« 車にこもる思い | トップページ | 南極の氷に埋まるUFO »

2013年6月12日 (水)

コロッケ食べたかったのは

2012060602

今日はミラクル21の月に一度の会合で、朝、電車に乗って名駅に向かっていました。

その時、私は本を読んでたのだけど、突然、コロッケが食べたくなりました

本の文章にコロッケが出てきたわけでもなく、周りにもコロッケを思わせるものは何もなかったのに、ほくほくジャガイモとひき肉の食感が、すっごくリアルに頭に浮かんできたのです。

その時間帯に何か間食してると、そういう妄想も出てくるかもだけど。私はそういう習慣はないし、お腹が空くこともないです。

ところが今日は、コロッケ食べたいと思ったら、猛烈にお腹が空いてきました。

しょうがないので、会合場所に行く前にローソンに寄り、コロッケを買おうとしたらなくて、代わりにお好み焼きもどき(コロッケ位の大きさ)を買いました。

会合が始まる前、お好み焼きもどきを食べたら、意外に美味しくて良かったです。

私、急にコロッケが食べたくなっちゃって・・ と、みんなに話したら、メンバーの一人が、

「それってきっと、コロッケ食べたい霊ちゃんが憑いたんだよ」

と言うので、え~~っ と思ったけど、妙な空腹感は確かに変だったし、ジャガイモとひき肉のリアルな食感イメージも変だったから、そうかもしれんなと思いました

私が食べたのはコロッケじゃなかったけど、妙に美味しく感じたのは、その霊ちゃんがパクついた満足感だったのかしら。そうだったら、良いな

人間って、目に見える肉体が全てではなく、思考や思念が現実世界に与える影響って多大で。

肉体を脱ぎ捨てた霊の存在になっても、いろんな形で、私達人間に何かしら響かせるそうです。

こんなふうに急に何かをしたくなった時は、できるだけするようにしてるけど。コロッケ食べたかったのは、子供だったのかなぁ。




Banner01

« 車にこもる思い | トップページ | 南極の氷に埋まるUFO »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車にこもる思い | トップページ | 南極の氷に埋まるUFO »