« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

「2012年から、大切になってくる3つの働き方と生き方」とは?

私は小田真嘉さんのメールレターを毎朝愛読していて、一部をミラクル21のブログに転載していますが、さっき届いた内容がなるほどねと思ったので、今日はこちらに転載します。

ちょいと長いですが、よろしければお付き合い下さい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

300年ぶりの大変革の今  大切になってくる3つの働き方と生き方とは?

小田真嘉です。2011年も、あと2ヶ月ですね。 今年の後半戦から 特に、リーダーや企業様から「これからの日本はどうなるのか?」 という相談をたくさん受けるようになりました。

私なりに 経営者のみなさんや現場のスタッフ、ユーザーさんたちとの対話を通じて感じていること

そして、師匠・北極老人から教えていただいことを含めて、今後の未来予想などをお話させていただきます。

2011年は 日本は地震、原発、食糧問題…  世界では経済不安、大規模デモ…  などなど、大きな変化が起きたり 根本的な問題が表面化しました。

しかし、2012年からはもっともっと大きな変化が起きるでしょう。

自然災害や食料問題が悪化したり、企業や政府の不都合な数々の真実が暴露されたり、経済至上主義の限界が訪れたりするでしょう。

「経営の父」や「未来学者(フューチャリスト)」とも呼ばれたピーター・ドラッカーは29歳(1939年)のときに、処女作「経済人の終わり」を出版しました。

テーマは、「経済至上主義の終わり」

経済人( economic man )とは
経済至上主義に生きる人であり
経済(money)のために生き、
経済(money)のために死ぬ人(企業、社会、国)です。

ドラッカーは「経済至上主義は、人を幸せにしない。本当の幸せをもたらさない。」とも言っています。

これは実に、重要な視点であり、これから経済至上主義の問題と弊害が次々に表面化してきています。

実際、 経済至上主義の最大の波が今、日本を飲み込もうとしています。

それが「TPP(Trans-Pacific Partnership:環太平洋戦略的経済連携協定)」です。

これが実現すれば 事実上、日本国2600年の歴史の中で最大規模の経済的侵略(支配)を受けることになります。

「TPP」については中野剛志さんの2つの動画を見ていただければ、だいたい分かると思います。

1.どうなるTPP交渉参加?メリットとデメリットは(16:21) http://youtu.be/G9aWJ8Orl10

2.中野剛志先生のよくわかるTPP解説(12:34)
http://youtu.be/RlyluxDfjMo

TPPが実現すれば「国家(国民の生命財産)の繁栄」よりも「経済(企業の損得利益)の支配」が上位にくる経済至上主義の果ての世界が訪れます。

そうなれば日本には様々な問題が起きることは間違いないでしょう。

2012年以降、今まで以上にグローバリズムや経済至上主義は加速し、会社も個人も強制的に変化(イノベート)することを迫られるでしょう。

ドラッカーは 2005年11月 この世を去る直前に

・今は、三世紀(300年)ぶりの大変化のとき
・歴史がまだ見たことのない未来がやって来る
・2020年頃までにその変化が起きる
・世界の未来は、日本にかかっている と述べています。

では、私たちはどうすればいいのか?それは、マクロな大きな規模での解決策ではなく、ミクロのひとりひとりの働き方と生き方がカギとなるでしょう。

2012年以降に大切になってくる、働き方と生き方が3つあると思っています。

ひとりひとりが
1)共感する仲間と手を取り合うこと
2)自分の強み(長所、武器)を発揮して、仲間の弱み(短所、欠点)を補うこと
3)与えられた持ち場(役割)を守ること

この3つを愚直に行うことで、今いる、自分の周りを明るく照らすことだと思います。

神話学者ジョーゼフ・キャンベルは、NHKの「神話の力」という番組の中で こんなことを話していました。

===============

ドイツの哲学者ショーペン・ハウエルは60歳ぐらいのとき、こういっています。

『ある程度 歳をとり人生を振り返ってみると、そこにはひとつの秩序があるように見える。まるで誰かの手で構成されたかのようだ。

ただ偶然に起きたように見えた出来事も、実は次の展開のために重要な要素だったことがあとになって分かる。 この筋書きは一体誰が作ったのだろうか。

夢が自分では意識できない、自分自身の何かによって作られるように 、人生も全て自分の内なる意思によって作られるのだ。

偶然出会った人々が、自分の人生の重要な要素になるとすれば、自分も他人の人生の重要な要素になるはずだ。

全ては一大シンフォニーのように響き合っている。 あらゆるものが他の全てのものに影響を与えているのだ。

我々の人生はどれも同じ一人の人が見る夢のようなものだ。 見えないひとつの意思から生まれている。

それゆえ 我々の人生は他の人々の人生とつながりあい、全ては互いにつながりあっているのだ。』

素晴らしい思想です。これはインドに起源をもつ思想で “宝石の網”と言われるイメージです。

宝石の網の中では全ての宝石が他の宝石を反射して輝きます。あらゆるものは 他のあらゆるものとの相互の関係で成り立っていて、全ては影響しあっています。

ですから なにがあっても誰も責めることができないのです。

そのひと本人の意思で起きたわけではありません。誰一人として自分の意図したとおりの人生を生きる人はいないのです。

===============

天台宗を開いた仏教大師・最澄は、理想的人間像をこのように言っています。  

「国宝とは何ものぞ。
 宝とは道心なり。
 道心ある人を名づけて、
 国宝となす。
 ゆえに古人いわく
 径寸十枚、これ国宝にあらず。
 一隅を照らす、これ即ち国宝なり」と。

これは 今自分がいる場所や置かれている立場で、求道心(ぐどうしん)を持ち 、自分が切りひらいていくという気概で精一杯努力し、その場所を明るくすることのできる人になること。
そのような人こそが何ものにも代えがたい国の宝である。

ということです。 もっとカンタンに言えば

自分が輝けば、周りも輝く。
周りが輝けば、世界も輝く。
まさに“宝石の網”のように

まず自分が光り輝くことで
触れる全ての人たちも光を放つ。

世界を変えるには
各人が、与えられた持ち場を守り
与えられた役割を全うしていくことです。

大きな波がやってくる今こそが
目の前の小さいなことを大きな心で取り組むこと

それが、これからの時代
ますます大切になってくる働き方と生き方だと思うのです。

そう生きると決めた瞬間から
その人は輝きを放ち
その光の波が広がり
やがて世界の果てまで届きます。

 

あなたが発する光によって
未来がひらかれることを心から祈っています。

小田真嘉

2011年10月29日 (土)

木村容子さんの『女40歳からの「不調」を感じたら読む本』、他

食欲の秋、行楽の秋、読書の秋ですね

私はいつも電車に乗る時が読書時間ですが、昨今は携帯とにらめっこしている人が圧倒的に多いなと感じます。

読書は、見知らぬ世界を旅したり、主人公になり切ったり、好奇心がブルブルッと刺激されたり、自分と向き合ったり。

悩みを解決するヒントが見つかったりして、私達の内面を深めたり&高めたりするものだと思うので、こういう時代こそ、読書を楽しむ人が増えたら良いなと思います。

さて、夏からいろいろ本を楽しんでいましたが、そういえば今年は、お客さんからこういう本があるよと教わり、読んでみる機会が多いです。

今日紹介する2冊は、本好きのお客さんから教わりました 。どちらも、面白かったです。

2011102901_2

1冊目は、『女40歳からの「不調」を感じたら読む本』です。

東京女子医大の女医さんが書いた本で、50歳くらいで女性は閉経を迎えるにあたり、その前後5年くらいで起こる心身の不調(いわゆる更年期)をわかりやすく解説してあります。

漢方の考え方を元に、自分の不調が「気の異常」「血(けつ)の異常」「水(すい)の異常」のどれに当てはまるかチェックでき、今後どういうことに気をつけたら良いかアドバイスが優しく語られています。

50代から「急に老けた」と言われることのないように、40歳を過ぎた女性は一度読んで損はないと思います。

以前、オレンジページムックの漢方養生法と言うのを読み、図説がたくさんあってわかりやすくて良かったですけど、1人の女医さんが1つ1つ深く掘り下げたこちらの本もとても良かったです。

ちなみにあたくしは、「肩コリがひどい、あざができやすい、肌が乾燥しやすい」血の不調タイプだとわかりました。

「電話が鳴っても出たくない、毎食の料理をするのがおっくう、風邪を引きやすくて治りにくい」のは、気の不調タイプ。

「ぐるぐる回転するめまいがする、トイレが近い、起床時に顔にまくらカバーの跡がよくついている」のは、水の不調タイプだそう。

自分自身を知るにも役に立ちますけど、周りの人を理解するにも役に立つような気がします

2011102902

2冊目は、「アセンションの超しくみ」。宇宙人の魂を持って生まれた、サアラと名乗る女性が書いています。

情報量は多岐に渡って膨大ですが、わかりやすい文章で、読みやすかったです。

内容は、根拠が今ひとつ説明不足と思えるものもありましたが、深く考え込む本ではないなと感じ、文章を目で追いつつ、本から感じるものを胸で味わいながら、スイスイ泳ぐように読みました。

アセンションに関する本はとても多く出ており、鋭く突いた本だけ読みたいといつも思っています。

私が今まで読んできたアセンション本を、「名古屋市名東区のグルメ店が載っている地図」という設定で、例えてみると・・

今回読んだ本は、名東区のグルメ店が手描きの地図で詳しく書き込まれて書いてある感じ。

しかも、各グルメ店のメニューや店内の様子、時には実際に行ってみないとわからない小ネタ情報まで載っているふう。

手描き地図なので、一般の地図に慣れている人は、目が慣れるまでちょっと時間がかかるかも。

リサ・ロイヤル著の「アセンションの道しるべ」は、日本国内→愛知県→名古屋市までの地図が非常に詳細で、店までの交通機関や行き方の解説もわかりやすいと言ったふう。

地図と言っても情報量の多い地図帳なので、読むのがやや大変です。

ジュディ・キャロル著「アセンションものがたり上巻下巻」は、ちょっと番外編的な地図で、宇宙の友がUFOから名東区を撮影し、その写真で3D的な地図を作った感じ。

浅川嘉富さんとペトル・ホボット氏の対談集「UFO宇宙人アセンション 真実への完全ガイド」は、名東区のグルメ情報だけでなく、その土地の歴史、コンビニや病院、ガソリンスタンド案内まで行う、車のナビみたいな感じ。

知的好奇心をワクワクさせる地図ですが、これも分厚い地図帳といったふうです。

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月28日 (金)

美しい朝

今朝、ベランダに出たら、とても穏やかな良い朝だと思いました。

家事を済ませ、布団をベランダに干すと、鳥の声が辺り一面に響いてますます、あぁ、美しい良い朝だなぁ と思いました。

鳥の声に誘われて、たまにはベランダで瞑想しようと思いつき、暖かな日の光を浴びながら、目を閉じていると・・

5分も経たないうちに、座ったまま夢を見始め、夢の世界を迷走し始めました(^_^;)。

眠りに落ちるまでは、本当に気持ちが良く、私の胸の中も穏やかで、この美しい朝の一部になったようでした。

耳を澄ますと、さっきの鳥の声とはまた別の鳥の声。

近所の奥さん達が下の道路ですれ違い、「今朝も寒かったねー」と朝の挨拶をしているのが聞こえ、いつもと変わらない朝の風景のはずなのだけど。

なぜかなんだか、朝の太陽エネルギーをチャージしたのか、独特の穏やかさは今も胸の中で続いています

今日は今から出掛けますが、あちこちで深呼吸してみようと思います。

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月26日 (水)

水クリームの刑部先生から、お電話

この頃は電話のベルが鳴るのは携帯ばかりで、家の固定電話が鳴ることはほとんどないですが、今日は珍しく、固定電話のベルが鳴りました。

表示された電話番号を見ると関東方面の番号で、何かの営業電話かな?と思いつつ、電話に出ると「おさかべえつこです」と言われて。

えぇと・・ 知っているお名前だけど、どなただっけ?と、数秒固まってしまったのですが。

「水クリームの・・」と言われて、えーっ刑部先生

私、ちょうど買い物に出掛けるところで帽子を被っていたのですが、思わず、帽子を取りました

18日に紹介した、水クリームを扱っている刑部さんからの電話でした。

少々テンパりながらも、「あの、私、勝手に紹介してしまいましたが、よろしかったですか?」と申し出たら、電話の向こうでニコニコ笑っている様子。

実は最近、初めての方からの注文が続き、どなたの紹介だろうと思って尋ねると、私のブログを見て興味を持ったと答えられた方が複数いらっしゃったそう。

そして、ネットで調べて、電話下さったとのことでした。

一度お会いしただけなのに、刑部先生の声をこんなふうに聞くことができて、本当に嬉しかったです。

私のブログを見て、水クリームを注文されたみなさん、本当にありがとうございました\(^o^)/みなさんのお陰 です。

刑部先生は、気功教室の先生です。

ビーズ教室で知り合ったお客さんが、先生を定期的に岐阜に招いて教室を開催する中心メンバーで。7年くらい前、その教室に一度連れて行ってもらったことがありました。

先生とはそれきり、もう7年も前なので、先生は私を覚えてないでしょうが。

私は、先生の気功で20メートルも後ろに吹っ飛ばされて(参加者全員が1人ずつ吹っ飛ばされるもので、20m後ろには受け止める人がちゃんと待機している)、それはそれはもう、とっても楽しい 教室でした。

そのお客さんとは・・

8月に白雪ふきんを買った話を綴りましたが、私にそのふきんをくれた、Bさんでした。

Bさ~~ん、今回、刑部さんが私に電話するよう仕向けてくれたの、Bさんでしょ懐かしいBさんのコロコロした笑い声が、聞こえた気がしました。

電話で少し話しましたが、刑部先生は自分のブログで私のことを紹介して良いかと言われ、恐縮しましたが、これまた嬉しかった です。

 

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月24日 (月)

マーリンのネックレス・銀色ワイヤー

20日にもマーリンで作ったネックレスを紹介しましたが、今日紹介するのは、銀色ワイヤーを巻いたものです。

201110sin

銀色ワイヤーも、良いですね 。ちょうど良い比較にもなって、良かったです。

チェーンとのつなぎに使ったのは、プレナイトです。お客さんは、アンダラに光が当たると、キラキラしてとてもキレイだと。プレナイトも気に入って頂いて、良かったです 

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月23日 (日)

浅川さんの名古屋講演会③

昨日また、浅川さんの講演会に行ってきました。先月に引き続き、「人間死んだらどうなるの?」というテーマの2回目でした。

私は木、金、土曜と珍しく外出が続き、昨日は疲れがたまってましたが、眠らないようしっかり目を開け、メモも取って話を聞きました。

今回のシリーズは、浅川さんの著書「人間死んだらどうなるの?」の内容がベースになっているようです。

私はこの本は読んでいませんが、今回の話にだいぶ盛り込まれているみたい。昨日は、「とにかく、徳を積むように」を連発されていました。

昨日聞いた話で印象的だったのは、臨死体験をした女性の紹介でした。本に載っているかもしれませんが。

自家用飛行機も持っている、贅沢三昧だった奥様が臨死体験をした。

臨死体験では、お金を持っているのが何になるのかと、大きな気づきがあったようで、その後、ご主人には不満はなかったけれど離婚を申し出た。

その際、受け取ったお金は全て恵まれない人に寄付に回し、自分は病院で働き始め、亡くなった人の身体を洗うような誰もやりたがらない仕事をするようになった。

もっと上の、別の仕事を勧められても、自分はこの仕事で良いからと断ったそう。

そこまで彼女を変えるほど、臨死体験での気づき、体験は大きかったという話でした。

他にも似たエピソードを聞きましたけど、そういう女性もいるのだなぁと、これが一番印象的でした。あとは、不食(ふしょく)の話がとても面白かったです。

私が著者の講演会に行ったことあるのは、あとは越智啓子さんくらいです。

越智先生はいろんな仮装をしたり、面白い話で参加者を笑わせ、温かく励ます内容で、本と同じ印象を受けましたが、浅川さんはだいぶ違うな~と、いつも思います。

本に書いてある文章は、よそ行きみたいな、かしこまっている感じ。

実際に会う本人は、毒のある冗談をよくかますし、情熱的に怒りを表したかと思えば、ヒュッと肩の力が抜けるような面白い話をして、私達をしょっちゅう爆笑させます。

プチ自慢もたまにはあるけど、自虐っぽく話したり、困難の体験を話したりしてうまくバランスを取り、総合すると、自分に正直な謙虚なおっさんだなぁと言うのが、素直な感想です。

昨日は頭がボーッとしていて、こう思ったのかもしれないけれど。

今から綴るのは私の妄想ですが、浅川さんとは多分、いつやらの南米時代に会ってたのだろうなと思いました。毎回浅川さんを見ると、南米時代の長老の姿がダブって見えるので。

長老、という言葉が自然に出るくらいだから、当時私は若僧だったのだろう。19歳くらいでね。

当時はまだ、私も生意気盛りで、徳を積めと言われても、素直に聞き入れられなかっただろうな。素直に受け入れられない理由も、あったような気もするけど。

それでも、そこから長い時を経て、私もこの地球で生まれ変わりを繰り返し、経験を積み重ねてきた。

今回は日本で女性として生まれ、それなりに経験して、40代になった今では、浅川さんの話をすんなり聞くことができる。

こういうふうになれて、良かったな 。そう思いました。

それとね、多分、長老の話し方は、昔も今も同じなんだよな 。ワーッと情熱的に話すの、前もそうだったような気がします。

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月21日 (金)

ICカードのドレスステッカー

今日はお客さんからかわいいステッカーを頂いたので、披露します 。ICカードに貼る、ドレスステッカーです。

2011102101

ICカード定期の個人情報を隠したり、自分用カードとして楽しむものだそう。

こういうの、私は初めて知りましたが、ネットで調べたらかわいいキャラクターものがいろいろありました。

今後、ICカードは増えるだろうから、ドレスステッカーも増えそうですね。私はマナカを使っているので、それに貼ります

パンダがマトリョーシカの格好をして、とってもプリティ なので、欲しいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが。

実はこれ、上海土産なのです。キッチュ チャイナというブランドで、日本人の女の子2人が中国でデザイン・商品化し、現地販売しているそうです。

いや~~~、私は、このパンダ達のプリティさにも驚きましたが。

才能ある日本人女性が中国に渡り、そちらでカワイイ雑貨を生み出しているということに、軽くカルチャーショックを受けましたよ・・そういう時代なんですね。

 

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

プラーナ第3弾 )^o^(!

今日はちょいと隣りの県へ出掛け、お客さんとランチしました。

お客さんとは出会って7年くらいになるのかな。私のブログを楽しんで下さっていますが、プラーナに興味を持たれたそうで、今度会う機会があったら是非一緒に見たいと言われていました。

今日は曇り空でしたが、晴れている日でも空一面に雲が広がる天気でも、大丈夫です。

ショッピングセンターを出たところ、車も人もすぐそばで通る場所に立ち、曇り空と私達の間の空間をじっと眺めてみました。

まもなくして、パチパチはじけるプラーナが見えて来ると、お客さんも同じものが見えてきました 。ヤッホー 3回目の任務も、無事完了です。

お客さんは目を丸くし、とっても喜ばれて、私も嬉しかったですー。

「貧血で立ちくらみがすると、星みたいなのが飛ぶのが見える。それと似てるけど、全然違う

と言われるのを聞いて、確かにそうだと思いました。似てますけど、小さくハッキリした点々が、もっと生々しく光るふうです。

このプラーナというものは、何か動力エネルギーに変換でき、私達に役に立つこと(例えば電気や、私達の肉体の栄養)に無限に使えるだろうと、よく妄想しています。

実は、プラーナから電気に変換できる技術はすでに存在しているけれど、どこかから圧力がかかり、正式に表に出てないだけかも・・ とか。

引き続き、興味のある方がいたら、一緒に空や空間を見ようと思います。

見たいと思った人から、どんどん見えるようになりますように。
見える人が爆発的に増え、いずれは、見えるのが当たり前の世の中になりますように  

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月20日 (木)

マーリンのネックレス

以前、マーリン(黄緑がかったグリーンアンダラ)でイヤリングを作りましたが、それをご覧になった方より、ネックレスのご注文を頂きました。

201110miz

ブルーやグリーンがお好きとのことだったので、アンダラとチェーンのつなぎに青緑色のアマゾナイトを使いました。

アンダラのみずみずしいグリーン、大変気に入って頂いたようで、何より でした。 

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。 

 

Blogdecobanner7
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月19日 (水)

直感で選んだら

昨夜はドラゴンズが優勝したので、今日は近くのスーパーに行き、新しいキャリーバッグを優勝セールでお安く買うことができて、ラッキーでした

さて。私は普段、仕事も家事も順番をつけてこなしていますが、それ以外は直感センサーを働かせるようにしていて。

右に行きたくなれば右に行き、これはやめようと感じたら、そのようにしています。

ネットでいろんなサイトをクリックするのも同じですが、今日はある情報を知ることができ、パズルのピースが当てはまって。

それまでよくわからなかった絵がパァーッと見えてきた感じで。嬉しくもあったけど、やはりそうだったのねとようやくわかって、ホッとしましたです

こういうのも、導きがあってのことだと思う。
なんとなくクリックしたけれど、そうするよう導いて下さった方々に、感謝 です。

 

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月18日 (火)

水クリーム

私は通販はまぁまぁ好きでも、化粧品など肌につけるものは通販では買いたいとは思わないですが。

最近、あるサイトで紹介されていたクリームに興味がわいて、試しに買ってみました。

なんでも、12種類の鉱石を焼いて煮て、抽出した水で作ったクリームだそう。

見知らぬ会社だったら買わないですが、7年前に一度お会いしたことのある方の会社から出ており、私は今もその方を敬愛しており、商品も安心だと見て、買いました

潤いの絆 SHIZUKUという、クリームらしくない名前です。

2011101801

普通のクリームを想像していたら、ヤクルトジョアとビヒダスヨーグルトを足したような質感でした。乳液よりもサラサラして、水に近い感じです。

フタを開けると・・ あぁ懐かしい、おばあちゃんの部屋 。母方の、明治生まれのばあちゃんの部屋に入ると、これとよく似た匂いがしていました。

軟膏の「雪の元」と似てますけど、雪の元と言っても、知らない人が多いでしょうねー。

顔に初めてつけた時は、ジュワッと肌がクリームを吸い込む感じで、ちょっとビックリしたほど。

その後は肌がしっとり 、モチモチ柔らかくなったのを感じて、うほぉぉ~ 。少量でもよく伸びます。

乾燥肌の私には思いがけず、これからの季節の強い味方ができて、嬉しかったです。

使い始めて1週間くらいですけど、肌はしっとり、透明感が出てきた気がします。目尻の小ジワがちょっと落ち着いた気も

私もどちらかと言うと肌は頑丈ではないので、このクリームに興味がわきましたが、肌が弱い方にも良いようです。不思議なクリームでもあるみたいで、そっちも試したかったです

 

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月17日 (月)

アンダラ ルミネッセントグリーンのネックレス

201110zus

ホワイトに近い、薄いグリーンですが、ルミネッセントグリーンでネックレスを作りました。

お客さんからは、「つけた瞬間 胸のあたりがすーーーっと爽快になりました。ワイヤーも綺麗に巻いてあり とても美しいです」と連絡頂いて、嬉しかったです

ルミネッセントはいつものアンダラと違い、表面に独特な曇り感があります。

この間も綴りましたけど、撮影する時は光が内側にこもった感じになり、実物とはちょっと違う感じで撮れるのですが、それがルミネッセントの面白いところだなと、改めて思いました。

ところで、手元にあるアンダラでネックレスを作り、LOONY'S販売ページに出すつもりでしたが。

ここ数日でパタパタッと注文が入り、そちらに在庫を回したら、LOONY'S用がなくなりました。

LOONY'Sで見るのを楽しみにして下さっている方、いつもこんな調子ですみませんm(__)m。

だいぶ前にLOONY'Sで紹介して以来なので、今月こそはと思っていましたが・・ なんでかなー。

手元にあるアンダラにピッタリの注文が舞い込むのは、有り難いことなのですが。アンダラは個別に対応して、羽ばたかせるのが良いということなのかなぁ。

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月15日 (土)

街で会ったおじいちゃん

今日は金山のイピアルでビーズ教室でした。初めての方もいらっしゃって、教室は楽しく終了し、JRの駅で電車を待っていた時のこと。

私の目の前に、おじいちゃんが立っていました。年齢は80歳手前か。どこかに行った帰りらしく、お土産らしいまんじゅうの包みをぶら下げていました。

なにげなくおじいちゃんの首を見たら、艶のあるきれいな皮膚で、私もあと30年経てばこうなるのね、30年なんてきっとあっという間だろうなと、思いました。

電車に乗った時は、私は読みかけの本に夢中になり、おじいちゃんのことはすっかり忘れてたけど。

大曽根駅で降りたら、少し離れた先に、さっきのおじいちゃんが歩いていました。

私はそこから瀬戸線に乗り換えなので、キャリーバッグを持ち上げ、改札への階段を上りました。

教室に持っていく荷物は結構重くて、5キロはありそう。今日、キャリーバッグの調子が何だか変で、帰宅してから車輪部分を見たら、片方が削れて小さくなってました

重い荷物を運ぶから前から傷んでいたけれど、とうとうダメに。

駅構内でエレベーターがあっても、以前はなるべく階段を使ってましたけど、この頃は荷物が重たく感じるので、エレベーターを見つけると利用するようになりました。

瀬戸線の大曽根駅は、改札を通ると駅のホームへ上がるエレベーターがあり、見るとちょうどエレベーターが降りてきたところで、誰かが乗ろうとしてて。

私も一緒に乗ろうと思って小走りしたら、その人はさっきのおじいちゃんでした。あらまぁ。

扉が開いてエレベーターに乗り込むと、おじいちゃんは私に背を向けていたのが、くるりと私に向きを変え、

「こういうエレベーターやエスカレーターを見ると、いつも使っているよ。こういうのがないと、年寄りには大変でなぁ」

と笑顔で話しかけてくれました。

ウフフ。おじいちゃん、気づいてなかったと思うけど、私、金山駅から見てたの

「本当に、そうですよね。大変ですよね。私も、荷物が重い時は使っています」

そう答えて、駅のホームに到着すると、またおじいちゃんは向きを変えて右側へ歩き出し、私は左側へ行きました。

その後は、おじいちゃんとは会わなかったです。

おじいちゃんに娘がいたとしても、私よりもう少し上だろうな。

そういえば私、こんなふうに面識のないご長寿からたまに話しかけられるけど、娘に話しかけるような感じなのだろうな。

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月14日 (金)

個性を活かして

今日、アクセサリーを作りながらふと、(私達みんなが自分の個性を活かしながら、仕事できたら良いな)と思いました。

昨今は、大学を卒業しても就職先が決まらないことも多い超氷河期で、個性がどうとか、そんなのんきなことを言っていられないかもですが。

私も20代の頃は職を転々として、従業員数が数万人いる企業で派遣で働いたこともあれば、従業員数が3人の有限会社で3カ月働いたこともあります。

全ての経験が無駄ではなく、事務仕事もデパ地下の販売もみな、今の自分につながっているのを感じます。

向いてないと思える仕事でも、働いているうちは何か得るつもりで、一生懸命にやれば、きっと後で役に立ちます。

そう言う私も、後にアクセサリーの仕事で役に立つとは、その時は全く予想していなかったですが。

そもそも、個性って何でしょうね。例えば、子供の頃に好きだったことや得意だったことが、ヒントになるのではないかなぁ。

私は子供の頃、とってもおとなしくて、外で元気に遊ぶよりも、家の中で人形遊びをしたり、広告チラシの裏に絵を描いたり、手芸やお菓子作りが大好きでした。

店で文房具や雑貨など、じっくり見定め、クラスの誰も持っていない、ちょっと変わったナイスなデザインのものを見つけては、買って愛用するのも大好きでした。

お小遣いが限られていたから、真剣に選んだわけですが、そういう細かい所ですでに、ちょっと私はユニークでしたね。

子供の頃は特に意識していなかったけれど、私は色の組み合わせに興味が強かったようです。

今もよく覚えているけれど、小学5年くらいの頃に見たTV番組で、日本の女優(残念ながら、誰だったかは記憶にないです)がフランスを訪ねて。

現地の下着専門店に行き、そこの女性店員に、彼女のイメージに合いそうな下着を選んでもらうというのがありました。

しばらくして、濃い山吹色に黒い縁取りの下着が出てきて。彼女は(これが私のイメージ?似合うかしら?)と言いたそうな感じで、ちょっと小首を傾げていましたが。

田舎住まいの小学生にはとっても刺激的 その色使いは私の頭に、しっかりインプットされました。

今から8年くらい前、ガラスビーズでハートを編み、ビーズ教室でもストラップやネックレスを作ったりしましたが、その時一番好きだった色の組み合わせは、

2011101401

↑これです。小学生の頃にTVで見て、鮮明に覚えていた下着の色をヒントにしたものでした。

色を活かした仕事というのは、実にいろいろあるけれど、たまたま私は、アクセサリー作りで色合わせを楽しむようになったわけです。

この仕事をしていると、時々うらやましがられますが、誰でも子供だった時、特別好きだったものはあると思う。

それを自分のやり方で、今も楽しんだら良いと思うのです。

 

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月13日 (木)

正夢?

今日の午前中、本格的に昼寝してしまい、グッスリ数時間眠ったのですけど、その時夢を見ました。

夢の中で私は、パソコン画面を見ているのですが。

画面にいきなり花火のアニメーションが出て、パッパラパッパ~♪と楽しい音楽も流れたかと思うと、実はそれはウイルスに感染したサインで。

「このパソコンはクラッシュしました」みたいな案内が出て画面が真っ暗になると言う、まぁ、ドッキリ度の高い夢 でございました。

お陰で、そこで目が覚めました(-_-;)。

そんな夢を見たことは午後にはすっかり忘れてましたが、夜、カチャカチャ返信の文章を打ち、送信しようとしたら、なぜか送信できず・・

ん?と思い、ちょっと調べたら、電話もネットもつながっていないことがわかったのです 。我が家はひかり通信ですが、こんなことは初めてでした。

HPを自分で作っていると、ネット関連のトラブルは時々あって。

プロバイダーその他に電話して問い合わせしたのも1度や2度ではなく、いつもなんとかやってきましたけど。

基本的に私はパソコンは詳しくないので、こういうトラブルが起きるといつもドキドキします。

今回は、回線機器がいかんみたいだとわかりましたが、すでに時間が遅くて、電話するのは今日は無理。そのうち、夢を思い出して、

あの夢は・・ もしかして、正夢(@_@;)?

いやいや、ウイルス感染ではないぞと思いつつ、しばらくあたふたしましたが。

ふと思い立って、機器のコンセントを1度抜き、再度差し込んだら、なぜかそれで電話もネットも復旧しました。

んもぅ、思わず肩の力が抜けてヨロけましたけど、良かったです。はー、やれやれでした

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月11日 (火)

アンダラ ルミネッセントホワイトのご案内

先日美保子さんからアンダラを取り寄せた時、買う予定のなかったルミネッセントホワイトが同封されていて、そのまま私が買い上げることにしました。

ルミネッセントは通常のアンダラよりややお高いです。お客さんから希望があれば取り寄せますが、それ以外ではあまり手に入れないです。

アンダラを手にすると、手のひらで空中に浮かぶような感覚(変な言い方ですけど、他に言い回しが思いつかないです)がありますけど。

ルミネッセントは、その感覚がグッと増す感じがします。

光を当てて撮影すると、いつものアンダラは光を透過させるのに、ルミネッセントは光を内側に含み、自ら輝きを放っているように写ります。

目には見えなくとも、放つエネルギーはかなりあって、カメラではそれが写るような気もします。

かなりきれいに撮れますけど、実物の色目はもうちょっと地味です(って、かなり美人に撮れるけど、実際はそうでもないと言ってるみたいで、アンダラから指摘されそうですけど(^_^;))

2011101101

パキパキとクラックがたくさん入っています。重さ4.2グラムです。

2011101103

2011101102

高くなるけどゴールドフィルドのワイヤーとチェーンでネックレスにして、LOONY'Sで販売しようかなと考えていますが、興味のある方がいらっしゃったら、ご連絡下さい。

LOONY'Sで買い手が現れなかったら、私のものにしようかなと、秘かに考えています(*^.^*)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
<追記>
午前にこの記事を綴り、午後は出掛け、さっき(18:30すぎ)帰宅してパソコンを立ち上げたら、数人の方から、このルミネッセントが欲しいと連絡を頂いていました。

と言うことで、恐れ入りますが、ルミネッセントへのお問い合わせは締め切らせて頂きますm(__)m。

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月 8日 (土)

長渕剛のstay dream

いつもの場所にだんなさんが遊びに出掛けた午後、フッとテレビをつけ、NHKBSを見てみたら、SONGSの再放送がやっていました。

私はテレビはあまり見ないけれど、SONGSはたまに見ており、好きな番組です。再放送では、長渕剛が出ていました。

長渕剛と言うと、私が小学生の頃、いとこの姉さんが「長渕剛は良いよ 」と熱く語っていたのをよく覚えていますが。

私はあまり興味を持てず、たくさんあるヒット曲もサビ部分を聞き覚えているくらい。石野真子と結婚して離婚したこと、不倫騒動や大麻事件など、ワイドショーネタくらいしか知らなくて。

彼の生き方や考え方などはほとんど知らず、その再放送もたまたま見ただけだったのが・・

口蹄疫のため牛を殺処分した、宮崎県川南町の畜産農家を長渕剛が励まそうと訪ねたようで。

その牛たちを埋めた場所で歌っており、テロップに出る歌詞を見ながら聞いていたら、ググッと胸の奥をつかまれたような感じに。

その後、スタジオで改めて歌ったのが、stay dram でした。

すっかり夢中になって聞いていると、早口でしゃべるような歌は彼の奥底からの叫び、魂の歌そのもので。

私の魂に共鳴したのか、もーぅビックリしたのと、どこかへ連れて行かれたみたい になって、両目からゴーゴー涙がこぼれ落ちました・・

歌を聞いてビビーンと来たのは、綾戸智恵や秋元順子さん以来かも。

この人、ものすっごくつらい思いをしてきてたんだ。でなきゃ、こんな歌詞は書けないし、魂の叫びみたいには歌えない。

でも、そういう体験も乗り越えたからこそ、今は聞く側のハートをわしづかみできるまでになったんだろう。

その後、川南町を応援するラジオの公開番組の様子も放映されましたけど、

「俺が本当につらくて苦しくて、助けて!と助けを求めても知らんぷりされた時、本当に死にたいくらいだった。だから、俺は助けを求めている人を見ると、知らんぷりできないんだ」

そういう内容をしゃべっているのを見て、彼の原動力を知ってジーンと来て、またまた涙が。

さっきネットで彼の過去をちょろっと見ましたが、何があったか知らないけれど、強烈な劣等感があったのかな。

こういう人生の山や谷を越えると決め、生まれてきたのだろうとも、思いました。

13日の夜は再び長渕剛がSONGSに出るそうで、東日本大震災を支援する様子を紹介するようです。

我が家では夜、テレビはだんなさんに占領されるので、見られたら良いのだけどな。SONGSを見るよう、だんなさんに念じてみます

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月 6日 (木)

朝の祈り

毎朝、洗濯物を干そうとベランダに出ると、太陽に向かって挨拶し、短い時間ですが祈りを送っています。

その時間、夏は太陽の位置がずれてベランダに日が差し込まないので、この夏はうっかり忘れることも多かったのですが・・

今朝は昨日から続いた雨が上がったけれど、雲はまだ広く残り、太陽は出ていないものの、あちこちで青空が少し見えていました。

いつもの位置に立って手を合わせて挨拶し、目を閉じると、

「今日も一日、私達が気づき、学び、成長のある一日でありますように」

と祈ったのですが、直後に鳥が数羽、けたたましく鳴きながら飛ぶ様子がそばで聞こえ、まぶしい日光がパーッと射して、全身が温かくなりました。

偶然かもしれないけれど、毎日同じように行っていても、鳥が鳴くのを聞くのはめったにないこと。

太陽もタイミングが良すぎで・・。なんだか、いつも聞いているので忘れないようにと、誰かから言われたみたいでした。

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月 5日 (水)

素晴らしい才能☆

あたくしは落ち着いているように見られますけど、実際は結構、ドジです。

ビーズ教室のお客さんの前でも細かいドジをよく披露してますが、家ではしょっちゅう、1人ボケては突っ込んでます

この間は台所洗剤が欲しくて、メモ紙に「洗剤」とだけ書いて買い物に行ったら、洗濯洗剤を買ってしまい、帰宅してからそれに気づいて、軽くショックでした。

今日は今日で、はちみつを買ったのですが(毎朝トーストに塗って食べるのが好きで、だんなさんはヨーグルトにかけるのが好き)、保管場所の扉を開けたら、はちみつがすでにあってビックリ。

随分前に買っていたのに、すっかり忘れていました 。しばらく前は、金色ワイヤーが欲しかったのに、銀色ワイヤーを買ったし・・ 

保存がきくからいいけれど、切り昆布やかつおパックを余分に買うこともしばしば。忘れないようメモすれば、どこにメモしたか思い出せないし。

まぁでも。これも、素晴らしい才能ですからっ。

真面目そうな私がおっちょこちょいな様子を披露するとみんな楽しそうに笑ってくれるし、嫌なことも一晩眠れば、大抵きれいさっぱり忘れます

これからもきっと、開花し続ける素晴らしい才能。けど、あまり開花しないで欲しいのが、正直な気持ちです (^_^;) 。

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月 3日 (月)

日本の神様カード・みなさまに二枚

土日は教室だったので、今日はのんびり過ごしました

夕方から夜にかけ、日本の神様カードでお客さんにカードリーディングを行っては、その内容をメールで報告していました。

あるお客さんに出たカードの神様は、理由があってお客さんの胸に響き、あとからそのことを教わって、その内容に心地良い鳥肌が立ったり。

別のお客さんにカードを引いた時は、前のお客さんに出たのと同じカードが出て、シャッフル回数が少なかったのがいけなかったか?と思い。

再度よくシャッフルしたけれど、やっぱり同じカードが出たり。日本の神様カードは、小さなミラクル続き です。

今、このブログを読まれているみなさんにもカードを引きました。1枚のつもりが、2枚になりました。

日本の神様カードは48枚ありますが、女神とわかるものは12枚で少ないけれど、今回引いたのは2枚とも女性の神様でした。

一枚目は、とようけびめのかみ。天照大神の食事を司る神様です。

19

身体にどんなものを取り入れていますか。食べ物だけでなく、心に入るものも指します。何を見て、どう味わっているか、日頃の自分の様子を振り返ってみて下さい。

心と身体が喜ぶものを取り入れるようにしましょうと、とようけびめのかみは伝えています。

2枚目は、かやのひめのかみ。山の神様、大山津見神の奥様です。

日本神話に詳しい方には、いわながひめと、このはなさくやひめの母神であると伝えると、イメージしやすいかもしれないですね。

14

かやのひめのかみは、草花や木の生命エネルギーそのもの。命をはぐくみ、循環させる営みの中に、私達もいます。

私達は今、何色の糸で、どんな布を織り上げているでしょうか。

私達の中の女性らしさ、優美さを大切にし、身近なところで発揮していきましょう。

手の込んだものでなくて良いので、美味しい手料理をふるまい、家族や大好きな人達と語らい、心と身体の栄養にして、明日への活力にしましょう

日々の暮らしでささやかな幸せを幸せと感じる、その積み重ねが、将来の幸運にもつながります。

また、女性らしさを発揮できる自分を、いっぱいほめて下さいね。人を愛するにはまず、自分を愛することが何よりも大切です。

 

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

2011年10月 1日 (土)

プラーナ第2弾(^_-)-☆!

先月、お客さん2人と一緒に空を見上げていたら、2人ともプラーナが見えるようになった話を綴りましたが。

これを読まれたビーズ教室のお客さんも見てみたいと連絡下さったので、じゃ、今度教室が終わったら一緒に見てみましょう (^O^)/と約束していました。

で、今日がその教室の日でした。お客さんと一緒にランチして外に出ると、そこは車や歩行者が多くて落ち着かない通りなので、静かな住宅地にちょっと入りました。

そして、白っぽい外壁のマンション手前に立ち、私達の立っている場所からその外壁の間の空間を見つめてみることに。

こうすると見えやすいのを、ふと思い出したのです。

パチパチ点滅しているプラーナが見えてくると、お客さんもほぼ同時に見えてきて、ヤッホーー

お客さんはとても喜ばれ 、その様子を見て私も嬉しかった です。

その様子を確認し合ってわかったことは、お客さんは今までも見ていていたかもしれないと。そう聞いて、あぁなるほどねと思いました。

私も20歳の頃にはハッキリ見えていたけれど、当時はプラーナという言葉も知らなかったし、何か目の錯覚だと思い込み、あまり気にしないようにしていたのです。

ムフフッ 誰かと共有できるのは、楽しくて幸せですね これからも希望される方がいたら、一緒に空や空間を見ようと思います

見たいと思った人から、どんどん見えるようになりますように。
見える人が爆発的に増え、いずれは、見えるのが当たり前の世の中になりますように

さて、その後。

いつもは立ち寄らない、そこからすぐそばの雑貨屋に行こうと、急に思い立ちました。

直感のままその雑貨屋に入ると、帆布の小さいショルダーバッグを見つけて軽くビックリ、おぉっ、私、ちょうどこういうのが欲しかったのです。

作りはしっかりしてなかなかオシャレ、見た目の割にお安くてピッタリ予算内 だったので、すぐ買いました。

その雑貨屋のすぐそばには、絵画を扱ってるらしい店があり、前から気になっていたので、思い切って入ってみると・・・ 

今から20年近く前、素敵な水彩画だなぁと気に入って買ったことのあるポストカードが、たくさんあるではないですかんまー、ビックリ

ちょうどポストカードが欲しかったところで、美しい水彩画に再会もでき、とても嬉しかったです。

ポストカードは、イラストレーターのSHINYA UCHIDAさんによるものです。

話ついでに店主さんとは会話がはずみ・・ 詳しくは省きますが、今度、店主さんがビーズ教室に来られることになりました(*^_^*)。

ニャハハハッ こんな嬉しいこと続きの1日もあるのねぇと思いましたが、きっと、お客さんと一緒にプラーナを見たことへの、天からのプレゼント だと思いました

 

Blogdecobanner6
いつもありがとうございます。応援クリックお願いします。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »