« TVを見て | トップページ | ブログのアクセス&ビーズ教室ご案内 »

2008年4月 1日 (火)

魂で唄う人

私が子供の頃には歌番組がたくさんありましたが、だんだん少なくなり、今はなさすぎて残念に思います。歌手が情熱を込めて唄える、良い歌番組が増えて欲しいです。

私はだんなさんが帰宅するまでNHKニュースを見ることがよくありますが、夕方からつけっぱなしにしてパソコンに向かい、月曜は「鶴瓶の家族に乾杯」にゲラゲラ笑ったり、火曜は「NHK歌謡コンサート」に耳に傾けることがあります。

ここ数年のことですが、歌番組を見ていると、人生経験豊かな方が思いを込めて唄っているのを見ると、鳥肌が立ち、こちらの胸の奥にグッと手を突っ込まれて、魂が揺さぶられるように感じることがあります。

歌手が、魂から唄っているのだと思います。

数年前、歌謡コンサートを見ていた時、あまり名の知られてなさそうな女性が出てきて、美空ひばりの「りんご追分」を唄ったことがあります。

彼女が唄い始めてすぐ、私は全身鳥肌が立ち、毛が逆立つような感じがしました。ものすごく歌がうまい方で、その方の歌を聴いて以来、「りんご追分」が好きになりました。

それまで私は、歌を聴いて魂が揺さぶられるとか、鳥肌が立つという経験があまりなくて、全身鳥肌が立ったことに気を取られてしまい、その女性の名前を覚えるのを失念してしまいました。

その後、同じように鳥肌が立ったのは、綾戸智恵さんです。

綾戸さんには衝撃的なものを感じて、絶対に名前を覚えなくちゃ!と思ったものでした(その後綾戸さんはTVでの活躍が華やかになり、名前を忘れることはなかったです)。

で、今日の歌謡コンサートですが、初めは坂本冬美が唄う「夜桜お七」でした。この冬美さんも、こちらの胸の奥にグッと手が突っ込まれます。

着物も桜が美しく、髪も相変わらず美しく、あぁ冬美ちゃんの髪飾りを作ってみたいと思い、舞台セットもとてもきれいで、しばらくポーッと眺めました。

その後は、あまりちゃんと見ていなかったのですが、いつも途中に今後活躍しそうな新人が出るコーナーみたいなものがあり、そこに「遅咲きの新人」らしい方が出てきました。

アナウンサーに紹介された頃から何気なく見始めたのですが、その方が唄い始めてしばらくすると、・・・久々に見る、魂で唄う人だと直感し、その後はじっくり拝見しました。

名前は、秋元順子さんと言う方です。なんとなく、顔が私と似ているかも ^_^; と思いました。

人生経験が顔に刻まれ、手の甲を見たら、あぁ苦労を知っている手だと見受けました。この方も実に歌のうまい方でした。こういう人が、紅白歌合戦に出て欲しいと思いました。

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

« TVを見て | トップページ | ブログのアクセス&ビーズ教室ご案内 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TVを見て | トップページ | ブログのアクセス&ビーズ教室ご案内 »