« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

クリスマスリース教室

年に一度、何か教室に参加するようにしています。手作りが好きなのと、他教室に興味があるのと、教わる側を体験したいからです

教える側と教わる側は全然違うので、たまに経験すると、すごく良い刺激になります。

前からずーっと、ハナイロさんの教室に参加したいなぁと思ってましたが、今年ようやく、クリスマスリース教室に参加することにしました。

予備知識も何もなく行きましたけど、とーっても面白かった です。

巻きつけたり留めつけたりする作業でしたが、アクセサリー制作とは材料が全然違い、何もかもが新鮮 でした。

途中、留めつけた松ぼっくりの位置がちょっと変に感じ、どうしたものか?と思っていたら。

ハナイロ先生がリースごと上下をひっくり返すと、あーら不思議なことに、それでバッチリ良くなりました・・

2011112901

個人的はもう、大満足 の出来栄えです

市販のリースは買いたいものに巡り会えず、今まで飾っていなかったですが、早速、玄関ドアに飾りました。ハナイロさん、今日はありがとうございました(^O^)/

 

 

Blogdecobanner6
今日はリースで、脳リフレッシュ☆
よろしければ、応援クリックお願いします。

2011年11月28日 (月)

ベンジャミン・フルフォードさん講演会

土曜は浅川さんの講演会に行き、昨日はベンジャミン・フルフォードさんの講演会に行きました。2日連続で講演会に行くなんて、初めてでした。

フルフォードさんを知らない方もいると思うので、ざっと書くと・・

彼曰く、この世界には表と裏があり、『表』には政治家や大手マスコミの情報、経済金融データなどがあるが、『裏』には世界の政府を操作する黒幕がいて。

この黒幕の動きによって表の世界の出来事の多くが決まっていると。いわゆる、陰謀論を説いているジャーナリストです。

随分前から、彼がその情報をネット上や東京の講演会で発信しているのは知ってましたが、東京まではなかなか行けないので。

何年か前、私は講演会を撮ったDVDを買ったことがありました。

彼はカナダ出身で日本語は話しますけど、お世辞にも日本語はあまり上手いとは言えず。

DVDを見ても、説明がはしょられていたり、すぐ別の話題に移って、よくわからなかったな?が、正直な感想でした。

それでも、機会があれば一度講演会に行ってみたいとずーっと思っており、今回は友人から話を聞き付け、行ってみることにしました。

さて、だんなさんには、どうやって説明したら良いかな?と思ってましたが。

数週間前、やしきたかじんの「そこまで言って委員会」にフルフォードさんが出演したのをたまたま録画してあり、だんなさんがそれを見ていた時、

「私、今度この人の講演会に行くんだ」と言ったら、「えっ、そうなの 」と、鳩が豆鉄砲を喰らったようにビックリした顔をしつつも。

テレビに出ているので安心したらしく(?)、笑顔で送り出してくれて良かったです 。ナイスタイミングの偶然に、感謝 です。

それでですね。

講演会の内容は一応メモに取りましたけど、やはり、話が中途半端なうちに別の話題に移ることが多いのと。

一度聞いただけでは信じられない&確認しようにもその術がない、ワールドワイドな内容に、追いつくのでいっぱいいっぱいでした。

911のテロはアメリカの自作自演。過去数年間に世界各地で起きた巨大地震も、3月11日の東日本大震災も人工的に引き起こされたという話は、真実だろうと私は思っていますが。

フルフォードさんも、数年前までは人工地震の類は全く意に介してなかったけれど、調べていくうちに確信したそうです。

彼は、しばらく前から様々なところから命を狙われるようになり、ある国に守ってもらうことにしたら、その国から様々な秘密情報を知らされた話は、目が点になりつつも興味深かったです。

現在のお金の仕組みを作った集団達の悪行が、全て白日の下にさらされたら。

海水を真水にする技術やエネルギー関連技術など、現在は圧力を受けて公にされていない技術が表に出て、環境破壊も貧困問題も解決されると。

その日はそれほど遠くはないと、最後にはそう語って終わりましたが。

「そこまで言って委員会」に出ていた時も、彼は髪と髭がぼぅぼぅでしたが、昨日もそういう風貌でした。

危険な目に遭いながらも、こうして講演会や、何かの機会で話し続けるのって・・ 私は、彼が落ち着いて床屋に行ける日が来たら良いと思いました。

最後の質疑応答の時間では手を挙げ、

「フルフォードさんが、たかじんのそこまで言って委員会に出演したのを見ましたが、いつになったら・・ いつになったら、あの震災は人工だったと、みんなが捉えるようになるでしょうか」

と質問したら、具体的に「いつ」と特定しなかったけれど、↑上に綴ったような内容を丁寧に話してくれました。

講演会終了後、写真撮影に応じてくれるとのことで、私も撮ってもらいました。

2011112801

私が1歩後ろに下がっていたので、フルフォードさんがえらく大きく写ってしまいました 。残念ながら、ちょいとピンぼけました。

ニュースなど、世の中の動きを見ていると、何かおかしいなと思う。

報道されるニュースも、視聴者の不安を妙にあおってばっかりだし、客観的に見てB級なニュースがなぜか大きく扱われたりして、変だと思うことが少なくないです。

好奇心旺盛な私は、真実を知りたいです。

あの大震災は、実はうちの者がやりましたと、アメリカが発表するのはだいぶ先なのかしら。私は生きているうちに、自分の目で見て、耳で聞きたいです。

 

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
この記事が興味深いと思われたら、応援クリックお願いします。

2011年11月27日 (日)

プラーナ第4弾 (^v^)!

昨日の浅川さん講演会は、お客さんと一緒でしたが、プラーナを是非見たいと言われていたので、見てみることにしました。

昨日はよく晴れた青空でした。栄に向かう電車を待つ間、空を見上げたら、パチパチパチと点滅しているのが見えたので、よっしゃーと思っていました。

お客さんとは、講演会会場そばで待ち合わせしており、会場に入る前に見てみましょうと提案し、

「ほら、こうして青空を見上げると」と言いながら、空を見上げると・・ なんとそこには、真っ白なベルが飛んでました

高いビルとビルの間、ちょうど私達の真上でした。プラーナを見るはずが、ベルが見えてビックリしましたけど。

こんなふうにパッと見上げた所に飛んでいたり、飛行機みたいに見えますけど、吐く煙は飛行機雲として残らないのですよと説明できて、良かったです。

その後、プラーナを意識するとすぐに見えてきました。お客さんも、同時に見えてきたそうです。こういうのは初めて見たと、とても嬉しそうな様子で、私も嬉しかった です。

プラーナを見てみたいと思われた方は、遠慮なくご連絡下さいね。機会を作って、是非一緒に見ましょう

プラーナを見たいと思った人から、どんどん見えるようになりますように。
見える人が爆発的に増え、いずれは、見えるのが当たり前の世の中になりますように

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
この記事が面白い!と思われたら、応援クリックお願いします。

2011年11月26日 (土)

浅川さんの名古屋講演会④

先月に引き続き、今日も浅川さんの講演会に行ってきました。9月から3回シリーズで続いた講演会、今月で終了です。

「人間死んだらどうなるの?」というテーマでしたが、いつも、ここ1カ月で印象的だったことを1時間くらい話し、それから一応テーマの内容に移りますが。

時折小さく脱線して別の話が広がったり、しばらく前に同じ話を聞いたな (^_^;)? と気づく時もありますけど。

ごくたまに、「おっ」と思う話が出たりします。講演会に来た方への、内緒話みたいなものでしょう。

今日面白いなと思ったのは、脱線した時に聞いた「お化け仏」の話でした。

浅川さんの龍蛇族の本に和宏少年が出てきますが、その少年のお母さんから聞いた話だそうです。

沖縄のユタさんなどで、あまり有名になることなく亡くなり、自分はもっと注目されたかったという執着の強い霊ちゃんが、自分を受け入れてくれそうな人を探し出し。

自分の言うことを信じてもらえるように、その人の前では仏の姿になって、現れることがあるのだとか。

うそんこ仏でも、初めは信頼できることを言うけれど、いずれ化けの皮が剥がれてばれるのだと。

そういう「お化け仏」が今はとっても多いんだよと、和宏少年が語っていたという話でした。

今日、しみじみ思ったのは・・ 

この講演会に出席するみなさんは、私より幾分目上の方が多く、パッと見た感じは、常識人で、親切で優しくて、どちらかと言うと地味な方が多くて(もちろん、そうじゃない方もいますが)、おとなしい方が多い印象があります。

私みたいにブログに綴る方も、あまりいらっしゃらない気がします。それに対して、浅川さんは言いたいことをハッキリ言うので、対極的だなと。

浅川さんのように、何度も遺跡探検に海外へ出掛け、見聞を広げ、確信したことを臆することなく堂々と発信する人は、そうそういないと思う。

そうしたいと思っても、なかなか難しいこと。それをやってのける浅川さんは、講演会に来る人達の希望の星 かもしれないなと。

浅川さん自身は、私達も勇気を持って発信していって欲しいと、強く望んでおられました。

それにしても今日は、浅川さんはややお疲れの様子だったので、あまり無理しないで頂きたいと思いました。

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
この記事が面白い!と思われたら、応援クリックお願いします。

2011年11月25日 (金)

今夜の夕食

一昨日の祝日、用事があって実家に行ったら、母親が作った野菜や、地元の農家さんが野菜を持ち寄る朝市で買った野菜など、どっさりもたせてくれました。

私は手先は器用な方だと思いますけど・・ 料理は、あまり得意でないです(^_^;)。

今回、大きな山芋をもらいましたが、実は私は、長芋はよく買うけれど、山芋で料理をしたことがなかったです。そこで、ネット検索し、料理レシピを見つけました。

昨夜、新聞に包まれた大根を開けたら葉がついていたので、葉を切り落として水につけておいたら、あっという間に水を吸い上げ、シャキシャキに

おかんが作った大根だけど、新鮮だから吸い上げたのかしら?

2011112501

山芋はすりおろし、豆腐を少しと、桜エビ、ネギを混ぜてお好み焼きふうに焼き、大根の葉は混ぜご飯とみそ汁に入れました。

混ぜご飯もネットで見つけたレシピで作り、秋鮭、銀杏、しめじ、ひじき、人参が入ってます。

銀杏は、この間下呂に行った時、道の駅で買ったもの。勢いで買ってしまったけれど、実は、初めて買いました(^_^;)。

この年になって初めて、銀杏の殻を割る時のニオイを知りました・・☆彡でも、硬い殻や薄皮をむく手間のお陰か、食べる時には美味しく感じますねー。

2011112502

個人的には、新しい混ぜご飯と初めての山芋焼きを作って、大満足 です。おかん作のレタスも、とてもシャキシャキ でした。美味しくできて、良かったです。

大して難しくない料理ですが、山芋をすり下ろすのに手こずり、久しぶりに新しいメニューに挑戦したので、脳には良い刺激でした。

 

Blogdecobanner6
新しい料理で、脳リフレッシュ?
よろしければ、応援クリックお願いします。

2011年11月23日 (水)

今日も444♪

今日も車を運転していて、ふと目の前の車のナンバーを見たら、8444でした 。トヨタのシルバーっぽい車でした。

2011年11月22日 (火)

444♪

44や444の数字をよく見ると時々綴ってますけど、ここ半年はほとんど毎日、見ています。

私の目がその数字を追いかけているわけでなく、向こうから目に飛び込んでくる感じです。

2日前、路駐している黒い軽自動車のナンバーをなにげに見たら、確か8444でした。

極真会館(空手ですね)のステッカーが貼られてたから、エンジェルナンバーと言うよりは、ゲン担ぎかな?と思いました。

今日は車を運転していて、ふと目の前の車のナンバーを見たら、4440で。

その後、買い物をして560円だったところに5,000円札を出したら、おつりが4,440円でした。

5,000円札しかなかったからそれを出したけど、レシートを見て苦笑しました

このブログのアクセス解析(ブログ管理者が見られるページ)を見ると、どういうわけか、44という数字をしょっちゅう見ます。

ドリーン・バーチューさんの本、エンジェル・ナンバーズによると、44や444の数字の並びは

「今、たくさんの天使があなたを囲んでおり、愛と助けがある助けがある。心配しないように」といった内容です。

毎日、何回もその数字を目にしていると、見させられてるなぁとしみじみ思います。後ろの皆さま方のイタズラ(?)に、いつも楽しませてもらっています

 

 

Blogdecobanner6
みなさんも、なぜか44や444ばかり目に入りますように☆彡
よろしければ、応援クリックお願いします。

末永く幸せに

遠くに住んでいて、なかなか会えないけれど、あなたのことは、いつも頭のどこかで気にしている
そのあなたから、とても嬉しい知らせを聞いた

うわぉ、本当!?やったー、やったねー!!幸せいっぱいの、あなたのメール
あなたのはじける笑顔が、見える気がする おめでとう 本当に、良かったね

多分私は、あなたと似たところがあって、あなたのことを応援したくなるのだと思う

時にへこむあなたを、ポツポツとつらい気持ちを話してくれるあなたを、思いつく言葉を出して、励ましてきた
しばらく連絡のない時は、元気でいるかなと、ふと思ったりした

最近、フッと思い出した あなたと私はかつて、広い広い草原を、それぞれ馬に乗って駆けていた
そんな時代も、あったと思う

つらい思いや、苦しい気持ちを、他の人より多く味わってきたのだから、
今、あなたの手と胸にある幸せを、存分に楽しんで下さい

あなたが末永く幸せでありますように 心から、祈っています

 

 

Blogdecobanner6
あなたの幸せが、波紋のように周りへ響きますように!
よろしければ、応援クリックお願いします。

2011年11月20日 (日)

素敵な人たち

昨日も今日もよく眠りましたが、グッスリ眠れるのは幸せだなと、思います

さて。日本シリーズは惜しくも中日は負けましたが、ソフトバンクも悲願の優勝だったことでしょう。

私は野球はよくわからないけれど、落合監督の元、中日はリーグ優勝したり、クライマックスや日本シリーズも、その度に地元は盛り上がり、楽しませてもらいました。

今季で監督をやめられるのが残念ですが、落合監督、今まで本当にありがとう

中日を応援しつつもあたくしは、ソフトバンクの川崎がカッコいいな と思って観戦してました

私、子供の時から、芸能人やスポーツ選手など誰かのファンになることはあまりなかったです。

誰かのファンクラブに入るとか、プロスポーツの応援に行くとか、熱中している人を見ると、熱中できるものがあって良いな~と、いつも思っていました。

あと、先週良いなと思ったのは、ブータン国王夫妻でした。

ハンサムなワンチュク国王に美しいジェツン王妃は、本当にお似合いのカップル で、お二人とも爽やかで清々しかった

国王は心根が優しく、温かい人柄がTV画面からも伝わって来ました。被災地で子供達に語りかける様子を見ていたら、ちょっと涙が 出てきました。

若いうちから背負うものが大きくて、大変だと思いますが、どうぞ今のまま輝き続けて頂きたいです。

昨日は、竹を割ったような素敵な人と話をする機会があり、胸がスーーーーッキリ しましたが、またそのうちに綴ろうと思います。

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2011年11月17日 (木)

とても眠いこの頃

昨日は夢の話で、今日も睡眠ネタですが。あたくし・・ 夜は遅い時間に寝ることが多く、昼間によく昼寝しています。

目覚まし時計はかけないで眠り、大体90分(睡眠1サイクル)でパッと目が覚めるのが、このところは、180分(3時間!)もグッスリ眠ることが多いです。

このところ、毎日とても眠いです。熊みたいに、冬眠することはないと思いますが・・

もう、強制的に寝させられているみたいな感じ(@_@)?眠気に勝てず、布団と共に横になっているふうです。

時間を見つけては、眠っていますが、私、寝ている間に何をしてるんだろう?と、たまに思います。

夢は見ているようだけど、全く覚えてないです。昨日の夢は覚えていられたのが、本当に珍しかったです。

もしもどなたか、夢の世界で、私を見掛けることがあったら、私が何をしていたか、教えて下さいますか。是非・・ よろしくお願いします

 

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
今日は大した記事ではないですが、よろしければ応援クリックお願いします。

2011年11月16日 (水)

長い夢

少し前に本棚の整理をして、以前読んで気に入った本を読み返しています。

リズ・ブルボー著の「<からだ>の声を聞きなさい」や、越智啓子先生の「人生のしくみ」は、どちらも6年前に初めて読み、感動してその後何度も読んだけれど。

久しぶりに読むと、すっかり忘れていた文章がジーンと胸に響いたりして、面白いなぁと思います。

特に「人生のしくみ」の方は何度も読んできたのに、今までとは全く違う印象を受け、ちょっと驚いたほどでした。

色で例えるなら、今までの印象が「ラメの入ったきれいな水色 」とすると、今回は「品のある、落ち着いた紺色」な感じで、まるで別の本を読んでる?気がしたほどでした。

以前は、内容がとにかく面白くて、読み返してはフフッと笑っていたと思うけれど。

今回初めて、(この本を書いた当時、啓子先生は書いていることとは裏腹に、心で泣くことが多かったんだろうな・・)と、そんなふうに思いました。

先週末から読み始め、昨日でほぼ読み終えたのですけど、いろいろ胸で感じるものがあり、心の中で強く決意したこともありました。

その影響かも?と思うのですが、今日、午前中に昼寝をしたら、不思議な夢を見ました。

最近は夢を見ても、目が覚めると内容をすっかり忘れてしまうのに、久しぶりにしっかり内容を覚えていられました。

20年くらい前にいろいろあって気まずくなり、今では音信不通の友人が出てきたり、同じ頃に職場で結婚した夫妻が出てきて今の状況を教えてくれたり。

現実世界では会ったことのない人もたくさん出てきたけど、私がある選択を迫られて片方を選ぶと、そちらのメンバー達と合流し、仙台から帰ろうとするという、まぁ、はたから見るとハチャメチャな内容 でした。

それでもね。

複雑&込み入った話なので、詳しくは書かないですけど。夢から覚めるとすぐ、潜在意識を引っかき回したような夢だったなぁ・・ と思いました。

ハチャメチャながらも、私には大事な選択の夢だったなぁと。毒でも盛られて今まで長い夢を見ていたのが、ようやく目が覚めたような、そんな感じもしました

午後は頭がボーッとして、仕事にならなかったですが、近所に買い物に出た時、目に入るものがクリアーによく見え、生き生きしている のを感じて、わぁー・・ と嬉しかったです

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
この記事が面白い!と思われたら、応援クリックお願いします。

2011年11月13日 (日)

多治見にて

今日は多治見でビーズ教室でした。ここへはいつも車で向かいます。

9月の台風でいつも通る愛岐道路が何か所か土砂崩れし、先月は通行止めだったけど、今月はようやく通れました。

多治見へ教室に行くようになった頃は、山と川に挟まれ、カーブの多いこの道を運転するのがちょっと怖かったけれど。

今では深い緑に囲まれたこの道を通るのが大好き になりました 。今日は空も穏やかに晴れ、気持ち良かったです。

今年はまだ寒くないので、残念ながら紅葉はまだでした。

土日は市役所の駐車場が無料開放されるので、そこに車を停め、たじみ創造館まで3分くらい歩きます。

たじみ創造館の隣りは交番ですが、今朝交番の前を通ったら、初めて警察官とすれ違いました。

向こうから「おはようございます」と挨拶してくれたので、私も「おはようございます」と返したら、なんだか嬉しくて、胸がパァーッと温かくなりました

そのままたじみ創造館に行くと、店舗(陶器類の他、いろんな店がテナントで入ってます)の方が入口にいたので、私から「おはようございます」と挨拶しました。

店舗の方とすれ違うのは、少ないです。教室をやり始めた頃は、すれ違っても挨拶してなかったけれど、ある時、店舗の方から挨拶されてハッとして。

それ以降は面識がなくても、自分から挨拶するようにしました。会社勤めを辞めて久しいので、こういう朝の挨拶は新鮮で、やっぱり気持ち良いです。

月に一度しか行かないけれど、多治見の土地にはいつも温かく迎えてもらっているな と、朝からしみじみ嬉しかったです。

教室はいつもと同じくなごやかに終了し、良かったです。年内は、多治見はこれで最後です。

帰り道、駐車場へ歩いていると、観光らしい人をちらほら見掛けました。素敵なお店の並ぶオリベストリートや、昔ながらの町並みに、もう少し多くの人達が歩くと良いね。

オリベストリートには、独特のエネルギー感を感じます。昔、相当なにぎわいがあった感じ。実際、かつては陶器関係で多くの人や物が動いたと聞いています。

当時を生きた人達の息吹がまだ、そこかしこの空間に残っている気がします。あとね、土岐川が良いなぁと、いつも思います。

駐車場では車に荷物を載せようとした時、フッと上を見上げると、そばの樹木の葉っぱ達が目に入りました。

風が優しく通り抜け、葉っぱ達がさやさや揺れるのを見て、あぁそうか、私のこと見てくれていたのねと、急にそんな思いが湧きました。

私、写真を撮ったり、時々話しかけてたもんね。

多治見の土地神様。いつも素敵な時間を過ごさせて頂き、本当にありがとうございます。どうか来年もその先も、ここに来られますように

来年もその先も、私がここにいるのを一瞬ギュッとイメージしながら、少し先の時空へ思いを投げときました

一瞬ギュッと」肯定的な強いイメージで思いを送るの、願いを叶えるコツ です。

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
この記事が面白い!と思われたら、応援クリックお願いします。

2011年11月11日 (金)

「あの世に聞いた、この世の仕組み」を再読♪

9月に読んだ「あの世に聞いた、この世の仕組み」をまた読みました。

大体私は、面白い本を読むとその面白さに夢中になって、中身は大して頭に残りません 。今回読み直したら、こんなこと書いてあったっけ?と何度も思ったほどでした。

望みを叶える、欲しい現実を引き寄せる大事なコツとか。私達の誰もが持っている「思い癖」とはどんなものか。

『私は、誰にも愛されない』という思い癖のあるAさんの例え話はベリーグッド、それがエスカレートした時の話は、似たような経験が誰にでもありそうだし。

うつの話は、著者の実体験が元になっているだけあって、わかりやすい。体は三次元にあるけど、心(魂)は複数の次元を同時に生きている話も。

人は誰でも『幸福とは○○だ』という仮説を立て、自分の人生で検証しているが、どんな方法で検証しているかがその人の個性になるという話も。

モーセの十戒の解釈には、へぇ~と感心したり。「幸福とは、その『才能』に比例する」話には思わずうなり、何度も読み返した。

自分が関心(情熱)を寄せたものに対して、その関心の大きさに比例した能力を開花させる話は、ベリベリグー。

真理を理解していない人=よっぱらい、の例え話も良かった。にわか精神世界・エセ宗教のたぐいについては、よくそこまで書いてくれたと思った。

自我(エゴ)の厚い壁の内側にあるのは、空(くう)であるということも。映画「マトリックス」はほぼ「実話」だという解説は、やはりそうだったのねと思った。

面白い本なので、まだ読んでいない人は、この本を手に取る機会が訪れますように

 

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2011年11月10日 (木)

蜂チャーム

2011111001

以前、蜂チャームを紹介したら評判が良かったので、また少し手に入れました。蜂の巣に小さい蜂がぶら下がっています。

また何か作り、LOONY'Sで販売しようと思っていますが、ストラップにして欲しいなど希望のある方がいらっしゃったら、ご連絡下さい。

西洋では、幸せを運ぶとされるモチーフを小さなチャームにし、お守りとして身につける習慣があるそうで、様々な種類があります。

「ミツバチは西欧では神様の使者とされる。家族と共に巣を作ることから、繁栄や幸せのシンボル、また蜂蜜を蓄えるのは金運上昇の象徴といういわれもある」そうですagete サイトより)

蜂の巣って・・ 安定した六角形の様子が、なんだか金運を連想させると思いませんか

 

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2011年11月 9日 (水)

グリーンアンダラのチョーカー

201111tou

銀メッキワイヤーをグリーンアンダラに巻きました。他色の革ヒモに取り替えて通せるよう、輪の部分を大きくしてあります。

実物を受け取ったお客さんからは、

手に取ったらカーッと胸から上が熱くなったみたいでした・・・ 鈍感な私が感じるぐらいなので強いのでしょうね~ 付けていると目がシュパシュパして眠たくなってきます・・・

とのご感想を頂きました。アンダラを手にしたら熱く感じたというのは、一番多いご感想です。

・アンダラが熱かったので、ビックリした ・身体が熱くなった どちらもです。

眠くなると言うのも、時々お聞きします。眠い時は何かしらエネルギーの調整が起きているので、早めに寝て下さい

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2011年11月 7日 (月)

小さなことを楽しんで

先週下呂温泉に行った話を綴りましたが、実は、だんなさんの会社の後輩夫婦も同じ日程で下呂温泉に行くのを直前に知り、すごい偶然だねぇとビックリしましたが。

現地ですれ違ったら面白いね と思い、行く車中で私はだんなさんに後輩についていろいろ質問して、盛り上がっとりました

結局、すれ違うことはなかったのですけど、後輩夫婦が泊るホテルの下を車で通った時や、散策しながらホテルそばの店に入った時も、そこらにいないかキョロキョロ探してて。

昨日まで連休だったので、だんなさんはその後輩と今日会い、温泉はどうだったか聞いたそうで、ざっと私に話してくれたのですが。

どーも、若い二人には、下呂温泉は地味だったようで?私達ほど楽しまなかったみたいだったと。確かにまぁ、特別楽しいところではないけど。

私達夫婦には良い旅で、帰り道でも今日でも、リラックスできて本当に良かったねぇと何度も話していたので、この差は何だろうな?と考えてみると・・

行きの道の駅で、新鮮で安い野菜を買うことができ&美味しいランチで私はすっかりハイテンション になり。

だんなさんも私につられて楽しくなり 、合掌村の影絵劇は、響きどころは違ったけれど、私達それぞれ感慨深かったり。

合掌村では池に鯉が泳いでおり、エサを1袋買って鯉にエサを投げていると、えらく食い付きが良くて、大きな口をパクパク開く鯉の顔が面白かったり。

一緒に飼われている鴨も泳いできて、同じエサを鯉より食べようとするのが憎らしく。

向こうへエサを数粒投げて鴨を追いやっては、足元にたくさんいる鯉にエサをあげるのを繰り返していたら、私の様子がまるで漫画☆なので、2人ともアハハと笑い合ったり。

私達が泊った宿は平日割引でかなり安くなってたのに、眺めの良い部屋&美味しい食事で、温泉も気持ち良く、グッスリ眠れてとても満足だったり。

次の日は温泉寺でベルを見て私は嬉しかったけど、韓流好きなだんなさんは、NHKで放映中のドラマ「赤と黒」でこの温泉寺が撮影に使われたのを知って興味を持ち。

帰宅した晩に放映したのを録画したら、ちょうど下呂温泉が出て来たそうで、彼的にはそれがとても嬉しかったそうだし。

平日だったので温泉街は人が少なく、ゆったりしており、天気も良くてのんびり歩くのはとても気持ち良かったし。

たまたま見つけて昼に入ったそば屋は思いがけず美味しかったし(桔梗屋という店でした)、川沿いの道も良く、歩くのがそれほど得意ではないだんなさんも時間を忘れて楽しんだり。

まぁ本当に、小さなことの積み重ねなのだけど、小さいことがいろいろと楽しかったわけです。

後輩夫婦の話を聞いて、私達は小さなことも一緒に楽しめる夫婦になってたんだなーと気がついて、ちょっと嬉しかったです

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
今日はのろけ話みたくなりましたが(^_^;)、よろしければ応援クリックお願いします☆

2011年11月 5日 (土)

シーフォームのネックレス

201111ema

金色のワイヤー&チェーンのみ希望を頂き、あとはお任せでアンダラネックレスの注文を頂きました。

まぁまぁ大きいアンダラだったのでチェーンは長めにして、チェーンとのつなぎにプレナイトを選びました。色目、大きさとも、これで良い感じ です。

お客さんからは、

「シーフォームって画像で見るよりずっと華やかでキラキラなんですね。おまかせで作っていただいてよかったです。キリッとしてて媚びないけど女らしい、そんな感じがします。着けると顔にふわっとした光が当ったようで、気持ちが明るくなります」

とご感想を頂いて、嬉しかったです

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2011年11月 4日 (金)

下呂温泉へ

今日は平日でしたがだんなさんが休みを取り、昨日と今日、岐阜県の下呂温泉に行ってきました。

名古屋からは電車でも車でも行きやすいですが、私は初めてでした。車で行ったら、名古屋やこちら方面のナンバーの車をたくさん見ました。

宿の予約を取ったのは火曜日、何も予定を決めずに行きましたが、何かとタイミングが良くて、充実した2日間でした。

行きは9時半頃に出発、41号線を北上し、昼前に美濃白川の道の駅・ピアチェーレに立ち寄りました。

葉物の野菜、いも類、柿、新米など、近辺の方が作った秋の農作物が嬉しい価格でどっさり売られていて、嬉しくなって いろいろ買いました。

去年の春にもここに立ち寄りましたが、その時は野菜はほとんどなかったです。実りの秋に感謝ですね。

昼は隣りのレストランに入ったら、地元のじいちゃんばあちゃんらしいお客さんが結構いたので、美味しいかも と期待して料理を待っていたら、予想以上の美味しい味 でした(地元産ハムで作った、ハムカツ串揚げランチ♪)

新メニューで県内コンテストで受賞した賞状や、芸人のいとうあさこが訪れた写真など飾られてました。

下呂温泉に到着すると、宿に行くには時間があったので、下呂温泉合掌村に行きました。

ダム建設で水没することになった合掌造りの家を、ここに移築したのだそう。あまり期待しないで入ったけれど、ちょうど影絵劇が始まるところだったので試しに見てみたら、これが意外に良かったです。

昔話にちょっと色付けされてたけど、デジタル技術の入った現代風な影絵で、劇団員の声が良かったです。

2011110401

↑旧大戸家住宅。窓辺に人が立っているので、家の大きさが伝わると思います。ここに住めた方は、当時は相当恵まれていたのだろうけど。

台所の様子を見た時・・ 当時の道具が結構残っていて。

隙間風はひどかったろうとか、水を井戸から汲んで来る手間とか、動線の悪さとか、板張りの床ではしもやけがひどかっただろうとか。

ほんの150年前でこんなふうだったかと思うと、今の私達がどれほど快適な台所を使っているか、もっと感謝しないとバチが当たりそうな気がしたほどでした(@_@;)。

今回泊った宿は線路そばだったので、「ワイドビューひだ」が往復するのを何度も見ました。

その下を流れる飛騨川のせせらぎは心地良く、列車が通る音以外は本当に静かで、リラックスできてとても良かったです。

2011110402

昨日は曇りがちだったけど、今日は暑いくらいの晴天でした。大きい温泉街なので、辺りは宿泊施設がいっぱいです。

2011110403

今日は、昼まで温泉街を散策しました。小高い所にある温泉寺への石段をゆっくり上り、ふと空を見ると、ベルっぽいものが飛んでいました。

2011110404

だんなさんも一緒に空を見上げ、頭上に飛んで来ると、飛行機じゃないの?と。

そうかもねと思いつつ見ていると、胴体は白かったけど、両翼は半透明がかったように見えました。

パッと空に視線を移したら、そこに飛んでいたので、ベルだと思いたいです 。パソコンで見ている方は↓写真をクリックし、拡大画像を見て下さいね。

2011110405

温泉寺にて。なだらかな山が広がり、空はとても広いです。

2011110406

温泉寺はもみじが何百本もあるそうだけど、紅葉しているのはまだわずか。あと2週間もしたら、たくさんの人が来るでしょう。

2011110407

北海道や東北は、紅葉はきれいでしょうね。ここらでは、秋が深まるのはこれからです。

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
この記事が面白い!と思われたら、応援クリックお願いします。

2011年11月 2日 (水)

池川 明さんの「生まれる前からの子育て」、他

先月末に引き続き、本の紹介です。本は心の栄養 です。

悩める私達の足元を照らし、遠くで光る道しるべみたいなものでもあり、気分転換にもなるもの。

今日紹介する本は、読みやすくて図書館にもあると思うので、興味のある方はどこかで手にとってみて下さいね。

今日も2冊紹介しますが、1冊目はお客さんから教わって知りました。数年前に出版されたものなので、知っている方も多いかもしれないですね。

2011110201

「生まれる前からの子育て」産婦人科医の池川先生の本です。

私は池川先生を初めて知り、本も初めて読みましたが、読み始めたらとーっても興味深くて、1時間くらいで読めました。

2歳くらいまでは多くの子供達に胎内記憶があり、それを数多くのデータから確認し、実際に記憶のある子供達とそのお母さん達の声がたくさん載せられています。

データを取った先生自身も驚いたことが素直に綴られ、とても心地良い本です。

私は子供がいませんが 、仕事に夢中だったこともあり、それに関して悩んだことがなく、抵抗なく読めたのかもしれませんが。

これから出産を迎える方はもちろん、そのご主人にも是非お勧めです。

そして、10代の若い女の子も、独身の女性も、かつて子供を産んで育てた方にも、胸に響くものが大きいと思います。

2冊目は、ネットで見つけて読んでみた本です。

字も細かくて、内容もページをめくるたびにてんこ盛りで、暑い夏から読んでいたのに、読み終わるまで随分長くかかりました。

2011110202

『失われたキリストの聖十字架「心御柱」の謎』。 サイエンス・エンターティナーの飛鳥昭雄さん著です。

もうさー・・ この方の本は胡散臭いとわかっているのに、ところどころに重要な情報が埋め込まれていると感じて、なんとか最後まで読みました。

聖徳太子が生きていたくらいの時代に、ユダヤの民が原始キリスト教を携え、渡来人として日本にたくさんやって来て。

現在の伊勢神宮にイエス・キリストの聖遺物を祀ったという話が、推理小説ふうに綴られています。

この方は、ちょっとした仮定をあげては「だから、これはこうである」と断言することが多くて。

だから、トンデモ本だと言われるのに と、突っ込みたくなることが数限りなくありましたが。

原始キリスト教や、日本神道に詳しい方が読んでも、面白いのではと思いました。

もしこれが全て作り話だとしても、膨大な資料や本に目を通さなければ書けないのはわかるし、掲載されている写真の多くは、取り寄せるのも難しいものが多いだろうに、どんなルートで手に入れたのか。

その地道な作業と努力には、拍手を送りたいと思いました。

先月だったか、もう一度読み直し始めたのですが。

ある晩、真夜中でしたが、寝る前にストレッチ体操しながらBSのNHKを見ていたら、30年前に放映されていた「シルクロード」が再放送されていました。

深く見ることもなく何気なく見ていたら、たまたま紹介された壁画が、この本に写真で載っていたのを思い出し、ちょっとビックリしました。

47ページの「古代中国の壁画に描かれた景教徒の姿」の図です。

たまたま読み返して覚えていた壁画を、偶然よく見られたなぁと感心しましたが。

どこかの立派な美術館に所蔵されているわけでもない、はるか遠い砂漠地帯の壁画の写真を、どこから手に入れたのか・・

もう一つ興味深かったことが。

9月の浅川さんの講演会では、ある画集とその絵を描いた男性のことを紹介し、実際に浅川さんはその画集を持ってこられていたので、私も実物を見ましたが。

その絵は、久保さんという男性(結構な年齢の方です)が太古の神々を霊視して描いたもので、日本のいろんな神様が美しくきらびやかに描かれていました。

霊視した様子を正確に描いているそうですが、顔は美輪さんによく似ているものが多かったです。

その中に、伊勢神宮に祀られた神として描かれた絵があったのですが、男性の神様で、服装と顔立ちは西洋風だったのです。

イエス・キリストには見えませんでしたが・・

久保さんと面識がないので、勝手なことは言えないですけど、単なる空想の絵とは思えなかったですし、久保さんが飛鳥さんの本に感化されて描いたとも思えなかったです。

浅川さんは、久保さんのことをサイトで紹介すると言われてたのが、なかなかその時間がなかったようでしたが、先月ようやく紹介されてました。

 

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
この記事が面白い!と思われたら、応援クリックお願いします。

アクセサリー売り場にて

昨日、栄方面に出掛け、用事が済んだ帰りに三越に寄りました。

大体、ナゴヤの人はデパートと言えば松坂屋が好きですが、私は三越が好きです 。何かを探すにも、ちょうど良い広さと感じるので。

昨日は久しぶりに、アクセサリー売り場に行きました。目の保養 と、流行りのアクセサリーを見るため。何か参考になるものがあればという、現実的な目的が大きいです。

いつもならそこそこお客さんがいて、アクセサリーをじっと眺めていても、店員さんに声を掛けられることはあまりないのですが。

昨日は昼時に行ったらお客さんはまばらで、珍しくあちこちの店員さんから声をよく掛けられました。

私、アクセサリーを作る人にはまるで見えないらしく (それはそれで、ちょっといかんなぁと思いますが)、どのメーカーも今はクリスマス限定商品がお勧めみたいで、いろいろ勧められました。

私もちゃっかりしていて、「これは何?」と店員さんに質問しつつ、デパ地下でバイトしていた時のことを思い出し、アクセサリー売り場の店員も大変だろうなと思ったりしました。

リーマンショック以来、こういうアクセサリー類はどこも厳しいと思います。

でもねっ。
女性は輝く石や、キラキラ光るものが大好き 。そういうものを身につけ、自分をより輝かせることの効果を、本能的に知っている。

「キレイなアクセサリーを身につけたい」思いは、DNAレベルから来ていると思う。

生活必需品ではないので、今は遠慮されがちだろうし、海外製の安くてそこそこカワイイアクセサリーもたくさん出回っている。

私自身も、厳しいなぁと思うことは少なくないですが。

それでも、美しいものを身につけたい思いが女性からなくなることはないので、地道に魅力的なアクセサリーを作り続けるのが大切なんだろうな。

私も翻弄されることなく、ニッチなところでコツコツやって行こうと、改めて思いました

 

 

Blogdecobanner6
読んで下さって、ありがとうございます。
この記事が面白い!と思われたら、応援クリックお願いします。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »