした新聞紙が丁寧に隙間なく詰めてありました。

その店の方が新聞紙をもみほぐしたり、それを詰める様子を想像してみたけれど・・・

私が買ったその箱は、色鮮やかなかわいい図柄がプリントされたもので、どう考えても、箱の雰囲気と、もみほぐした新聞紙はミスマッチでした。

これが、その店の心の込め方だろうか・・資材を大切にする姿勢は良いけれど、他の資材もあるよね。

もみほぐした新聞紙を取り出し、これも資源回収できるからと、まっすぐ伸ばして折りたたんでいると、私の手がすぐ真っ黒に。その量が少なくないので、だんだん頭に来ました(-_-;)。

最後はもう嫌になり、ぐしゃぐしゃ丸めて燃えるゴミに捨てました

その店はかわいいデザインのものばかりなのに。

お節介にも私は、率直な感想をその商品販売ページの感想欄に書きこんだところ、私と似た内容の感想を見つけました。もっとも、そんな書き込みはそれだけで、他は商品をほめちぎる、大満足の書き込みばかりでしたが・・

多分、私みたいな梱包はたまたまだったのでしょう。

が・・ いざ自分が書きこんだものを客観的に読むと、これがまた容赦なく手厳しい感じ。この感想、ずっと残るのよね。もっと淡々と書けば良かったかしらと思いました。

ここまで一連の流れの中で、自分のやり方も振り返っていました。

私がアクセサリーを送る際の梱包はどうなのだろう。梱包に関してクレームは一度もなかったけれど、思うことがあっても、私に言い出せなかった人がいたかもしれない。

他にもいくつか思うことがあり・・・ 自分が看板になって仕事するのは、やりがいがある分、奥が深いです。人の振り見て我が振り直せ、を実感した出来事でした。

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ 1票クリックお願いします。

2008年3月 3日 (月)

天地大神祭(あめつちだいしんさい)

先週はパタパタして日記をじっくり書けませんでしたが、急にふと思い立って、壁紙を変えました。

ニフティのココログで綴っていますが、様々なサービスが充実してさすがニフティと思うのですが、あともう少し、壁紙の種類を増やして頂けたらと思います。

今回じっくり探してみたら、若いイラストレーターの女の子が描いたこの壁紙に初めて気がつき、使ってみることにしました。

さて、一昨日と昨日、数霊でおなじみの深田さんが書かれた新しい本を読みました。数霊・天地大神祭(あめつちだいしんさい)、副題が「祝ツタンカーメン王再立(さいりゅう)」という、題名だけ見るとなんだか怪しい本ですね。

2008030301

題名だけでなく、中も相当怪しかったです(笑)。

深田さんと出会ったのは、もう5年程前です。

深田さんが初めて出したハードカバーの本「数霊」を丸善で見つけ、夢中になって読んだ時。

この人は私の近所に住んでいるはずだから、絶対に会いたいと思っていたら、その3か月後に開催されたすぴこん名古屋に深田さんが出展していて、朝一番に出かけて会いに行きました。

あの当時私は、自分の体験したことや様々に思うことを、まだモジモジして表現できなかったのに対し、深田さんは私の随分先を行っていると感じて、追いかけるのに必死だったけれど。

この5年の間に私もいろいろ経験し、モジモジもしていられなくなりました。

彼がインターネットで情報を発信していないのはもったいないと前から思ってつついていたところ、ちょっと手伝って欲しいと言われて数霊ブログを立ち上げたのが去年の秋。

深田さんは・・ネットでは発信できないだろう内容を本で多く書いていて、ファンも多いだろうけど、その逆も少なくないのではと推測します。私は深田さんと格別親しいわけではないので、丁度良いのだろうと思います。

今回の本は・・・週刊誌や月刊誌に連載したわけでもないのに、「続きは次の本で」で終わっており、それはないよ~☆と思いました ^ ^;。

私の素直な感想は、前作「臨界点」の登場人物の動きや話の展開がかなり面白かったのに対し、今回のはサラサラ書いたエッセイのように思いました。

と言っても、濃い内容で、最後まで一気に読みました。

私が読み終わった後、この本を手にしただんなさんは一瞬ポカンとし、「数霊とツタンカーメンなんていう組み合わせも怪しいけど・・この本を一心不乱に読んでいたあなたは、さらに怪しい」と言ってくれました(笑)。

この本に書いてあるように、今は鏡映しの世の中なので、深田さんが世に投げかけたことは彼に返ってゆくでしょう。

なお、この本はシリーズ3作目なので、この本から読まれても良いですが、前作2冊(下の写真がその表紙)を読むと理解しやすいと思います。今のところ、私の中では「臨界点」が一番好きです。

2008030302  2008030303

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ 1票クリックお願いします。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »