« ワックスコードで左右結び② | トップページ | 「かぐや姫の物語」を見て »

2015年6月27日 (土)

自由な意識

2009061902

今日のイピアルでの教室は、店主の温子さんがめがねチェーンを作りたいからと、さりげなく参加してくれました。んもー、ホントに感謝感謝でした

昨夜、久しぶりに自分にビジョンクエスト・タロットを引いて。4月にカードを引いて以来2か月ぶり、その時に出た内容はざっと手帳にメモしてました。

25日に綴ったことをカードに聞いてみたら、思いがけず積極的にやってみたらという内容が出て、それもそうかぁと納得。

どうしたものかと、ちょっと悩んでたのに(笑)。カードのアドバイス通りにするのは難しいけれど、できることからやってみようと思いました。

各地で行っている教室について1枚ずつ引いたり、私がカードリーディングすることについて聞いたら、これまた興味深かったです。

メモしなくてはもったいないと手帳に書き込み、最後に「今の私へのメッセージ」を1枚引いたら・・

4月に健康面で聞いた時に出た手厳しい☆カードがまた出て、辛辣ながらも当たってるので、思わず苦笑い

どうして的確に出るのか。素朴にそう思いつつ、カードとつながると言うのがだんだんわかってきて、ありがたいです

*****

今朝、起きる前まで夢を見てました。

詳しく覚えていないのが残念なのだけど、2つの場所に存在する2人のことを同時に見ていたような、または、2つの場所に一人が同時に存在するのを見ていたような?変わった夢で。

目が覚める直前、2人の顔を見た気がするけど、一人は金髪の男性、もう一人はよく覚えていないです。

私は夢から目が覚めるのがわかっていて、(私が関わった2人には、2人とも、幸せになって欲しい・・)と思いながら、目を覚ましました。

*****

数日前、浅川さんサイトでハヤブサ幼鳥の画像を見て、カッコいいなと思い、パソコン画面の背景に拝借してました。

今日、若い男の子とすれ違った時、羽根飾りをつけたアメリカインディアンがデザインされたTシャツを着ているのを見て。

私もかつて、こうだったかしらとふと思い・・・

頭につけた羽根飾りに風が当たると、どんな感じだったか。

思い出してたら、ほんの短い時間、私はインディアンの姿で闊歩し、乾いた大地の空気感を私の周りに再現した気がしました。

プエブロの誇りを、私は伝えているだろうか。まだこれからだね。

*****

去年末にアナスタシアの本を読みましたが、数か月後、お客さんから2巻を頂きました

ようやくこの頃、2巻を読み始めましたが、初めは1巻に続く内容ながら、さらにズシリと胸に響く内容で・・ 

今日は電車の移動や、教室に行く前のスタバでじっくり読み、思ってもいない展開にハラハラドキドキでした。

読み終えたら、またここで詳しく紹介しますが、どうかこの本が世界中の人達に読まれますようにと、アナスタシア風に純粋な意図で、祈りたくなりました。

帰りの電車では、本の中身にどっぷりハマり。

アナスタシアのエネルギーを私の周りに引っ張り込み、車両まるごと、ちょっと別次元へ移動させたかもしれないと思ったほどでした

*****

とまぁ、昨日から今日にかけ、なかなかぶっ飛んでました(^^;)。

物質世界のことが大事なので、仕事や家事をする時はそれらにしっかり集中してこなし、その短い合間に、意識は自由に飛ぶという具合です。

私達が普段、なにげなく思っていることや、強く思念していることは、見えない世界と見える世界にもれなく響き、つながっています。

そのことを、これからもわかりやすく発信できますように。



Banner02_2

« ワックスコードで左右結び② | トップページ | 「かぐや姫の物語」を見て »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

寺本さん、お久しぶりです。ただいま一時帰国中です。
アナスタシア、帰国して早速第2巻を買って、面白くてあっという間に読了。昨日第3巻を買いました。さらにさらに思いがけない展開です。第1巻を読んだ時はこんな面白い展開になるとは思ってもみませんでした。第4巻はどこの出版社から出るか未定みたいですね。待ち遠しい!ロシア語ができればいいのに。

*今井さん

お~ぉ、おかえりなさい

さすが、読まれるスピードが早いですね☆彡
私はその後、続きを早く読みたいけれど、
読むのがもったいない気もして、まだ読んでいないです(^^;)。

4巻はどこから出るか未定だなんて~
翻訳の方が孤軍奮闘されているのでしょうか。
こういう本こそ、大手出版社が英断して出して欲しいです

*もう一度、今井さんへ!

今、調べたら、「共同の創造」という題名で、 四巻が出てました
が、出版元は在庫がないし、アマゾン中古本はとんでもなく高価・・(*_*;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワックスコードで左右結び② | トップページ | 「かぐや姫の物語」を見て »