« 今朝見た夢 | トップページ | プラチナエンゼルでキョロ缶♪ »

2015年10月 9日 (金)

パトリック・ハーランの「ツカむ!話術」

2015100901

カードリーディングをしていると、時々言葉に詰まるので(^^;)、何か参考になればと、パックンの本を買いました。

カードリーディングに役立ちそうな会話術の本って、一体どんな本なのか(@_@)?

さっぱりわからないし、アメリカ出身で芸人でもあるパックンの本なら、意外に何か参考になることがあるかもと、ちょっぴり期待も込めて選びました。

これがなかなか、良い本でした。残念ながら、カードリーディングでは活用できなさそうだけど、私で例えると、

①こうしてブログで情報発信する時や、
②教室でお客さんと会話する時に、参考になることがいろいろ載っていました。

私は今でこそ、初対面の人に自分から話しかけるのは平気だし、会話を楽しく続けるコツも知っているけれど。

子供の頃は引っ込み思案で、気の合う友達とは親しくつきあったけど、コミュニケーション自体が苦手でした。

社会人になると、いろんな年代の人とうまくやってゆきたいけど、初めは何をどう話して良いのかわからず・・・。

自分の感情を抑え、相手に合わせることが多くて、20代は胃痛が絶えなかったです

当時、アナウンサーだった方が書いた本を読んでは、参考にしたけれど。

20代でパックンの本を読めていたら、夢中になって読み、早速実践しただろうと思いました。おまけに、パックンに恋もしたかもよ。ウフッ

40代の今では、パックンの解説を読んで、(おぉ、それは実践できているわ)(私には、これは足りないわね)等々、ほめられたようで嬉しかったり。

何を磨くと良いか自分を客観でき、良かったです。

パックンは日本に住むようになって20数年、日本とアメリカの様々な違いに時には戸惑いながらも、理解を深めていった様子。

日本人のコミュニケーションの長所や短所、「空気を読む」について外国人ならではの分析。

「アメリカ人ならこうする」エピソード、アメリカ大統領選での話術など、初めて知る事も多く、興味深かったです。

後半は、スピーチやプレゼンのコツが書かれており、会社勤めしている方には大いに役立ちそうだけど、私には難しく、読み飛ばしたページもありましたが。

全体は、パックンの話し言葉が読みやすいです。母国語ではない日本語でこれだけ文章を書けることに、素直に感心もしました

就活中の人、部下を抱える人、人前で話す機会のある人、合コンや婚活の会話の参考に、視野を広げるキッカケに。

自分の会話を振り返るツールに、海外へ出る前に、普段読まない本を読みたい人に、是非どうぞ




« 今朝見た夢 | トップページ | プラチナエンゼルでキョロ缶♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝見た夢 | トップページ | プラチナエンゼルでキョロ缶♪ »