« その続きは~☆ | トップページ | 光の柱プロジェクト・続きを綴るその前に »

2009年11月15日 (日)

関東へ・・

2009111501pb140003_2

昨日の早朝、朝一番ののぞみに乗って東京へ向かい、そこから40分ほど快速電車に揺られ、3人になった龍の仲間と向かった先はどこでしょう。麻賀多と書いて、まかたと読みます。

2009111502pb140035

日にちが変わって今日は、朝から素晴らしい快晴でした。早朝に合流し、向かった先では、紅葉が始まっていました。

2009111503pb150058

2009111504pb150071

私達が目指したのは、日光。東照宮からほど近い、日光二荒山(にっこうふたらさん)神社をさらに奥に行った別宮、滝尾(たきのお)神社です。

2009111505pb150065

旅の様子はまたつらつらと、綴ってゆきます。

 

Blogdecobanner
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

« その続きは~☆ | トップページ | 光の柱プロジェクト・続きを綴るその前に »

光の柱プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

LOONさんおはようございます(^-^)

今回も本当にお疲れ様でした。
そして、本当にいつもありがとうございますm(_ _)m
これで、また一つ(2つかな?)光の柱を建てて
頂けたのですね。

昨日は11月と思えない程、暖かい気候で
雲一つない天気といい、先月龍の皆様が
光の柱を建てた時の天気とよく似ているなぁ。
と思っていました。空気の感じといい
もしかしたら、光の柱・・・・・?と密かに思っていました(*^-^)

ああ、それにしてもすんなり事が進まないのは
光の柱プロジェクトを見守らせてもらっている
私も、ある程度覚悟はしていたのですが
してはいたのですが・・・・・残念ですよね・・・・やっぱり。

果たして、どこが光の柱の最終地点なのか分かりませんけど
どうか、このまま最後までお役目を果たせるように祈るばかりです。

*ゴールデンハムスターさん

>光の柱を建てた時の天気とよく似ているなぁ。

ウッフッフ、ビンゴ!でしたね。
しかも今回は、ゴールデンハムスターさんの近所だったと思います。

>ああ、それにしてもすんなり事が進まないのは

そうですね、先ほど今日の記事を綴りましたが、
今回は、柱を建てるまでにヤミーの介入がものすっごかったです。
けれど、光の存在達からもものすごく助けられ、無事に行うことができました。
今ではむしろ、そのお陰で残った3人の結束が強まり、
良かったと思っています。

LOONさんおはようございます☆


麻賀多神社の事知りませんでした(汗)
成田市で有名な神社仏閣と言えば
成田山と宗吾霊堂だと思うのですが

地図で調べてみたら宗吾霊堂のすぐ近く
なんですねぇ。

しかも、私が勤務している職場から
結構近いですよぉ~。
職場から原チャリで20分程で着くと思います。
(何故原チャリ?)

こ、ここに光の柱が・・・・・・。(* ̄ー ̄*)
み、見に行きたい・・・・・・・。
隠れていると知っているけど見たい・・・・。

今日夜勤だから、この後
仕事終わってから見に行こうかな・・・。

LOONさん、現地にはこの後行く予定です。
もしかして、光の柱は
本殿後方の天之日津久神社のところでしょうか?
なんとなく、そんな気がするのですが。
(違うかな?)

ここにいらっしゃる神様に
ご挨拶に行かせてもらいますね。

*ゴールデンハムスターさん

こんにちは☆

>地図で調べてみたら宗吾霊堂のすぐ近く
はい、そうです。
私は宗吾霊堂を存じませんでしたが、そばを通りかかった時に教わりました。

しーちゃんと私のブログ記事を読んで、実際に現地を訪れる方は
少なくない様子?です。
行かれるのは構わないのですが、夜勤明けと言うと、何時でしょうか。
早朝なら一番良いと思いますが、
今は物騒なご時世ですので、夜暗い時間は避けて下さいね。

ただ!!もし、まだ出掛ける前なら、ここは是非、
しーちゃんと私が綴る記事を読んだ後に行かれるのをお勧めします。
見るもの感じるものに向ける意識の持ちようが、
読むのと読まないのとでは、違ってくると思いますので。

ちなみに、あたくしは今日は記事を綴るのお休みいたします☆

>本殿後方の天之日津久神社のところでしょうか?
またしても、ビンゴでございますのよ
岡本天明が日月神示を自動書記した、その場所です。

はじめてコメントします。私は、皆様方とはまた違ったかたちで、光のお手伝いをしている集まりに参加しているものです。「光の道を歩む」ブログを読ませていただいていると、少なからず思い当たる同じような経験をしてきていまして、たいへん共感を覚えております。私自身は、皆様のような大きな使命遂行をしているわけではありませんし、またその能力も頂いてはいませんが、まわりで使命遂行をしている人が闇に落ちるのを、身近で見ます。おっしゃるような変化がありますし、また光に怖さを感じ近づくことも出来なくなるようです。光を知って、光とともにいられないで、闇に落ちるとその落差はたいへん大きいそうです。ですが、本人の、光から離れたくない、光に全てを捧げる思いの強さによって、また光の方々に引き上げていただけるのも事実です。人はどこまでも不完全です。先の集まりの方々から言わせると、思考は闇で、人そのものが闇であると。そして、光の道は永遠の階梯であると。ですから私は、一度落ちてしまった龍の人たちも、またその位地から前進をしていくのだろうと思います。拙い文ですみませんでした。

LOONさんこんばんは☆

麻賀多神社行ってきちゃいました(^-^;
現地に着いたのが朝の8時過ぎでした。
本日は朝から雨でしたので
参拝される方は他に誰もいなくて、私にとっては
ラッキーでした。

時間の許す限り、境内にある全ての神社の
神様に挨拶と、神様の幸せをお祈りさせてもらいました。

とても静寂な感じで(雨で誰も居なかったからかも)
私の好きな雰囲気の神社でした。

それで、とても気になった事が一つありました。

天之日津久神社ですが、私が参拝させてもらった時
本来社の中に納まっている筈のお札が社の脇に
置いてあって、雨ざらしになっていました。

何がなんだかわからなくて、どうしようかと
思いましたが、LOONさんが行かれた時も
お札がこんな状態だったのでしょうか?

お供えしてある陶器の白い入れ物も真っ二つに割れてて
放置してありましたし、理解に苦しむ状態になっていました。

どうしようかと思ったのですが、社務所にも誰もいなくて
勝手にお札を納めるのも、どうかと思いそのままにして
おいたのですが、気になって仕方がありません。

直してきた方がよかったのでしょうか・・・・?

* arhat さん
はじめまして、コメントありがとうございました。

>光を知って、光とともにいられないで、闇に落ちるとその落差はたいへん大きいそうです

はい、院長に限って言うと、彼は元々大変強い光の人なので、
それに匹敵する、強い闇が入っていると聞いています。
そのため、這い上がるのには尋常でない努力が要りますが、
戻ってくるのを待っています。

>一度落ちてしまった龍の人たちも、またその位地から前進をしていくのだろうと

私もそれを願ってやみません。

* ゴールデンハムスターさん
あら、もう行かれたのですね!朝の神社は本当に気持ち良いですよね。

お札や陶器の白い入れ物の様子は、
私達が行った時とまた違っていますが、
社務所にどなたかがいらっしゃるなら、対応して下さるでしょう。
今時はいろんな方がいて、困ったものですね。
心ないことをする方が光に向くようにと、思いをポーンと投げてみては。
思いは周り回って、必ずその方が受け取るでしょう。

LOONさん、すみません。
LOONさんからのレスのコメント見てなくて
書き込んでしましましたm(_ _)m

光の柱は天之日津久神社の場所で
よかったのですね!!

麻賀多神社に行くのにネットで地図を見ていたら
画像もあったので、見ていたら
「おっ、ここ光の柱建てるのによさそうな感じ」
と思ったのが天之日津久神社でした。

現地に行ったら、光の柱の事よりも
お札の事が気になって、どんな感じだったのか
よく分かりませんでした(^-^;

>岡本天明が日月神示を自動書記した、その場所です。

そんな有名な場所だったんですか!?
全然知りませんでした・・・・・。

社務所も、私が訪れた時は電気が付いていたのですが
人の姿はなく、お札の事を一言言っておこうと思い
再び行った時には電気も消えてて(゚ー゚;
その後、どうされたのか分かりませんが
明日また、麻賀多神社に再訪して確認してこようと
思います。

光の柱プロジェクトを読んで、私のように現地に
行かれる方多いのですか(^-^;

私は神様に参拝している時間が長くて
本人は丁寧に神様にご挨拶しているつもり
なのですが、はたから見ると
余程真剣に願い事でもしているかのように
見えるらしくて(汗)

恥ずかしいので
出来るだけ他の参拝客がいない方がいいな~
と思いながら、参拝する事が殆どです。

なので、早朝の時間帯は私にとって
一番都合のいい時間になりますね。

*ゴールデンハムスターさん

>私は神様に参拝している時間が長くて
>本人は丁寧に神様にご挨拶しているつもり
>なのですが、はたから見ると
>余程真剣に願い事でもしているかのように
>見えるらしくて(汗)

ギャハッ!アハハ!
すみません、確かに参拝時間が長い方はいらっしゃるので、
思わず笑ってしまいましたーー☆彡

でも、私はそういう方を見ても、
個人の願いを述べているようには見受けられなかったです。
個人の願いを投げる方は、案外時間が短い気がします。
顔つきも全然違いますしね。

LOONさん(^-^;

いや~、でも本当に恥ずかしいんですよ。
目を閉じていても、なんとな~く他の人の
視線を感じるので・・・・。

でも、私は参拝する時はいつも
その場所にいらっしゃる神様との会話と思って
参拝させてもらっていますので、短い時間だと
逆に申し訳ない気がして・・・・。

それで、今朝も麻賀多神社に行かせてもらいました。

本殿から順に神様に挨拶をしながら
天之日津久神社の様子を見に行ったのですが・・・・・。

そのまま放置されていました。
いや、むしろ誰も気が付いていないといった感じでしょうか。

社務所も電気は付いていましたが、相変わらず誰もいなくて
困っていたら、参道をエアーブローしながら落ち葉を掃除している
おじさんがいたのですが、どう見ても一般の方なので
話しかけないで、ウロウロしていたら本殿の方にこられたので
思いきって話しかけてみました。

そこで初めてわかったのですが
こちらの神社は宮司さんが常駐してなくて
普段は信者の方達が順番で掃除の当番をしているそうです。

宮司さんは大祭のある時しかいらしてないそうです。
社務所も信者の方が朝の掃除をする時に電気を付けて
いたんだそうです。

そこで、参道を掃除していた信者の方を案内して
現場を見てもらいました。

おじさんもどうしたらいいのか困ってて
とりあえず、お札を神社の中に納めたのですが
ずっと、雨ざらしになってて汚れていましたので
宮司さんに新しいお札に替えて頂けるように
おじさんに伝えておいたのですが・・・・・。
いつ交換してもらえるのかは分からないので

図々しくも明日また、伺ってお札の汚れを綺麗にして
こようかと思っています。

壊れた陶器も接着剤でなんとか出来そうですし
出来るだけ復元してこようと思っています。

でも、一番最初に発見した時にもう少し
私がちゃんとしてあげる事が出来たら
よかったです。

その事が残念で、とても悲しい気持ちになりました。

*ゴールデンハムスターさん
またしても、レスが遅くなって失礼しましたm(__)m。
お勤め御苦労様でした。
充分良いことをされたと思うので、悲しい気持ちはスパッとなくして下さいね。

この件について、しーちゃんに少し聞いたのですが、
もしかすると、光の柱を建てたことにより、
お札や陶器が一新され、それで良しということかもしれません。
遠くに住んでいる私が、さしでがましいことを言えませんが、
どうか、気を楽にして下さい。

ところで・・・
あたくし、ゴールデンハムスターさんのブログを発見しました。
ゴールデンハムスターさんは女性だと思い込んでいたのですが、
そうではなかったのですね
以前、キンモクセイが話題になった時、その花を知らないと聞き、
女子なら大抵は知っている花だろうと、軽く驚きましたが、
男性なのではとは、全く思い至りませんでした。

LOONさんこんにちは♪

あれから結局毎日のように麻賀多神社に行きました。
天之日津久神社の事が気になっていたので
仕事をしててもその事ばかり気にしていました。

それで、なかなか新しいお札に交換してくれない為
(大祭があるまで宮司さんが来てくれない為)
掃除に来ている信者さんと一緒に
雨ざらしになって、中に入っているお札を完全に乾かしてから
再び神社に納めさせてもらいました。

びしょ濡れになったままのお札が納めてあるのは
とても心苦しかったです。

そして、神社に納めさせてもらってから
「ああ、これでやっと神様に安心してもらえる」
これでようやく落ち着く事が出来ました。

その時、ちょうど雲の間から太陽が顔をのぞかせて
太陽の光が天之日津久神社に注がれていました。

その後に、全ての神社の神様に神域をお騒がせした事に
対するお詫びとお礼を申し上げました。

今回天之日津久神社の神様に関わらせてもらっている間
ずっと、清らかな雰囲気のエネルギーが私に寄り添ってくれて
いたのを感じていました。
私にとっても、今回の事はとても大きな体験でした。

それと、私が天之日津久神社の事をずっと気にしていたのは
他にも小さい神社はいくつもあるのに、ピンポイントで
天之日津久神社に光の柱が建った後にこのような事になって
いたからなんです。

四天界さんのブログを読んだ時に思ったのですが
麻賀多神社の大杉の精霊のみなさんが龍の皆様と
一緒に日光に行っている間、もしかしたら、こちらの
守りが手薄になってしまったのかなぁ。と思いました。

でも、あのまま誰にも気が付かれずにそのままに
なってしまわなくてよかったです。
(境内の掃除をしている信者の方も気が付いていなかった)

結果的に私は麻賀多神社に呼ばれていたのかも知れませんね。

私のブログ発見したのですか。あはははは。
その通りです。LOONさんだけじゃなくて
こんな文章書きますから、みなさん女性だと
思われるみたいですね。

人様にお見せ出来るような内容のブログではないですけど
たまに更新していますので、暇潰し程度にはなるかも?

そう言えばLOONさん。
四天界さんのブログを読んで気が付いたのですが
麻賀多神社にいらした時に他の参拝客はいなかったそうですね。

と、言う事はこちらの画像に写っていらっしゃる参拝客の
みなさんは・・・・・・・。(゚ー゚;

奥にいらっしゃるのが四天界さんかな・・・?
たぶん・・・・・。

*ゴールデンハムスターさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>あれから結局毎日のように麻賀多神社に行きました。

お勤めお疲れ様でございます。

>麻賀多神社にいらした時に他の参拝客はいなかったそうですね

柱を建てた後、すぐに来ました。大体いつもそうなのです。

LOONさんおはようございます♪

>お勤めお疲れ様でございます。

いえいえ、とても優しい神様達ばかりいらっしゃる神社で
とても癒されていました。
また、時間がある時に神様達に会いに行こうと思っています。

>柱を建てた後、すぐに来ました。大体いつもそうなのです。

な、なるほど。そうゆう事なのですね。
私が伺った時間帯は一般の参拝客はいらっしゃらなくて
いつもこうなのかなぁ。と思っていました。

LOONさん、御心中お察しいたします。
正直、なんて言葉をかけていいのか。

でも、神様はちゃんと見ていらっしゃるのですね。
全てを見通されていらっしゃったからこそ
今回のような隠されていた出来事が明るみに
出てくるのかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« その続きは~☆ | トップページ | 光の柱プロジェクト・続きを綴るその前に »