« アンダラを預かって | トップページ | 今日はビジョンクエスト・タロットで »

2013年9月24日 (火)

昨夜の空耳

2012060605

私は20代の頃から、自分に関する小さい予知を日常的に感じ取っていました。

その頃は、そういう自分の直感をいつも「気のせい」で片付けてたくせに、大きなものから小さなものまで、大事な選択はいつも直感で選び、事なきを得ていたように思います。

今の仕事では、久々に連絡頂くお客さんなど、前日にその方のことをふと思い出すことが多いです。

メール頂く前に、テレパシーで先にキャッチしてるみたいです。

あとは、日常生活で小さなことをいろいろと、です。

少し先の未来(1日、1時間、30分先)の私のこととか。細かいことをリアルに感じるものでもないけれど、大雑把に把握できるので、多分、助かっている面は多いと思います。

で、最近、自分以外の誰かの声が聞こえることがあります。突然、頭の中に誰かの声が響いてくる感じです。

私はその時、何か作業をしてるとか、移動している最中とか、何かしら軽く集中している時に聞こえることが多いようです。

聞こえると言っても、一言二言がほとんどで、その時の私の意思や考えに全く関連のない内容がポッと聞こえて終わりで。

私は、目の前の日常の方が大事なので、聞こえても気にせず、すぐに忘れて気に留めてませんでした。

そういえばこの頃、そんなことが続いてたなと、ようやくこの頃思い始めて、振り返ってみると・・

・声の主は、男性が多いみたい

・どうも、声の主の心の声を、私は聞いてるらしい
 日常の普通の会話ではまず交わされない、直球ストレートな恨み節が聞こえたことがあるから

・私の知らない姓を、呼んでいるのを聞くこともある

そんな感じです。

昨夜は不意に、「朝は、全ての人に平等にやって来る」と聞こえ、どうやら美しい、清々しい朝を指しているようでした。

それで今朝は、洗濯物を干す前、ベランダから見える風景を眺めながら、(朝は、全ての人に平等にやって来る・・ か)と心の中でつぶやきながら。

そうね、昨日までいろんなことがあっても、朝は、それをリセットするようなところがあるわねと思い、勝手に感慨深く思ってました

こういうことは、みな意識していないだけで、誰もが経験していることじゃないかな。

私達の思念や想念は、目に見えなくとも空間を飛び交い、場所によっては思念が充満することも大いにある。

そして脳は、想念の発信器と受信機を兼ねてるだろうと、私は思ってます。



Banner01

« アンダラを預かって | トップページ | 今日はビジョンクエスト・タロットで »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

アンテナの受信範囲が、 幅広いのも考え物ですね。
私の方は、自分の各年齢のランダムタイプです。 その時々の出来事や、夢の中の自分と過去・未来の
意識が、ふと気が付くと。繋がりっぱなしだったり、色々です。

*夏々さん

う~ん、なんとコメントしたら良いのか、しばし考えました

このブログでは、私の経験がみなさんの参考になればと思い、
いろいろ綴っています。
こういう体験談は、アクセサリーが本業の私にはやや専門外ですので、
ご自分でブログなり、フェイスブックで発信されるとか、
私より専門の方につぶやかれて下さいマセ。

はーい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンダラを預かって | トップページ | 今日はビジョンクエスト・タロットで »