« お気に入りの店が流行らなくなったのは | トップページ | アクセス解析を見て »

2015年4月13日 (月)

KANTAさんのリアル・スピリチュアルマスターセミナー

2012060604

今から10年以上前、瞑想など行うワークショップやクリスタルの勉強会に参加したり、守護存在のメッセージを受け取るセッションを受けたりと、スピリチュアルな催しはいろいろ体験してきました。

今ではビジョンクエスト・タロットでカードリーディングも行うようになり、そういう類いの勉強会に参加する側ではないのだけど。

機会があれば、お目に掛かりたいと思う方がいました。

その方は、お客さんから教わったmisaさんのブログで紹介されていたKANTAさんです。

突き抜けた内容をブログで発信している方で、いつも楽しく拝読しているけれど、この頃は私もついて行けない内容が増え、半信半疑に思うことも。

それでも、目を半分閉じ、半眼で彼のブログを見ると、嬉しい楽しいエネルギーにあふれており、私の中の好奇心アンテナがピピッと反応し続けてました。

おととい土曜に大阪で、KANTAさんのリアル・スピリチュアルマスターセミナーが行われることを知り、ギリギリまで迷ったのですが。

ちょうどこの日、だんなさんは朝から晩まで出掛け、私も他に予定がなかったので、思い切って行くことに。

大阪まで行くのだから、親しくしている関西の姐さん達とお茶したかったけど、スケジュール的に難しかったので、誰にも言わなかったです

このセミナーのことは、ブログにも書かないつもりでした。

こういう会に参加するのは、これを最後にしよう。そのつもりで、得られるものは貪欲に吸収しようと、心に強く思って臨みました

早朝に家を出て、朝日を浴びながら、(今日参加されるみなさんにとって、どうか良い会になりますように)と祈りましたが、参加者それぞれ、強い印象が残る会だったと思います。

私自身は、KANTAさんが何気なく話すことが全て、私には直球どストライクで。

「今のままの自分で良い」のを腹までストンと落とすことができ、言葉で表すのが難しいくらい、とても嬉しかったです。

******

私は、人様の過去世が時々見えるのですが、誰にでも見えるわけでないし、そもそも、見えるものが本当にあったことなのか、私の頭が作った妄想ではないかと、いつも思っていました。

自分の見えるものに、自信が持てなかったのです。

このセミナーには、15人が参加しました。席はどこに座っても良かったのですが、私はある方が妙に気になり、その隣りに座りました(以下、仮名で「Zさん」にします)。

私は他の方とはしゃべりましたが、Zさんは誰とも話さない様子だったので、私から話し掛けることはしなかったです。

セミナーが始まると、だんだん、Zさんの過去世の様子が見えてきました。

「見える」と言うのは、眉間の裏辺りにスクリーンができ、そこに映像が映る感じです。大体、私は一枚の写真を見るような感じで見えます。

多少ストーリーは感じるけれど、江原さんのように詳しい人生ドラマは見えないです。

Zさんの過去世は修験者の姿で、何やらとても重い荷物を背負っています。それが、実際に重い荷物なのか、または、精神的に荷が重いことを指すのかは、わからないです。

何か答えを求めて、修行にも励んでいた気がする。けれどその人生では、修験者は思いを遂げる前に命を落としてる。そんな様子が感じられました。

******

KANTAさんは、ブログと全く同じくハイテンションでした。

「(知りたい答えなど)全ては、自分の内にある」
「自分の中心軸で生きることが、何より大切」

「自分の体験、大好きな事、興味を大切に。
 それが、潜象界(見えない世界)につながるキッカケになる」

「観察すること」
「情報は、自分の内側から発信するのが大事。本の知識では、限りがある」

等々、KANTAさん自身の体験を織り交ぜ、現実世界で活かしていけるよう、ヒントを教えてくれました。

KANTAさんが一貫して伝えたいことは、至ってシンプルでした。

今、目の前にある記号や色、数字や聞こえる音、シンボルなどを、自らの体験フィルターで読み解くこと。それを、人に依存せず自立してやって頂きたいと。

KANTAさんは若い頃から「冒険ノート」を綴っており、今は46冊目(だったかな?)で、その努力の賜物に驚嘆しましたが。

面白そうだったので、私もやってみることに。その晩から、書き出しています。

実は先日、本棚を整理した時に、真っ白なノートが1冊出てきたのです。

なんという偶然と言うか、急き立てられるように本棚を整理したけれど、あれはやっぱり、私自身を整理したのだなと、改めて思いました。

******

セミナー後半で、KANTAさん誘導による瞑想を行いました。

今まで何度か瞑想会に参加したけれど、とってもリアルな映像が見え、あんなにクッキリはっきり見たのは初めてだったなぁと、昨日やっと気がつきました・・

瞑想の際は、私達をサポートする存在がたくさん来ていたそうです。

私は見えなかったけれど、参加者の思いが特殊な「場」を作り出し、部屋のエネルギーが高まっているのはジンジン感じました。

参加者2人ペアで向かい合って座り、片方が質問を投げかけ、もう片方が自分なりの読み解きで質問に答えるワークも行いました。

制限時間はそれぞれ、3分です。

この時、私はZさんとペアになり、Zさんが先に質問をされたのですが、思いがけない話を聞きました。

個人的な内容なので伏せますが、その日私がずっと見ていた過去世と関係があると直感し、思い切って話したところ、ビンゴでした。たった3分で、しゃべりまくりましたとも。

こんな密度の濃い体験、そうそうできるものではないです。本当に、この場に参加できて、感謝、感謝でした。やっと、私の見るものに確信を持てました。

******

セミナー終了後、懇親会に1時間ほど参加しました。

3つのテーブルを案内され、私は真ん中に座ったのですが、最後にやって来たKANTAさんは、なんと私の隣りに座りました。

しばらく一緒でしたが、他のみなさんもKANTAさんとしゃべりたいだろうな・・ と思ったら、あまり話せませんでした

書きたいことは、まだまだいっぱいあるけれど、このあたりで終わりにします

KANTAさんのブログを読まれ、胸にビビッと来た方は、是非お勧めです

ビジョンクエスト・タロットのカードリーディングに、過去世リーディングを組み合わせられたら良いな。そう思いました。

今、お客さんから依頼があると、対面でカードを引いていますが、1時間近くかかります。

これに過去世リーディングを加えると、1時間半は掛かるか。そうなると、無料でやるのは私も大変だな。

どう進めるか、まだ漠然としていますが、まずはホームページに書き加えてみようか。ちょこっとずつ、形にできますように



Banner02_2

« お気に入りの店が流行らなくなったのは | トップページ | アクセス解析を見て »

スピリチュアル」カテゴリの記事

過去世リーディング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お気に入りの店が流行らなくなったのは | トップページ | アクセス解析を見て »