« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

ホームページを引っ越し&アクセサリー販売ページ更新しました

お蔭様で、なんとか新しいホームページが出来上がりました
新しいURLは、↓こちらです。

http://little-amethyst.jimdo.com/

お気に入り登録をされている方は、ブックマークの変更をお願いします。

今まで使っていたホームページはかれこれ12年にもなり、情報が古くなったページも多く、今回それらは削除しました。

クリスタル販売ページは、また新しい石達を手に入れた時に新たに作ります。

今回、新しいアクセサリー販売ページを更新したので、石のアクセサリーのお好きな方は、是非ご覧下さいね。

2013042

美しい黄緑色のアンダラは、「サイババ」です。サイト引っ越し記念で、特別価格です~

新しいホームページは、形式が全て統一されています。ページの項目はタブになっており、タブをクリックするとそのページに飛びます。

新しいホームページは見えやすい(読みやすい)でしょうか。形にはなりましたが、今後もちょっとずつ手直ししたり、ページも増やすと思います。

行き届かない点など、気づいたことがあればお知らせ下さると大変助かりますので、よろしくお願いしますm(__)m。

私のスピリチュアル体験記は、回りくどい文章を短くしたり、ちょこっと加筆しました。お時間ある方は、クリック下さいね



Blogdecobanner8

2013年4月29日 (月)

Xちゃんの元カレ

2012060603

ものすごく忙しいわけではなかったですが、先週は一日しかブログを綴れませんでした 。パソコンの前に座る時は、新しいサイトいじりばかりしてました。

今日はだんなさんとケーズデンキにちょっと出掛け、その帰りの車中で、何がキッカケだったか忘れましたが、Xちゃんのことを話してました。

だんなさんは何度か会ったことがあり、数年前、彼女は関西にお嫁に行きました。そういえば年賀状が来なかったけど、Xちゃん、元気でいるかなぁと話してたのですが。

帰宅して、私は家事などいろいろ片付け始め、だんなさんはテレビを見始めました。

地元の情報番組が生放送でやっていて、GWにこちら近辺で行われるイベントと、それに関わる少しユニークな仕事をしている人が紹介されてました。

ふと、その番組が目に入り、その人をぼんやり見てたら・・・ なななんと
その人は、Xちゃんの元カレだったのです~

さっきXちゃんのことをしゃべったばかりで、ビックリしたけど、こんなこともあるのねぇ~~

私達はしばらく、この偶然にハイテンション でした。Xちゃんではなく、元カレの今の様子を知るとはねぇ。

その元カレとXちゃんが別れた後は、私もお会いする機会がなくなったけど、仕事は確かに少しユニークなので、たまに風の便りが耳に入っていました。

とても優秀な腕を持ってる人なので、テレビ出演は、きっとご褒美なのだろうと思いました。

ここだけの話ね。

二人はすごくお似合いのカップルだったから、絶対に結婚すると良いと私は思ってたのだけどね。いろいろあって、そうはならなかったけど

今は二人それぞれ、幸せでありますように




Blogdecobanner8

2013年4月25日 (木)

今月も、整頓♪

2012060602

日、月、火曜とビーズ教室が続き、今日は午前中にパソコンスクールに行き、それぞれ充実した楽しいひと時だったけど、今日は午後からダラッとのびてました

新しいホームページは、ほぼ出来上がりました。来週休み明け、30日に切り替える予定です。

その際、少しですがアクセサリー販売を行いますので、どうぞお楽しみに

さて。最近を振り返ると、3月に怜宝さんのブログでトイレ掃除部屋の掃除の記事を読んだ時、ピピッと来るものがあって。

よしと一念発起し、トイレと玄関の拭き掃除を毎日するようになりました。掃除が好きな私も、毎日はしていなかったです。

トイレ用にフカフカなタオルを買ってその使い心地に感心したり、小さな花瓶に生花を飾るのも続くかしらと思ったけれど。

イキイキした花がトイレ空間にあるのが新鮮に感じられ、新しい習慣も自然と身に付き、1か月過ぎました。

来客のある時はマットを出し、それ以外は片付けてますが、マットのない方が掃除が楽で、狭いトイレが広く感じられて良い感じです

何がどう変化したとか、具体的に実感はないですけど、細いながらも新しい運気の風が入り始めた気はします

今月あたまに新しいパソコンを買いましたが、無線LANで私の部屋でもネットができるようになり、パソコンを置く場所を確保したいなと思ったら。

今まで使ってきたキッチンワゴンでは収納が限界で、たくさん仕舞える書類チェストが欲しくなり、

2013042501

↑同じじゃないですけど、こういうのを買いました。

キッチンワゴンは前の住まいからずっと使ってましたが、私が収納したいものを仕舞うには使い勝手が悪かったのです。いろいろ工夫もしたけれど、これを機会に変えることに。

ワゴン→チェストに入れ替える作業は、幸せ と言うと大げさかもだけど、嬉しかったです。

今までは、例えばビーズ類もあっちこっちに仕舞ってたのを、ようやく同じ引き出しに保管できるようになったからです。

使わないものは思い切って処分したこともあり、全て入れ替えても引き出しに余裕もでき、やって良かった です。

月曜にうちでビーズ教室を行いましたが。

「今日は○○を作りたいです」と言われ、今までは、材料をあっちの箱から1つ、こっちの箱から1つ出してたのが、全て引き出しからサッと出せることに、こっそり感動してました

教室が終わった後も、片付けが今までより少し楽になったのを実感し、大変だったけどやって良かったな~と、また改めて思いました

話はちょっと変わり、先月だったか、ネット検索した時に偶然、知人のサイトにアクセスしました。

何年かぶりのことで、ザッと拝読したら以前はなかったブログがあり、それから愛読しています。

少し前、その方がブログで麻炭の湿布が良かったと紹介され、興味を持って私も試しに麻炭のパウダーを買いました。

ネットで買えるところがたくさんあり、どこで買ったら良いかわからなかったけれど、たまたま見つけた素敵なお店で買うことに。

パウダーは麻炭を細かく砕いたもの。

私はコーヒーや味噌汁に入れたり、ハンドクリームにごく少量混ぜて塗ってみたり、シャンプーにも混ぜてみました。

まだ試して数日で、ビビッとわかりやすい変化はないですけど、何か心身ともに、パッと明るく開けるような 感じがします。

という感じで、いろいろ整理したら、良い流れと情報をキャッチできたかな?と、ささやかながら嬉しい春を楽しんでいます




Blogdecobanner8

2013年4月20日 (土)

自作自演・・?

2012062501

この頃、ニュースで報道される内容はそのまま鵜呑みにしないで、ちょっと疑ってみたり、一歩引いて観察するようにしています。

ボストンマラソンで起きた爆発事件は、ビックリしましたけど、どうしてテロなの?と素朴に疑問に思い、様子を見てました。

早くに容疑者が特定されたかと思ったら、急展開を見せましたけど・・ 

容疑者の一人は、銃撃戦の末に病院で亡くなったそうだけど、彼の言い分を聞く用意はできなかかったのかしら。

なんだか、残ってると都合の悪い人は片付けられたような気がするけど。911と同じく、イスラムは悪者だとでっち上げられてる気がしたのは、私の思い込みかなぁ。

と思ってたら、天下泰平さんがいろいろ記事にされました。←事故現場のエグイ画像もあるので、すごく苦手な方は見ない方が良いですけど、それすらも自作自演らしいことを解説されてます。




Blogdecobanner8

2013年4月18日 (木)

守護霊さんのサポート

2012060604

守護霊さんには、私は子供の頃からとても親しみを持っており、毎晩寝る前に、今日一日のお礼の挨拶をしています

姿や形は見えなくても、自分でもビックリするような良いアイデアが思い浮かび、それが私の思考じゃないと思える時は、きっと守護霊さんが知らせてくれたのだろうと、感謝の思いを送っています。

私は中学生の頃から通学や通勤で自転車に乗ることが多く、接触事故になりそうなヒヤッとすることも何度かありましたけど、不思議といつも何事もなく済み、守られているのを実感することが多かったです。

おととしに「あの世に聞いたこの世の仕組み」を読み、その後、妹に貸してました。

最近、戻ってきたのを読み返したら、だいぶ内容を忘れてて また面白く 読んでますが、今日、あ~これって守護霊さんネタ?と思える出来事があったので、綴ってみます。

☆ヘアクリーム

今日はカフェで教室でした。朝はいつもよりドタバタと準備し、出掛けますが、いつもは化粧をしたあとに必ずヘアクリームをつけるのに、今日はうっかり忘れて、ネックレスや指輪をつけてました。

さぁこれでバッチリ、出掛けようとしたら、頭の中に「鏡を見るのが良いよ」という声が響いた気がしました。

ん?気にせず、外に出ようと思ったけれど、「鏡で全身をチェックすると良いよ」ともう一度聞こえた気がしたので、部屋に戻って鏡を見てみたら髪がフワフワ、ヘアクリームをつけ忘れてたことに気がつきました

ずっとショートヘアの私は、出掛ける前にヘアクリームをつけ忘れるなんて、滅多にないのに。

こういう、声みたいなメッセージは時々ありますけど、今日はハッキリ聞こえた感じが珍しかったです。言われた通りに鏡を見て、良かったです。

☆ゾロ目の数字

デジタル時計などで、1:11や11:11といった具合に、1や4のぞろ目をよく見ます。今日は、お手洗いに入った時、ウォッシュレット操作盤についてる時計を見たら、1:11でした。

その後、東急ハンズで買い物したら合計が2,220円で 。夕方、帰宅してNHKをつけたら新番組の宣伝で「夕方5時55分スタート!」と画面に出たのを見て、ゾロ目続きだわ~ と嬉しかったです。

ぞろ目はいろいろ解釈があるようですが、私自身はこの頃、「あ、これは、守護霊さんから、今のままで良いよ、その調子でね 」と、応援されてると感じることが多いです。

今日は、教室前にちょっと凹むことがあったので、その励ましだったかもしれないなーと思いました。



Blogdecobanner8

2013年4月16日 (火)

トーマさんのメルマガより~「新しい地球」

トーマさんのメルマガをずっと愛読してますが、今日受信したものは拝読後、なんだかとっても嬉しかった ので、コピペします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

以前にも、紹介しましたが、友人に、Tさんという女性がいます。彼女は、いわゆる、「パラレルワールド」の体現者です。

自由自在に、同時並行に存在している、別の世界や別の地球に、遊びに行けるという特技を、持っているユニークな方です。

Tさんと話をしていると、いかに、私たちが、時間や空間に縛られ、不自由で、狭い視点で、世界を、考えているかに、気づかされます。

Tさんによると、「夢の世界」と「パラレルワールド」の違いは、五感で、感じられる世界なのかどうかということらしいです。

夢の中では、この感覚が、薄いそうですが、本当のパラレルワールドに、移行すると、見たり、聴いたり、嗅いだり、味わったり、触ったりするのが、こちらの世界とまったく変わらない感覚で、感じるそうです。

彼女に、いろいろと質問すると、いつも、面白い答えが、返ってきます。

Tさんが、体験する世界は、まずほとんど、この地球と変わらない世界で、自分自身が人間であるということは、変わらないそうです。

他の動物や植物だったり、まったく別の形をした、宇宙人のような生命体では、ないそうです。ただそれは、白人だったり、黒人だったり、別の国の外国人の姿であることは、多いそうです。

魂は、まったく自分と同じエネルギーなので、

「この人物は、自分だ」

という認識は、できるそうですが、

「違う遺伝子を持って、生まれてきて、違う環境で、別の食べ物を、食べて育ったから、姿かたちが、違う人間になっている」

ということも、同時に、わかるそうです。

パラレルワールドには、精神世界などに興味のない、一般的な人たちも、日常茶飯事に、行き来しているそうです。

たとえば、昔の友人や知人と昔話をしたら、お互いの記憶が、あまりにも違いすぎた経験は、たくさんの人がやっていると思います。

それはもちろん、単純に記憶違いもありますが、多くの場合、まったく違う世界、つまり、パラレルワールド的な別の地球から、それぞれの人が一時的に同じ地球で、出会っていることも多いそうです。

別の世界の住人だから、記憶が、違うということです。

つまり、その記憶違いは違っているのではなくて、どの人も正しいのです。別の世界の住人なのに、それぞれが同じ世界で生きていたと、勘違いしているのです。

例えば、私の記憶では子供の頃、母親から、

「あなたは、病院で生まれていないのよ。おばあちゃんの家で、自然分娩で生まれたのよ」

と聞かせていたと、思っていたのですが、アメリカに住んでいた頃、日本の母とこの話をしたら、

「あなた、何を変なこと、言っているの?あなたはちゃんと、病院の産婦人科で生まれたのよ」

と、言われて、ビックリしたことがありました。

「お母さんは、頭が、おかしくなったのだろうか…?」

と、本気で、思ったほどです。

しかし、それから数年して、またこの話をしたら、

「そういえば、あなたはおばあちゃんの家で、自然分娩で、生まれたんだったよね」

と、またまた違うことを、言われて、再び、驚いたことが、ありました。

子供の頃、家族や学校のクラスメイトたちが、ある日突然、まったく別人に見えて、怖くなった経験をもっている方も、いるのではないでしょうか?

私は、よくありました。

今考えると、あれは、本当に、別の地球に移行して、微妙に違う家族や友人たちと、会っていたのかもしれません。

Tさんによると、海底遺跡なども、学者などが地質学的な見解で説明しますが、そうではなく、時空間が少しズレて、建物が別の世界のまったく別の場所に出現することがよくあって、それが、超古代文明の遺跡だったり、オーパーツだったりするのだそうです。

面白いですね。

パラレルワールドは、言葉で表現するのは、なかなか難しいそうですが、たとえば、いろいろな可能性の地球が無限に星の数ほど、存在しているそうですが、これは、過去、現在、未来という時系列には、並んでいないそうです。

ただ、それだと、私たち人間は、論理的に考えられなくなり、不安になるので、3次元的に、組み立てているのだそうです。

それを、「前世」や「来世」と呼んだり、「輪廻転生」という現象で、説明したりしているそうです。

さらに、「因果応報」や「カルマ」というのも、私たちが、わかりやすいように、そう解釈しているだけのようです。

実際には、もっと自由自在で、いくらでも、リセットしたり、組み立て直したり、入れ替えたり、書き換えたりできるのだそうです。

これは、宇宙存在「バシャール」も、常に語っている世界観ですね。

先週、久しぶりにTさんと食事していたら、またまた面白い話を、聴きました。

ちょっと前に、ロシアに、大きな隕石が、落下するという事件が、ありましたよね。あれは、不思議な事件でした。

いろいろな説があるようですが、あれほど大きな隕石がほとんど被害を出さずに、池のようなところに小さな破片だけを残して、消滅していました。

Tさんによると、あの日は本当は、その隕石が地球に激突した時点で、地球が爆発して粉々になり、無くなってしまったのだそうです。

しかし、私たちが、心の奥底で、

「そういう地球は、体験したくない。別の地球で、暮らしたい…」

こう決心したら、瞬時に、

すーっ…

と、別の世界の地球に、移行したのだそうです。

何の努力も、苦しみもなく、簡単に救われたのだそうです。しかも、そのことにほとんどの人が気がついてもいないという、凄い現象が起こったのだそうです。

こういう話を、Tさんはいつも、ニコニコしながらサラリと言います。

私が、「ええっ!!」と、驚くと、

「何を、そんなに、驚いているんですか?」

という顔で見るので、傍から見たら、まるで漫才をやっているように、見えるかもしれません。(笑)

今まで、私たち人間は、「世界平和」や「核兵器廃絶」などは、夢物語で実現不可能であると思っていましたが、実は心で、そっと思うだけで、1秒で、

すーっ…

と、そういうことが、実現している新しい地球に、移行できるということなんですね。なんということでしょう!

昔から、

「世界を、変えることは、実は、簡単なことなんですよ」

と、たくさんの高次元の存在たちが、メッセージを、伝えてましたが、宇宙存在や天使たちからのメッセージだと、いまいち、ピンとこなかったのですが、同じ人間のTさんの口から、話を聴いて、ようやく実感が、持てました。

「新しい地球」

これは、努力して、創りあげるようなものではなく、私たちが、ちょっと、意識すれば、瞬時に、実現している世界みたいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

詳細を覚えてはいないけれど、私もの頃、記憶に残っている人の顔の印象が、後日その人と会った時、随分違うと感じて(あれっ?)と思ったことは何度もありました。

子供の記憶はあやふやなんだなと思い、気に留めてなかったですけど。

もしかしたら、私もパラレルワールドに足を突っ込んでたのかなぁと思ったら、ワクワク しました

地球に生きる私達一人ひとりがちょっと意識を変えるだけで、世界平和はあっという間に実現する。

そのことは、いつ頃からだったか、感覚的に実感するようになりました。

あと少し、意識の向く先を変えれば良いのだけど、その「あと少し」が、生きることに忙しすぎたり、今の自分を好きになれなかったり、真実が隠されたりと、いろいろ阻まれてると感じています。

今は、世界平和が実現する前の、混乱期。おそらくこれも、私たちが選んでいる。

そのことに気づいて、握りしめている手をパカッと開いて、心を開けば、地球規模の変化が起きるだろう。

その見えない波はあっという間に地球上を覆い尽くし、孤独な北の若い将軍様にも届き、あらゆることが穏便に解決されると思う。

私、誕生数が33/6なので。やっぱり変かもしれないけど 、こういう思考が浮かびやすいです。

ちょいと残念なことに、今はまだ、こういう思いを発する人の方が浮いてしまう時代。

それでもあきらめず、私はここに立ち、世界の平和が実現するのを見届けたいです。




Blogdecobanner8

2013年4月13日 (土)

ルートビアブラウンのペンダントトップ

アンダラには、こげ茶色のルートビアブラウンがありますが、色目が地味なせいか、最近はあまり注文を頂いてなかったですが。

久しぶりに注文を頂いて、ワイヤーを巻きました。一人の方から二つ注文を頂いて、

201304is1

↑まず一つ目は、厚みの薄い部分が透けて見えるのがわかると思います。

中央やや下に虹がくっきり入っており、アンダラ自体もなかなか美しかった です。

201304is2

↑もう一つは、厚みのあるアンダラです。これはちょうど鉱床の表面(端?)にあったのか、滑らかでスベスベ、きれいなカーブも入って、キリッと男前なアンダラでした。

こちらは、原石らしい凸凹が少なかったので、いつもの巻き方と違うやり方で巻きました。革ひもは、長さ調節できる結び方にしてあります。

お客さんは、片方をご家族にプレゼントするそうです。どちらも大変喜んで頂いて、嬉しかったです



アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい。
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します。

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい。
・アクセサリーの注文は、こちらを参照下さい。


Blogdecobanner7
魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています。
よろしければ、応援クリックお願いします。

2013年4月11日 (木)

佐藤守さんの「自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」と、佐藤由紀さんの「今すぐ『言葉』を変えましょう」

今日は肌寒い一日でしたね。

3月は温かく、桜は早くに咲き、先週の春の嵐で花びらが落ちましたが、あっという間に葉っぱが芽吹き、他の木々の小枝にも新芽が生え、「山笑う」季節になりつつありますね

どうも天候が安定しないですが、風と仲良くして、次に何が来るのか教わりたいです。

新しいホームページはネット上でページ編集し、便利な機能が簡単に操作でき、今はこんなふうなんだ~と、新鮮な驚きの連続です。

私が自分でホームページを作った12年前を振り返ると、「隔世の感」という表現が決して大げさではないくらい、です。

さて、久しぶりに今日は、最近読んで面白かった本の紹介です。

2013041002

またまた、こんな本を読んでーと突っ込まれそうですが

普段、私がよく読む精神世界的な本と違い、元自衛隊パイロットだった佐藤守さんが独自に集めた自衛隊パイロットの体験談や、UFOに関する世界の情報を広く浅く紹介した本です。

佐藤さんは現在、70歳を過ぎたくらい(ちょうど私の親世代ね)

自衛隊ではタブーとされているUFOについて退官後にデータを集め、偏ることなく冷静に分析しており、よくぞこういう本を世に出して下さったと思いました。

時々、自衛隊の業界用語(と言って、良いのか?)が出てきて、わかりにくい点もありましたが。

昔から東北や福島の上空で謎の物体が観察されてきたことや、航空事故を予言した人の話なども紹介され、なかなか興味深かったです。

私はクリスタルベルのことを綴る割には、UFO関連の本はあまり読んでおらず、面白く感じたのかも。

UFO関連の本をよく読まれている方には、知っている内容が多いかもです。

UFOを肯定も否定もしないけど、そもそも実在するのか?そんなふうに思う方が読まれるのが、一番良い気がします。

2013041001

もう一冊、こちらも地に足ついた本です。

普段なにげなく使っていた言葉を、肯定的な言葉に意識して使い始めたら、会社で2年連続20億円もの売上記録を作った、佐藤由紀さんの実話です。

一般的なOLだった佐藤さんが体調も崩すほど苦労しても、初めはなかなか実績を作れなかったこと、言葉の重要性に気づいて、どのように成功していったか。

その経緯は、就労経験のある人なら共感することが多いと思いますが、私も、その内容にグイグイ引き込まれました。

佐藤さんの仕事は外資系カード会社の営業で、数多くのお客さんとのやり取りの中で、言葉に磨きをかけますが。

実体験を元に、言葉を変えるとなぜ運まで良くなるのか、科学的に説明しているのが素晴らしかったです。どの話も、とてもわかりやすくて良かったです。

私は、一度読んでもう読まないと思った本は、ブックオフに持っていきますけど、この本は長く手元に置いて何度も読み返したいと思いました

2013041003

もう一つおまけに。これは本ではなく、お客さんから頂いたCDの紹介ですが、銀座まるかん社長の斉藤一人さんの講演会が録音されたものです。

「つやこ49」と入ってますね。時間は40分くらいです。ラジオのように、何かをしている合間に聞くと良い感じ です。

時折、おやじギャグも出てきますが、私たちはなぜ生まれてきたか、幸せになるコツ、なぜ病気になるのか、いろいろわかりやすく話されています。

斉藤さんは、「100回聞いて下さい」と言われてますが、ギャグが混ざりながらも、実は奥の深い話がてんこ盛りなので。

確かに、自分の中に落とし込むには、100回くらい聞くのがよさそうです。

こう言っては不謹慎かもしれないけど、落語を聞いてるみたいな感じがあり。

100回聞いても、ためになる話は「うん、真実ってそういうことだよね」とうなずき、笑える場面はグフフッと笑える気がするのです。

たまたま今日も聞いたのですが、「頑張りすぎる人や頑固な人が、ガンになる」という、ダジャレのようで、深いところを突いてる話が胸に響きました。

私、頑張りすぎる面があるので 、気を付けようと思いました。

ところで、このCDは3枚頂いたので、もし興味のある方がいらっしゃったら、お二人の方にプレゼントします。先着順です。

直接お会いできる方には、手渡しで。遠方の方は、ゆうメールで良ければ、送料はこちら持ちで送りますので、遠慮なくご連絡下さいねloon-dragon.336★nifty.com→★を@に変えて、送信下さい。



Blogdecobanner8

2013年4月 9日 (火)

クリスタル販売、セール開催!

2013040901

昨日はミラクル21の毎月の会合に出席、今日はパソコンスクールに行きました。

いろいろ話しましたが、やはり、今後も増えるスマホやタブレット画面でキレイに表示させたいので、早速明日からスクールに通い、新しいサイトを作ってみることにしました。

今までパソコンスクールに通うなんて、全く考えてなかったけど。

一人でやっていると視野が狭くなりやすく、客観的なアドバイスを聞けるのは有難いことだし、一人でパソコンに苦戦するのもタイヘンなので

通いやすい場所にあって、ラッキーでした。

何かのスクールに通うのは、10年ぶり。季節も春 で、心機一転、いろんなことがちょうど良くつながった感じです。

サイトが変わるかもということで、クリスタル販売のセールを行います。

モルガナイト、水入りアメジストポイント、セレスタイト、アクアマリン、フラワーアメジスト、ヒデナイト、各原石を30~40%OFFにしていますので、石のお好きな方はどうぞご覧下さいね




Blogdecobanner8

2013年4月 7日 (日)

新しいパソコン

2012060601

先月末、パソコンがどうのと綴りましたが。

その後、だんなさんがパソコンでネット検索しようとしたらあまりに動作が遅く、滅多に怒らない人がブチ切れました

それで、パソコンを買う話が急に持ち上がり、だんなさんの会社の後輩からアドバイスをもらい、去年の秋に出たモデルをネットで買いました。

それとは別で先週、だんなさんは携帯からスマホに変え(いろんな割引があり、格安で手に入ったそう)、今日は無線LANを買って設定し、我が家のIT化が一気に進みました。急激すぎて、追いつけんよー

今まで使っていたパソコンも無線LANでつなげられ、やれやれでしたが。

パソコンのセットアップは一人で済ませたものの、その後はわけがわからないこと続きで 、新しいパソコンが嫌いになりかけたほど

今日は、私がわからなかったあれこれをだんなさんから教わり、助かりました。

ホームページは、近所のパソコンスクールの無料体験で相談することに。

新しいWindows8はまだ使いこなせないけど、起動とシャットダウンはものすごく速く、インターネットも亀がウサギに化けたくらいに速くなり、良かったです。

この記事も新しいパソコンで入力してますが、なかなか快適 です。

まだドタバタしそうだけど、新しいことを楽しんでいこうと思います




Blogdecobanner8

2013年4月 3日 (水)

阿蘇山周辺の旅・その4

2日目の晩は内牧温泉に泊まり、最終日は宮崎県の高千穂を目指して走りました。

運転してまもなく、山で野焼きしているのが見えましたが、遠くからでもかなりの範囲が燃えてるのがわかりました。

観光行事ではないと何かの案内で読んだけど、あれは確かに、遊び半分で見るものじゃないなぁと思いました。

宮崎県に入り、休憩しようと寄った道の駅には、トンネルで焼酎が貯蔵されてました。

2013040301

鉄道トンネルとして掘られたものの難工事が続き、途中で掘るのをやめたのを町が買い上げ、気温と湿度が年中安定しているので、焼酎の貯蔵場所になったのだとか。

トンネル入口は自由に入ることができ、入ってみたら、ホワンと焼酎の匂いがしていました。こういう場所も、あるのですねー。

この日、初めに目指したのは国見ヶ丘です。神話の世界で、神武天皇の孫である健磐龍命がこの丘から国を見たという伝説が残る丘です。

2013040302

この日は朝から晴天 で、素晴らしい景色を楽しみにして行ったのですが、やはり、遠くの方はきもーちぼんやりしてました。

↓パソコンの方は、クリックすると大きい画像が見られますが、

2013040303

せっかくの絶景も、私の腕ではあまりうまく撮れませんでした

ここに初めて来た時は絶景にすっかり魅了されたけど、今回の旅では、押戸石の丘や大観峰からの景色も素晴らしく、ちょっと感動が薄まった感じ ?になりました。

看板の石像のある丘に登ったところで、ふと空を見上げると、ちょうど私達の真上にベルが飛んでいて、機体のお腹をピカッと光らせてました。

私達は旅先でよくベルを見るけど、だんなさんはすっかり慣れた様子です。理系の人だけど、ベルやスピリチュアルなことに理解があって、助かってます

今回の旅ではよく、空に何も飛んでいないのに渦を巻く音が聞こえましたが、ここでも聞こえました。

その後、天岩戸神社へ行きました。意外にも、だんなさんが行きたいと言うので、行くことに。

かつて東国原知事がここに来た話を聞いて、一度行ってみたいと思ってたそうです。

2013040304

ここから天安河原へ歩いて行けるので、行ってみました。

神話の世界で、岩戸に隠れた天照大神に出てきてもらおうと八百万の神々が集まり、会議をしたと言われている場所です。この日は土曜日だったせいか、観光客が多かったです。

2013040305

熊本や宮崎では桜が満開でしたが、このように新緑が目にまぶしかったです。小川は澄んでおり、小魚が泳いでいるのが見えました。

天安河原の洞穴の中は暗く、きれいに撮れなかったですが、洞穴の中から撮ると、↓こんなふうです。

2013040306_2

この後、来た道を戻ったら、観光バスで来たらしい人達がドッと来ました。通路も洞穴も狭いので、タイミング良くすれ違い、良かったです。

その後は熊本に戻り、山都町の幣立神宮を目指しました。

幣立神宮のことは随分前から知ってたけど、とても遠くて行けないなぁと思っていたのが、2005年に初めて来て以来、これで4回目です。

前の晩に泊まったホテルに阿蘇ジオパークのパンフレットがあり、なにげに見てみたら幣立神宮が紹介されていたし、車のナビにもしっかり載ってました。

以前は、知る人ぞ知る場所だったけど、これも時代の流れなのでしょう。

駐車場で車から降りると、ものすごい強風が

あれ、こんなに風が強かったんだと、ちょっとビックリしながら境内に上がると、そこでは全く風は吹いておらず・・ 何か、清めの風だったみたいです。

2013040307_2

境内の中は気のせいか、初めて来た時と少し違う感じでした。

2013040308

↑杉並木にて。ここは大樹が多くありますが、枝っぷりが随分とユニークです。この土地のエネルギーの影響を受けてのことでしょう。

2013040309

↑今回初めて歩いた裏の散歩道にも、ユニークな枝っぷりの杉がありました。

帰りの飛行機にはまだ時間があったけど、空港目指して走ったら、手前の国道で道が渋滞してて(最初で最後の渋滞でした)。

ちょうどレンタカーを返す時間に到着し、良かったです。

今回の旅は、大雑把に行くところを決め、いきなり旅に出たけれど。

ここが良いよと教わった所はみな良かったし、どこもタイミング良く行くことができ、密度の濃い2泊3日の旅でした。

そうそう熊本では、お土産売り場にくまモンがいっぱいいました KumamonKumamonKumamon

気に入るのがあれば買おうと思ってたけど、欲しいものがあまりなくて、ピンバッチだけ買って帰りました

はー、長い旅レポートになりました、ここまでお付き合い下さったみなさん、ありがとうございました




Blogdecobanner8

2013年4月 2日 (火)

阿蘇山周辺の旅・その3

2日目はその後、阿蘇山をあちこち移動し、観光を楽しみました。

阿蘇山は1つの山ではなく、いくつかの連山全体を阿蘇山と呼び、面積がかなり広いです。平地を走っているつもりが、いつのまにか山道を走っていることがしょっちゅうでした。

阿蘇の山々が一番よく見える大観峰に行きましたが、天気は曇りで、遠くの景色はぼんやりとしか見えず、ちと残念でした。

2013040201

空に雲もかかっているけど、空気も澄んでいない感じで、普通の曇り空とはちょっと違う感じです。

黄砂か花粉かPM2.5のいずれか、またはミックスだったかも。

熊本にいる間は、なんだか喉にはりつく感じがあったり、鼻水が出てきました。でも、マスクをしている人はあまり見掛けなかったです。

2013040202

↓手前の土手が焦げてるのがわかると思いますが、辺り一帯の山のほとんどが焼かれてました。

2013040203

緑の山や、放牧の牛の姿が見えなくて、ちょっと残念でしたけど、これはこれで、地球上ではない火星っぽい雰囲気で、とても良かったです。

2013040204

山に囲まれた平地は田畑がどこまでも広がり、これまた圧倒されます。

山の保水の恵みで水が湧き出るこの地に、稲作が伝わった昔に思いをはせると、日本の歴史は九州からスタートしたのだなぁと偲ばれます

2013040205

JR阿蘇駅そばの道の駅では手作り弁当が充実していて、私は鳥飯おにぎりと唐揚げ、だんなさんは肉巻きおにぎりを食べましたけど、どれもとても美味しかったです。

その後、草千里に寄り、火口周辺に行こうとロープーウェー乗り場に行ったら、火山ガスが多くて運休になってました

が、しばらく待っていたら、運転再開ラッキー でした。

早速上に登りましたが、ロープーウェーから降りると咳が出始め、止まらなかったです。

有毒ガスを吸うと、体って反応するのねぇと感心しましたけど、周りの人達もたくさん咳が出始め・・ 

ちょっとまずいんじゃないかと思いつつ、展望台に上がったら、有毒ガスが強くなったので、至急山を下りて下さいと誘導され、すぐに降りることに。

2013040206

下りる前に、数枚撮ったうちの一枚がこれ↑です。

以前ここに来た時は、写っている遊歩道を歩き、火口の中に神秘的な青い湖が横たわっているのを見られたのにな。また機会を作って、見に行きたいです。

2013040207_2

最後に、肥後国の一の宮、阿蘇神社に行きました。

阿蘇の開拓祖、健磐龍命(たけいわたつのみこと 神武天皇の孫や阿蘇都比咩命(あそつひめのみこと)などが祀られており、今回の旅のお礼をしました。おみくじを引いたら、だんなさんも私も大吉が出て、嬉しかったです。




Blogdecobanner8

2013年4月 1日 (月)

阿蘇山周辺の旅・その2

熊本空港から押戸石の丘までは、車で1時間20分くらい。距離は結構あるものの、山を登ったり下ったりの国道には信号がほとんどなく、道路を走る車も少なく、スイスイでした。

この時期、阿蘇の山では野焼きをするそう。

山の草原はどこまでも(何キロも)野焼き状態が続き、こんなに広い面積を焼くとは知らずビックリしましたが、珍しい風景を見られて良かったです。

国道212号を北に進み、途中で細い脇道に入りますが、以前は未舗装だった脇道は車が通りやすくなってました。

駐車場に着くとNPOの方が迎えてくれて、いろいろ話を聞きました。

ここへの脇道も丘も、みな私有地だけど、観光客が増えて道が崩れて大変なことになり、保全のためにNPOを立ち上げたそう。

うぅむ・・ パワースポット流行りで、ここも知られるようになったみたいだけど。

丘の石達は、幸運を運ぶとか願いを叶えるものではないし、純粋に風景を楽しむ人が来れば良いね。

2013040103

↑NPOの方が作ったチラシの一部です。昔は地元の人しかここを訪れず、かつては大岩に登ると雨が降ると言い伝えがあり、稲刈りの時期に子供がここに登ると、大人から怒られたそうです。

駐車場から丘の上まで歩き、辿り着いたところで空を見上げると、真上にベルが飛んでました。

飛行場が近いので、飛行機かもしれないですけどね 。丘の上空でも、渦を巻くような音が何度か聞こえました。

2013040101

丘の上からの風景です。黒っぽい山肌はみな野焼きされたもので、360度どこを見てもこんな感じです(パソコンの方は、クリックして大きい画像を見て下さいね)

先月、熊本でPM2.5が多く観測されニュースになりましたが、この日も晴れていたけど花粉か黄砂が飛んでたようで、遠くの山はぼやけて見えにくかったです。

昨日貼り付けた大岩は、高さ5.5メートルです。丘の上には、もう少し小さい岩が点在してますが、今回は大岩だけにおでこをくっつけ、挨拶しました。

丘にいるのは私達だけ。風もなく、全く無音なのが不思議な感じでした。

前回訪れた時は大岩が泣いてるように感じて、私がなぐさめたふうだったけど、今回は私がなぐさめられた感じ

おでこをくっつけ、しばらくそのまま岩にくっついていたら、ジワワワーンと気持ち良いエネルギーがこちらに流れてきました。

2013040102

私はいつもアンダラ(シーフォーム)のネックレスをつけてますが、以前と同じように、このアンダラを岩のくぼみに入れてみました。アンダラと大岩は、何か交流してたみたいです。

小さい丸いくぼみは、岩の表面にたくさんあります。ペトログラフの一種だけど、個人的には、古代の英知が詰まっていると思っています。

いつか、このペトログラフを解釈できるまで、私達の科学が進歩しますように。

ところで今回は、素敵なガイドが丘を案内してくれました 。かわいい柴犬です

3週間くらい前にフラリと現れ、野良らしいけど(多分、どこかで飼われてた)、私達の4メートルくらい先を歩き、時折こちらを振り向きながら先導してくれたのです。

時々、土手を下りてピューッとどこかへ行ってしまったけど、また戻ってきました。

私は勝手に「まめすけ~」と呼び、頭もなでて一緒に歩いたけれど、気まぐれなところがあって、時には人に吠えることもあるそう。

2013040104

丘の上で私達がゆっくり過ごしている間は、豆助は遠くで座り、うつらうつらしてました。あんまりかわいかったので、そっと近づいて撮りました

2013040105

とってもお利口な豆助。人がちょっと怖い時もあるみたいだけど、どこに行ってもきっとうまくやれるから、生きたいように生きていきな。

さて、阿蘇周辺には温泉がたくさんありますが、火曜の教室でお客さんから「黒川温泉がすっごく良いよ」と聞いたので。

1日目の夜は黒川温泉に泊まることにして、212号を北へ走りました。

写真は撮らなかったですけど、黒川温泉は昔風の建物が街全体で揃っており、外観の色は黒~こげ茶色で統一されて。

アジアの異国のようでもあり、昔にタイムスリップしたようでもあり、ちょっと不思議な感じの温泉街でした。

私達が泊まった宿のお湯は硫酸塩、とっても気持ち良かったです

宿の方から、隣りの小国町の鍋ヶ滝が良いと聞き、次の日はそこに向かいました。

10数年前、松嶋菜々子が出たウーロン茶CMでその滝が使われて以来、人気が出たそうです。

2013040106

この滝は、滝の裏側へ行けるのです。滅多に見られないので、周ってみました。

2013040107

裏側は広い洞穴のようになってました。飛沫に少し当たりながらも、ワイルドな感じ が良かったです~




Blogdecobanner8

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »