« 幸せは、伝わる | トップページ | アンダラをつないだブレスレット »

2009年2月 8日 (日)

梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」

2009020601

このブログを読まれているみなさんにも、すでに読まれたり、または映画を見られたという方も多くいらっしゃるのではと思います。梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」を読みました。

本当は私は、この映画を見たいと思っていました。シャーリー・マクレーンの娘のサチさんがおばあちゃん役をすると知り、興味を持ちました。

結局、映画は見に行かなかったのですが、最近アマゾンで何かを探していた時、この本のことを思い出し、中古本を買ってみました。思えば私は、このところずっと変わった本ばっかり読んでいたので 、小説は久しぶりでした。

私は小説を読む時、映像でリアルに想像しながら読みます。そうしないと、私は読みにくいのです。

この本は読み始めてすぐ、自分が主人公になったように引き込まれ、映像も想像しやすくて、電車に乗った時などにあっという間に読めました。とても良い本でした。

魔女修行とか出てくるけれど、学校に通う男子や女子はもちろんのこと、学校に通う子供を持つ親にもお勧めだと思いました。

一番良いな!と思ったのは、主人公のまいがゲンジさんのところで見たものに対する思いを話した時、おばあちゃんから直感の使い方を諭された場面でした。

おばあちゃんの言葉を使い、梨木さんはなんてカッコ良いこと言うのだろうと思いました。私も上等の魔女を目指すので、梨木さんと友達になりたいです。

読み終わった時、私は映画でなく、本を読んで良かったなと思いました。

2009020602

↑この写真は本と全く関係なく、先週撮ったもの。飛行機雲が素早い風に吹かれて、こんな形になったみたいでした。実物はもっと長く、魚の骨みたいでもあり、白龍のようにも見えました。

 

☆ブログランキングに参加しています。この日記が面白い!と思われたら、人気blogランキングへ1票クリックお願いします。

« 幸せは、伝わる | トップページ | アンダラをつないだブレスレット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せは、伝わる | トップページ | アンダラをつないだブレスレット »