« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

洋服屋さんで教室

今日は自宅で教室の予定でしたが、急きょ場所を変え、名古屋市西区の洋服屋さんで教室を行いました。

理由があってのことでしたが、偶然が重なり、こんなエキサイティングなことが起きて、本当に面白いです

洋服屋さんはつい最近、初めて連絡を下さったところです。

店内にはイスとテーブルがあり、ちょっとした教室ができるようになっていました。今日は、店の専務が参加下さいました。

この先、ここを使って教室をやって良いですよとも言って頂き、心の中でヤッホー―と叫び、嬉しかったです

場所は、地下鉄鶴舞線の庄内緑地公園駅そばです。主要駅からちょっと外れますが、近くにお住まいの方が来て下さると良いなと思いました。

今夜は眠いので、詳しい案内はまた改めて綴ります



2016年10月29日 (土)

マニアックな記憶☆

先日は自分の認識のあやふやさに、少なからぬ衝撃を受けましたが。

昨日は学生時代のマニアックな記憶を覚えていたのがわかり、これまた軽く衝撃的でした

昨夜は、学生時代の合唱団の友人達と女子会でした。

学生時代に車の免許を持っていたかという話題になった時、29年前の出来事を思い出しました。

学内で合唱の練習をしていた時、友人の上着が盗られたことがありました。

その上着には彼女の財布と免許証が入っていて、どれも見つからず、地元の警察署に行って免許証を再発行してもらったという内容です。

学内で盗られたことが当時の私には印象的で、よく覚えていましたが。

それを話したところ、記憶に残っている友人もいれば、全く覚えていない友人もいたのです。

よく覚えてたね~と、みんなで大笑いでした

その後しばらくして、合唱の先輩の話になった時のこと。

別の友人が、R先輩の家に泊まった時のことを話し始めると、またまた記憶がパァーッとよみがえり・・

友人がR先輩のお母さんの前で、リンゴの皮をむき始めた時、その手つきを見たお母さんが友人に、

「お母さんのお手伝いをしていないねっ」と言ったんだよねーーと話したら、当の本人がそれを全く覚えていないと言うのです。

これには一同、大爆笑みんなも、ほとんど覚えてなかったみたいです。

私は、かつて彼女がそのエピソードを話してくれたことも、その時にみんなで笑ったこともよく覚えていました

数日前、私より9歳年上の方としゃべっていた時、「人の記憶って、あやふやなのよね~」と言われるのを聞いて、そんなものかな?と思っていたところで。

まさに、これがそうでした。

みんなそれぞれ、受け止め方がわずかに違って。29年も経つと、こういうことが起きるのですねぇ




2016年10月26日 (水)

顔の認識が弱い(^^;)

顔認識と言うと本来は、「監視カメラのデジタル画像から、人を自動的に識別するためのコンピュータ用アプリ」を指すようですが。

私は、人の顔を認識するのが弱いというか、得意ではないみたいです。

例えば、あるドラマに出ていた俳優さんが何かのCMに出ていても、髪型や雰囲気が変わると、その人だと気づかないことがあります。

私自身は自覚がなかったけれど、だんなさんから何度か指摘され、そういう傾向があると初めて気づきました。

そういえば・・ 過去を振り返ると。

今から12年くらい前にイベント出展した時、教室にいらしたお客さんが遊びに来て下さったことがありました。

そのお客さんは、教室で一度お会いしたことがあったのだけど。

お客さんが私の所にやって来た時、(どこかで会った気がするけれど・・ どこで会ったか、思い出せない(*_*;))と、内心ちょっと焦りながら、話を合わせていました。

その後、だいぶ時間が経ってから、(あぁ、△△市にお住まいの〇〇さん)と思い出しました(^^;)。

もっともっと過去を振り返ると・・

そもそも、人の顔立ちが整っているとか、美しいかどうかという判断も、私は弱かったかもしれないです

これは、「弱かった」というよりは、「気にしていなかった」のが強かった気がします。

例えば、かつての勤め先の先輩に□□さんがいました。私は□□さんの顔を見ても、特に何も思わなかったのですが。

ある時、会社の男性陣がこぞって、「□□さんは、きれいだよなー」とほめているのを聞いて、おぉそうなのねとようやく理解したことも。

つい最近は、私がいつも教室で場所を借りている花屋さんの店長さんは、実はなかなかのイケメンだったと、ようやく気づいたのです。

かれこれ1年半も、ほぼ毎月お会いしてたのに、なぜ気づかなかったのか

実は、店長さんは今までいつも、ニットキャップを被ってたのね。私には、彼はオバQみたいな印象でした。

オバQって、私の年代でギリギリ知ってるくらいなので、若い方はご存じないかも。知らない方は、こちらの画像で見て下さい。

ところが、先日お会いした時は、EXILEみたいな髪形になってて。髪形がカッコ良くなったら、目鼻立ちがかなり整っていると、ようやく気付いた次第です。

それにしても、オバQ→EXILEって・・ひどすぎない?

私は、自分の認識のあやふやさに、少なからぬ衝撃を受けました



2016年10月24日 (月)

シーフォームをお買い上げ下さったお客さんのご感想

アクセサリー販売ページで注文下さるお客さんからは、ちょっとした変更や依頼を頂くことがあります。

例えば、チェーンを革ひもに変えて欲しいなどです。

今回、シーフォームのペントップを注文下さったお客さんより、チェーンをゴールドフィルドに変えて欲しいことと、ピンクや紫、黄色などの小さな石を付けて欲しいと依頼を受けました。

201610na1

↑販売した際は、このようでしたが、

201610na2

↑お客さんの手元には、このように姿を変えて送り出しました

新たに増やした石は、シトリン、アメジスト、マルチカラーサファイア(ピンク系)です。

このように、リクエストがあれば対応していますので、今後の参考にして下さいませ

さて、このシーフォームを受け取ったお客さんからは、楽しくて印象深いご感想を頂きました。了承を頂いたので、以下、そのまま掲載します。

******

アンダラちゃんと会った感想は、まずはアンダラがワクワクしてる?!ような気がして驚きま した。
普通は石を買うと、私が嬉しくなるので笑

「新しいことしたい」
「色々活躍?体験?したくてワクワク」
「いつでも味方」
そんな感じを受けました。

今日早速会社につけて行ったのですが、会社に入る前に緊張しているような感じを受けました笑

オヤツを買いにコンビニに行く時も、アンダラからワクワク感が!

たまーーに、少し石からエネルギーを感じることはあっても、意思のようなものを感じるのは初めてだったので、これがアンダラか!と。

私もアンダラと一緒に何を体験するのか、楽しみにな ってきました。

チェーンも石に固定されているので、つけているときにチェーンがくるくる首の周りで周ったりしないのでつけやすいです!とても気に入ってます。どうもありがとうございました!

******

アンダラをお買い求めになった方は、特に変わったことはないように思えても、自分でも気づかないうちに、こういうことを経験されているのではと思います

持ち主もワクワクするけれど、アンダラもきっと、ワクワクしているのです。

アンダラを手にされている方も、これから手に入れたいと思われている方にも、参考にして頂ければ幸いです



アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい
・アクセサリーのご注文は、こちらを参照下さい


 

魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています
よろしければ、応援クリックお願いします

2016年10月23日 (日)

2005~2007年の手帳を見たら

先月、手帳の話を綴りましたが、その後も少しずつ処分しています。

今日は2005~2007年の手帳をざっくり目に通しては、忘れていたあれこれを思い出し、感慨深かったです

懐かしいあの方、サイトを持ってたけれど、今も活躍されてるかしら?

と思って検索してみると、仕事の業態や環境の変化した方もいれば、情報の見つからない方もいらっしゃって、年月を感じ入りました。

10年位前の手帳ですが、当時の私自身を振り返ると・・ なんだか、夢の世界に生きていたような気がしました。

当時から付き合いのあるお客さんもいれば、今も続いている教室もあるので、夢の世界と言うのも変な話ですが。

かつて活動拠点としていた場と、今の活動拠点とする場は、接点がありつつも、箱が違う感じ

箱ってまた、わかりにくいですね

パラレルワールド的な表現をすると、かつては3.5次元にいたのが、今は3.7次元に身を置いているみたいな感じ?です。

とにかく、当時から私と付き合って下さっているみなさん、今まで本当にありがとうございますm(__)m。

改めて、感謝の思いを送りたくなりました



2016年10月22日 (土)

怜宝さんのブログ記事「おとなの友達問題」を読んで

怜宝(れんほう)さんのブログはお客さんから教わり、もう6年くらい拝読しています。

関西のおばちゃんらしい、はっきりした物言いが私は好きです。

先日は、友達のことで悩む女性(30代後半から40代)へのアドバイスが記事になっており、興味深かったです。

その記事はこちらですが、ギュッと要約すると、

・大人になると、個性が際立つ
・しっくり来る友人に巡り合わなくなる
・一人の親友を作ろうとしない
・10代、20代の頃の感覚を切り替える
・偏見や思い込みはなるべく棄てるように

とあり、なるほど納得でした

私自身は、複数の人と一緒になる時、全体の様子を見ます。

貝のようにおとなしい時もあれば、近くの人とコミュニケーションを取り、物事がうまく運ぶよう、私にできることをします。

目的が達成されると、自分の時間を楽しみます。人と一緒にワイワイやるのも好きだけど、1人の時間もたまらなく好きです。

私自身、個性が強いのは子供の頃から自覚があり、人と和するのは決して得意ではなかったから、若い頃は自分を客観的に見て、努力しました。

40代初めまでは、悩むこともしばしばあったけど。数年前から、それまで握りしめていたものを手放したり、吹っ切れることが増えました。

ちょっとしたことがキッカケだったり、経験を積んだのが良かったり、年齢的なものだったと思うけど。

「私はこれが良い」というものが増え、私らしさが際立ってきたのでしょう。

外にあるものを、どのくらい大切にするか。自分の中身を把握し、自分をどう扱っていくかは、とっても大事なこと。

このバランスが崩れると、人間関係がうまく行かなかったり、健康を損なうみたいです。

結局、人との折り合いは、自分との折り合いをどうつけるかが大切なのでしょうね



2016年10月21日 (金)

足の爪の黒点

うちの近所では、今週からキンモクセイが可愛い花を咲かせ、あちこちで香っています。

先週の土曜から私は花粉症で、鼻水・くしゃみ・鼻づまりがややひどかったですが、昨日からだいぶ楽になりました。

花の香りもわかるようになり、良かったです

秋はどの花粉に反応するのか調べていないけど(多分イネ科)、かれこれ20年くらいの付き合い。

鼻づまりのせいで、集中力が落ちて困りましたが、数日程度で済んで助かりました

書きたいことはいっぱいあるけれど、今日は爪の黒点の話だけ綴ります

以前も綴った黒点の話を、ザッと書き出すと、

①2012年の秋、両足の親指の爪に小さい黒点が出た。黒点が爪先まで伸びた頃、ばぁちゃんが腰骨を骨折した。

②2013年の秋頃、両足の親指の爪に黒点が出た。
2014年の春、右足の親指の黒点が爪先まで伸びた時、だんなさんが居酒屋の階段でつまづいて眉毛の上を切り、5針縫った。

③2014年の秋、足の親指の爪に黒点が出た。何か起きるかと身構えていたら、ばぁちゃんが肺炎で倒れ、あっという間に亡くなった。

ということがありましたが。実は、今年の夏にまた、右足親指の爪に黒点が出てたのです

何も起きなきゃいいけど・・ と思っていたら、先月、私の母親が出先で転び、頭を5針縫うケガをしました(-_-;)。

こんな具合で、足爪に黒点が出ると、家族に何かが起きるみたいです。

以前、ネット検索した時は、「の親指の黒点は、濡れ衣を着せられたり、身内に不運が起きる」とあるのを見つけたけど。

私の場合は、足の親指もそのサインみたいです。

親指の爪の黒点はまだ、爪先に向かって伸びてます。もうこれで何も起きないよう、祈ってます



2016年10月17日 (月)

ピンク他アンダラネックレス2本

アンダラ他アクセサリー販売ページには、多くの方にご覧頂き、ありがとうございました

エレスチャルカルサイトの羽ばたき先が、まだ決まっていませんが(なんとなく予想通り)、いずれどなたかのハートを射止めますように

*****

10月19日(水)追記:エレスチャルカルサイトは、羽ばたき先が決まりました。ありがとうございました(^o^)/

*****

さて今日は、最近作ったアンダラネックレスの紹介です。

小さめアンダラを2つ重ねたペントップは、ほんのり白っぽいホワイトと、キリリとしたクリアー(オラクル)です。

201610bi1

私も、同じように石を2つ重ねたネックレスを持っていますが、石同士が重なる音がかすかに聞こえ、それが心地良いです

これは注文下さったお客さんのもので、もう1本、お姉さんにプレゼントするものも注文頂きました。

201610bi2

こちらも美しいピンクアンダラです。クリックして拡大してご覧頂くと、アンダラらしさが伝わると思います。

お客さんは早速お姉さんにプレゼントされ、大変喜んで頂けたそうで、何よりでした



アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい
・アクセサリーのご注文は、こちらを参照下さい


 

魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています
よろしければ、応援クリックお願いします

2016年10月14日 (金)

アンダラ他アクセサリー販売ページ、更新しました

2016101401

その後、大変お待たせしましたが、アンダラ他アクセサリー販売ページを更新しましたので、クリックしてご覧下さい。

「アンダラ他」とあるように、アンダラ以外の原石ペントップを3つと、アンダラペントップを3つ紹介しています。

アンダラ以外の原石は、アズライト、アクアマリン、エレスチャルカルサイトです。

アンダラのグリーンは少なくなっていると、美保子さんからお聞きしています。グリーンの欲しい方がいらっしゃったら、じっくりご覧頂き、ご検討下さい。

少ないですが、お気に入りを見つけて頂けたら、大変嬉しいです

なお、全てチェーンは長めにしてあり、ご希望の長さにカットします。注文下さる方は、チェーンの希望の長さをお知らせ下さい。よろしくお願いします。



アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい
・アクセサリーのご注文は、こちらを参照下さい


 

魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています
よろしければ、応援クリックお願いします

2016年10月13日 (木)

ヒスイの亀は早速お嫁に

2016101301

今日はカフェで教室でした。一昨日紹介したヒスイの亀ですが、お客さんが一目見て気に入って下さり、早速お嫁に行くことに

お客さんは最近、ネットでがま口の財布を注文されたそう。それに亀をつけたく、根付のように作りたいと言われ、平結びを提案しました。

勾玉もこういう見本を作るつもりで、今日は間に合わなかったですが。お客さんには大変喜んで頂いて、良かったです

一昨日の記事を見て、亀に興味を持たれた方がいらっしゃったら、お許し下さい

写真は私のガラケーで撮りました。この頃、電車でガラケーを取り出し、メールの返信をしていると、きもーち肩身が狭いような・・

そろそろ、スマホに買い替えようかなと思ってます。

先月、松坂屋のヨドバシカメラに行き、格安スマホのショップで実物を見せてもらいましたが、写真がすごくきれいに撮れてビックリ私は、これで充分だと思いましたよ

今や、このブログを読んで下さる方も、スマホで見られている方は6割です(アクセス解析で、どの機種なのかもわかります)。

時代は、どんどん変化していってますね。



2016年10月11日 (火)

ヒスイの勾玉

私が天然石ビーズでアクセサリーを作るようになったのは1999年、30歳の時でした。

それより前、子供時代を振り返ってみると、石に興味を持つ小さな出来事がいくつかありました。

初めて石を意識したのは、新潟県糸魚川市のヒスイです。

糸魚川のヒスイと言えば、古代日本で勾玉として使われていたことは、ご存知の方も多いと思います

私が生まれた当時、父親の転勤で糸魚川に1年くらい住んでいました。

その後、かつて糸魚川でお世話になった方達を訪ねて、家族で2回遊びに行ったこともあり、糸魚川のヒスイが家族の会話に出ることがたまにありました。

糸魚川の海岸では、波に洗われたヒスイが見つかること。

猟師さんが沖で漁をしていると、まれに美しいヒスイが上がること(注:もう50年近く前の話です)。

父親が海岸を歩いてた時、きれいなヒスイを見つけて拾ったこと。

あとでそれを宝石屋に持ち込み、加工できるかと聞いたら保証はできないと言われ、結局何もしないで持ち帰った話などです。

子供だった頃、家には「宝石と鉱物図鑑」があり、美しい宝石のページは見飽きることなく、何度もページをめくったけれど。

色が地味な鉱物ページは、いつも読み飛ばしていました(^^;)。

その他、父親が仕事の付き合いで旅行に行くと、大人向きの「めのうネックレス」などをお土産に買ってくれたのが、石との接点でした。

石に関するエピソードは他にもあるのですが、将来、私が石に興味を持つようなレールの上を歩いていたのかな?と、今では不思議な気持ちにもなります

そういう原体験があり、ヒスイは好きな石ではあるけれど。

主に中国で人気があり、ヒスイ(ジェダイド)のビーズはそれほどお安くなく、やや地味な色なので、教室ではたまに用意するくらいでした。

勾玉に加工された石は、お客さんから希望があれば探しますが。

今まで、これは良いと気に入る勾玉はあまりお目に掛かったことがなく、教室で用意したことはほとんどなかったです。

それが最近、これなら扱っても良いかな?と思った勾玉を見つけました。

ちょこっと(3つだけ)手に入れたので、教室にいらした方は、手に取ってご覧下さいまし

2016101101

縦20ミリ×横13ミリ×厚み7ミリほど、ビルマ産ヒスイです。左端の亀も、ヒスイです。

亀は随分前に手に入れ、ずっと在庫として持っていたけれど、良い機会なので勾玉と一緒に出します。価格は1つ800円、やはりちょっと高めです。

2016101102

ゴムひもで作るブレスレットの中に入れたり、結び紐のストラップに使うと良さそう。見本を作らんといかんですね



2016年10月 9日 (日)

浦沢直樹さんの「漫勉」を見て、「MONSTER」を

先週は予定の変更がちょこちょこあり、原石ペントップも販売ページを作れませんでした

30代の頃なら、変更にチャッと対応できたと思うけど。この頃はそういうわけにもいかず、年齢を感じさせられ、とほほ~です。

今日は調子よく仕事を進められたなと、充実感で満足しても、次の日に疲れを持ち越し、グッタリすることもしばしばです。

日中はなるべく歩く時間を作り、仕事の合間にストレッチ体操、お風呂で頭皮マッサージ、この頃は湯に浸かりながら目の周りもマッサージしてますが、運動不足が大きいだろうと見ています。

今日は、2003年と2004年の手帳を読み返しました。

この時期の私は、アクセサリーもよく作ったけれど、様々な瞑想会やクリスタルヒーリングの勉強会なども参加し、相当忙しい毎日を過ごしてました。

すっかり忘れてたけど、当時は急な発熱や風邪、数日も続く頭痛や腹痛など、体調を崩すことが多かったです。

今の私は、体力も気力も衰えてるけど、風邪を引くことはほとんどなく、ちょっとはマシになってる(^^;)?と思いたいです。

と、話が脱線しましたけど、原石ペントップはもうしばらくお待ち下さいマセm(__)m。

さて、最近は、教育テレビで放映された浦沢直樹さんの「漫勉」を楽しんでました。

先週の木曜は浦沢さん自身の特集で、なかなか見応えがありました。

私はテレビをあまり見ないけど、浦沢さんを特集する他の番組(テレビ東京系だったかな)をたまたま見て、初めて知りました。

「20世紀少年」は映画にもなったけど、あまりよく知らなかったです。

私もだんなさんも、浦沢さんの作品を読んだことがないです。

今日は早速、マンガ喫茶に繰り出し、だんなさんは「BILLY BAT(ビリーバット)」を、私は「MONSTER(モンスター)」を読み始めたら、すっかり夢中に。

「MONSTER」は、日本人医師が主役のミステリー漫画です。

2016100901

絵のきれいさ、表情の書き分け(特に目が面白かった)、亡くなった人物の書き方は、「漫勉」で見たことを思い出しつつ、なるほど~と感心。

外国が舞台でも、実際の歴史を踏まえたストーリー展開には、本当にあったことみたいに引き込まれました。大人が十分、楽しめる内容です。

「BILLY BAT」は20巻、「MONSTER」は18巻もあります。「ガラスの仮面」以来、またしばらくマンガ喫茶に通うことになりそうです



2016年10月 5日 (水)

グリーンアンダラ(マーリン)のペンダント

201610tk

グリーンのアンダラは採掘量が減っているそうで、グリーンのリクエストを頂いても、希望通りのものが見つからないこともあります。

今回紹介するものは、ちょうど美保子さんにグリーンが入荷した直後に取り寄せたものです。

ボリュームのあるグリーン、大きなペンダントトップです。お客さんは、大変美しいグリーンに感激下さったとのことです

この画像からも、グリーンの澄んだエネルギーが伝わりますように



アンダラアクセサリーが欲しいと思われた方は、ご連絡下さい
アメリカ在住の鈴木美保子さんよりアンダラを取り寄せ、希望の品を制作します

・今までに作ったアンダラアクセサリーは、こちらをご覧下さい
・アクセサリーのご注文は、こちらを参照下さい


 

魅力あふれるアンダラが、広く知られたら良いと願っています
よろしければ、応援クリックお願いします

2016年10月 4日 (火)

心臓と脳の働き~トーマさんのメルマガより

一昨日は自律神経の本を紹介しましたが、そういえば去年、トーマさんのメルマガで興味深い記事がありました。確か、「健康方程式」という題名でした。

人間の体で、特に大切な心臓と脳について書かれた部分が印象的で、気に入った部分だけコピペし、プリントアウトして手帳に貼ってあります。

ふとそれを思い出したので、ここにも打ち込んでみます

*****

「心臓」

・主な働きは、血液を血管によって運ぶ役割
・血液を流すことにより、身体を保つことができる
・その血液が、運んでいるものは栄養

・血液の流れが止まり、栄養が流れなくなったら壊死する
・血液は既知の領域
 化学的に数値化、計測でき、目に見える領域

・目に見える領域を主に扱っているのが、西洋医学
・西洋医学は、別名「血の医学」と言われ、
 医療行為のほとんどを血液で検査する

・「血液をさらさらにする」など、血液を改善するのが主目的
・血液が悪くなる要因ワースト3は、食事と水と空気
・空気は、酸素による酸化がいけない

「脳」

・主な働きは、電気を神経によって運ぶ役割
・電気を流すことにより、身体を働かせることができる
・その電気が運んでいるものは、情報

・電気の流れが止まり、神経が流れなくなったら、
 その部分は麻痺する
・電気は既知の領域
 化学的に数値化でき、計測できるが、目に見えない領域

・目に見えない領域を主に扱っているのが、東洋医学
・東洋医学は、別名「気の医学」と言われ、
 生体電流(パルス)を整えることに主眼をおく

・気が悪くなる要因ワースト3は、運動不足とストレスと電磁波
・電磁波は一般的に思われているよりも、はるかに人体に有害

世の中にあふれている健康産業の95%は、「血液」にアプローチするための商品やサービス。

世の中の多くの人は「血」をスムーズに流すことに熱心だが、「電気」をスムーズに流すことには関心がない。

*****

と、こんな感じでした。おそらく、自律神経は心臓と脳の両方に関わるので、ちょっと特別?な気がしました

西洋医学と東洋医学、どちらかに偏るよりは、良いとこ取りをして健康を保ちたいです



2016年10月 2日 (日)

小林弘幸さんの「『ゆっくり動く』と人生が変わる」

2016100201

先月はものすごい早さで過ぎ、昨日から10月になったのが嘘みたい(^^;)です。

9月の天気は、秋と言うよりは雨季のようでしたね。

それでも、ヒガンバナは秋分の日あたりで咲き始め、キンモクセイの良い香りも漂うようになり、自然界の恵みの正確さに感心&感謝です

そういえばヒガンバナって、私が子供だった頃は、不吉な花だと言われてました。見た目がユニークなのもあり、子供の頃はあまり好きではなかったです。

でも今は、ヒガンバナをたくさん植え、街の活性化につなげているところもあるし、いつ頃からだったか、華やかな雰囲気のヒガンバナをきれいだと思うようにもなってました

先週は、母の通院付き添いで、隣り町の総合病院に行きました。

11時に予約を取ってあり、早めに病院に行くと、電光掲示板に「予約診療が30分遅れています」と案内がありました。

予約しても30分も遅れるの(*_*;?と驚いていたら、そのうち、1時間遅れに変わりました。

結局、別のドクターに診てもらうことになり、1時間待つことはなかったですが、大きい病院はこういうことがあって、大変ですね。

待っている間は、母親がずっとしゃべってましたが。いつもと同じ話で、ちょっと飽きてきたので(^^;)、病院内のコンビニに行き、本を物色しました。

売られていたのは、おじさん向けの雑誌と料理レシピが充実した雑誌、健康に関連した本に絞られてました。

ふと目に入った文庫本を読んでみたら、意外に面白そうだったので、買いました。

それからまもなく、母の診察が始まったので、帰宅してからじっくり読み始め、昨日読了しました。

小林弘幸さんって、聞き覚えがあるな~?と思っていたら、4年前にも買って読んでました

内容はすっかり忘れてしまったけれど、自律神経について書かれた本でした。

今回買った、「『ゆっくり動く』と人生が変わる」の内容は、アマゾンから拝借すると、

私たちの血管や内蔵の働きをコントロールしている自律神経には、交感神経と副交感神経の二種類がある。

体を緊張・興奮させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」──。

両者のバランスが崩れるとさまざまな不調・病気を招くことが近年明らかになってきているが、ストレスだらけの現代人の多くは「交感神経優位」になっている可能性が極めて高い。

ではどうすれば、副交感神経の働きを高めることができるのか。

自律神経研究の第一人者として知られる著者いわく、その最も手軽で効果的な方法は「日常のさまざまな動作を『ゆっくり』と行うこと」。

歩く、話す、食べるといった日常動作のペースを少し落とすだけで、心と体の「不調」が解消し、常に「健やかな自分」でいられるようになるという。

本書では、その医学的メカニズムと実践&継続のためのコツを徹底解説!

↑まさに、こういう内容でした。

小林さんは自律神経を長く研究され、専門用語が満載の本も書かれているかもしれないですけど。

この本は、車やスポーツの例え話や戦国時代のエピソード、私達もよく使う言い回しを使い、とてもわかりやすかったです。

自律神経とは、ひと言でいうと、内臓器官のすべて、とりわけ血管をコントロールしている神経。

呼吸も自律神経がコントロールしており、私達のライフラインを支えるものだと。

小林さんは「真の健康とは?」と聞かれると、「細胞のすみずみにまで、質の良いきれいな血液を流すこと」と答えているそう。

そのためには、自律神経のバランスを整えることが欠かせないと。

ご自身は若かった頃、超がつくほどせっかちで、部下達を叱る時はいつも、隣りの部屋にも怒声が響くほどだったそう。

あることがキッカケで徐々に変わり、今ではすっかり穏やかな人柄になったようです。

その心身の変化を、自律神経の本で披露するには、初めはなかなか勇気がいったのでは。

若かった頃の激昂エピソードが、今では本当に恥ずかしいと綴られているあたり、お医者さんらしくなく、好感が持てました

私は日頃、部屋で仕事をする合間にストレッチ体操をしていますが、まさにそれが、自律神経を整え、血流を良くするのにとても良いことだと書かれていて、嬉しかったです

(私がしっかりストレッチ体操をするようになったのは、ここ数年のことだけど。実際に、肩こり、腰痛、目の疲れから来る頭痛は、以前と比べてかなり減りました)

ゆっくり動くことが、どんなふうに体に良い影響を与えるのか。具体的な事例は、なかなか興味深かったです。

まずはゆっくり話すことから始めるのがお勧めで、「ゆっくり」を続けるためのコツあれこれ、「ゆっくり」を続けることで自分も周りも幸せにするエピソードで締められ。

読後は、ほんわか温かい気持ちになりました

アマゾンの中古本では、数円から売られてます。女性のみなさんは、健康な方でも、40代以上の方なら一度は読まれると良いと思います。お勧めです。



« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »