« 女子フィギュアスケート | トップページ | 2月はあっという間 »

2010年2月26日 (金)

今日の女子フィギュア!

今日の女子フィギュア、見入った人が少なくないと思いますが、私も自宅で食い入るように見ました。すご~く良かった ですね。感動しました。

キム・ヨナは、言うことないです。本当に素晴らしいスケーティングでした。ガーシュウィンの曲に、等身大の彼女がよく表現できていたと思います。

滑り出しの表情にとても余裕があったので、うまくいくだろうと思っていたら、想像以上でした。

真央ちゃんも、素晴らしかった。あの重厚な曲、はっきり言って、人生経験の少ない19歳の女の子が表現するには、無茶な選択だと思う。

けれど、コーチはあえてあの難しい曲を彼女に選び、彼女もなんとかそれに応えようとした。

その努力は、普通の19歳がまず経験することのない、私達の想像を超えるものだったと思います。

自分が19歳だった時を振り返ると、小さなことでクヨクヨ思い悩んでばかり、自分が好きではなかったし、感情の上がり下がりが激しかったです。オリンピック級の活躍なんて、遠い遠い世界でした。

演技終了後、真央ちゃんはかわいい顔に似合わないほど、とても悔しそうだったのが印象的でした。キム・ヨナと同じ時代に生まれ、お互いを意識して、切磋琢磨してきた結果。

真央ちゃんの頑張りは、金メダル級 です。

私が一番胸が打たれ、涙がこぼれたのは、鈴木明子でした。

個人競技で魅せることがメインになると、技術的なことだけでなく表現力も問われますが、フィギュアスケートやシンクロナイズドスイミングを見ていると、内側から輝くものが見る人の胸を打つと思います。

鈴木明子からは、気迫と言うか、鬼迫に近いような命の輝きを感じました。

それと、彼女の場合は、はじける笑顔が良かった。大舞台で自然な笑顔になるのも大変だろうに、彼女の笑顔は輝いていて、それらを見ていたら思わず涙が出ました。8位入賞、おめでとう

安藤美姫は、トリノの時と比べたら、実によく成長したと思います。私の気のせいなら良いけど、自己肯定が少ない気がするので。自分の気持ちに素直になったら良いと、思います。

予想外でビックリしたのは、長洲未来ちゃん。

初めて彼女のスケートを見たけれど、天真爛漫な様子で、顔の表情や肩で表す感情表現がとてもうまくて、最終滑走なのに全然緊張してなさそうでした

日本人の容貌でも、中身はアメリカンですね。仕草がなんだか子供っぽいと思ったら、1993年4月生まれの16歳でした。堂々の4位入賞で、次の女王候補になるのでしょうね。

若いみんながこんなに頑張ってるのだから、私も頑張ろう と思いました。

 

Blogdecobanner3
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

« 女子フィギュアスケート | トップページ | 2月はあっという間 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

LOONさんおはようございます。


女子フィギュア素敵でしたね☆


キムヨナさんと浅田真央ちゃんは同じ年齢で同じ体格、ずっと良いライバルで頑張って来たんだなと改めて感じました。
順位がある以上、負けた時に相手がどんな気持ちかも思いやりを持って理解しながら、自分、相手と戦っているんですね。


鈴木明子さんの演技を観ていて、皆さんにも共通する事ですが、オンリーワンである事、込める想いの大切さを感じました。


インタビューでも皆さん様々な想い、表情がありましたね。


前のオリンピックから4年間の想いを持っての演技だった安藤美姫さんは、今の自分に出来るものを出しての結果だからと仰っていましたね。


皆さん言葉に出来ない想いもあると思いますが、フィギュアスケートに対する純粋な想いがとても伝わって来ました☆

おはようございます!
私も素晴らしかったと思いました☆
真央ちゃんは惜しかったけど、こちらが期待を背負わせることもエネルギーのバランスを崩すのかなぁ、なんて思いました。
以前、某局のインタビュアーが"狙うメダルの色は?" "金です。"と言わせている感じがあったので...。
でも、男子も女子も大健闘ですごく感動をもらった一週間でした☆☆☆

*tomoさん

おぉ、コメントありがとうございます!

>こちらが期待を背負わせることもエネルギーのバランスを崩すのかなぁ、なんて

そういうことも、なくはないでしょう。
なので、オリンピックくらいの大舞台に出る人は気が強くないと、
そういう諸々のことに気を取られるように思います。

>"金です。"と言わせている感じが

これは昨今、よくある気がします。
マスコミは実力以上のことを期待しがちですよね。

まぁでも、メダルは4個となって、感動は大きかったですね

*空さん

空さんも、コメントありがとうございます!

>順位がある以上、負けた時に相手がどんな気持ちかも思いやりを持って理解しながら、自分、相手と戦っているんですね

そう、相手と戦いつつ、自分との戦いも大きいと思います。
一流のスポーツ選手がそのように言うのを、よく耳にしますね。

>フィギュアスケートに対する純粋な想いがとても伝わって来ました☆

若いから、なおさら純粋なのですよね!
それがまた、見る側の私達の胸を打ちます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子フィギュアスケート | トップページ | 2月はあっという間 »