« この一年は | トップページ | そうそう、紅白歌合戦は »

2015年1月 1日 (木)

今日、夢中になって読んでるマンガは

新年明けましたね

挨拶が遅くなりましたが、去年も一年、私のブログにお付き合い下さったみなさん、本当にありがとうございました。

今年もまた、どうぞよろしくお付き合い下さいね

年末は、普段掃除しないところをちょいちょい掃除しながら、ネックレスの写真撮影や画像加工、サイト更新に没頭していました。

販売ページを更新したくても、なかなかできないですが。夏に行ったクリアランスセールをまたやろうと思い立ち、12月中に行うつもりが、年末にドタバタしました。

5日(月)に更新予定です。更新した際はここでお知らせしますので、是非ご覧下さいねー

さて、元旦はいつもベランダで初日の出を見ては撮影し、ここに載せています。

去年は曇りで撮影せず、今年の天気予報は雪となっていて、どうなることかと思いましたが、

2015010101

予報通りに、雪でした

細かい雪がたくさん舞ってましたが、この雪は積もらずに溶け、今日は晴れたり曇ったり、時々細かい雪が控えめに舞ってました。

今年のお正月は、あるマンガを読もうと前から楽しみにしてました。

今日は午後から読み始めたら、とーっても面白かったですが、読み進めるのに時間がかかり、7巻全部読もうと思ってたけど、難しいかも

2015010102

夢中になって読んでいるのは、山岸涼子さんの「日出処の天子」。聖徳太子が主人公です。

私が中学~高校の時に流行っており、本屋で立ち読みしたような?

あやふやな記憶がありますが、私、歴史は好きでも、たくさんの登場人物が出てくる小説やマンガは読むのが苦手で、これは読んだことがなかったです。

今回、1巻から7巻までまとめてお借りしたのですが、登場人物が多く、ちょっとしたエピソードが後につながる伏線になってたりするので、まとめて読むことができて、本当に良かったです。

私、マンガは中学からあまり読まなくなったので、山岸さんの作品を読むのは初めてです。

人物の表情や衣服が細部まで描かれていること、様々な登場人物の心模様が読者にわかりやすく描かれていること、今読んでいるのは3巻途中をだけど、ストーリー展開にすっかり引き込まれ、山岸さんってすごい方だなと、今さらながら感心しています。

学校で習う歴史って、年号と重要な事件の暗記がメインだけど。

本当は、どの出来事にも少々複雑な人間模様があり、何がどうなって、血みどろな結末を迎えたのかなど。

そういうことをじっくり教わることができれば、歴史が身近に感じられてとても面白いのに・・ と、よく思います

本はいつも、読んでからここで感想を報告するけれど、読んでる最中からあまりにも面白いので、書いてしまいました

子供の頃から聖徳太子がなんとなく気になる存在で、大人になってから聖徳太子にゆかりのある寺を訪ね、数年前にようやく奈良の明日香村も回り。

先々月は大阪の四天王寺にも行くことができ、私自身は今、日出処の天子を読むことになって、ベストタイミングだと感じています。

では、今からまた、続きを読みます。読み終わって、感じるものがあったら、またレポートします



Banner02_2

« この一年は | トップページ | そうそう、紅白歌合戦は »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくお願い致します。
ほおぉ〜!
私、大好きでしたよ。
よくわかんないけど、面白いと思ってました。
淡々とした感じが。。。
絵も素敵ですよね。
懐かしい。。。

この歳で読んだらまた感想も違ってくるのかな。。
レポート楽しみにしています♪

*ティニママさん

おー、こちらこそ今年もよろしくお願いします!

ティニママさんも読まれてたのですねっ♪
今もまだ途中読みですが、夢の中で同性愛とか、
兄と妹の思いがけない契りなど出てきて(^^;)、
んまービックリ!
でも、ストーリーにグイグイ引き込まれます☆

山岸さんは、どのようにこのような話を組み立てられたのか。
一部は作り話で、でも、一部は事実のような気すらしてきます。
ティニママさんもどこかで読む機会があれば、是非!

『日出処の天子』、高校生の時に、高校の図書館に揃っていて、女子に大ブレイクしていました。懐かしいです〜

愛憎ドロドロでf^_^;異色のストーリーですが、真実も含まれているような、凄みを感じていました。

私も夢中になって、ゾクゾクしながら読みました。

あまりに面白いので、授業中もコッソリ読んでいました。

先生にはバレバレだったんでしょうけど…( ̄▽ ̄;)


太子の娘が主人公の、続編も出ているらしいですが、未だ読んでいません。
機会があれば、読み直してみたいなぁ

*やよいひめさん

高校の図書館に揃っていたとは、恵まれてましたねー♪

私が読んだのは、白泉社文庫シリーズですが、
最後の7巻に、その続編が載ってました。

これまたまさかの展開で、ハッピーエンドではないので、
全巻読み直したついでに、読むのが良さそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一年は | トップページ | そうそう、紅白歌合戦は »