« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

秋の鞍馬山

20121031011   

今年の3月に関西のみなさんと鞍馬山に行きましたが、今日はミラクル21の面々と秋の鞍馬山に遊びに行きました。

たまたま今週は出掛けることが集中したけれど、どれも滅多にないことで、今日の遠出も前からとても楽しみ にしていました。

2012103102

本来なら、10月終わりの京都と言えば紅葉シーズンのはずが、今年は暑さが続いたため、葉っぱ達はまだ青々としてました。

それでも、今日は暑くもなく、寒くもなく、風もなく穏やかでした。

観光者は少なく静かで、時々聞こえる鳥の声は心地良く、山の空気は澄み、何度も深呼吸して、気分リフレッシュ

今日は15人がマイクロバスで行き、往復6時間かかったので、鞍馬山で過ごした時間はあっという間だったけど、心身共に癒されたひとときでした。

2012103103

鞍馬山の上には、鞍馬寺があります。

その本殿前には、六角形や三角形モザイクの石畳がありますが、これは『金剛床(こんごうしょう)』と言うそうです。

「鞍馬山の教えの理想、内奥に宇宙の力を蔵する人間が宇宙そのものと一体化する、ということを表現している」そうで、この中央部にみなさん1人ずつ立っては、祈ったりしています。

ここを訪れた時、私は8人のメンバーと一緒でしたが、この中央部を囲んで手をつないで輪を作り、エネルギーを感じてみようと提案し、輪を作ったところ・・ 

ふと空を見上げると、なんと私達の真上にベルが飛んでいたのです。

でも、わかりやすいように「あれ見て、UFOだよ!ほら、光ってるでしょう?」と説明しても、みんなややあきれた様子で、「あれは飛行機だよ」とバッサリでした

ミラクルの中で、クリスタルベルを知り、ネットで発信してるのは私だけなので、しょうがないか~と思いました。

癒しの仕事をしている面々でも、こんなもんです。

今後みんなが、妙な飛び方をする光る飛行物体をやたら見るようになり、今日私の言ったことを思い出してくれますようにっ

ベルの話はこのくらいにして。

私も含めて9人で手をつなぐとすぐ、何かエネルギーが時計回りにグルグル回り始めるのが感じられました。

各自、感じ方は微妙に違ったけれど、そのうち、つなぐ手のひら、足裏から膝あたりまでビリビリ感じて、とってもわかりやすく、は~~、面白ーい

と、私達は大盛り上がりでしたが。

その時、一般観光客の方達は私達の様子にすっかりドン引きし、距離を置かれて眺めていたそうです。まぁ、無理もないですね。

良い年したおじさんとおばさん達が輪になって、ある人はニコニコ笑い、またある人は真面目な様子で目を閉じ、またある人はテンション高く喜んでいるのだから。

ところが、そこには外国人観光客も来ており、彼ら彼女らは私達の様子を見ると大喜びで、パシャパシャ撮影していたそうです。

輪つなぎが終わった後、メンバーのIさんが太陽の写真をスマホで撮ったら、

2012103104

太陽の周りに、美しいピンク色の玉がいっぱい写り込んでいました。こういう写真は普段からよく撮っているそうで、特にきれいに撮れたそうです。

その後、かすかに紅葉している葉っぱ達を撮ったら、

2012103105

今度は赤い玉がいっぱい 。赤いのは初めて撮ったそうです。私も試しに撮ってみましたけど、こういう玉は撮れませんでした

その後、てくてく歩いて、奥の院の魔王殿で参拝しましたが、

2012103106

木々の向こうから太陽が輝く様子がとてもきれいで、ここで写真を撮ったら、きっと良いのが撮れる予感がして、撮ってみると・・

2012103107

私はこんな感じで撮れました。Iさんも同じ位置で撮ると、やはりさっきと同じような赤い玉が写り込んでいました。

デジカメやレンズの性能に、そう大差はないと思います。どっちが良い悪いではなく、撮る人(エネルギー)によって、なにかしら違いが出るのだろうと思いました。

個人的には、みなで輪になってグルグルエネルギーを循環させたことと、こういう写真が撮れたことには、関連がある気がしました。推測ですけどね。

クリスタルベルも、不思議な場所で輪になることも、こういう写真を撮ることも、まだまだ知られておらず、うっかり知られると、何かと勘違いされやすいけれど。

それほど遠くない未来、直感で生きるのにふさわしい時代が来ると思う。その時、1人でも多くの方に、こういう感じ方や捉え方があるのを、参考にしてもらえたらと思います。

 

Blogdecobanner8

2012年10月30日 (火)

エンジェルナンバー999

2012103001

今日はいつも行くスーパーの火曜特売で、お米を買うので金額が大きいなと思ってたら、合計金額が3,999円でした。

よくまぁ、うまい具合に9が3つも並びましたけど、スーパーのレシートって、時々こんなふうに数字が揃うので面白いです。他にも最近は、11:11の並びをよく見ます

999って、エンジェル・ナンバーの本ではどういう意味だったっけと、ページをめくってみたら、

ライトワーカーよ、行動して下さい。
世の中は今、あなたの聖なる人生の目的を必要としています。
遅れることもためらうこともなく、
神聖な使命にしっかりとりかかってください。

とあって、おそれ多かったですけど 、思いつくことはみな、やっていこうと思います。

 

 

Blogdecobanner8

2012年10月29日 (月)

空を見上げれば、そこにクリスタルベル

2012060602

今日は「ひかり」に乗って浜松へ小旅行 ティニママさんとハヌルさんに会いに行きました。

去年お二人と知り合い、思い切って会いに行きましたが、その帰り際、クリスタルベルが見たいと思って一緒に空を見上げていたら。

お二人ともプラーナが見えてきてキャ~ と大盛り上がりしたのが、ついこの間のようです。

今日はまず、駅前で美味しいフレンチのランチを頂き、幸せ気分 でした。

お店は、シェ・モリヤさん。トマトのムースが、大変美味しゅうございました。トマトなのに、チーズみたいに濃厚な味で。浜松の方は、良いお店があって良いですね~。

その後は、ティニママさんの家へ。途中、天竜川で車を止め、素晴らしい景色を楽しみました。

その様子は、私が多治見に行く時の愛岐道路の様子と似てるけど、もーーっと深い谷底に、大河が横たわっていました。

ゆったり流れる川を、しばしボーッと眺めましたが、大量のプラーナが川面から沸き上がるようにパチパチするのが見えて、ハッとしました。

ティニママさんは、この川には龍がいるとブログで綴っていて、どんなふうに見えるのだろうと思ってましたが、なるほど~納得でした。

ティニママさん宅ではお手製のシフォンケーキを頂き、これまた幸せ でした。

フッカフカ で美味しく、何度もおかわりしました。おしゃべりに花が咲き

お互いの体験談や、お二人がこれからやろうとしていること、私は浅川さん講演会で聞いた「かぐや姫の話」をザッと披露したりして、あっという間に日が暮れました。

もっと話したかったなーというのが、素直な感想です。

帰りは近くの駅まで送って頂けるとのことで、3人で車に乗り込み、出発してまもない時のこと。

ティニママさんが空を見て綺麗ねと言うので、私もそちらの方向を見上げると・・ なんと

ベルが機体をピカーッと光らせて、飛んでいたのです。しかも、3人一緒に見上げた時に、一番大きく光っていました。

去年、お二人とお会いした時は、見たいと思って見られなかったベルが、飛んでる~~その後またしばらく、車内で3人とも大騒ぎでした

ベルって何が不思議かって、フッと見上げた空の先に、飛んでるのが目に入ることです。なぜ、視線を空に移したら、そこにベルがしょっちゅう飛んでいるのか。

こっちはベルを見ようと思って空を見上げておらず、むしろ、こっちの行動に向こうが合わせてるようだと、感じることは多いです。

駅のホームでは、お二人とも柵の向こうから手を振って見送って下さって、感激 でした。また機会を作って、遊びに行きたいです

 

Blogdecobanner8
ベルって何?と思われた方は、
私のサイト内、「私が見たクリスタルベル」を参照下さい

2012年10月28日 (日)

Thrive ~スライヴ~

2012102801_3

このDVDのことは、かねがね噂を聞いていて。

是非一度見たく、私の周りで誰か手に入れたら、貸してもらえないかなと願っていたら、本当にお客さんからお借りすることができました(Kさん、ありがとうございました)。

時間はちょいと長くて、2時間弱。ずっと集中して見たものの、途中何度か眠気に襲われましたが。

アメリカ人ってなんて大変な国に住んでいるのだろう と、改めて思いました。

日本も、そのアメリカの影響を多大に受けているので、日本人は必見。特に、金融、電力、医療、食料(商社、農業)、マスコミ関連の会社に勤めている方には、お勧めしたいです。

数学的な見地から、世界各地の遺跡に見られる「フラワー・オブ・ライフ」の模様を紹介し、イギリスの麦畑に多く現れるミステリー・サークルを美しく立体化し。

フリーエネルギーとUFOの真実を語るまでは、眉唾物に思えるかもだけど、辛抱して頂いて。

世界を牛耳っているのは誰で、一般人の私達にどう関わりがあるのか、私達はどうしたら良いのか。

アメリカ社会の暗部=この地上で一番の厄介事がザッとわかって、良いと思います。

↓アマゾンの解説より、拝借しました。

環境破壊、飢餓、戦争、天災、そして経済破綻と、次々に世界を襲う危機は、とどまることがない。

これらの危機に対し、人類はなんら有効な解決策を手にすることができていない。しかし本当に何も手立てがないのだろうか?

はたして、我々は常に真実を知らされているのだろうか?

グローバル企業、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)社の創業一族の息子 として生まれ育ったフォスター・ギャンブルは、若き日にそのような疑問を抱く。

彼は、実業家になる道を捨て、科学者となり、この問題解決の追及に生涯を費やす決心をする。

長い探求の旅の果てに彼が見つけ出した真実は、メディアでは絶対に語られることのない、全ての人類を支配する驚愕すべきシステムの存在だった。

あらゆる産業、農業、医療、経済、軍事、マスコミにまで及ぶ、完璧とも言える支配体制が世界規模で構築されていた。

この支配の真の姿を白日のもとに晒し出し、人類を解放し、真の繁栄(THRIVE)を奪還するため、彼は私財480万ドルを投じ、本作『THRIVE』を製作した。

DVDでは、フォスター・ギャンブル本人が多くの専門家と語っていますが、提案されているのはアメリカ人のやり方なので、日本人はちょっと違和感を感じると思います。

そこは、器用で応用力の高い日本人が、自分にしっくり来るやり方を見つけていったら良いと思いました。

まずは、知ることから。知ってるのと、知らないのとでは、大きく違うので。フリーエネルギーと言えば、先月読んだ井出治さんの本もお勧めです。

 

Blogdecobanner8

2012年10月27日 (土)

浅川さんの名古屋講演会⑩

今日は、このところ毎月参加している浅川さんの講演会に行ってきました。

先月は、胸の奥のドアをトントンとノックされたようで、私は小さいノック音が大きく聞こえてハッとした感じだったと綴ったけれど。

今日は、浅川さんからドンドンドンと、勢いよくドアを叩かれたような内容 でした。

濃い内容が続き、軽くショックを受けた話もあったけど。まぁとにかく、今の自分にできることを地道にやっていこうと、改めて思いました。

浅川さんの話を「ただ聞いた話」として受け身に終わらせるのではなく。

私達の日常生活でしっかり活かして欲しいと、今日、浅川さんはそこを特に強調していたし、実際その通りだと思うので。

いろいろ綴りたいですけど・・ 眠いので、とりあえず今日はこの辺で。

 

Blogdecobanner8

2012年10月26日 (金)

今週は本棚☆

2012060601

スケジュールの都合で今月は今週に教室が集中し、ドタバタしましたが、みな楽しく終わって良かったです

昨日はカフェの教室が終わると栄に移動し、東急ハンズから久屋大通を南へ歩きましたが、空は穏やかに晴れて澄んだ青、風もあまりなく、気持ち良かった~です。

街路樹にふと目をやれば、少し色づき始めてました。日中は気持ち良いけれど、朝夕は冷えるようになったからね。

ついこの間まで炎天下だったのに、急に秋らしくなったなと思います。秋の虫達の大合唱は落ち着き、今週はあちこちでキンモクセイの香りがしました。ようやく、ですね。

さて、振り返ってみれば今月は、ちょっと時間を見つけては、あちこち掃除&整理整頓をしまくってました

この頃は、新しい流れが入るようスペースを空けるのを目指してたら、今までと違うスイッチが入った感じ?で。

今まで捨てようと思いつかなかったモノが急にクローズアップされて見え 、ここ数年全く使っていないと気づくと、処分しました。

今週は、私の本棚に取り掛かりました。

今まで何度も本を処分してますが、存在をすっかり忘れていた冊子など捨て(いやー、ホント今まで目に入ってなかったの(*_*))

いらない本は紙袋2つ分になり、勢いに乗ってブックオフに持って行きました。

本棚には、飾っている雑貨がちょこちょこあります。その置き場をいろいろ変えては、その場に流れる雰囲気を感じ取り、どこに置くのが一番心地良いかを繰り返しました。

お陰で、多分今までで一番キレイな 本棚になりました~これを、維持したいです。

今月だけで、年末の掃除を数年分こなした気分?ですが、「あの扉の中もキレイにしたい 」のがもう少しあるので 、またぼちぼちやっていこうと思います。

 

Blogdecobanner8

2012年10月24日 (水)

松栄堂のお香

昨日はエコショップ和でビーズ教室でした。

教室は楽しく終了し、店のスタッフさんに挨拶しようと店舗の部屋に入ったら、珍しく良い香りがしました。あれ?これはお香?

スタッフさんに聞くと、やはりお香でした。少しだけ扱い始めたそうで、その時はお香はたかれておらず、商品自体が香っていました。

私はいつも、自分の部屋で仕事をする時、お香を1本たきます。

さぁこれからいろいろやるぞと、スイッチを切り替えるのに良いのと、火をたくのは場の浄化になると感じるからです。

正直な話、お香はどれが良いのかよくわからない ですが、なんとなく海外製より日本製が良い気がして、いつも日本香道のかゆらぎシリーズを使っています。

エコショップにあったのは、京都の松栄堂のお香でした。

初めて知るメーカーだったけど、名古屋では栄の中日ビルの画材屋さん(多分、2階ね)でも扱ってるそうです。

昨日は、試しに「芳輪 堀川」のスティックタイプを買ってみました。

2012102401

お香はいつも本棚に置いており、私の部屋でも、置くだけで香ってました。

そして今日、火をつけてみると・・ 普段使っているのと、全然違うな~んて深みのある、スパイシーな甘い香り

香りから京都を感じる、「The 京都 」な感じでした。甘いのは、白檀みたいです。

かゆらぎシリーズよりお高いので 、たまに使うことになりそうですが、良いお香を知って嬉しかったです。

 

Blogdecobanner8

2012年10月22日 (月)

秋の手づくり「子供服ファッションショー」~エコショップ和よりご案内

毎月ビーズ教室でお世話になっている、緑区鳴海のエコショップ和さんより、ブログで宣伝お願いしますと頼まれたので、子供服ファッションショーのご案内をします

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜

子供服 4作家さんによる、初めて開催する、手づくり子供服ファンションショー☆彡

2012102202

hanagoyomiさん
smileさん
pour enfantsさん
yukimi watanabe clothinさん

2012102203

かっこいい舞台ではないけど、
作家さんが心がこめて1枚1枚作った服を着て
子供達が歩きます。
応援しに来てね!

そして、アクセサリー作家さんも協力してくれます♫

viajeさん
早崎 志保さん
wiccaさん

待ってるよ~(^▽^)

クリスタル販売、セール開催します♪

2012102101

本日より、クリスタル販売のセールを行います

スモーキークォーツのカテドラル、ロシア産ムーンストーン、アクアマリン原石、南アフリカ産スギライト、ルチルクォーツ原石を20~40%OFFにしていますので、石のお好きな方はどうぞご覧下さいね

 

 

Blogdecobanner8

2012年10月18日 (木)

アンダラのリフォーム他

201210rim

今年の春に制作したアンダラネックレスを、お客さんより預かりました。

ワイヤーとチェーンをゴールドフィルドに変え、表面のトゲトゲが肌に当たって痛かったそうなので、目の細かい金属ヤスリをかけて滑らかにしました。

ゴールドフィルドは真鍮に金を圧着させたものですが、通常の金メッキよりはるかに厚みがあり、長期間使ってもほとんど禿げ落ちないです。

多少値は張りますが、金より手軽に楽しんで頂けます。お客さんにも、上品な仕上がりでゴールドの色目も柔らかいと喜んで頂けて、良かったです(*^_^*)。

201210toi

次に紹介するものも、リフォームです。私がアンダラを扱い始めた頃に作ったネックレスを預かりました。

ワイヤーはところどころ変色し、表面には黒っぽい点状の汚れがいくつか残りましたが、可能な限りクリーニングしました。

インカローズでボール状のものを編み、お客さんの希望でペリドットをつけたら、木イチゴみたいに可愛くなりました

お客さんにも大変喜んで頂きましたが、私自身も、長く愛用下さってたアンダラを全く違う雰囲気に作り変えられて、嬉しかったです。

201210mik

最後に紹介するのは、小さいピンクアンダラのチョーカータイプです。細い革紐は長さ調節でき、チョーカーサイズから胸元近くまで下ろすことができます。

こちらも、お客さんに大変喜んで頂いて、何より でした。 

 

アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。

 

Blogdecobanner7
魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2012年10月16日 (火)

新しいプリンター

2012060603

パソコンやその周辺機器って、ある日突然、壊れることが少なくない気がしますが、先週うちのプリンターが急に動かなくなりました(-_-;)。

8年くらい使っており、どーも修理しないといけない感じで。修理代がかかるのを思うと、買った方が安い気がして、早速近くのヤマダ電機に行ってきました。

今まで使ってたのと同じメーカーが良いかなと思い、コピーやスキャナー機能はなくてOK、大きさをチェックし価格を覚えて、パンフレットを持ち帰りました。

価格コムで調べてみると、送料込みでも家電屋より安い所は見つかるもので、早速ネットで買うことにして、今日届きました。

プリンターのセットアップくらいは、私でもできたけど、同じメーカーでも今まで使っていたのと仕様が違い、試しに印刷したら紙の向きなど何度か間違え、ようやく覚えました

今、コマーシャルで宣伝してる新しいプリンターのシリーズでしたが、安い家電屋よりも、ネットでさらに安いものが見つかるのですねぇ。

利用者にとっては安くて便利なのは有難いけど、店を構える小売りはホントに大変な時代。

ビックカメラがコジマを買収したのは今年のことでしたっけ。店舗数があるから、大きいからと言って、必ず勝者になるとは限らない時代。

海外で事業展開するにも、今年の中国のような例があると、「先を読む」難しさを痛感させられると思う。

なんだか大変な時代だとしみじみ思うけど、働くってことは本来、尊く、素晴らしいこと。

みんなが好きなことを仕事にできたら、どんなに良いだろう 。私達の生きているうちに、そういう時代になって欲しいと思う。

それを実現させるには、そうなるためには、今のお金社会が根底から変わる必要があると思うけれど。。

今、日本人はみな忙しくて、いろんな場面で物事を深く突き詰めないまま、何か変だと感じることが増えていると思う。

私達に備わっている深い知恵が目を覚まし、これから目指す先が見えてきたら良いなと思います。

 

 

Blogdecobanner8

2012年10月15日 (月)

週末は食器棚の掃除など♪

2012060604

この時期にしては昼間はまだちょっと暑いですが、だいぶ秋らしくなりましたねー。

湿度はググッと下がり、青空は高くなり、近所の草むらではススキを見つけました。この頃、早朝に肌寒くて目が覚めることが続いており、ようやく今日、薄い掛け布団を出しました。

先々週は掃除に燃えてましたが、その仕上げで、一昨日の土曜に食器棚を掃除しました。

確か、ここに引っ越してから、食器棚の内側は掃除してなかったはず。台拭きで拭いたら、見事に真っ黒 になりました。

動線や重さを考えて食器を並べ替え、使わずに曇ってしまったグラスは水洗いしたら、食器棚はピッカピカ になり、スッキリしました~

この度はなんだか勢いがついて、引き出しや扉の中身を引っ張り出しては拭き掃除&整理したけれど、これでようやく落ち着けそう?です。

昨日はだんなさんの新車がようやく届き、ディーラーへ取りに行きました。

私自身は、結婚する半年前に免許を取って車を買い、まだその車に乗っているので買い替えの経験がなく、今回ディーラーに何度か行ったこと自体が、新鮮でした。

車庫証明の手続きで住民票を取りに行くなど、車を買う手続きは家を買うのと似てますね。

昨日は新車に乗って帰る前、記念写真を撮ってもらったけれど、私達の足元にレッドカーペットを敷いてくれ、その場でプリントアウトして写真立てにはめ込み。

リボンでラッピングまでしてくれ、ビックリ&恐縮したり

その後、私は駅で降ろしてもらって瀬戸に向かい、せと・あとりえ参道というイベントに行きました。

名古屋のクリエイターズマーケットの瀬戸版みたいなもので、その周辺ではミニイベントがいくつかあり、その1つにハナイロさんが出てたので、ちょっくら顔を出しました。

その時すでにイベント終了直前で、他のブースも見たかったけど、あまり見られず残念 でした。

瀬戸って隣りの市だけど、なかなか来る機会がないので、駅前の大きな焼き物の店に入り、せっかくなので小鉢でも買おうと思い、じっくり見ました。

卸が本業みたいな店で、品揃えが充実してたけど、安い皿は本当に安く、こんな値段で良いかしらと思うくらい。あれって、海外製なのだろうな。

今時は100均屋で、皿もお椀もグラスもカップも買うことができるけど。

この頃は、気に入った器に料理を盛りつけて食べるのは、ホッと落ち着き、気持ちが満たされる ので、器に少し興味が沸いています。

今まであまり考えなかったけど、生真面目な日本人が作る物は手仕事でも工業製品でも、みんな好きです

 

Blogdecobanner8

2012年10月13日 (土)

いろんな体験談

昨日の夜、たまたまネット検索した時に見つけたサイトが面白くて、今日も引き続きいろいろ読んでました。

元々、某投稿サイトに寄せられた不思議な体験談をまとめたサイト?らしく。

投稿者は多数、その内容も様々だけど、たまたま私がアクセスしたのは、特に人気のあった話を集めたページだったみたい。

こんなことが本当にあるのかしら?と思いつつも、その内容にジーンとしたり。

これは作り話?と疑う反面で、こういう話を作れるならそれはそれで、素晴らしい才能だねぇそんな具合に称賛しながら、どれも楽しく拝読しました

特に印象に残ったのは、日本昔話に出てきそうな、宮崎駿アニメを彷彿とさせる話でした。

山の神さまの話 、狐の嫁入りの話 は、キツネが出てきます。

これを読んでると、パラレルワールド(私達の生きる世界と並行して存在すると言われる、別の世界)と言うのは人間に限らず。

もしかすると動物の世界にも存在しするのでは・・ と、初めて考えてみたり。

狐様と山神様の話 、じいちゃんと山男の話 は、大小様々な命を育む山にはパラレルワールド的な所があって、こういう神様が実在する気がします。

2012101301

河童ネタもありましたが、父と河童 を読んでいると、河童って言うのはやっぱり、爬虫類や水棲動物が人間風に進化したものでは・・ と、妄想が突っ走ります

幻想的ではないけれど、しゃべる絵皿 は、絵皿にこもる精霊(?)がゴシップ好きでよくしゃべるのが人間くさくて、面白かったです。

心をこめて作られた物や、愛用している物にはやっぱり、命が宿るのだろうなぁと。

ワーップさん は、下に続くスレッドにもあったけど、明らかに不可解なことが起こり、信用できる証人がいても、それが再現できないことだと「不思議なこともあるもんだね」で、終わってしまう。

こういうことが、意図的にできるようになったら、初めて大騒ぎになるのかな。

 

 

Blogdecobanner8

2012年10月11日 (木)

震災から1年7カ月

2012060605

ここにはあまり綴っていませんが
いつも 東北のことを思っています
震災のあと 
東北のことを毎日 何か思っています

私の妹が事故で亡くなったあと 数年は
彼女のことを思い出さなかった日が
一日もなかったように

これからも きっとまだしばらく
東北のことを 思い続けると思います

東北のみなさんに比べれば
私は 家族も隣人も 
家も友人も 無事でしたが

朝 普通に家を出た家族が
夜には もう二度と帰って来ませんと言われても
そう簡単には 受け入れられませんでした

そのあたりは 同じだと思います

その後 残った家族が 
過酷な日々を過ごしたことも
上を向いて歩けるようになるまで
しばらく時間がかかったことも

東北のみなさんが 流した涙は
激震の地を 洗い清め
深い深い悲しみを 
空高く浄化させますように

海の恵みは 豊かに戻り
港町は必ず 力強く 復興されますように
いつも 祈っています

2012年10月10日 (水)

今度は、大根♪

先月、実家の畑で大根の種をまきました。

その時、私は今年初めてベランダ栽培をやってみたと母親に話したら、古いプランターボックスをあげるから、種の残りをまいてみやぁと言われ、持ち帰っていました。

2012101001

その後、なかなかできなかったですが、先週やっと土を買って種をまいたら、3日くらいで芽が出てきました。

大根の芽って、「かいわれ大根」なんですねぇ。初めて知りました。プランターで葉っぱだけ育てて、食べるつもりです。

この大根のために「ぞうさんジョウロ」を買いましたが、プチトマトの時に買っておけば良かったです。

ジョウロを使うと、土全体に優しく水まきできて、良いですね。

ぞうさんジョウロで水をまいた時・・ 

子供の頃、青い大きなジョウロで植木に水まきするのが好きだった記憶がパァーッと甦り、小学生の自分の姿がポンッと浮かんで見えて、ちょっとビックリしたほどでした。

庭の様子など思い出して、懐かしかったです

プチトマトの後は、また来年やるつもりが、思いがけずすぐやることになりましたけど。

太陽の位置が変わり、今の方がベランダに日がよく差し込むので、大根の成長が楽しみ です。土を触るのって、やっぱり良いですねー。頭が空っぽになって、良いです。

「ベランダ栽培」でネット検索すれば、良い情報もすぐ出てくるので、いつかやってみたいなと思う方がいらっしゃったら、お勧め です。

 

Blogdecobanner8

2012年10月 7日 (日)

捨てる、掃除、整理整頓!

2012060601

時々コンビニに行きますが、用事を済ませると本コーナーをチラッと見て、面白そうな本があるとたまに立ち読みしています。

今年は、「掃除をして運気UP」とか「運気を上げる風水」みたいな本が目に入り、パラパラめくることが多かったです。

こういう本って、流行ってるんだなー・・ と思いつつ、その内容にしっかり影響され 、ちょこちょこ掃除&整頓をしてきました。

しばらく前に立ち読みした本で、「2年以上使っていない物はゴミです」とあり、2年とはまた短くて厳しいなぁと思いましたけど。

実際そうだよなぁ~と納得し、それを基準にいろいろ処分もしました。

先週は、愛読しているブログを読んで、よしと気合が入り、数日かけて、だんなさんの持ち物コーナー、キッチンの扉の中、洗面台のシンク下をきれいに しました。

掃除や整頓は好きですが、この3カ所は物が多くて、なかなか手のつけられなかった場所でした。

ここに引っ越して8年ですけど、キッチンの扉の中はほとんど掃除しておらず、あまり開けない扉の中でホコリがうっすらたまってるのを見て。

時々ギャッと叫びそうになりながら、拭き掃除して、いらないと判断したものは捨て、私の使い勝手が良いように並べ替える、を繰り返しました。

お陰で、か~なりスッキリして、大満足でした。

ここに引っ越してきた時、とりあえず収納場所に放り込み、そのままになっているものがほとんどだったので。

同じ種類のモノを1つの箱にまとめたり、縦置きしてたのを横置きにして(時にはその逆も)、ちょっとの工夫で隙間を減らして余裕の空間を作ったりと。

そういう作業は子供の頃から好きなので、無心でやりました。

それにしても、私、料理がろくに作れない結婚前に台所用品をいろいろ買い揃え、結局、今も使っていないものを処分することになり。

自分の腕前がどんなものか知ってから買えばよかったなぁと、しみじみ思いました

不燃ごみ、可燃ごみ、紙類は資源ごみに分けたけど、全部まとめたらゴミ2袋分くらい。

日頃から整頓しているつもりでもこれだけ出て、私の部屋からもまだ出そうです。

そう、次は私の部屋。仕事で使う細かいものがいろいろあり、少しやりかけてます。

まぁでも、なんだかんだ言いながら、空いたスペースに別のモノをしまう作業は、楽しい です。

さて今日は、近所のダイエーに行きました。ダイエーと言うよりは、ダイエーの中にあるユニクロが目的でした。

だんなさんの服や、私も秋色パンツや長袖カットソーが欲しかったので。

早速、茶色の良さげなパンツを見つけて試着し、試着室のカーテンを開けてちょっと外に出て、鏡に映る自分を見ながら、裾が長いよねぇとブツブツ独り言を言ってたら・・ 

なんと、すぐそこにハナイロさんが立っていたので、ビックリ

私、普段はほぼすっぴんなので 、顔を見られて恥ずかしかった ですが、私の試着室の隣りで、ハナイロさんのご主人が試着してたのです。

なんという偶然~ すっぴんは恥ずかしかったけど、ハナイロさんのご主人に初めてお目に掛れて、嬉しかったです。

長袖カットソーは素敵な柄のを見つけ、これからの季節にちょうどピッタリなのが、1,500→990円になってて嬉しくて 、これも買いました。

いらないものを処分したら、こうして新しいお気に入りがパッと見つかり、自分の一部になって、嬉しかったです

 

Blogdecobanner8

2012年10月 4日 (木)

2人の木村さん

今週、昼間の名古屋近辺は気温がまだ30度くらいあり、確か一昨日は、近所でツクツクボウシの声を聞きました

多分、今年最後の蝉でしょう。暑いは暑いけど、朝夕は涼しく、日中は湿度が低いので、真夏に比べれば随分楽ですが、10月でこんなに暑いとはね。

北海道の山では紅葉が始まったようですが、こちらも早く秋らしくなって欲しいです。

さて、このところ、奥にしまい込んだクリアーファイルに気づいて引っ張り出す機会が続いて。

その中身を確認しては、うひょーっといろいろビックリし、捨てるもの&これからも取っておくものに分けていました。

5~7年も前に印刷したものもあり、どれもすっかり忘れてました

あるメルマガを印刷したものは、当時は良いと思ったはずが、今読み返すとわかりにくかったりして

数年経つと、基準とか胸に響く度合いは変わるんだなぁと思いました。

あるファイルには、過去に人からもらったもの(癒しのお店のチラシや雑誌のコピー)や、印象的だった新聞記事などあったけど。

少し整理したら、7年前に一度参加した講演会チラシが出てきました。木村則昭さんという方の講演でした。

ん?無農薬リンゴを作っているのは、木村秋則さんだよね。

2009091401

「のりあき」と「あきのり」で、よく似た名前だなぁと思いつつ、プロフィールがあったので読んでみると、「1950年1月1日生まれ、青森県出身」とあるので。

あれ?リンゴの秋則さんも青森出身で、確かそれくらいの年齢じゃなかったかな。

と、思って調べてみると、秋則さんは1949年11月18日生まれでした。

このお二人は、学校は違うと思うけど、生まれが43日違いの同級生だったのです。

7年前の私は則昭さんのことは全く知らず、当時、たまたま知り合った「やっちゃん」がこの講演会を企画しており、誘われるまま参加したのです。

則昭さんは、五井昌久さんの提唱した平和運動(「世界人類が平和でありますように」)を実践し、確か講演会では、大勢の人達と一緒に地球を巡る瞑想をしたことを覚えています。

試しに2人の名前の字画を調べてみたら、これがまた、全く同じ画数でした。

お二人とも、若い頃は苦労が絶えなかったと思うけど、総画数(55歳からの運気&全体運)は、「やればやっただけ幸せになる吉数」でした。

名前がソックリ、同じ県出身の同級生で、活躍する分野は違えどそれぞれの持ち場では有名人で。

少し重なっている部分もあるような感じで・・ こういう方達もいるのだなぁ と、印象的でした。

 

Blogdecobanner8

2012年10月 3日 (水)

トーマさんのメルマガより「ワクワクとハラハラ」

2012060603

鉄人トーマさんのメルマガを愛読してますが、今日届いたのがなかなか深かったです。

友人から勧められて、斎藤一人さん著「知らないと損する不思議な話」を読んだら、二つの話が印象に残ったそう。私は、その片方が印象的でした。

↓そのまま、その部分を抜粋します。

もう一つの話は、「ワクワク」には、「本物」と「偽物」があるという話です。

これは、私のキネシオロジーのセミナーでも、必ず話します。一人さんも、やはり、この違いは、大切なことだと、考えているみたいですね。

一人さん曰く、

「人は、ワクワクすることをすれば、成功するという本が、20年以上前から、流行っているけど、それは、危険な考え方ですよ」 と警笛を、鳴らしています。

簡単にまとめると、人間の心が、「愛と光」にいる時は、「神の領域」にだから、この状態で、ワクワクすることは、神のひらめき。

この時の「ワクワク」には、従っても、いい結果になるそうです。

でも、例えば、

「老後が、心配だ」 「このままでは、わたしたち、この先、やっていけるかしら?」 などと、不安になっている時などに、投資の話が、きたりすると、たくさんの人が、

「月に、1割くれる」 というような話に、ついのってしまったりするそうです。

つまり、不安で心配な人も、ワクワクする時が、あるということです。

これは、実は、不安な心から、「ハラハラ」しているだけなんですね。ただ、こういう時、自分では、本物と偽物の区別は、つかなくなっていることが、多いのです。

一人さんは、続けて、「神の領域にいるときに、ワクワクしたんですか?」

「心配や恐れの悪魔の領域にいるときに、ワクワクしたんですか?」 と常に自分に、問いかえることが、大切だと、力説しています。

「悪魔の領域」で、ワクワクした場合は、よく考えたり、人に相談したほうが、いいのです。

他人のほうが、冷静で、「そんなうまい話、あるわけない」 とわかるのです。

他人は、「この人は、実は、不安から、ハラハラしているだけなんだな…」 と見抜いてくれるのです。

反対に、「神の領域」の人のアイディアは、神のひらめきだから、ひらめいたものは、行動しなければ、いけないそうです。

これは、やっても、間違いなく、成功するそうです。

「愛と光」の心でやれば、それは、本物の「ワクワク」であり、成功者は、必ず「愛と光」の「神の領域」に、心を置いて、行動しているのだそうです。

だから、成功するのだそうです。う~ん。 深いですね…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

う~む。ワクワクとハラハラに、そういう違いがあるとはね。私、小さいことでワクワク し、すぐ動くの大好きです。これからも、積み重ねていこうと思います。

こういうことって大事なことだから、みんなもれなく、どこかでしっかり身についていると良いですね。

と言うか、みんな楽しくワクワクする生き方をしていたら、誰かをだますとかおとしめるとか、そういう考えの人はいなくなるだろうな。

世の中を見渡せば、世知辛いことは多く、荒波や大波は多いと感じますが。

自分は穏やかな波でありたいし、大半の人もそう願っていると思う。みんなもれなく、楽しくワクワク する生き方にシフトしますように。

この願い、必ず叶いますように

 

 

Blogdecobanner8

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »