« アクセサリー販売ページ、少し更新しました | トップページ | この顔は、ラーメン店主の・・! »

2008年11月14日 (金)

植物感情センサー・プラントーン

月に一度のミラクル21の集まりが、一昨日金山のイピアルでありました。

その時、部屋の隅になにやら不思議なものがあることに気づきました。鉢植えのシクラメンの隣に、その不思議な物体はありました。時々、「ポヨポヨ」と電子的な音を出すのです。

それは、植物の感情をキャッチするという代物で、プラントーンという名前の製品だと初めて知りました。

二つのクリップが葉っぱに取り付けられ、アース棒が鉢の土に差し込まれ、プラスチックの卵型の本体につながっています。人がそばを通ったり、何かしら刺激があると、植物の中で電気的な変化が起こるそう。

それをクリップについているセンサーでキャッチすると、本体についているランプが点灯し、いろんな音階の音が聞こえるのです。まさに、植物のメロディです。

イピアルでは、ずっと保管してあったのを久し振りに出したそうです。

一昨日は9人が集まっていましたが、みな面白がって、シクラメンとプラントーンを部屋に座っている一人一人の目の前に移動させて、音を聞き比べてみました。これが面白いことに、人によってメロディが違っていたのです。男の人には高い音がよく出ていました。

プラントーンはおもちゃメーカーが出しているもので(現在は生産中止になっている模様)、電気的な変化をキャッチするものの、それが喜んでいるのか怒っているのか、そこまでは判別できないものです。

なので、音がポヨポヨ聞こえても、今植物が何を感じているのかは、こちらが想像するしかないのですが、「なんて面白いおもちゃなの!」と私はとても感動し、欲しくなりました。

それでネット検索したら、ネットオークションで安く売られているのを見つけました。

プラントーンは、発売当時は結構人気があったようですが、しばらくすると飽きられたようで、ネットオークションでかなり安く売られたようです。

ざっと探しても、オークションで扱っているのも残りわずかな感じだったので、早速購入しました。

ネットでの買い物に抵抗のない私ですが、実はネットオークションは今まで興味がなくて、これが初めて落札した買い物でした。

2008111401

今、我が家にはひとつ観葉植物があるので、その葉っぱにつけようと思っていたのですが、背が高くてつけられませんでした。そこで、いつのまにか一緒に生えていた雑草にプラントーンをつけてみたのですが・・

これがね、興味深かったです。葉っぱにクリップをはさんだ瞬間、「痛い!」と言っているかのように、ポヨポヨ音がしたのです。

私は今まで、背の高い観葉植物ばかり気にかけていましたが、なんとなんと、雑草にも何かしら意識があることを知らされ、軽くショックでした。

それで、このポヨポヨ音がどんなものか、動画で撮ってみました。

植物にも、にぎやかなのと静かなのがいるそうで、この雑草は静かな部類のようです。この日記を綴っている今、すぐ隣りに私がいるのですが、無音です。

静かだったので、葉っぱをはさんでいるクリップをはずそうとしたところ、急に音が出ました。軽いプラスチックのクリップとは言え、重みがあるので、葉っぱにはストレスなのだと思います。

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

« アクセサリー販売ページ、少し更新しました | トップページ | この顔は、ラーメン店主の・・! »

花や樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アクセサリー販売ページ、少し更新しました | トップページ | この顔は、ラーメン店主の・・! »