« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

ヘリオドール・ベリル他

明日また東京に行って、美しい石達を見つけて来る予定です。その後、LOONY'S ANNEXで紹介しますので、石好きのみなさんはどうぞお楽しみに

手元には小さくきれいな原石がちょこっと残っていて、それでペントップを作ろうと思いつつ、なかなかできないでいますが、6月に紹介したいなと考えています。

2012053103

これは磨かれてますが、きれいなインカローズ。30×15×5ミリ、重さ4.7グラムです。

2012053104

インカローズはとても柔らかい石。ワイヤーを巻くとその圧力で表面が傷つきそうで、ヒヤヒヤすると思うので、このままの状態で欲しい方がいらっしゃったら、お売りしたいです。

興味のある方は、ご連絡下さい。loon-dragon.336★nifty.com→★印を@に変えて送信下さい。

1月に紹介した石は、ほとんど羽ばたいていきました。

ローズクォーツの小さい原石や、ラブラドライトがわずかに残ってますけど、似たものをよく扱っているので、残るのも仕方ないかと思ってましたが。

美しい黄色のヘリオドール・ベリルが1つ残っており、これはどなたかの元に行ったら良いなと思っています。

2012053101

「はっさく」みたいに美味しそうな石なのですが、ゴツゴツした質感を撮るのが難しい石でした。

相当の枚数を撮ったものの、見た目通りに撮れないのです(-_-;)。

石に光が当たるときれいな様子が撮れずに苦心しましたが、なんとかそこを工夫し、光を含ませて撮り直しました。

ブラジルはミナス・ジュライス産、33×20×16ミリ、9グラムで2,300円です。

2012053102

ベリルとは緑柱石、水色になると「アクアマリン」です。これも残ったら、ペンダントトップにしようかな?と考えてます。

ところで、我が家のプチトマトは順調に育っています。

思い返せば、自分で植物を育てるのは、小学校のアサガオ以来だったかも 。毎日グングン伸びるのを見て、すごいなぁと感心し、ささやかな楽しみ にもなっています。

2012053105

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

4日(月)追記:
ヘリオドール・ベリルは、羽ばたき先が決まりました。 ありがとうございました

 

Blogdecobanner7
空と大地が、穏やかさを取り戻しますように

2012年5月30日 (水)

今月の天気

独身だった頃は、天気予報はほとんど気にしていなかったです。

結婚してからも、しばらくは気にしてなかった気がしますが、いつからだったか、しっかりチェックするようになりました。

明日は晴れるのか雨が降るのか、気温は何度になりそうかを見て。

明日外出するのかしないのか、外出するなら何を着るのか等々、明日の予定を決めるのに大いに参考にするように。

そして翌日、昨日の天気予報は当たったのか振り返り、また夕方には明日の天気をチェックする日々です。

名古屋は5月にもなると暑くなるので、そのつもりでタンスの中身を入れ替え、準備もしてましたが、今月の天気予報は、はずれてばかりだったように思います。

天気予報を見れば、「明日の名古屋は晴天、最高気温は28度」という予報も多くて、明日はいよいよ暑くなるんだといつも構えてましたが・・ 

実際は、今月は晴天が少なく、曇りの時間が長くて、昼間に一時暑くなっても朝夕は気温が下がり、その気温差が大きい気がしました。

主婦の肌感覚ですけどね。気象予報する側も、予想のつかないことが多いのかな?そんな印象すらありました。

でも、関東に比べれば、こちらは穏やかな空なのでしょう。

関東では今月、まさかの雹や雷、強風が多く、竜巻まで起こって、心穏やかにいられない日々だと思います。

大地のエネルギーと空のエネルギーがバチバチ当たって、何か相殺されているような?または、大地の動きが空に現れているのか。

なんとなく、一部だけ見るより、全体を広く観察するのが良いような気がして、全国の天気ニュースを見たり。ベランダに出ると、空をよく眺めています。

 

Blogdecobanner7
空と大地が、穏やかさを取り戻しますように

マーリンのネックレス

201205sa

黄緑がかった、独特の色合いの「マーリン」をネックレスにしました。

上につないでいる薄いピンクの石はクンツァイト、使っているワイヤーとチェーンはゴールドフィルドです。お客さんはすごく気に入って下さって、良かったです 。 

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2012年5月29日 (火)

浅川嘉富さんの「神々の楽園 八ヶ岳」、千賀一生さんの「ガイアの法則【Ⅱ】」

2012052901

先週土曜日、浅川さんの講演会に行きました。

前回行ったのは2月で、実はその時、かなりお疲れの様子でちょっと心配でしたが、もうだいぶ元気回復したようで、ホッとしました。

今回は今月発売された写真集の記念講演で、写真集にも入っている写真をスライドで見ながら、いろんな話を聞きました。

八ヶ岳周辺の野鳥の話や、風景を撮影するコツも興味深かったですが、撮影時のエピソードはまるで冒険物語で

よくまぁ、そんな面白い話がいくつもあるのだなぁと、関心したほどでした。

冬の寒い早朝に野鳥を何時間も待ったり、腰まで積もった雪をかき分けて被写体を追いかけたり、良い風景を撮る苦労を知って、へえぇと関心したり。

冬の曇り空の切れ目からスポットライトのように光が降り、それに照らされた木々とその周りのコントラストが際立った様子を見て、夢中でシャッターを切ったけれど。

その間わずか数分の出来事だったりと、奇跡的に撮れた写真が多くて、写真仲間からうらやましがられることも少なくないそうです。

本を出版するのはおそらくこれが最後であること、かわいい野鳥や昆虫、季節の花々、風景など、広いジャンルの写真が収めていること。

価格6,000円は決して安くないけれど、デザインや写真に添える文章書きなど、外部発注すると10,000円を超えるため、全て自分で行った等々を聞いて。

会場に来ている人はほとんど買われてたと思いますけど、私も一冊買いました。

毎晩、寝る前に足マッサージをする時にこの写真集をめくり、癒されています

浅川さんって、一流企業の社長になるはずだった割には、べらんめぇ調で毒づいたことを言ったりするけど、子供のようにピュアな心の持ち主でもあります。

被写体の花や蝶はそのピュアな所に同調し、きれいに撮ってもらえるよう素敵なポーズをしたのが、写真から伝わって来ます。機会があれば、是非ページをめくってみて下さいね。

さて、ちょこちょこと新しい本も読んでいますが、私のブログ記事を参考に本を買われる方もいらっしゃるので。

これは良かったなぁと、胸にジーンと来た本を紹介していますが・・

もう一冊紹介する「ガイアの法則【Ⅱ】」は、ここで紹介するかどうか何度か考えたけれど、やはり紹介することにします。

2012052902

去年の7月に「ガイアの法則」を読み、その宇宙スケールの風水の話に随分感銘を受けました。

後半は理数系や物理に近い内容で難しく、だいぶすっ飛ばしましたけど 、次に繁栄する文明のトップは日本であることが過去の歴史からも予想できる内容で、未来に希望が持てて、とても良かったです。

その続編が出たと知ったのは随分前で、ようやく買って読みました。著者は千賀一生(ちが かずき)さんです。

「ガイアの法則」よりはうんと読みやすく、文字量も少なくて、その点は助かりましたが。

私個人はとっても面白かったものの、女性性やセックスに関する記述があり(本当はとても高尚な内容なのですけど)、受け取り方によっては勘違いが起きやすい本だな・・ 

と、読んでる最中から少し気になりました。

と言うことで。このⅡを読まれる方は、Ⅱからいきなり読むのではなく、Ⅰから読まれるのをお勧めしたいです。

日本に住む女性のみなさんに是非。Ⅰとはまた違った切り口で、未来に続く道を照らしています。

最後の追記で、読者にこの本を輪読することを勧めています。輪読って、何?輪になって座り、本を声を出しながら読むことかしら?と思いましたが、どうなんでしょうね。

男女が輪になって声を出しながら読み回し、感想を言い合うなどしたら、そこにはきっと独特のエネルギーの渦が発生するだろう。

もしそれが、日本各地で行われたなら、私達の未来を照らす灯りになる気がするな。

名古屋で、この本を輪読している方達はいるのかしら。いらっしゃったら私も参加してみたいですけど、全くなければ、「ガイアの法則 輪読の会」を始めたいくらいです。

 

Blogdecobanner7
「ガイアの法則 輪読の会」、もし良ければ一緒に始めませんか。
何事も、始めなければ、始まらないので

2012年5月27日 (日)

アンダラのペンダントトップ

以前、クリアーアンダラでネックレスを作ったお客さんより追加の注文を頂き、ペンダントトップを3つ作りました。

201205mo1

シュワシュワ感いっぱいのシーフォーム。ボリュームがあるため、使用したのはいつもより太いワイヤーです。

太くなると私の指で扱うのが大変ですが、一気に巻いて仕上げれば大丈夫です。

201205mo2

平ぺったいグリーンです。下の方が厚みが薄くて、向こう側が透けて見えますね。

ワイヤーを巻く時はアンダラに圧力がかかるので、厚みが薄いと少し気を使いますけど、やはり一気に巻くのがコツです。

201205mo3

美しい黄緑は、「サイババ」。お客さんが特に欲しかったものだそうです。みな、気に入って頂いて、良かったです

個人的に・・ サイババを扱う時はいつも、子供の頃に食べたゼリー菓子を思い出します。

ちょうどこんなサイズのメロンゼリーで、オブラートに包まれた上に、キャンディと同じ個包装がされたもの。

見た目がソックリで、いかんいかんと思いながらもつい、思い出します

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2012年5月25日 (金)

昨日と今日のいろいろ

昨日で今月の教室が終わってホッとし、今日はのんびり過ごしました

昨日は0xCAFEでビーズ教室でしたが、帰りにすぐそばの名古屋市博物館に行きました。

4月の終わりから6月10日まで、「尾張氏・志段味古墳群をときあかす」企画展が行われており、興味があったのです。

もう何年前になるのか?こちら地元で、古代の歴史を公民館で勉強する機会があり、歴史好きな私は毎回とても楽しく通いました。

400~600年代、名古屋市は今とだいぶ地形が違い。

庄内川を上がった私の住んでいる辺り~守山区志段味~春日井市高蔵寺あたりはここらで一番栄え、大小様々な古墳が多く作られたけれど。

名古屋城築城の際に古墳の石が使われたり、小さい墳墓は大した研究もされずに、戦後の宅地開発でなくなってしまったそう。

大きいのは東谷山あたりに残ってますが、その研究がようやく進んできたそうで、それを紹介する展示を見たり。

志段味の他に、名古屋市内で出土した土器や馬具や剣、勾玉や石ビーズが展示されているのを見て、とっても面白かったです。

馬具は中国北方の騎馬民族に由来するそうで、当時、中国や韓国からもたらされたと説明書きを見て、へぇぇ・・ と思いつつ。

実物を見ると、今の私達が思う以上に人の交流は盛んだったのだと思うと、当時の姿が見える気がして、小さくタイムスリップしたような気分でした

騎馬民族・・ 案外日本人はいろんな顔立ちの人がいて、この時代、肌の色も体格も違う人達がやって来たのだろう。

馬具や武具が残っているということは、ドンパチ戦いも多かっただろうけど、最先端の文化はどれほど畏敬の目で見られたことだろう。

石のアクセサリーも興味津々でしたけど、昨日は馬具が一番興味深かったです。

さて。今朝の新聞・くらし面には、子育て相談 こたえて!あきひろさんのコーナーがありました。

以前は毎週載っていたのが、最近はたまにしかなくて残念ですけど、相談者へのアドバイスがいつも小気味良くて、好きです。

今日は、自分や両親の財布から万単位でお金を盗む孫のことを、ばあちゃんが相談してましたけど。

親が本気でその子の心にお灸をすえなあかんとビシッと説いていて、私は何度も頷きましたが、最後に

「盗んで許されるのは、憧れた人の技を盗む場合のみです」

とあって、そうだそうだあきひろさん、カッコイイーーーと、1人で盛り上がってました

憧れる人を真似るのは、とっても良いことだと思う。

私も、今まで身近で出会った素敵な人達の、言葉遣いやちょっとした動作など、数限りなく真似して盗んできました。

大人達の生きる姿が周りの若い人達や子供達の見本になるのだから、世の大人達がそれをもーっと自覚すべきなのだけど。

日本はバブルがはじけて以降、いろんなことが抜け落ちたと感じますけど、あきひろさんのような人がいて良いわー。あとを追いかけたいです。

話は変わって先週、イピアルで教室を終えた後、金山駅の広場でいろんな店が出店していたので、プラプラ見て歩いてました。

東北応援フェアということで、東北関連の店や商品があり、小さい石鹸セットを買ったり。

地元の愛西市の農家の人がプチトマトの苗を売っていて、勧められるまま買ってみました。1苗200円でした。

原発問題は、国も東電も責任逃れをしており、いずれ私達はもっと手痛い現実を突きつけられるだろうと見ていますが。

これから私達は、食について考える機会が増えたり、安全な農作物を得ようといろんな活動がますます増えるだろうとも思っています。

私もベランダで何か作ってみたいと考えるようになったけど、実際は野菜作りは難しいので、ちょっとためらってましたけど。

目の前に小さな苗を出されたら、これが良い機会かなと思い、買うことに。

2012052501

水をあげて日に当ててましたが、この1週間でもスクスク育ちました。

今日やっとホームセンターに行って、大きい鉢や土やら買って移し替えました。元々私も田舎育ちなので、土を触るのは楽しい です。夏には収穫できると良いなぁと思ってます。

 

Blogdecobanner7
いつもありがとうございます。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2012年5月23日 (水)

テレビを消すことによる節電効果はエアコンの1.7倍との試算

ちょーっと長いですけど、テレビや新聞では見掛けない情報だと思うので、お付き合い下さい。「大型テレビは電気をよく食う」という話です。

私は夕方くらいから、ついテレビをつけっぱなしにすることがよくあるので、これからは気をつけなくちゃ。

どうしてこういう大事なことを、電力会社やマスコミは黙ってるのでしょうね

*****

テレビを消すことによる節電効果はエアコンの1.7倍との試算 NEWS ポストセブン 5月23日(水)16時6分配信

「原発再稼働やむなし」「値上げも仕方ない」「よりいっそうの節電を」

――そう叫ぶ新聞・テレビが信用できないことは、ひとつの事実を突きつけることで明白となる。

「原発再稼働なしでも夏の大停電など絶対起こらない」――綿密なデータ分析を元に、本誌・週刊ポストは繰り返し報じてきた。

過去の関西電力の停電予測が「大外れ」したことで、指摘が正しかったことは証明されている。

関電の電力需給見通しの通りであれば、今年の1月第3週から10週間にわたり、ほぼ毎日大停電に見舞われていなければならなかった。

しかし実際にはそんな事態は起こっていない。それもこれも、国民を脅して原発を再稼働させるためである。

今夏も、政府案では関西電力管内で15%、他の電力各社管内でも5~10%の節電が求められるとされているが、事態はそこまで逼迫していない。

そう断言できるのは、電力マフィアも大メディアも、「最も有効な節電方法」を1年以上黙殺しているからだ。

野村総合研究所が震災直後の昨年4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』というレポートがある。

この中の「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算は、大マスコミが顔をしかめる内容だった。

テレビの情報番組で紹介される節電方法といえば、代表的なのは「エアコンを消すこと」だが、この試算によれば、エアコン1台を止めることで期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130W。

対して液晶テレビを1台消すと220Wが節電できる。つまり、テレビを消すことによる節電効果はエアコンの約1.7倍にもなるのである。

家電の「エコ化」が著しいなか、テレビは昨年7月の地デジ化に伴う買い換えで大型化が進んで消費電力が増えている。一般国民の感覚で見落としている節電の盲点だ。

本誌は、このデータを昨年8月19・26日号ですでに紹介している。しかし、この事実に反応したのは一部のネットメディアだけで、テレビは完全に黙殺した。

 

もう少し検証してみよう。

最新の「省エネ性能カタログ2011年夏版」に掲載された42型液晶テレビの消費電力は148W。

一方で同カタログのエアコン(冷房能力2.8kW)の消費電力の平均値(冷房期間消費電力量÷総冷房時間)は116.5Wとなっている。

テレビの消費電力が野村総研の試算より大幅に低いため、先の1.7倍には及ばないが、このデータでもテレビの節電効果はエアコンの約1.3倍はあることとなる。

一方、資源エネルギー庁などではエアコンのほうがテレビよりずっと消費電力が大きいとする試算も出しているが、根拠やデータはあいまいで、どうやらテレビがつけっぱなしという国民生活の実情を無視していると思われる。

実際には午後2~4時の時間帯別総世帯視聴率(平成10年度調査)は約30%とされる。

つまりテレビを観ているのは全世帯の3割ということだ。全国の世帯数は約5092万世帯(2010年国勢調査)なので、テレビを観ている世帯は約1527万世帯。

そのすべてでテレビを消せば、本誌試算のテレビ消費電力(148W)なら約226万kW、野村総研試算(220W)なら約336万kWも節電できることになる。

ちなみに、昨夏の東電の最大供給量が約5600万kWだから、これは非常に大きな数字だ。

※週刊ポスト2012年6月1日号

2012年5月22日 (火)

洗剤「松の力」と、SPOON TEA&RESTAURANT

今月はスケジュールの都合でビーズ教室の日程が集中してしまい、先週土曜から今日まで、4日連続で教室でした

まぁなんとか、ミスもなくこなしましたけど、昨日までの昼食は移動の途中でうどんやパンをパクつくのが続き。

今日は自分へのご褒美で何か美味しいものを食べたいな と、朝から思ってました。

今日は、緑区鳴海のエコショップで教室でした。

そのすぐそばには、去年まで「欅がるてん」という美味しいイタリアンのお店がありましたが、閉店してしまい、次の店が入らないかなといつも思ってました。

今朝、ショップに到着してふと、イタリアンだった所を見ると、なんと新しいレストランがオープンしてたのです。

うっほーー ピピッと来るものもあり、帰りは必ずここに来ようと決めました。

さて教室後、ショップのスタッフさんと話していたら、「最近、扱うようになったんですけど」と、洗剤らしい液体を出してくれて。

よく見るとなんとなんと実はその洗剤、私は友人の店で買って使っているもので、新しいのが欲しかったけど友人は今、休業中で。

どこで買ったら良いかなぁと思っていたところだったのです。すごーい偶然に、スタッフさんも目を丸くしてました。

2012052201

これ、名古屋の会社が作っている「松の力」という洗剤です。

私はお風呂とトイレ掃除に使ってますけど、用途によって希釈し、洗濯、炊事、シャンプー、ボディシャンプー、床のワックスがけにも使える優れモノです。

2012052202

ネット販売もありますけど、量が多く、買うのを躊躇してました。

エコショップでは500mlを1,000円で販売し、次回はボトルを持参すればそれに詰めるそうです(ボトル代をサービスしてくれるそう)

お風呂は、この原液をほんの数滴垂らして水をまき、ブラシでゴシゴシ磨けばあっという間に泡が出ます。500mlもあれば、長く使えて経済的です。

松の力をネタに、2人でさんざん盛り上がって 、新しいレストランの「SPOON  TEA&RESTAURANT」に行きました。

何を食べられるのか?全く知らずに入りましたが・・ シンプルなせいろ料理を食べたら、とーっても美味しかったですよ

メニューを見ると、米、野菜、水にこだわっている様子。

ランチはせいろ料理とパスタがメインで、ややお高いですが(私が食べたのが1,500円ほど)、ランチは全てミニポトフと紅茶つき。

ご飯は美味しく、野菜は新鮮そのもの、食べ終わる頃には安いくらいだとわかりました。

せいろ料理は3段で、1段目はご飯、2段目は蒸し野菜、3段目は肉や魚などいろいろあります。

せいろなのでつい点心メニューに目が行き、私はそれにしました。

感動したのは、野菜です。スライスされた野菜がキレイに乗っており、その下にはキャベツがギッシリ詰まってました。

ぽん酢、岩塩、トマト味噌をつけながら食べますが、初めて食べたトマト味噌はコクがあって美味しかったです。

ご飯は大・中・小とサイズが選べ、さらに、白いご飯か根菜入りご飯を選べました。

私は根菜入りの中にしましたが、モチモチと美味しく、お腹いっぱいに。

紅茶は、近くにある Rosie tea house と同じ、ムレスナティーです。スタッフの女の子がティーポットを持ってテーブルを回り、何度もカップに注いでくれました。

SPOONさんは、滋賀にある店の姉妹店だそうです。

パクパク食べていたら、男性スタッフが私のすぐそばで床に膝をついて座り、気さくに話しかけてくれましたが、スタッフのみなさんは滋賀から来たこと、一人は沖縄出身と聞いて、ちょっとビックリしました。

気さくに話しかけてくれるのが嬉しく、滋賀の人もやっぱり関西のノリなのね

3月に大阪で楽しく過ごしたのを思い出し、あーまた大阪に行きたい と思いました。

イベント出展も良いですけど、関西のみなさん、人数が集まれば天然石ビーズ教室の出張も行いますので、どうぞお声を掛けて下さいね

 

Blogdecobanner7
鳴海近辺にお住まいのみなさん、行かなもったいないよー

2012年5月20日 (日)

印象に残った言葉

私達は、自分が人に言ったことは案外忘れますけど、人から言われて印象的だった言葉は、覚えていることが多いと思います。

最近聞いて、印象的だったのは・・

「男なら、そりゃぁ楽しかったでしょうよ」

ある講演会にて。どんな話を聞けるのか詳しく知らずに、聞きに行きましたけど、ポンポン面白い話題がたくさん出てきて、面白かったです。

何の話だったか、急に坂本龍馬の話になり、坂本龍馬が日本で初めて会社を作り、手広く貿易を行うようになって、

「男なら、そりゃぁ楽しかったでしょうよ」と講師の方が言うのを聞いて、なるほどねと思いました。

私は結婚し、だんなさんをじっくり観察して初めて知りましたけど、男ってのは競争や賭け事、戦うことが基本的に好きで。

個人差はありますけど、稼ぐことも好きみたいですね。男なら、楽しかったのね。

でも、坂本龍馬は貿易で武器を扱っているうち、国内で戦わせるのはおかしいと気づき。

結局、それが原因で暗殺されたと、講師の方はサラッと話して次の話題に移りましたけど。

誰かの指示に初めは従い、それに従わなくなって暗殺されたと言うなら、黒幕って誰なのかな。

「ずっと続けて、30年」

私が使っている化粧品の会社で新商品紹介イベントがあり、たまには行ってみようかと思い、友人と行きました。

友人は営業所長で、他にもお客さんを連れており、丸テーブルに座ったら、私の隣りには別の営業所長が先に座られてました。

初めは何も話さなかったですが、何かの拍子に話し始めたら、よーしゃべる人で(^_^;)。

聞いたことのある名前だなと思っていたら、かなり営業実績のある人でした。

でも、それを鼻にかけることは一切なく、新商品のマッサージクリームを試す時間になったら、いつのまにか私の顔の手入れをして下さってました。

で、彼女の手にちょっとビックリしました。マッサージなど、力の入れ具合がとても上手で、友人とは全然違う。

「揺るぎない自信」を手から感じ、全くブレていない様子が清々しいほどでした。

聞けば彼女は、この仕事を続けて30年なのだそう。

年齢は63歳だと言ってましたが、30~40代のお客さんも多くて気が若く、10歳は若く見られるのがザラなんだとか。

ホントに、50代でも十分行ける感じでした。きれいな顔立ちなので、若い頃は美人だったろうと思います。

この仕事が決して楽ではないのは、友人を見て知ってるので、どうしてこの仕事を始めたんですか?と聞いたら。

若い頃、頬に直径2センチくらいのシミができ、いろんなメーカーの化粧品を使っても治らなかったのが、ここの会社のを使ったら治ったからだそう。

そうかぁ。その経験に情熱がバシッと合わさり、努力と持続の原動力となったのかな。

それにしても、30年も続けてこられて、すごいなぁと素朴に思いました。

私は今の仕事で13年目。あと少しで、半分の15年だな。よぉし、私も30年目指して、がんばろーっと 思いました

 

Blogdecobanner7
ホントは、生涯現役でいたいです

2012年5月18日 (金)

クリアーアンダラのネックレス

中央あたりに気泡がポンッと入った、とてもきれいなクリアーアンダラに、アクアマリンをつなげてネックレスに仕上げました。

201205rim

持ち主さんより、嬉しいご感想を頂きました 。了承頂いたので、紹介します。

包みを手にした瞬間からニヤニヤが止まりません。そして綺麗な小箱を開けると、いい匂いと共にコロリと転がるアンダラさんが・・・ 

それを見たとたんなぜか「お帰り~~」という心の声が頭の中に響きました。

しばらく旅行に行っていた家族が帰還したかのような、懐かしさに似た安堵感がありました。

私はネックレスですぐ肩が凝ってしまうので、普段はプチサイズの物か相当軽量の物しか着けません。

今回ご縁が繋がったアンダラさんは想定よりもBIGサイズでしたが、着用し続けていてもなぜか肩が凝りません(うわお♪)

「石が持ち主を選ぶというのはこういう事を言うのかなぁ~」そう思うと一層嬉しく愛おしくなりました。

石自体すごく素敵!それにワイヤーの巻きがシンプルでとっても綺麗です。

アクアマリンもなんとも言えない色具合が可愛いし♪ こんなにトッキントッキンに尖った物にどうやったらこんな風に巻けるの~??っと感動しました。

寺本さんはチャネリングして石やデザインを決めて作って下さっているのですね。

今回、石の選定からおまかせして本当に良かった~大満足です(^^)ありがとうございました。大事にしますね!

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2012年5月17日 (木)

UFOの夢

今日、午前中にちょっと寝たのですが 、夢を見て、最後に見たものだけ覚えてました。

うちの近所の坂道を誰かと一緒に歩いており、ふと空を見上げると、きれいな青空に白い円盤型のUFOが飛んでました。

あっ、UFOと気づいて凝視していると、プラスチックのおもちゃみたいな円盤がクルクル回転し、こちらに近づきながら飛んでいます。

でも私は、青空にクリスタルベルが5機くらい、各方向から空の中央に向かって飛んでいるのを同時に見て、こっちの方にジーンと感動してました。

その後、おもちゃみたいなUFOは、私達のいる坂道の上に転がるように落ち、おもちゃみたいに小さくて何とも思わなかったのですが。

なぜかふと、エジプトの遺跡にある壁画(男性の絵)がパッと見え、そっちの方が私には恐怖に感じられ、怖いっと思っていたら、目が覚めました。

私、UFOの夢は時々見ますけど、大体いつも青空に飛んでいるのを見て、わぁーっ・・・と感激する内容です。 

 

Blogdecobanner7
今度はおもちゃではなく、リアルな宇宙船をそばで見てみたいです

2012年5月16日 (水)

シーフォームアンダラのネックレス

201205be

シュワシュワと、とてもイキの良いシーフォームをネックレスにしました。

チェーンとのつなぎには、黄色っぽいプレナイトを。ボリュームがあるので、ワイヤーは普段使っているものより太いものを使っています。

お客さんからは、

まず手にとると、水が口からのどに拡がっていくような。おいしい水を体にいれたように思いました。

そして、手のひらがビリビリしてきます。額にあててみたら、じわっと何か拡がっていく感じです。

とのご感想を頂きました。このシーフォームはこれからミッション遂行すると思われるので、ワイヤーを巻くお手伝いができ、感慨深かったです。

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2012年5月15日 (火)

○○を越えて行け!

この間、自分の性格を振り返り、「私って、どうして○○なんだろうなぁ・・(-_-;)」と思ったことがあったのですけど。

その2、3日くらい後、何をしている時だったかフッと、小学3年生くらいのエピソードを思い出しました。

学校の帰り道、友達に誘われるままある場所に立ち寄り、それがあとで担任の先生に伝わって、みんなの前で叱られたという内容ですが。

20年ぶりくらい?に思い出し、もうすっかり忘れていたことでした(^_^;)。

忘れていたけど、当時から私は○○だったのだなぁ・・と(恥ずかしいので、○○は内緒☆)。

懐かしい思い出が、ちょっと感慨深かったですが、

「○○は、特に気にすることでもないこと。それよりも、こうして気がついたのなら、そういう自分を越えていくのが大事・・」

自分の内側から、そんな声が聞こえてきました。

内側から聞こえる、と言うのも妙ですけど。何と言うのでしょうね、自分の意思決定と言うより、他人の思考が聞こえたようでした。

自問を繰り返していたら、それにまつわる古い思い出が浮かび上がり。

守護霊さんかどなたかわからないけれど、私にアドバイスをくれたのかなぁ・・ と、思いました。

窮地に追い込まれ、何とかしたくて一生懸命考えていると、良いアイデアがポンッと出て来ることってありますね。

良いアイデアすぎて、自分1人の知恵とは思えない時、どなたかに助けられたのだと思い、その方に向かってお礼の思いを送っていますが。

今回のはそういうパターンとはちょっと違う感じでした。

答えは自分の内にあると言われますけど、私達は瞬時にいろんな所にアクセスし、答えを引っ張り出しているのでしょうね。

まぁとにかく、自分を客観的に見て、○○を越えて行きたい です。

 

 

Blogdecobanner7
自分との対話を、みんなが大切にしていきますように

2012年5月14日 (月)

「風の谷のナウシカ」をじっくり見て

金曜に「風の谷のナウシカ」が放映されましたね。録画して、久しぶりにじっくり見ました。

ナウシカは高一の時に映画館へ見に行ったのですけど、その時は内容の展開に追いつけず、話の筋がよくわかりませんでした。

それでも、迫力ある絵と壮大なストーリーにとても感動し、その気持ちをどう言い表せば良いのか自分でもよくわからなかったけれど。

とにかく圧倒されて帰ったのを、よく覚えています。

その後もテレビで何度も放映されたけど、チラチラ見るくらいでした。その割に、20歳を過ぎてからなんだか気になってBGMのCDを買い、今も持っています

今回、何年か振りにじっくり見て、ようやく話の筋を把握できました。改めて、宮崎アニメってすごいわー・・ と思いました。

多分。私が高一だった時の宮崎さんと今の私は、同じくらいの年齢だと思う。

今の私の頭では、戦いのストーリーも、時代背景も、腐海の森も、巨大な虫達も、オームが青や赤に変色するのも、古き言い伝えも、キツネリスのテトも、とても思いつかない。

「千と千尋・・」を見た時も、宮崎さんの頭の中ってどうなってるんだろう?と思ったけれど、今回も深く、そう思いました。

虫達が巨大化したのは、放射能の影響という設定なのかな・・ と思ったり。

ナウシカは、いろんな集合、象徴であると思うのだけど。

生きるものを愛で、自然の恵みに感謝し、自然に耳を傾け過酷な自然と共に生き、無駄な争いを避けようとする姿って・・ これって、すごく日本人的だなと、今回初めて気がつきました。

それと、宮崎アニメの底辺に流れるものはみな同じ、ということも。

昨日、妹と名駅方面へ出掛ける機会がありました。今までは妹の子供が小さく、こういう機会はなかったので、純粋に嬉しかった 。妹もナウシカを久しぶりに見たそう。

彼女は私と違い、だいぶクールですけど。

「私も年を取り、改めて見てみたら、今まで気づかなかったことに気づいて、良い話だと思った」と言うのを聞いて、同じように感じたんだねと、胸がポッと温かく、嬉しかった です。

 

 

Blogdecobanner7
他の宮崎アニメはあまり見ていなくて、あとは千尋やトトロが好きです

2012年5月12日 (土)

最後のミラクル21は、木村秋則さんが登壇!

2012051301

今年は8月5日(日)に、11回目のミラクル21を開催します。

様々な癒しと占いを体験できる、見本市イベント・ミラクル21は、2003年より年に1度のペースで開催してきましたが、今回で最後の予定です。

暑い時期ですが、みなさん、是非ご来場下さいね私も出展いたします

今年のチラシが出来上がりました。かわいい女の子のデザインです。出展者が配りますので、手にされた方はご覧下さい。

毎年、いろんな出展ブースが25ほど並びますが、会場奥ではイスを並べて、主に出展者がミニ講演会を行ってきました。

今年は菜食弁当を販売する、みろくダイニングさんが、12~13時まで講演をされます。食について、いろんなお話が聞けると思います。どうぞお楽しみに

その次は、透視画・氷室奈美さんの講演会です。

氷室さんは、目の前に座った人の前世を その場でサラサラと絵に描かれます。13時半~15時までです。どちらも、入場された方は無料でお楽しみ頂けます。

今年のミラクル21は10時に開催、16時で終了します。

その後、会場をササッと模様替えして、 17時より特別企画として、奇跡のリンゴ・木村秋則さん講演会を行います。

講演の他、会場に来て下さったみなさんからの質問に答える形で、内容を進めようと考えています。

リンゴ作りの秘話から、宇宙人との遭遇話、龍や天狗の話、それらを引き出すのは、参加者のみなさんです。どうぞ、お楽しみに

前売りチケットは3000円(ミラクル21入場料含む)、出展者がチケット販売します。

イベント当日の朝10時より、木村さん講演会の座席券を配布します。

前の席を取りたい方は、早めに会場にお越し下さいね。私もチケットを預かってますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。

 

Blogdecobanner7
地味に10年続けて、
最後に素晴らしい講演会を企画でき、大変光栄です

2012年5月11日 (金)

今週は

2012051102

昨日と今日とこちらは風が強くて、気温がやや低かったですが、黄砂で視界が良くなかったのが一掃され、今朝はベランダに出ると遠くまですっきり 見渡せました。

画像で遠くに写っているのは、瀬戸のデジタルタワー。東京のスカイツリーはオープン前から大人気の模様だけど、こちらは人里離れたところでポツンと建っています。

手前に写っているのは、うちのマンション隣りの会社敷地内の森。

今の季節、たくさんの野鳥が様々な声を聞かせてくれ、良い感じですが、縦に成長し続けていて8年前に引っ越してきた頃に比べると、見える街並みの範囲が狭くなりました。

いずれは、落葉する季節以外は、このタワーも見えなくなりそうです。

2012051101

今週は連休明けで、特別忙しいわけではなかったけど、あっという間に過ぎていった印象でした。

雹が関東方面でよく降ったようですが、こちらの強い風もなんだかいつもと違う感じで。何かのエネルギーとエネルギーがぶつかって、帳消ししているようでした。

ところで先日、用事を思い出して、普段は開けない机の引き出しを開けたら・・ 

HなDVDがドサッと出てきました 。だんなさんが会社の人からもらったのだと思います。

んもー、こういうものは、私の目の触れないところにしまって欲しいですねーー。

賢い妻はこういう時、どうしたら良いでしょうね~?何かの切り札に使えるかなぁと、今は黙ってますけど。

そう思っておきながら、ケロッと忘れそうなので、ここにメモしときます。ムフッ

 

Blogdecobanner7
スカイツリー、いつか登りたいですよー

2012年5月 9日 (水)

ダマヌールのコミック「時へのチェックメイト」

2012050901

ビーズ教室を開かせてもらっているイピアルでは、ダマヌールのニューズレター・POPOLO(ぽぽろ)をたまに頂きます。

年に4回発行されてるみたいですが、今年新年のニューズレターを見たら、裏にとっても興味深いマンガが載っていて(ダマヌールは、地球以外の宇宙文明に由来しているのがわかる内容でした)

気に入り過ぎて、切り抜いて私の手帳に貼ったほどでした

その号の前に連載があったようで、読みたいと思ってましたが、今日4号分もらってようやく読むことができました。

2012050902

帰りの電車で夢中になって読みましたが、ムムム・・とうなる内容でした。一部を抜粋すると、

地球標準暦2550から2566年は、出来事が流動的で・・

地球人類は自らの神聖な起源を忘れ、自己中心主義、憎しみ、暴力が地球を支配・・

・・現実を創造するために思考を使う能力を、失った

(宇宙の)評議会では、地球人類の今後について、意見が割れるが、新しいタイムラインを創るため、ある計画が提案された・・

ダマヌールがどのように立ち上げられたかわかる、美しい絵で描かれた内容が印象的でした。

興味のある方は、イピアルでニューズレターをもらって、読んでみて下さいね。

これ、元々はイタリアで描かれたもので、イタリア語→日本語に翻訳されてますが、小さい吹き出しに字がギッシリ詰まってます。

この間、原本を見せてもらいましたが、絵本のような本でした。

ダマヌールではすでにタイムマシンがあり、実際に過去(それもアトランティス時代)に行った時にスケッチされたたくさんの絵を、だいぶ前の講演会でスライドで見たことあります。

今の地球上のどこにもない文明と、その意匠に圧倒され、とても面白いのに異様に眠くて、半分眠りながら見てました。

私はこっそり、ダマヌールは、人類共通の希望の光の1つだと思ってます。

今はまだ、コミックも目立たない所にコソッとある感じですが。私達の底辺に、広く広く浸透して行ったら良いなと願ってます

 

 

Blogdecobanner7
チェックメイト→チェスで、王手詰め。また、その宣言。

2012年5月 8日 (火)

視点を変えたり、工夫するのは大事

GW後半の4連休は、映画を見たくらいであっという間に過ぎました。みなさんは、いかがお過ごしでしたか。

今年の春は桜の開花が遅かったですが、その後は気温も上がり、ツツジやハナミズキが美しく咲き、樹木からは新芽が一斉に出て。

ツバメが舞い飛び、他の鳥の鳴き声も増え、今年は桜の後に春が駆け足でやって来たように感じます

あちこちで見る新緑に、あぁ春だなぁ と嬉しくなりますが、日中はもう汗ばむこともあり、初夏はそんなに早く来なくても良いのになと、思ったりします。

さて、連休中に「標準デジカメ撮影講座」を読み返しましたが、本で勧められていること全てを私は実行しておらず

参考になることは試そうと、連休中に手持ちのもので工夫したり、試しに撮影していました。

本では、三脚は使うべしと何度も紹介されているけど、私は接写ばかりなので大きい三脚は邪魔なのでは?と勝手に思い込み、探そうともしなかったですが。

初めてアマゾンで探したら、小さい三脚があるのに気づいて(しかも、定価よりお安かった、買ってみたのですが・・

2012050801

早速デジカメを取り付け、試したところ、作業性の良さにビックリ

今まで、クリスタルの撮影の時は手がもう1本欲しいとよく思ってましたが、カメラを三脚に任せることで、まるで手が1本増えたかのよう~

・・ってさ、変な思い込みをしないで、もっと早くに試せば良かった です。

かと思えば。

今日、アンダラにワイヤーを巻いていた時、ふと気付いて、あることを試したところ・・

私の思いに沿って、ワイヤーが動いているようで、とても面白かったのですが。

簡単なことなのに、アンダラにワイヤー巻き始めてもう5年目なのに、どうして今まで思いつかなかったのだろう(@_@)?

そう思ったら、なんだか拍子抜けしました けど。ワイヤーも奥が深いなぁ・・ と思ったり。

日々、ほぼ同じことを繰り返していると、同じやり方にすっぽりハマりがちなので。

時には視点を変えたり、情報を得て工夫するのは大事だなと。小さいことだけど、気づかされた今日でした。

 

 

Blogdecobanner7
一人で仕事するのは、気楽な面も多いけど、
気づいたことを言い合える仲間がいると良いなと、たまに思います

2012年5月 5日 (土)

映画「テルマエ・ロマエ」

2012050501_2

一昨日、映画を見に行こうかという話になり、前々から興味のあった「ももへの手紙」にしようかとも話しましたが。

私は「テルマエ・ロマエ」にも興味があり、だんなさんを説き伏せて 、こちらを見に行きました。私達二人とも、なかなか面白くて良かった です。

原作の漫画は読んだことはなく、去年だったか、これを描いてるヤマザキマリさんを紹介する文章を何かで読み。マンガ家になるまで苦労続きだったのが印象的でした。

『古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが、現代日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディドラマ・・』

→ネットで大雑把なストーリーだけ読み、映画を見ましたけど、その方が純粋に楽しめて良かったかもねと思いました。

古代ローマ時代の銭湯や街の様子は丁寧に再現されており、古代好きな私は思わず、わぁ~~と心の中で声を上げたほど。

スクリーンの大きい画面は、やはり迫力があって良いですねーー。

阿部寛や北村一輝、宍戸開や市村正親など、顔の濃いみなさんがイタリア人に扮してましたが、メイクの効果もあったと思いますが、ホントにイタリア人っぽかったです。

イタリア人がこの映画を見たら、どう思うのかな?

漫画っぽいストーリー展開だし、時代考証などツッコミどころは多いだろうけど。

私個人は、イタリア人と日本人が一緒に出る映画ってあまり見たことないので、新鮮でした。BGMも、終わり方も、良かったです

 

 

Blogdecobanner7
古代ローマ好きな方は、是非どうぞ

2012年5月 3日 (木)

パジャマ完成♪

2012050301

ようやく、パジャマが完成しました

嬉しかったので、たたんだパジャマを撮ろうとしたけど、どーもうまく撮れないので、自分がモデルになって着てみました

仮縫いし、型紙の線通りに縫ってるはずが、あちこちだいぶズレましたが。まぁ、形になったので良いです。

私と妹が小さかった頃、母親がよくスカートやワンピースを作ってくれ、服ができあがる様子をそばで見ていたので。

自然と興味を持ち、短大生の頃は自分で時々スカートを作ってました。

この間、仮縫いしながら・・

小学生だった時に手作りの服を着ていると、担任が女性の先生だとそれに気づいて、「お母さんの手作り?」と時々聞かれたのを思い出しました。

いつもほめられたけれど、おとなしかった私はちょっと恥ずかしくて、モジモジしてたっけ。

ふと気がつけば、母親が私達の服を作ってくれたのは30代の頃のこと。

今の私は、とうに30代を越え、もうそんなに時が過ぎたのだなぁと。そんなこんなを、思い返していました。

 

 

Blogdecobanner7
スッと長い指や、器用な手先は、母親譲り
これからも時々、いろんな手づくりを楽しみたいです

2012年5月 1日 (火)

変化のサイン

同じような毎日でも 注意して 客観してみれば ちょっとした 小さな変化が あったりするもの

なかなか進まなかった件が 急に進み始めたり 今までになかったことが 起きたり

ふと思いついて始めたことが 思いがけず上手く行ったり

小さなことでも 何か今までとの違いを感じたら きっとそれは 何かが変化するサイン

今はまだ その変化がどう始まるのか 全体がよくわからなくても

あとで振り返った時に 
あぁ あの時が まさにこのスタートだったのだと わかりますように

何かそんなふうに 良い予感がしたら ずっと片づけられなかったものを まず 片づけよう

過去のエネルギーを引きずるものを キレイにして 次の変化を受け入れる 私の器を広げておこう

★゜・。。・゜゜・。。・゜

今日は夕方、思い立って本棚の整理をしました。

今まで整理したいと思いつつ、はや数カ月経ってましたが 、ようやく実行できて本棚も私の中もスッキリ 、とっても気持ち良かったです。

本棚のスペースは変わらないのに、本は増えるので・・ 思い切って、処分する本を紙袋に入れていったら、結構な重さになりました。

以前はアマゾンの中古本に出してたけど、古いのもあって何かと面倒なので、ブックオフに持って行きたいぞ。

こういうのも、つい放ってしまいがちなので、早いうちに持って行こうと思います。 

 

Blogdecobanner7
本の整理は途中でつい、本を読んでしまいますが
大事なことを読み返したりして、充実のひとときでした

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »