« ピンクアンダラのネックレス | トップページ | 晴明神社の桔梗 »

2010年10月24日 (日)

秋の京都へ ~光の封印を解く旅

昨日と今日と、しーちゃんと一緒に京都に行ってきました。秋の観光シーズンの京都は、大変な賑わいでした。

今回の旅は、だいぶ前から行くことが決まっていました。

今回の旅は、光の封印を解くために京都に行きなさいとしーちゃんがメッセージを受けたのが発端でしたが、彼女1人で行くのかと思っていたら。

ツインソウルである私も一緒に行くようにと言われ、行くことに。行けばわかると言うことで、何も下調べせずに京都に行き、「ここに行ってみよう」と感じた場所を訪れました。

行く先々でしーちゃんが光の存在をビジョンで見たり、メッセージを受け取ったことを、私はうんうんと聞いたり。

「これは一体、どういうことだろう」と二人で話し合っているうちにだんだん意味がわかってきたり、その意味の深さを味わったりした他、道案内みたいな役目ができて、良かったのですが。

しーちゃんともゲラゲラ笑い合いましたが、私は正直なところ、わけのわからないまま彼女に連れ回された感が強かったです・・

と言うことで、詳しくは彼女が自分のブログで綴りますので、乞うご期待

旅に出る前から、私はブログ記事をあまり詳しく綴らない予感がしてましたが、そういうことかと納得しました。

去年、光の柱を建てる旅に出掛け、毎月快く送り出してくれただんなさんも一瞬、不機嫌な顔をしたことがありましたが。

なんとか今回も快く送り出してくれて、本当に感謝でした。

出発する前の晩のこと。再度だんなさんに「明日あさってと、光の封印を解くために京都へ行って来るね」と大雑把に言ったら、

「なんか、ロールプレイングゲームみたいだね」と言われ、私はめちゃくちゃ受けて 、しばらく笑いました。

「そうそう!そういう解釈で良いのよ~ 。去年の光の柱から始まって、京都に行くのも、実はゲームの途中なのよ!」

私はゲームを全くやらないので、思いがけない見方に感心したのですが、「じゃ最後には、大ボスを倒しに行くの?」と言われ、ムムムと唸りました。

光の柱を建てる旅では、大ボス=闇の大将軍だったけど、私達のゲームの最後に闇の大将軍と対峙することがあるのか?

何気ない会話がとても面白かったので、しーちゃんと会ってすぐこのエピソードを紹介しましたが。

私達の知らないところで、光と闇のものすごい攻防が起きていて、闇の大将軍が光に溶けたらしい=大ボスが消えた?のを、光の封印を解いた後で知り。

だんなさんとの会話もメッセージだったのかなぁと、気づくことに。

20101024pa230024

昨日訪れた、親鸞聖人とゆかりの深いお寺にて。光は、このイチョウの下に封印されていたとのこと。

封印を解いた時は、足がジワーーーーッとしてきて、頭→身体→足→イチョウに向かって何か流れるのを感じましたが、「えっ、もう終わり?」とあっけなく思えるほどでした。

光の柱を建てる旅で、しーちゃんはよく「これは裏街道だ」と言っていました。

柱を建てるまでは口外できず、誰もいなくなるのを待って光の存在と共に柱を建て、終わってようやくブログで公開する様子を例えてそう言っていたのですが。

「この後は、表街道に出る。表舞台に出られるのだと思うよ」と言っていたのも印象的で、私はよく覚えていました。

その時はきっと、去年と違い、人がたくさんいる場所で何か行うのでは・・と、ぼんやり思ったものでした。

今回はイチョウの木の前で二人並んで立ち、事を終えましたが、それに気づかない観光者が私達のすぐそばでイチョウを撮影してたりしてました。

光が表舞台に出る。今まで表に出られなかったものが、出られるようになる。きっと今後、それが世の中で様々な事象にわかりやすく出現するだろう。

そんなふうに話しました。

20101024pa230036

その次は、光の封印を解いた報告をするため、晴明神社に行きました。陰陽師の安倍晴明が祀られた神社です。ここは、観光客がたくさんいました。

20101024pa230044

はめこみパネルにて。ちょっとだけ、観光気分

20101024pa230040

空を見上げると、巨大な龍を思わせる雲が広がっていました。数分後、この雲はもう見えなくなりました。

その後、龍雲も良いけれど、もっとわかりやすい形で見せて欲しいと、光の存在に投げかけ、観光のつもりで、あるお寺を目指しててくてく歩いたら・・・ 

その街区内を歩き回り、ようやくたどり着いた目的のお寺は、観光者には公開していないと言われてしまいました。

歩き回っている時には、目に入る全てのものがメッセージでした。

立派な扉と鍵付きのお堂に鎮座しているお地蔵様と、小屋みたいなお堂に納められた何体ものお地蔵様(風化したのか、廃仏毀釈で削られたのか、みな顔が見えない)

道を尋ねると親切な対応をしてくれた人と、そうでない人。「表」千家に、「裏」千家。

改築中の立派なお寺と、壊れた橋の欄干を放置しているお寺。短い時間に、あらゆる逆パターンを見せられたのです。これは一体、何?

歩き疲れて、ようやくバスに乗ると、暮れゆく太陽の周りに大きな雲が広がっていました。

その雲が不思議な模様と形で、龍と鳳凰が一緒くたになっているような感じ?これも、何だろう。

その後ホテルへ移動している時、偶然カトリック教会の前を通ったら夜のミサが始まる時で。

誰でも入って良いと案内があったので、しーちゃんの希望で入ってみることに。

ミサが始まる直前、マリア様がエネルギーをくれるということで、手のひらを上に向けて座っていたら、身体がジーンとして、元気が湧いてきました。

1日で、寺に神社に教会にと、まるで節操がない感じですが。宗教の違いにこだわるのは人間だけで、光の存在に垣根は何もなかったです。

次の日は、高い所に登って京都がどうなっているか確認しようということで、京都タワーの展望台へ行きました。

この時しーちゃんは、立つ方角によって、身体が右回りしたり左回りして、まるで人間波動測定機でした。

20101024pa240048

そして、今日は平安神宮に行くよと言われて、少しビックリしました。

京都の観光スポットも道も知らない私が、よく知っている場所だったからです。2年前までほぼ毎年行っていた、秋のミネラルショーが行われる『みやこめっせ』すぐそばです。

10年前、初めて訪れたミネラルショーは、京都でした。

1人で新幹線に乗るのも初めて、初めての道を迷わないよう、ドキドキワクワクしながら歩いたのをよく覚えています。

平安神宮で空を見上げると、しーちゃんは鳳凰が飛んでいるのが見えたそうです。

20101024pa240054

京都は、北に玄武、西に百虎、南に朱雀、東に青龍の四神に守られているとされます。

それに対応するのが、北=賀茂別雷神社(上賀茂神社)、西=松尾大社、南=城南宮、東=八坂神社とされ、中央が平安神宮だそう。お札を売っているところで、それを知りました。

その後、知恩院に立ち寄った時、しーちゃんは山の上空に龍が泳ぐのを見て、八坂神社でスサノヲノミコトに挨拶したら、封印を解いたことをねぎらってくれたそうです。

過去、どうして光を封印したのか?
封印を解いたことで、今後どうなるのか。
詳しくは、しーちゃんのブログを待ちましょう。
(その記事

帰宅すると、私にはビッグサプライズが待っていました。なんとなんと、薔薇の花束が届いていたのです・・

2010102422390000

送り主は京都の旅のことは全く知らず、偶然、今日届けられました。

私は、今回の旅をねぎらってくれた天からのプレゼントのように感じて、涙がこぼれました・・

 

Blogdecobanner4
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

« ピンクアンダラのネックレス | トップページ | 晴明神社の桔梗 »

光の柱プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。

届いたバラ素敵なプレゼントですね~

封印をといて下さったこれからが一層楽しみになりました^^

静香さんのブログも合わせて楽しみです♪

*nakoさん

いつもありがとうございます ^ ^ 。
政治や経済、人との関わりも行き詰っている今、
より良い世の中になるよう、いつも願っていますが、
今回のことがそれに少しでも貢献できたなら、
この上なく嬉しいです。

封印を解いた話は、聞いたことのない内容でいっぱいだと思います。
彼女のブログをお楽しみに♪

こんばんは!
お二人でいらしていたのですね、京都。
その日の私は珍しく寝込んでおりました。
風邪ではなく、とにかく眠くって・・・^^;
馴染みの場所がたくさん書かれていてるけれど
鳳凰が飛んでいたりするんだなぁ~ 京の街って。
住んでいながらとても不思議な気分で静香さんのブログも一緒に拝読いたしました☆
続きが楽しみです♪

寺本さんの記事は、朝の通勤電車で読んでいたのですが、バラの写真をみた瞬間、なんだか胸が熱くなり涙がこぼれそうになりました。泣いてないフリをするのが精一杯(゚ー゚; お疲れ様でした☆これからもよろしくお願いします!

*keikeiさん

こんばんは!コメントありがとうございました。
京都では、京都のお客さんを思い起こしてました。
keikeiさんのことも♪です。
寝ている間もしかして、私達と一緒に活躍下さってましたか☆彡

>バラの写真をみた瞬間、なんだか胸が熱くなり

私の思いが、伝わったのかもしれないですね~!
エピソード満載の、濃い二日間だったので、
静香さんのブログは、きなーがに待ちましょう。

京都の旅、お疲れ様でした!
ゲームのように楽しんで…とはいえ、お仕事やご家庭がありながらのお役目は決して簡単ではなかったはず。
素晴らしいことだなぁ!と毎回思います。

結果が目には見えず、形には残らないことだけど、バラのプレゼントのように、たくさんの祝福がありますように!

*みきたろうさん

お久しぶりです、コメントありがとうございましたm(__)m

>お仕事やご家庭がありながらのお役目は決して簡単ではなかったはず

そうですね。
蔵之介ブログに綴ろうかと考えていますが、
毎度揺さぶりが来るので、それに動じることなく、
自分で自分を保つことなど少々ありますが、
お陰様でだいぶ鍛えられ、ちょっとは慣れてきました。

みなさんから、とても温かい言葉を頂いています
テレパシーでも、飛んできます。
有り難く嬉しく、受け取っています

LOONさん、静香さんと、二人のお役目、昨年に続き、お疲れさまでした!

京都は、大好きな場所です。
小学校の修学旅行が初めてで、それ以来友達と何度も訪れた場所です。会社の仲間とも行きました。
何年か前、家族でも行きました。

今日は、朝から秋空のいいお天気です。
急に寒くなってきたので、体調にも気をつけてください。
今日も充実した、一日になりますように・・・。
ありがとうございます☆

*sweetさん

いつもありがとうございますm(__)m。

京都は、特別な街ですよね。
今回いくつか寺社を訪れましたが、その規模に圧倒されっぱなしでした。

私は夏からよく寝ていて、体調はまぁまぁです ^ ^ 。
寒い時期は、おへその下にミニカイロを貼って、
風邪知らずです。今年もそろそろ貼ります。
もう数年、風邪を引いていないので、お勧めです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピンクアンダラのネックレス | トップページ | 晴明神社の桔梗 »