« 第二回 せと・あとりえ参道 | トップページ | クリソベリル結晶 »

2010年10月11日 (月)

懐かしい再会

今から8~9年ほど前、当時駆け出しだった私は石に興味津々で、石を扱っているお店を知ると、探検気分でそこへ出掛けていました。

ある時、だんなさんが通勤途中に石屋らしいところを見ると言うので、大体の場所を聞くと、1人で車を飛ばして行ったことがありました。

季節は秋か冬だったと思うのですが、4時過ぎでもうすぐ日が暮れそうだった記憶があります。温かいカットソーの上にダウンジャケットを着て、Gパンをはいていました。

お店はもう閉店するところに、私が突然現れたのですが、店主のおじさん(以下、Bさん)は笑顔で私を迎えてくれ、中に入れてくれました。

そこには、私が見たことのない種類の石が、部屋中に隙間もないほどたくさんありました。

Bさんは鉱物が好きらしく、私の見たことない石というのは、各地の川原で採取したらしいものでした。

自分の夫がこの近くに勤めており、通勤するのにいつも前の道路を通っていること、それを聞いて今日飛んできたこと。

自分も石が好きでアクセサリーを作っていること等々、多分機関銃のようにしゃべりまくっていました。

Bさんはニコニコと頷きながら、言葉を挟むこともなく、私の話をずっと聞いてくれました。

時折、そばにある石を観察しては、これはどんな石なのかと聞いたりしました。

あまり値札はついていなかったのですが、私が興味を持った小さな石をいくつか「あげるよ」と、ポーンと下さったのです。

ビックリしてお金を払うと言っても、いいからいいからと、受け取ってもらえませんでした。

当時私は30を過ぎた頃で、Bさんから見ると娘みたいな年齢だったと思います。

今振り返ると、私みたいな人がそこに来ることは滅多になく、Bさんは嬉しかったのだろうと思うのですが。

ちょっと変わったお店を知ることができて良かったなぁと、嬉しく思いながら帰宅した時、ななななんと、私のGパンのファスナーが開いていたのに気づいたのです・・・

一体、いつそうなったのか記憶になく、Bさんがこれを見ていたのかどうか不明でしたが。ありのままをだんなさんに話したら、彼は大爆笑でした。

まぁ、いいや。変な視線は感じなかったから、大丈夫だろう。と言うことにしました。んもーー、私ってホント、時々こんな具合に抜けているのです

Bさんからは、輝安鉱の小さな結晶と、ムーンストーンの原石、ルチルクォーツのタンブル(ツルツル研磨した握り石)をもらいました。

ルチルクォーツは、天然石ならではの不純物も含み、お世辞にもあまりきれいではなかったですが、金線の様子が独特なものでした。

ある晩、その石を初めて枕元に置いて寝た時のこと。変わった夢を見ました。

2種類見て、初めは、黒い烏帽子みたいなものを頭に被り、白い装束を着た二人の男性が険しい崖のようなところに張り付いている夢。

夢と言うより、赤紫色っぽい、セピア色の写真を見ているようでした。

もうひとつは、修験者の修行場?やはり、さっきと同じような服装をした男性が2人くらいいるのですが、背中に羽根みたいなものがあって、何か特別な精神力を使い、飛ぶ練習をしている夢でした。

飛ぶ時には、この世の次元でない力を使う感じがあって、とにかく印象的な夢でした。

2008年4月に、友人と熊野方面へ旅行して玉置山に行きました。

過去世が見られる友人Cから、かつて私達はそこで修行していたこと、何か理由があり、みんなが引き止めるのを聞かずに私1人が山を下りてしまったと解説を受けました。

それは私の胸と腹にストンと落ちましたが、その数年前にルチルクォーツを枕元に置いた時の夢を思い出し、納得したものでした。

さて、Bさんに会う1年くらい前だったか。私はある時、石や石ビーズを扱う業者と知り合いました。

夫婦で頑張っている人達で、ご主人は中国の人でカンさんと言い、奥さんは私と同い年でした。当時、彼女達も駆け出しで、名古屋に引っ越してきてました。

奥さんは宮城県出身でこちらには知り合いもおらず、気が合ったのもあり、私は時折彼らの家を訪ねては、石ビーズを仕入れつつ、いろいろ話していました。

私はカンさんの扱う石が気に入ったので、訪ねるようになりました。初めてカンさんの石を手にした時、手がビリビリしたのが大きかったです。

けがれていないと言うか、とにかくイキが良い感じ?当時の私は、そう感じることを話すのにかなり抵抗があったのですが。

思い切って話してみると、カンさん夫妻は特に抵抗もなく受け入れてくれ、同じように言われたことがあると教えてくれました。

数年後、彼らは子供が3人生まれ、家族みんなで中国へ行きました。今では音沙汰ないけれど、いつかまた会えると思っています。

彼らと初めて会った時に買ったタイガーアイの5センチ球や、別の時に買った白い大きなカルサイト球は、今も私の部屋で大切にしています

カンさん達に初めて子供が生まれた頃、私はちょくちょく遊びに行ってましたが、奥さんとなにげなく石屋の話をした時のこと。Bさんのことを話したら、奥さんはBさんを知っていると言うのです。

なんでも、カンさんが日本で商売をやるにあたってBさんが身元保証人になり、助けてもらったのだと。

Bさんはこの業界では有名だったみたいで、○○イベントでは石の販売をしていたのよ等々、思いがけずそんな話・こんな話を聞いて、ビックリしました。

その時だったか、実はBさんは病気で入院していると聞きました。その後、Bさんの名刺を見て電話して、Bさんの奥様と話したような気がするのですが。

私が猛烈に忙しい頃で、私の記憶はあやふやです(@_@)。

その後、Bさんのことはすーーっかり忘れていたのですが。これまた思いがけず、昨日、Bさんの姿を見ることができたのです

なんとなんと、昨日のイベントでBさんが出店していらしたのです。随分痩せて、すっかりおじいちゃんっぽくなっていましたが、お元気そうで何よりでした。

そのことをコッソリだんなさんに話すと、話しかけたら?と言われましたが。Bさんのすぐ目の前に私が移動しても、気づかないようで。

一度お会いして、こちらはよく覚えているけれど、多分私の顔は覚えていないだろう。それに。なにしろねぇ、あのGパン事件があったので ・・・

もしかして、Bさんの記憶にそれがあったら、思い出してもらわない方が私は良いのだけど。記憶に残っていれば、そういうわけにもいかないしね。

ところで。Bさんから頂いた石のうち、輝安鉱は誰かにあげ(誰だったか、記憶にない。処分したかもしれない)、ルチルクォーツも人にプレゼントして。

ムーンストーンの原石だけ、私の部屋にあります。小さな原石ですが、これは気に入って、大切にしています。

 

Blogdecobanner4
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

« 第二回 せと・あとりえ参道 | トップページ | クリソベリル結晶 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

素敵な出会いですね^^

なんだか想像して声を出して笑ってしまいました

*miyaさん

こんばんは、コメントありがとうございました。
もしや、今日メールやりとりした方でしょうか。
(違っていたら、失礼しましたm(__)m)

声を出して笑って下さって、嬉しい~です
恥を忍んでエピソード披露したので(って、どこがやねん!)、
大いに笑って頂いたら、この上ない喜びです

残念ですがその方ではありません

現在アクセサリーをお願いしている、
LOONさんの1ファンです^^
これからもブログ楽しみにしています!

*miyaさん

レスありがとうございました。
勝手に推測し、失礼しました

>LOONさんの1ファンです^^

おぉ、ありがとうございます
素直に嬉しいです。
ドタバタしていますが、今後も楽しんで頂けるよう、
精進して参りますね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第二回 せと・あとりえ参道 | トップページ | クリソベリル結晶 »