« コアラの置物 | トップページ | クリスタル販売ページ更新しました »

2012年6月20日 (水)

3と5 自然界の法則

クリスタル販売ページを作っていますが、明日は教室で朝から出掛けるので、あさって更新します。

昼の12時に更新する予定ですので、石好きのみなさんは是非ご覧下さいね

冗談みたいに高いアメトリン(ものすごくキレイ、毎度おなじみローズクォーツやアメジストその他は見た目が地味な石が多いです。その後、もう1回更新します。

8月に出展するミラクル21では小さめのきれいな石を並べますので、来場される方は実際に手にとってご覧下さいね 。それものちほど、販売ページに出す予定です。

さて、前回紹介したエレスチャルと、同じようなのをまた紹介しますが、

2012062001

このエレスチャル、ひっくり返すと、なかなか不思議な結晶なのです。

元々は三角形で成長したと思われるのに、真ん中の白っぽい層は六角形ぽく、最終的には5角形を目指したらしい感じがうかがえます。

2012062002

エレスチャルとは長い時間をかけて結晶を重ねた水晶ですが、これはちょっと珍しい気がして、思わず手に取りました。

悠久の時間を掛け、こういう石を生み出す母なる地球は素晴らしいですね 。ブラジル産です。

3と5。不思議だねぇと思っていたら・・

2012062003

ミニトマトにいよいよ花が咲き始め、うほっ と嬉しく、何気なく上から見たら、花びらが5枚なのに対し、花びらを支える「がく」が3枚っぽいと気づきました。

あれ。今まで、花びらとがくの数は同じだろうと思い込んでましたが、よく見れば違うものなんですね。

ふむ・・ 3と5って、何か自然界には法則があるのかしら。

たまたま見つけた石と花びらに関連性を探すのは、随分強引かもしれませんが。

自然界ではもしかしたら、鉱物と植物に共通の法則があるかもしれないと思ったら、なんだか胸がジワーンとしてきました

鉱物と動物と植物を分けるのも良いけど、全体を1つとして研究するのも、面白いだろうなぁーー。

東洋ならではの発想な気がしますが、そういう学問ってすでにあるのかしら?

 

 

Blogdecobanner7
地球規模の自然科学。43歳のおばちゃんだって、好奇心をそそられます

« コアラの置物 | トップページ | クリスタル販売ページ更新しました »

石・癒しなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コアラの置物 | トップページ | クリスタル販売ページ更新しました »