« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

5連コイルのブレスレット

ここ数日、教室でバタバタしています。ブログにいろいろ綴りたいけれど、今日は簡単に画像を。

2016022801

お客さんからリクエストがあり、5連コイルのブレスレットを作りました。

この頃は、春色を意識したアクセサリーも徐々に作っていますが、このブレスは春を通り越して、夏のよう

5連もあると、たくさんビーズを通します。石だと重くなるし金額も張るので、軽くてお安いビーズを使いたいですが、これだと思うものがなかなか見つからなかったです

時間ギリギリで発色の良いガラスビーズを見つけ、1連ごとにビーズの並びを変えてみました。銀色はファイヤーポリッシュガラスです。

接写すると大きく見えるけれど、実物は細い5連ですの。教室に来られる方は、実物を見て、手首にはめてみて下さいね

コイルの意味を調べると、「線輪ともいう。広い意味では巻線などのように金属線を螺旋 (らせん) 状に巻いたもの一般をさす」なのだそう。



2016年2月25日 (木)

今日届いたメールレター「自分の顔には、なんて書いてあるだろう?」

小田真嘉さんのメールレターを毎日拝読していますが、今日届いたのは含蓄があり、良かったです。転載OKなので、コピペしますね。

・‥…━━━☆・‥…

顔には
その人の生きてきた
歴史が刻まれている。

本音や本心を、ずっとごまかしてきた人は
どこか胡散臭さを発している。

大事なところで、ずっと逃げてきた人は
どこか薄っぺらい感じが出ている。

上手に言い訳して、何事も中途半端だった人は
どこか寂しさが漂っている。

自分が言ったことを、ちゃんと守り続けた人は
どこか安心感をまとっている。

心折れずに、人のために損をし続けてきた人は
どこか人をひきつける人徳を蓄えている。

一本筋が通り、信念を貫いてきた人は
どこか信頼感がにじみ出ている。

・‥…━━━☆・‥…

この頃は、偉業を達成した人を評して、「あの人はオーラがすごい」なんて言ったりしますね。

人は誰でも、生き方や考え方が細かな振動(エネルギー)として発せられ、その人の雰囲気になると思います。

ちょっと気になるあの人は、オーラが折れてる気がする。一体、今までどんなふうに生きてきたのだろう。私にできることで、何か手助けできると良いな。

私の顔には、なんて書いてあるだろう。

「とても落ち着いて見える」とよく言われ、10代の頃から実年齢より上に見られてきたけど。今もやっぱり上に見られてるみたい

人のことはわかるのに、自分のことってホントによくわからないのよね



2016年2月22日 (月)

タロット解説文にドキッ

先月から少しずつ、タロットの復習をしています

目標は1日1枚だけど、作ることに集中してすっかり忘れたり、教室から帰宅すると荷物を片付けるので精一杯だったりと、1枚のための時間を作るのが難しいです

まぁでも、何かしら目標を決め、ちょっとずつでも続けている私って偉いとほめながら、なんとかやっています

今日勉強したのは、伝統的なタロットの「ワンドのナイト」でしたが、

2016022202

正位置の解説文を読むと、まるで20代の頃の私みたいでした

・快活で情熱的な人 ・興味があちこちに移り、落ち着きがない様子 ・自己中心的で周囲を振り回す面もある 
・決断も早く、勢いがつくと成功する可能性もあるが、無駄にエネルギーを放出しないように心掛けたい、等々。

先日は、「ワンドのクィーン」でしたが、

2016022201

正位置の解説文を読んで、ちょっとドッキリ。

・気性が激しく勝気な面があるが、面倒見の良い人 ・積極的に関わろうとする、リーダータイプ 
・豪快で懐の深いところもあるが、自尊心が強く、自分の共鳴者にならない相手を露骨に毛嫌いする面もある

これもなんだか、20代の頃の私みたいで。「自分の共鳴者にならない相手を」というのはなかったけれど、嫌いな人を露骨に毛嫌いしたことはあったなぁ

ワンドは木の棒。人間が初めて歩いた時に、手にした道具。

敵を倒したり、食べ物を得たり、火をおこしたり、住居を築くなど、原始的な力の象徴。生きる気力、生命エネルギー、創造力、強い意思。四大元素の火地風水の「火」に相当。

私の20代は、今振り返ると、穴があったら入りたい思い出が多いのだけど。でも、その反面で、私を温かく見守ってくれる人も多かったかな。

私は射手座のB型だから、基本は「火」っぽいかもね。50代60代になったら、今よりは大きな器になっていたいです



2016年2月20日 (土)

今日のチューリップス

2016022001

今日は御器所のチューリップスで教室でした。

先月に引き続き、モナカ姉さんがフラリとやって来て、控えめにイスに座り、やがて眠りの世界へ。今日は雨で眠いのか、教室の最中はずっと爆睡でした。

丸まると、毛皮でできたボールみたい。たまに寝姿をチェックすると、さっきと頭の位置が変わってたり、手が伸びてたり。

お客さんとしゃべったり、近い所で物音を立てても、微動もしなかったねぇ。今度もぜひ、来てちょうだい



2016年2月19日 (金)

備瀬哲弘さんの「大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本」

今から13年くらい前から、発達障害について時々耳にするようになりました。大体は子供の発達障害の話でした。

そのうち、新聞で取り上げられたのを読んだりと、大雑把には知っているつもりでした。

ここ1~2年位は、だんなさんの身近な場所にそれらしい人がいて、相互のコミュニケーションがうまく取れず、本人より周りが振り回されるなど、大人の発達障害の話を聞くことがぼちぼち増えてきました。

そういえば、発達障害について書かれた本はまだ読んでいなかったので、一度読んでみようと思い立ち、アマゾンで適当に探したら、良い本に巡り会いました。

2016021901

著者は備瀬哲弘さん。「大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本」で、私は文庫本を買いました。

カバー裏に、

あなたは、「変わった人」と言われたことはありますか?

ちょっと「変」には理由がある。周囲の空気が読めない、何度注意されても同じミスを繰り返してしまうなど10のケースを例に現役精神科医の著者が発達障害を徹底解説。

「生きづらさ」を解消する第一歩は理解すること。自分は他人と違うかもしれないと悩むあなたへ。そして、身近にいる「変わった人」と、良好な関係を築きたいと願う人へ。

とありますが、まさに、そういう本でした。

おそらく実話に近い話だと思いますが、備瀬さんのクリニックに来院した患者さんとの会話を再現するなどして、解説がわかりやすいのが良かったです。

発達障害(脳の機能障害)そのものよりも、コミュニケーションがうまく取れなかったり、空気が読めないこと等が原因で、抑うつや心身症、対人恐怖や自己評価の低下という二次障害の方が深刻であること。

職場では、周りの人達がその言動に面食らい、精神経的に参って会社に行くのがつらくなる人もいるのを知って、なるほど・・ と納得でした。

読みながら、小学生の頃にいたちょっと変わった子や、様々な職場で出会ったちょっと変わった人のことを思い出しました。

私も何度か、変わった言動に面食らったことがあったからです。

中には、軽度の発達障害だったかもと思える人もいて、もしその時にこの本を読んでいたら、私ももう少し違う対応もできたのでは・・ と思いました。

本の最後には、自分が発達障害か判断する簡易チェックリストもついています。

私自身、子供の頃から(私ってちょっと変わってる)という自覚があったので、試しにやってみましたが、「発達障害の傾向は弱い」と出ました。

どちらかと言うと、本人よりも、周りの人の理解が深まるのを意図して書かれたように思いました

私のように、ざっくり知っているけど詳しくは知らない人に、超お勧めです。



2016年2月18日 (木)

琥珀(こはく)を燃やしてみたら

2016021801

先日の記事で、クロムダイオプサイドと琥珀のビーズを紹介しましたが、それを使ってブレスレットを作ってみました。

淡水パールやブラックシェル(貝殻)も入れて。緑と黄色がお互いを引き立て合って、良い感じです。

さて、琥珀と言えば・・・

今の仕事の駆け出しの頃、石屋さんでしゃべっていたら、

「琥珀は火をつけて燃やすと、甘い良い匂いがする。石油系原料で作った偽物(プラスチック?)の琥珀は、同じように燃やすと、石油を燃やしたような嫌な臭いがする」

と聞いたことがあります。

そのことはずっと覚えていて、いつか琥珀を燃やしてみたいと思ってましたが。琥珀のビーズを手に入れても、なかなか、火をつける気にはならなかったです

が、今回、久しぶりに琥珀を手に入れたら、石屋さんで聞いた話を思い出し、試してみることに

平たいピンセットで琥珀のチップをつかみ、そっとライターの火を近づけたら、すぐに火がつき、よく燃えました。

2016021802

本当は、燃えてる様子を撮れたら良かったですが。ゴーゴー勢いよく燃えるので、左手にピンセットで琥珀を持ち、右手で撮影するのはちょっと怖くて、できませんでした。

上の画像は、火を消した直後の琥珀ビーズです。

それでね。匂いは、甘い香りではなく、木を燃やした時の匂いに近い感じ。浄化用ホワイトセージを燃やした時のような、スーッとする匂いもほんのりしました。

琥珀は、天然樹脂が化石化したものなので、木の匂いがするのかな。燃やすのがもったいないので、実験はこれで終わりです



2016年2月16日 (火)

つゆ結びストラップ

2016021601

教室で時間が余った時、サッと作れるものを提案しています。30分くらいある時は、つゆ結びのストラップをお勧めすることが多いです。

この頃はみなさん携帯からスマホに変えられ、スマホにはストラップをあまりつけないですが。バッグの持ち手や、ポーチなどのファスナーにいかがでしょう

石を変えては、ちょこちょこ見本を作っています。

上の画像、手前のストラップの石は、上からインディアンアゲート、シトリン、アメジスト、アズロマラカイト、ソーダライト。

奥のストラップは、花形めのう、めのう中央にモスコバイト、カーネリアン、シトリン、クロムダイオプサイドです。

もうすぐ春なのに、冬色な石ですが。インディアンアゲート、アズロマラカイトは在庫わずかです。花形めのうは、アジアチックなつゆ結びにピッタリなので、よく使っています。



2016年2月13日 (土)

滝沢泰平さんのシークレットミーティングへ

いつも、「天下泰平」さんブログを興味深く拝読しています。

ごくたまーに、眉唾かなぁ(*_*;)?と思う内容もありますが、文章にはいつもスーッと真っ直ぐ貫くものを感じ、それが心地良くて好きです。

滝沢さんの講演会は、機会があれば一度は行ってみたいと前から思い、愛知で開催されるのを待ってましたが、ようやく今日、岡崎で行われたシークレットミーティングに行って来ました。

このシークレットミーティングには、木内鶴彦さんが関わっています。

本当なら、木内さんにもお目に掛かりたかったですが、体調不良のため叶いませんでした(2年前、木内さんの本を拝読した時の記事は、こちらからどうぞ)。

滝沢さんは、ブログに載っている写真通りの方でした。そして、声がとっても良かったです

今日の内容は・・ シークレットと言うこともあり、詳しい内容は内緒。「ちょっと違った」という感想だけ、書いておきます。

事前に申し込みする時、本当はちょっと迷ったのです。

結局、滝沢さん目当てで申込んだけれど、その後キャンセルを考えたことも。具体的に、これという大きな理由はなかったけれど、直感と言うか、予感がしたのでしょう。

参加しなければ、何がどう違うのかわからなかったので、その把握のために参加して良かったと思っています。

2年前まで、浅川嘉富さんの講演会によく行きましたが、参加者は男性が多かったです。浅川さんの年齢に近い方も結構いらっしゃったのが、印象的でした。

今日は、参加者の9割が女性でした。ざっとエネルギーを感じて見ると、みなさんとても優しい方ばかり。控えめな方が多かったようです。

******

セミナーの後半では、ある音を聞きました。

その際、部屋の照明が落とされ、私は自然と目を閉じ、音を味わいました。音の響きに自分の意識を合わせる感じ、です。

誘導瞑想はなかったけれど、私は勝手に瞑想状態に入ったようです。

細くて長い意識体となった私が、すごいスピードで辺り一面を飛び回ってました。そこは「無」のような世界で、ある人の名前を叫びながら、探していました。

音に感動したのか、遠くですすり泣くような声も聞こえたような。私は泣くどころか、丹田にジュッ点火したような気が・・

今日来られていた女性のみなさんが自信を深め、胸を張って生きていかれますように。それぞれの道で、大輪の花を咲かせていきますように。

私は、願いを叶える思念と言うか、送信力が強いです。この願い、天に届いてもれなく叶いますように



2016年2月12日 (金)

ジュンク堂書店名古屋栄店へ

今日はだんなさんが有給を取り、「まるは食堂のエビフライが食べたい」と言うので、三越ラシックへ(まるは食堂のエビフライは何年かぶりだったけど、美味しかったです )。

その前に、先月オープンしたジュンク堂書店を通りかかったので、立ち寄りました。

私は本が好きで、20代の頃は大きな本屋に行くと立ち読みし、しばらく出られませんでした

あぁそれなのに、恥ずかしながら三省堂とジュンク堂が一緒になったことを、今日まで知りませんでした

本屋に入ったのは久しぶりでした。今日は平日、昼前の時間は空いていて、店内をザッと一周し、ちょこちょこ立ち読みしましたが、多種多様な本が揃っていて、とても魅力的&楽しかったです

本は、もう何年も前からアマゾンで買っています。

分野を絞り込んだり、ピンポイントで探せるのはとても便利だけど、たまには本屋へ出向き、見て歩いて探すべしだと思いました。

やはり、圧倒的に情報量が多いのが良いですね。

アクセサリーを作ったり、こうして何かしら発信するには、感性を磨いたり、情報を自分の中にインプットするのが大事なので。

この頃は、そんなことをひしひしと感じます。

去年末、タカシマヤの婦人服売り場をじっくり歩いた時、月に一度はこうやって見て歩くべしと思ったので、先日実行しました。

1カ月ちょいで、すっかり入れ替わるのねーーと妙に関心。

今は、服に一緒に掛けられているネックレスなど、服以外のものもじっくり見ています。

20代だった頃は服だけ見てたけど、今は服もバッグも見て、流行りの色と形、年代別の違いもざっと把握するようにしています。

20代の頃は自分の好みだけで見ており、それはそれで良かったけれど。あの頃はなんて視野が狭かったのかしらと、しみじみ思います

新しいジュンク堂書店は、私が乗り降りする駅から近いので、これからちょくちょく行くことにします



ハナイロさんの「東北へお花、今年も。」

来月、またハナイロさんが東北へお花を送ります。

毎年、私もささやかですが参加しています。お花を送りたい方は、一口500円でどなたでも&何口でも送ることができますので、賛同下さる方がいたら、一緒にお花を送りましょう。

以下、ハナイロさんブログからのコピペです。

・‥…━━━☆・‥…

今年も東北へお花を送りましょう、5年目になりますね。

内容は、毎年と同じです。

・1口¥500(カーネーション6~7本買えます)で受け付けます。

お預かりした金額は、すべて、岩手、宮城の保育園や支援学校へ贈るお花を購入するために使わせていただきます(梱包材・送料はフルクルが負担します)

もちろん!何口のご参加でもオッケーですっ。

・お花代はアトリエにご持参いただくか、振込でも可能ですので、右のメールフォームからご連絡ください。追って、振込先を記した返信をお送りします。

・ 合わせてメッセージカードもお願いしています。

メッセージカードもアトリエにご持参いただくか、郵送をお願いします、メールにて文面を記載していただければ、こちらでプリントアウトもいたします。

メッセージカードの形式は自由です、ポストカードでもいいですし、封書のお手紙でも、画用紙に絵を描いていただいてもオッケーです。

今年も、みなさんと、たくさんのお花を送れますように。

ご参加いただける場合は2月末までに、メールフォームからご連絡くださいませ。

今年は曜日の関係で、3/9に仕入れて、3/10にお届けになるかと思います。昨年の様子はこちら。
今年も東北へ
東北から

今年で5年目、卒園する年長さんは5才、あの地震の頃に、生まれたのかな。

・‥…━━━☆・‥…

転載元のブログ記事は、こちらです。「右のメールフォーム」は、ハナイロさんブログにてお願いしますm(__)m。

このお花の申込み、私はいつも同じ金額でお願いしていますが。

その金額と同額の臨時収入みたいなものが、仕事の収入ではない、意外な形で舞い込むことがあります。今年も、そうでした。同額と言うのが、わかりやすいです。

これは天からのプレゼント、お花に使ったら良いねと勝手に解釈し、そのままハナイロさんにお願いしています

2016年2月11日 (木)

漢方から見た自分の体質

漢方では、身体を循環している「気・血・水」の流れが良いと健康とされ、どれかが滞ると、体内に毒素が溜まり、痛みや不調が出るとされています。

自分の体質はどうなのか、チェックしてみると、合ってるわーーとしみじみ納得

私は、血液の量が足りない血虚(けつきょ)と、気が体内でうまく循環しない気帯(きたい)を、併せ持った混合タイプみたいです。

この頃は、自分がどのタイプかチェックできるサイトがいろいろあるようですが、私が参考にしたのはこちらです。

チェック項目がたくさんあるけれど、良かったらお試しを。

これ、若い頃にも知っていたかったなぁと思います。20代の頃の私は元気いっぱいだったけど、感情のふり幅が激しく、自分でもコントロールするのに手を焼いてたので。

こういうものを見て、参考にしたかったです。

でも、とりあえず元気いっぱいだったから、読んだところで、当時の私にはあまり響かなかったかな(^^;)?更年期の時期を経て、ようやく腑に落ちたようにも思います。

去年の夏にこのサイトを知り、早速ピーマンやゴーヤーなどよく食べるようにしたら、少し楽になったのを実感。

料理はあまり得意ではないので、薬膳レシピまでは作らなかったけれど、食材は大いに参考にしました。

私が20代の頃、「健康を維持するのに、一日30品目を食べよう」と言われた時期があったけど。

そもそも、日本人のご先祖達は一日30品目も食べてなかったろうし、粗食でも充分に体力があったそう。

私達が学校で習った栄養学も、大雑把には正しいと思うけど。どの食材が自分に合っているのか、自分で見極めるのが大事な気がします。



2016年2月 9日 (火)

いろいろ入れ替え

昨日は旧正月で、中国から多くの人が日本に訪れていると話題になっていますね。

節分は先週でしたが、私は一昨日、リビングに掛けてある絵と、私の部屋の絵を掛け替えました。リビングの絵はずーーーっと掛けっぱなしだったけど、ふと、掛け替えようと思ったのです。

絵の位置を変えたせいなのか、今日は午前中、台所の引き出しをせっせと掃除しました。

使っていないすき焼き鍋を処分しようかと思い、鍋を拭くつもりが、引き出しの中も拭き始めたら、止まらなくなりました

昼前には、アマゾンで買ったガラスの調味料入れが届き、塩と砂糖をこれに入れ替えました。

結婚してからずっと使ってたのはプラスチック製で、色は落ち、新品にしても良いだろうと思ったので。

ついでに買ったトイレブラシは、洗浄ブラシのカテゴリーでベストセラー1位だったもの。

ブラシがケースの中で空中に浮き、清潔に使えそうなのが気に入りました。早速使ってみたけれど、まぁまぁかな

明日は月に一度の不燃ごみの日なので、欠けたりヒビが入った器を袋にまとめたりと、ずっと台所にいたら、午前はあっという間でした。

午後は、ビーズのケースを入れ替えました。個数がわずかになったビーズをジッパー小袋に入れ替え、空いたケースに別のビーズを入れるなどです。

今の時期、100均に行くとバレンタインチョコの包装用品が多くありますね。手作りチョコを入れる紙箱も種類があるので、今日は1つ選んで買いました。

ある材料を入れている箱がボロくなってきたので、それと入れ替えたかったのです。同じ位の大きさを選んだら、ピッタリでした。

新しいものを使い始めると、新しい風の流れが入ってくる気がして、好きです。今日は、古いものから新しいものに入れ替えるのが続いた日でした。



2016年2月 7日 (日)

クロムダイオプサイドのビーズ他

2016020701

ダイオプサイドという石は前から知っていたものの、天然石ビーズでは黒っぽい渋い色目が多く、値段もあまりお安くなかったので、今まで手に入れたことはなかったです。

が、先月、深緑色のクロムダイオプサイドのビーズを見つけました。

発色の様子がグリーンアンダラに似ています。色と形は揃っていないですが、表情が良く、まぁまぁお安かったので、取り寄せてみました。

縦4~8ミリの小粒ビーズですが、深い緑色はエメラルドを連想させます

教室での評判もなかなかよろしく、心の中で小さくガッツポーズです。まだ見本らしい見本を作っていないですが、これから何を作ろうか、楽しみです

2016020702

つい最近は、アンバー(琥珀:こはく)を取り寄せました。

ちょっと暗く写ってしまったけれど、実物は黄金糖のように明るいレモンイエロー、ミルキー~オレンジイエローが美しいチップ状。バルト海沿岸で採れたバルティック・アンバーです。

琥珀は、植物の樹脂が化石化したもの。個人的には好きで、10年位前は教室でちょくちょく出してたけど、あまり人気がなかったです。もう少し濃い飴色みたいな色だったのが、いけなかったのかも。

このチップは、春らしい、きれいな色だったので取り寄せました。まだ寒い日が続くと思うけど、少しずつ春を感じるものを揃えていきます

好みの天然石ビーズを選び、作りたいものを作る教室案内は、こちらからどうぞ。

アクセサリーの好きな方、石の好きな方、手作りの好きな方のご参加お待ちしています



2016年2月 6日 (土)

1つ1つ丁寧に

2月になり、今週も小さくバタバタと過ごしています。超特急の忙しさではないけれど、各駅停車の電車がサボることなく運行している感じ?でしょうか。

この頃は、普通に運行しているつもりでも、たまにネジが1本2本外れ落ち、それに気づいてネジを締め直すわけですが、そういうことが増えてギョッとしてます(^^;)。

で、ネジを締め直して10mも進むと、締め直したことも忘れて目の前のことに没頭したり。この頃はそんな感じで、新たな自分を発見することが多いです

そういう毎日なので、この頃は、1つ1つ丁寧にやるのを心掛けています。

「やることリスト」を書き出して一つずつこなす、道具や材料は定位置を決めて片付ける、文字を書く時はなるべくきれいに書くなどです。

様々な細かい材料は、一昨年から去年にかけてやっと整理し、どこに何があるかわかりやすく、しまいやすく取り出しやすいようにしました。

しまい方が悪くて引き出しの同じ場所がいつも引っ掛かるとか、そういう小さいストレスを全てなくしたら、動きに無駄がなくなって。

「定位置に片付ける」のが楽しくなったのを実感。引き出しに愛着もわいてきました。

これがホントに、どれほど心地良いことか。頑張って整理して、良かったです。良い未来につながる気もします



2016年2月 3日 (水)

清原サン&ベッキー

元プロ野球選手の清原サンは・・ なんでそんなことしちゃったの?が、素朴な感想です。

私は野球は詳しくないけれど、彼は高校生の頃からひときわ目立ってたし、その後の活躍はみなさんもご存じの通りで、その様子はいつもざっくり見てました。

今日は美容院に行ったら、シャンプーを担当してくれた男性スタッフと、清原の件と芸能関連で話が盛り上がりました。

いろんなお客さんから聞く話や、野球が好きなのもあり、彼は話題がとても豊富だったので

ベッキーはかわいそうだとか、そんな話もしましたが。

ニュースでは清原のことが大きく取り上げられて、もっと注目すべき甘利さんが陰に隠されたんじゃないかとか、そんなところも意見が一致

確かに清原は、野球人としての活躍は素晴らしかったけど。夜のNHKのニュースをチラッと見たら、くどくど取り上げすぎ。

のりぴーの時と同じ。かつてのNHKなら、もっと簡単に扱っただろうにと思いました。

まぁとにかく。一見、華やかな世界では、私達の知らないことや思い至らないことが、数多くあるのでしょう。

人間というのは本当に、もろくて、弱くて、不完全なもの。清原も、見かけとは違う面もあったのでは。自分自身としっかり向き合っていきますように。



« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »