« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

花粉症にネトルリリーフ

私も軽くスギ花粉アレルギーがありますが、数年前から毎朝ヨーグルトを食べるようにしたら、ほとんど症状は出なくなりました。

が、この春は去年の何倍ものスギ花粉が飛ぶと言われ、どうなることかと思っていたところ・・

先週の月曜から、喉は痛くないのに声がハスキーになり、鼻の奥では水っぽくて懐かしい鼻汁が 。あー、やはり今年は来たかと思いました。

その後、なるべく気にしないようにしていたけれど、喉の奥に花粉が貼りつくと激しく咳が出るし、金曜は鼻が洪水気味になった ので。

金曜と土曜の晩だけ、市販の鼻炎薬を1カプセル飲みました。

たったそれだけで、今日は症状がほとんど治まり、鼻はスッキリ爽やか、咳もあまり出ない。

実は、薬以外にハーブのサプリメントを水曜から飲み始めていて、そっちの方が効いたのでは?と思っています。

花粉症を治すサプリではなく、花粉症に負けない体を作るサプリで、ネトルリリーフという商品。

先週、ハーブティーを見ようと、久しぶりに三越ラシックのコスメキッチンに寄った時に見つけたもの。

私は病院も薬もあまり好きじゃないのと、花粉症用ハーブなんて初めて見たので、興味がわいて試しに買いました。

ネトルという葉っぱ、アセロラ、マヌカハニーが入っており、体の免疫力を上げるのでしょう。サプリはカプセル状です。

1日3粒が目安で、私は毎朝ぬるま湯で2カプセルをグイッと飲みますが、カプセルを口に含んで飲み込むまでの数秒の間、かすかに草の風味がします

それだけ、ちょっと我慢です

ネトルリリーフを実際飲んで、その感想を綴っている人はまだ少ないみたい。なので、ちょっと紹介しましたが、薬を飲みたくない人には良いと思います。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月24日 (木)

アンダラネックレス2本

最近作ったアンダラネックレスを2本紹介します。

201102ki

こちらは、クリアーに近いシャンパンアンダラのネックレス。お客さんの希望で、シトリン、オレンジムーンストーン、ペリドットを巻き付け、革ひもに通しました。

すでにいくつかアンダラを持っているお客さんですが、アンダラを左手に握るといつも、ぐわんぐわんとエネルギーを感じるそうです。

201102ito

次は、ピンクアンダラのネックレス。ほんのり薄~いピンク色です。

こちらもお客さんの希望があり、チェーンのつなぎにシトリンを使いました。

ネックレスをつけると、ほんわり首から上が温かくなる気がしたそうです。アンダラは、温感を感じるという声はよく耳にします。

アンダラは水晶のように大量に採掘されず、アンダラを欲しいと思う人も限られていると思う。

それでも、ネックレスなどに仕上げ、お客さんに届けると、みなさん格別に喜ばれるのを感じます。

ひょんなことからアンダラを知ったけど、私にとってアンダラは、持ち主に幸せを運ぶ魔法石。作り手として、こういう石と巡り会えて本当に幸せ です。

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月23日 (水)

鞍馬と貴船に煌きを②

・貴船編・

12:55頃 前もって貴船に意識を合わせてみると、目の前(私の部屋)の空間が、少し歪んで見えた。

なんだこれは?貴船は闇が深すぎて、時空も何かおかしくなっているということか。

13:15頃 この日は日本全国で強い風が吹いていて、私の住まいでもかなりの強風が吹いていた。

北風がそこかしこに吹き付け、ビュウビュウ音が聞こえる。その音を聞きながら、貴船を見てみるが、やはり時空が歪んでいるのかうまく集中できない。

おでこ裏スクリーンに見えるカラス天狗は、強風にあおられ、うまく飛べない。

13:20頃 そうだ、ここで声を出そう!と思いついた。

前の晩、家事をしていた時、喉に痰がからんで咳払いした時、喉がかすれて2人分の低い声が頭に響いた。私の声と、天狗さまの声か。

その時不意に、うぅぅ~うぅぅーーと、歌うフリをして声を出し、(明日何かあったら、声を出そう)と思っていたのだ。

声を出せば、それが何か祓いになるのでは。実際それが、現地にいるKさんに届き、Kさんを守るものになるのかは、よくわからない。

わからないが、直感で感じたことは即実行だ。音の波は、きっと伝わると思った。

低い、ほら貝の音のような声を出してみた。私は学生時代に合唱をやっていたので、腹式呼吸やハミングを頭に響かせ発声するのは、今もできる。

20年以上も経ってから、こんなところで活用できるとは、夢にも思わなかったけど。

それが良かったようで、またカラス天狗が見えてきた。

鞍馬に比べると、ベージュ色がかった、暗いクリーム色っぽい空間を飛んでおり、先程と同じく、ずっと空間を切り裂いて飛んでいた。

空間はずっと同じ色が見えるだけで、他には何も見えない。私は、どこを飛んでいるのだろう?どうも、同じところを飛び続けている気がする。

そこで急に、剣で切り裂いたその跡が、白い幕のようになっている気がしてきた。私はおそらく、広く円状に飛んでいて、その中で光の柱が建てられるのでは。

その時ようやく気がついたけど、鞍馬でも貴船でも、しーさんやKさんの姿は全く見えないでいた。

私は、先に行く2人を闇から守る役目、まさに後方支援なのだが、今回は自分の役目に徹しているということか。

13:27頃 ほんの少し気分が悪くなったが、特に問題なし。そのまま、カラス天狗を見ていたが、私の部屋の外でものすごい音が聞こえた。

その時、何も知らない人が私の部屋にいたら、まるで会社の更衣室ロッカーが倒れたような音に聞こえて、相当驚いたに違いない。

その音は、同じ階の人が利用している食材宅配用の発泡スチロール箱が風にあおられ、渡り廊下を舞い飛び、あちこちにぶつかって、こんな音がしているのだろうと思った。

マンションの渡り廊下は、小さい音が意外に大きく反響するのだ。

すぐに、宅配業者らしい人が素早くこちらに走って来る足音が聞こえ、発泡スチロール箱を持ち上げる音が聞こえた。やはり、そうだったのだ。

おそらく、これはただの偶然ではないと思った。

カラス天狗は円幕の中で何が行われているか全くわからなかったが、この発泡スチロールの音が、貴船で何か崩れたのを知らせるサインだと思った。

この間、私はずーっと声を出していた。時々、うなり声みたいな声を出したり、ほら貝になったりした。

13:35頃 またくしゃみが出そうになったので、きっとうまく行ったのだろうと思った。やがて、大あくびが出た。疲れた・・・!動けないほどではなかったけど、そのまましばらく机にうつ伏せた。

天狗さま、本当にありがとうございました。そして、私と共に動いてくれたカラス天狗も。

心からの感謝の気持ちを送ると、最後にカラス天狗は、私のすぐ目の前に現れた。彼のおでこを、私のおでこにくっつける様子が見えた。これは、天狗式の挨拶なのだろうか。

カラス天狗は、顔から頭が黒い毛だった。それは、人間の髪の毛と、カラスの羽と、クマのぬいぐるみの毛を、足して3で割ったような質感だった。

あとで、Kさんとしーさんの体験談や時間配分を聞いてみると、ほぼ一致しているとわかり、とても嬉しかった。

リアルな映像は、いくら私が空想好きと言っても、私の頭が空想する範囲を越えていた。やり終えたという充実感は、出雲の時と比べ物にならないくらいだった。

すぐに、しーさんから天狗さまのねぎらいのメッセージがメールで来た。心から安堵し、嬉しかった。

鞍馬と貴船は、私は数年前に一度行ったことがある。

感覚の鋭い友人達と一緒に行ったので、各自が感じたことをシェアし、印象深い旅だった。山の上は、本当に気持ちが良かった。

けれど、その当時でもう、何か変だなと感じる人達を鞍馬で見ていた。あることを行っている団体を見た時は、すごく嫌な感じがした。

その人達を見てはいけない、そのまま見続けたら、変なエネルギーが私の目から入り込むような気すらした。

あの人達、一体何をやっているのだろうと少し怒りを覚えつつ、見るのを避けたのを覚えている。

その前もその後も、良かれと思って、鞍馬では何かしらエネルギーワークが数多く行われてきたと思う。

でも、おそらくその多くのエネルギーが良くないものとしてその場に残り、闇を引き寄せるか、闇そのものになったのでは。

カラス天狗が切り裂いたのは、そういう闇だったのだろうと思う。

今、私達が行っていることは、何のことかさっぱりわからない人がまだ少なくないだろう。けれど、そう遠くない将来に理解が深まるだろうと思う。

これはまだ先週のことだけど、私の中ではもう、鞍馬も貴船も随分前のような気がする。なぜなら、次のお役目が知らされたから。

この一連の旅は、突然始まって、どこまで続くのか。全貌はまだわからないけれど、とりあえず今は次のことに集中するだけ。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月21日 (月)

鞍馬と貴船に煌きを①

スケジュールの都合で今月は、先週から教室が立て続けにあり、バタバタしていました。お待たせしました、18日の続きです。

少し過去に戻って、東京に行った時のこと。私は、小さい水晶を持参した。

次のお役目ではKさんが京都に行くことになっており、なんとなく、そのお守りになる気がしたからだった。

その水晶は去年、人から頂いたものだった。キラキラと華やかな輝きがとても美しく、矢じりのような形で平ぺったく、ペンダントトップにピッタリなものだった。

私がアクセサリーに加工するのを知っていて、その水晶を下さったと思うのだけど、何か畏れ多い気がしたのと、(私のものではない)とも思い、とりあえず部屋に置いてあったものだった。

Kさんはその水晶を見た時にパッと顔が輝いて、京都には是非持っていくと言い、とても気に入ってくれて、良かった(結局、個人的にもKさんは気に入り、私はお金を頂いてネックレス加工する約束をした)。

今思うと、あの水晶の煌き(きらめき)は、鞍馬と貴船の象徴だったように思う。

今回のお役目の詳しい内容は、しーさんがすでにブログで()綴り始めた。私は、自分の体験したことを綴ります。

今回もまた出雲と同じく、現地に出向いたのはKさん1人だった。

しーさんと私は自宅待機して、Kさんが現地で光の柱を建てるのに合わせて、私達は意識を合わせた。

今回は、携帯の電波がつながらないというハプニングがあり、時間を決めて行うことになった。その間、私は前回と同じく、両手にそれぞれスモーキークォーツとアメジストを手にした。

今回、メモ書きしようと思いついて、そうした。

私は部屋のイスに座り、目も開けていたが、おでこの裏にスクリーンがあって、そこに映る映像を見ていた感じだった。それをそのまま、書き出します。

・鞍馬編・

12時頃 カラス天狗が辺りを猛スピードで飛び巡っているのが見える。

自分のことを知らせる挨拶?カラス天狗は大きくないので、私は思わず、(こんなこわっぱなの?)と心の中でつぶやいてしまった。

するとすぐに後ろから、(この者はこわっぱではあるが、非常に有能である)という声が聞こえた気がした。声の主は、天狗さまだろう。

この後、どうやら私は、そのカラス天狗を映像で見つつ、私がそのカラス天狗にもなっていたらしい。まるで、冒険物語に入り込んだみたいだった。

12:05頃 カラス天狗が飛んでいるのは、暗い空間。どこまでも暗い空間が広がっている。3次元ではなく、4次元あたりの世界らしい。

カラス天狗は剣を両手で持っていて、その剣で空間を切り裂きながら飛んでいる。

12:08頃 震動のような音がした。

出雲では私は、やはり剣(昔風の太刀)を手に、何十もの小さいヤミーを剣で押さえつけているビジョンを見ていたが、鞍馬では、ヤミーの質と量が出雲の時とまるで違う。

辺りを広く覆い尽くす暗いベールのようなものがみな、ヤミーだったと思う。私はそれをずっと切り裂いて、飛んでいる。やがて、上空から下を見るようになった。

12:10すぎ 別次元ではすでに、光の柱が通って、建っている。雷を何十本も束にして、1本にしたような柱だった。あとはそれを、3次元に下ろすだけ。

12:15すぎ バリバリバリ!!!切り裂く轟音のような音。渦のような柱が建った?その様子はあまりよく見えないが、たくさんの拍手の音が聞こえる。

12:19頃 私は体の力が抜け、大きく息を吐いた。20分に、くしゃみが出た。きっと、Kさんは終わったのだと思った。

 

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月19日 (土)

カフェにアクセサリー

毎月教室を行っている0xCAFEには、小さいギャラリースペースがあります。

展示等でギャラリーを使わない間は作家作品の展示販売することになり、私のアクセサリーも少し置かせてもらうことに。

2011021701

カフェにいらした方は、是非手に取ってご覧下さいね

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月18日 (金)

私がしごかれた理由

昨日の続きをもう少し。

東京では、しーさんとKさんに助けてもらいながら、私が自分と向き合うことの総仕上げをした。

そこでの数時間は、内容がすごく濃かった。私はKさんと初対面だったので、午前中は主にKさんの話を聞いた。

午後からは、頭で考えることと心で感じることの違いを、その場で実感した。

頭で考えるのではない、心で感じるのよと言われ、頭に集中していたものを「下に下ろしてごらん」と言われた時は、すんなりそうすることができた。

それまで、頭で考えることに集中しすぎて、お腹辺りが何か不安定に感じていたので、下におろすとお腹が落ち着き、心地良かった。

でも、すぐにまた私は、頭で考えようとした。その時、間髪入れずにしーさんは、「はい、また頭に上がったよ。下ろして」と言うので、正直私は、面喰ってしまった。

どうしてわかるの?下から上に上がる様子が矢印になって見えるの?と聞いたら彼女は笑って、見えはしないけど感じるのよ、と言っていた。

この時私は、体の細胞が彼女の言葉を吸い込む感じで、すごく腑に落ちたけど。

それを冷静に文章化するのは難しいなと思っていたら、しーさんが自分のブログで綴ってくれてホッとした()。

この日は本当は、私達3人のエネルギーを交換することと、次のお役目を行うにあたり、しーさんが持っている龍の彫り物の水晶を手にして、エネルギーを受け取る予定だった。

それが、私の片づけに時間を費やしたので、後半は短時間に濃縮されたと思う。

龍の彫り物の水晶を手にした時のことは、大げさな言い方ではなく、私は生涯忘れないだろうと思った。

初めにKさんが水晶を手にした時は、そっと胸に抱き、とても女性らしい仕草だった。

続いて私が手にした時、私は両手で水晶を包むように持ち、手ごとテーブルの上に置いて、姿勢は前屈みのまま、静かにエネルギーを感じた。自分でも、男性らしい仕草だと思った。

するとまもなく、丹田あたりから足先にかけ、ビリビリとすごいエネルギーが流れるのを感じた。

今まで、例えば神社で手を合わせた時、スコーンとエネルギーが体を貫くのを何度か感じたことがあるけど、それらどのエネルギーとも比べ物にならないくらい、力強くてわかりやすく、とても心地良いエネルギーだった。

しーさん曰く、私の後ろに天狗様が立ち、私の中に入ったとのことだった。

水晶を手にしていた時、その天狗様の声が聞こえた。

「(二人から)いろいろ言われて、カチンと来ることもあるだろうが、今日は辛抱して受け取りなさい」と。そのまま話したら、二人とも笑っていた。

足はずっと、しびれたような感じが残っており、ジワジワと気持ち良かった。もう、衝撃的で、言葉で言いようがなくて、私はポカーンとするばかりだった。

その、「ポカーンとするのが感じるのに良いのよ」と、しーさんは言っていた気がする。

その後、いつのまにか3人の間をエネルギーがぐるぐると回っていた。私には、さざ波のように感じられた。

次のお役目と言うのは、出雲の続きだった。出雲は、それ単独で終わりだと思っていたら、そうではなかった。

まさか続きがあるとは思っていなかったし、しかもそれが、出雲が終わってまもなくとは、つゆほども考えていなかった。

一昨年、光の柱を建てる旅は、あまり知られていない場所で、誰も見ていない時にひっそり行うことばかりだった。

それが、出雲は多くの観光者が訪れる場所、次の場所もいわゆるパワースポットとして有名な所だった。その続きもある様子で、どうも有名どころになるらしい。

それらをこれからブログで綴るのに、私の感じるまま発信するよう、光の存在方は私に求めていたのだと思う。

今までの、表面をサラッと紹介するようなやり方ではダメだということだ。

実はこれは今に始まったことではなく、周りの人からよく言われていたことだった。

あなたはもっと思うままに書いたら良いと尻を叩かれていたのに、スルリと逃げてばかりいて、とうとう逃げられないところまで追いつめられた。

その追い込みを、しーさんがやってくれたのだろう。

今回しーさんは、鬼みたいに厳しかった。彼女は、光に生きる人。自ら光り輝き、実践し、行動する人。

こういう人のツインソウルって、こんなにしんどいものかと初めて思った(-_-;)けれど。

彼女は私に厳しかったけど、私を思ってのことだと痛いほどわかっていたし、彼女をもう悲しませたくなかった。

その一心で、先日の蔵之介ブログを綴り、オイオイ泣いて、東京に向かったのだ。

次のお役目とは、実は今日だった。もう、たたみかけるような日々の連続で、出雲のことが随分前のように感じられるほど。

今回は、自分の役目を執り行ったのを実感できて、とても嬉しかったです。それはまた、明日以降に綴ります。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月17日 (木)

昨日は東京へ

ちょうどここ1週間ほど、自分と向き合い、とても慌ただしい毎日を過ごしていました。

それと関連あるけれど、昨日は日帰りで東京に行き、しーさんとKさん(出雲で光の柱を建て直した彼女)と会ってきました。

今日はビーズ教室でバタバタし、ゆっくりパソコンの前に座っていられないので、明日以降また綴ります。

蔵之介通信をすでに読んでいる方も多いと思うけれど、このところ私は、しーさんからみっちりしごかれてました。

ものすごく簡単に書くと、ツインソウルであるしーさんは能力をさらに開花させていたのに対し、私は何かあると、彼女に頼ってばかりいた。

12月あたりから何かとヤミーにちょっかいかけられ、足が妙に冷えたり痛みを感じて、彼女に祓ってもらっていた。

1月は咳がなかなか治まらなかったし、瞑想をしてもうまくいかないし、何かずっと変だった。

そうこうしているうちに、出雲に光の柱を建て直す話がトントン拍子に進み、今月あたまに無事行われた。

そのことは、ざっと私もここに綴った。

その後まもなく、次のお役目も決まった。が、それに当たるためには、私は自分の問題を片づける必要があった。

「もう彼女に頼る場合ではない、自分の感覚を頼れ」ということだった。それについては、しーさんが客観的に詳しく綴ってくれたので()、そちらを読むのが早いと思う。

さっさと私のことを片づけるのは、次のことのため、どうしても必要だった。

私のことは、何とかギリギリセーフで間に合ったが、最後の最後まで、しーさんとKさんをヒヤヒヤさせてしまった。

私自身、もうダメかもしれないとチラッと思ったこともあった。しーさん、Kさん、本当にありがとう

今は彼女たちに、感謝の言葉がもう見つからないほど、感謝しています。

出雲のことがまだ今月3日のことなのに、どうしてそう急かされるのか、不思議に思う人も少なくないと思う。

いずれ、綴ることになるので、もう少し待ってて下さい。 

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月13日 (日)

グリーンアンダラのネックレス

ヒーリングのお仕事をしている方より注文を頂き、表面に波模様の入ったグリーンアンダラでネックレスを作りました。

アンダラはやや大きいのですが、お客さんの希望でチェーンは45センチです。チェーンにつないでいるのは、アクアマリン、淡水パールです。

201102ket

実物を届けた後、お客さんより感想を頂きました。了承を得たので、掲載します。

手のひらに乗せて、アンダラに集中しエネルギーをしばらく感じさせて頂きましたが、なんていうんでしょう、パワーはもちろんのこと、やっと会えたねっていう感覚になりました。

そんなアンダラと、仲良くなる儀式のような(自分なりの)ことをして、それから首につけました。その後すごい睡魔に襲われたのですが、夜もつけたまま眠りました。

最近朝、起きぬけに腰が痛いことがあったのですが、アンダラを付けて眠ったところ、今朝起きてみると腰が痛いのがないんです。驚きました☆

なんとなく色的にも大天使ラファエルのような感じがして、ラファエルはとっても大好きな天使なので常にラファエルが一緒にいるみたいで嬉しいです♪

何度鏡越しで、アンダラを見ていることか・・・(笑)

それくらい気に入っております♪今、私の私物の中で宝物に匹敵するほどの物となりました。

文中にある睡魔は、何かしら浄化作用によるものでしょう。とっても気に入って頂いて、私も幸せですー

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月11日 (金)

テレビを見て

今月もまた、毎日あっという間です。今日は全国的に雪の降る寒い日 でしたね。こちらも雪が降って少し積もりましたが、べた雪でおおかた溶けました。

夜、NHKスペシャル無縁社会 あらたなつながりを求めて を見ました。

夕食を取りながら見たら、とても重い内容でしたが、社会勉強と思って最後まで見ました。途中、何度か泣きそう でした。

優しい良い人が、苦しい思いをしている。若い人が、夢や希望を持てないでいる。親子で、負の連鎖が続いている。

なんとかならないものか・・ つくづく思ったのは、私は幸せだな、ということでした。

20代の頃は私も転職を多くしたけど、いつも良い人に恵まれ、努力したことはそれなりに報われたと思う。

恋愛もして、好きな人と結婚もして、これだと思う仕事を見つけ11年やってこられた。

夢や希望はいつも胸いっぱいに持っていたし、今もどこか夢見がちで、希望もいろいろある。

親にはなんだかんだ思うことはあるけど、いつも温かいご飯を食べさせてもらい、やって良いことといけないことをしっかり教わった。読みたい本は、たくさん読んできた。

人生の土台、家庭は本当に大切なもの。私達がみな、温かい家庭を築くことができますように。人を思いやる気持ちが、育まれますように。

個人的に思うのは、しんどい時には、本を読むと良いと思う。

今、私達の経験することの多くは、過去においてたくさんの人がすでに経験している。

境遇や立場が違っても、人生ではみな、似たようなことで悩み、苦しみ、多くの人達がそれらを書き綴っている。本には、生きる知恵が詰まっていると思う。

私は、私に今できることを、一生懸命にやっていこうそう強く、思いました。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月 7日 (月)

シャンパンアンダラのネックレス

ほぼクリアーのシャンパンアンダラで、ネックレスを作りました。上につないだ深緑色の石は、アベンチュリンクォーツです。

お客さんの名前を見ていたら深緑色を感じたので使いましたが、あとでお客さんから、深緑色の洋服をよく手にすると聞きました。

201102mik

まぁまぁサイズが大きいアンダラで、チェーンは60センチ(胸に下がる)長さです。

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月 3日 (木)

光の柱プロジェクト・偽の柱を倒す

光の柱プロジェクトの続きを綴ることになるとは、私自身も思っていなかったですが。

詳しくは、しーちゃんこと静香さんがブログで綴ります(その記事 )。私は、ごく簡単に綴ります。

光の柱プロジェクトとは、2009年の夏から半年かけて龍の仲間と一緒に日本各地に赴き、各地の光の存在と共に建てた柱のこと。

その旅の模様は、カテゴリー・光の柱プロジェクトにまとめてあります。番号のふってある記事が、そうです。

今回、しーちゃんと私は自宅で待機し、1人の女性(以下Kさん)が出雲大社に赴き、3人連携でエネルギーを合わせ、偽の光の柱を倒し、新たな柱を建てました。

2009年の旅と同様、事前から備えていました。

先月、しーちゃんは友人と一緒に麻賀多神社に行き、天からの光を受け取ったとあったけど、あれは今回のことの前準備でした。

今やしーちゃんは全く不動で、闇も手出しできないけれど、今回私は揺さぶられることが多かった。

闇は、弱いところに揺さぶって来る。正直なところ、先月私は一昨年の旅のよりしんどいなぁと思った時もありました。

が、そこは私も根性を発揮し、自分の弱みと向き合い、サーッと流して解決しました。

もっと大変だったのは、1人で出雲に赴いたKさん。

今まで普通の暮らしをしていた彼女が、短期間でしごかれ、闇と向き合い、悩みや苦しみを乗り越え、精神的に鍛えられたのもつかの間。

現地に1人で放り出されたのは理由があったからですが、そのあたりはしーちゃんが綴ると思います。

私の役目は、主にお笑い担当と、当日は後方支援でした。

いきなり大役を任されたKさんに、なぜか私はおっちょこちょいな面をいくつも披露し、笑いを誘っていました。

私、そんなキャラじゃないのにと、自分でも不思議でしたが、そのうち、精神的にいっぱいいっぱいなKさんにこういう私を見てもらい、笑いで一息ついてもらって良いじゃないかと理解しました。

光の柱の旅はいつも、事前には詳しく知らされない。なので、当日一体どういう動きをするのか、その場になってみないとわからない。

今回も、「3人で連携し、エネルギーを合わせる」くらいしか聞いておらず、具体的に何をするか知りませんでした。

それでも、過去の体験があるので、深い根拠もないまま「必ずなんとかなる」と、どっしり構えていました。

今日は節分。多くの人が各地の寺社に出向いたと思いますが、私達は早起きし、執り行いました。今日のことは、ここでは私の体験したことだけ綴ります。

朝、携帯が鳴り、しーちゃんから「今からやるよ」とだけ言われると電話を切り、境内にいるKさんに意識を合わせました。

私は、左手にはいつものスモーキークォーツ、右手にはアメジスト球を握っていました。なんとなく、それらが良いサポートをすると思ったからです。

それまでは、お腹(丹田)に力がずっしりみなぎるようだったのが、急に力が抜けた感じが。

あれっ、何だろうと思いましたが、おそらくそれまで充填したものをKさんに送っているのだと理解しました。

私は、彼女の足元だけを後ろで見ていました。足元しか見えなかったと、言い直して良いかも。彼女の周りに良からぬものが近づかないよう、防御している感じでした。

途中途中に携帯に連絡が入り、状況を大雑把に把握し、しーちゃんが偽の柱を倒した。その辺りは、彼女のブログを待ちましょう。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

2011年2月 1日 (火)

今日から2月

今日から2月ですね。今朝、目が覚めて伸びをし、リビングのカーテンを開けた時、とてもスッキリ心地良い気がしました。

昨日、夢の話を綴りましたが、ブログに掲載して数時間経ってから、「あの夢は、1月の私を象徴していたのではないか?」と、急にひらめいて、夢解釈もどきができました。

夢から覚めた時は、止まっていた時が動き出した様子が鮮烈で、そればかりに気を取られていたけれど。

電車内で大きな声を出した女の子は、容姿も服も私と似ていなかったけれど、あれは私だったのだろう。土下座して謝っていたカップルは、ある象徴=私の中で、けりをつけたということ。

その後、時が動き出したのは、けりをつけて新しいことに向かう、または、けりをつけるのがちょっと遅くなったから、次のことを素早く展開するということだろう。

電車内でうごめく黒っぽい物体は、あれはヤミーの象徴だろう。

初め、私は1人で立ち向かい、その後、私は周りに声を掛け事態の収拾を目指したけど、私一人の意見はあまり聞いてもらえず、むしろ、私がみなの意向に従って友人の車に移ったら、また時が動き出した=実際、1月は友人知人のアドバイスを受け、助けられた。

それも終わって、夜が明けたのは、次の新しいことが始まるということか。

砂利の広い駐車場に次々と車が来ようとしている=ホッと一息ついたのもつかの間、次に進む所へ移動するということ?

まぁとにかく、昨夜はそんな夢解釈がすごく腑に落ち、ぐっすり眠りました。夢は見たかもしれないけれど、今朝は覚えていなかったです。

話は変わって。宮崎・鹿児島の霧島連山の新燃岳の噴火が気になりますね。火山灰の降り方も尋常ではなくて・・ 

噴火は地球の意思もあるだろう。有名大学の先生による分析も大事だけど、大地の声を聞き取り、それも合わせて報道されたらなぁと思います。

昨日は午前中ずっと雪が舞ってましたけど、福井をはじめ北陸では、大雪だった模様。3日は節分、旧正月。去年末も各地で雪がすごかったけれど・・。

今日、こちらは穏やかに晴れています。大雪も火山灰も降らないことに感謝しつつ、大きな被害は出ないよう、各地が無難に収まるよう、祈ります。

 

Blogdecobanner5
いつもありがとうございます。1票クリックお願いします。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »