« iQOS(アイコス)ストアと世界のビール博物館へ | トップページ | 東谷山へ »

2016年5月 4日 (水)

「ヤマタイカ」再読

2015070701

去年の7月、夢中になって読んだ「ヤマタイカ」全巻を昨日と今日で、また読み返しました。

去年は途中で何度も止まってはムムムと感慨にふけることが多く、随分時間が掛かったけれど、今日は猛ダッシュ。それでも、1巻読むのに40分は掛かったかも。

去年も綴ったけれど、邪馬台国、女王卑弥呼、日本神話や神社の成り立ち、南と北に追いやられた縄文人、銅鐸、火山と祭りの歴史など、歴史好きな方はきっと引き込まれるでしょう。

SF伝奇マンガなので、「それはあり得んやろ」と突っ込みたくなる、現実離れした設定も多いですけど。

US Armyが日本を見下していることや、日本の政治家のふがいないところ、それでいて権力にすがる様子などは、真実に近い形で描かれていると思えます。

一般人である私達の実情も、登場人物の口を使い、「変革を恐れ、権威の下に群れたがり、すこしでも異端の人間は排除しようとする大多数の日本人」と語らせ、うまく言い表しています。

登場人物は古代の歴史にかなり詳しく、様々な図表も使って読者にわかりやすく解説してくれるけど。

作者の星野さんが相当な量の本を読まれ、話を構築して下さったのは、言うまでもないこと。

美術のデッサンを思わせる登場人物の描写もあれば、デフォルメもあり、老若男女の描き分けに画力を感じます。

車や船などは実物を忠実に。細部にわたる自然風景、寺社や街並みは、現地を訪れて描かれているのが伝わってきます。

テンポよく進む内容にグイグイ引き込まれ、話の構成力も実に緻密で。

マンガというジャンルがもったいない気もしますけど、こういう深い話の内容がマンガで読めることに、深く敬意を表したいです

これが、30年も前に描かれたのにね。私も去年に初めて知ったけど、もっと広く広く、知られると良いな。

この記事で興味を持ち、どなたかマンガ喫茶で読んでみるキッカケにつながったら、すごーーく嬉しいです



« iQOS(アイコス)ストアと世界のビール博物館へ | トップページ | 東谷山へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

ヤマタイカ、早速アマゾンで買いましたよ~

最近、古墳とか、ピラミッドの石室に縁があり、メッセージかななんて思っていたら、LOONさんのブログで、俄然興味が出てきました。

送られてくるのが楽しみです。

*はな姉さん

お~ぉ
わたくし、今回再読した際、はな姉さんに
この本をお勧めしたいと思ったのですよ~
と、思ってる間にいつのまに、もう買われてたのですねっ

全体がまぁホントに壮大な作り話ですが、
ところどころ、よく30年前に描かれたと、感心することも多かったです。

これもひとつの平行世界だと、読んで頂けたら嬉しいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iQOS(アイコス)ストアと世界のビール博物館へ | トップページ | 東谷山へ »