« 銀河系の片隅で | トップページ | 中野信子さんの「科学がつきとめた『運のいい人』」 »

2017年2月12日 (日)

できすぎな偶然♪

20代だった頃、私は転職を繰り返していました。

短大を卒業して正社員で働き始めたものの、勤め始めて2週間くらいで(ここは辞めなくては)と、早くも覚悟しました

結局、3年後に辞めましたが、その間に次は何をするのかじっくり考えました。

イラストを描く仕事をしたいと準備して、退職してすぐ中堅の広告代理店に勤め始め、求人広告制作の仕事を頑張りましたが。

そこにバブル崩壊がやって来て、1年経たないうちに辞めることに。

その後はいろいろ、デパ地下の洋菓子売場で働いたりしましたが、どの仕事も今の私につながって、無駄は一つもなかったです

話は戻って、最初の仕事を辞めた際、職場のみなさんから絵の具セットを頂きました。

80色もある水彩絵の具で、少しは使ったものの、なんだかもったいなくて使えなかったです。

その後は大事にしまい、結婚した時も持ってきたけれど、使うことはなかったです。

ここ数年は、私も断捨離ブームでいろいろ処分したけれど、この絵の具セットを捨てる気は起きず、クローゼットの奥にしまってました。

先月、宅配袋が残りわずかになったので、新しいものを買おうとネットで探すと、安い宅配袋がいろいろあるのに気付いて、初めて買う店で購入しました。

が、安さには理由があったのね。私が今まで使っていた宅配袋より、厚みがあったのです。

10枚、20枚なら気にならなかっただろうけど。まとめ買いしたら、大きな段ボール箱でやって来て、中身を開いたらまぁビックリ

しまう場所を確保したくても、なかなか見つからず・・。

絵の具が入った段ボール箱と、イベント出展で使う什器を引っ張り出して、シビアに断捨離。とうとう、絵の具を捨てることに。

が、絵の具はキャップを外すと、まだ瑞々しく、充分使えそうでした。

チューブは以前と変わらず、ツヤツヤなまま。かつて私が使ったものは、中身が干からびたり、チューブが傷んでましたが、それ以外は大丈夫そうでした。

25年も前のものだけど、思い入れもあり、捨てるのはしのびない。

それで、「絵の具 欲しい人」でネット検索したら、あるブログを見つけました。絵を描くワークショップを行っている方のようでした。

この方が、愛知の方だと良いのにな・・ と思いながらプロフィールを見ると、本当に愛知の方でした。

他の記事を読み進めると、なんと、緑区鳴海でもワークショップを行っているのがわかったのです。

ネット検索機能はなかなか賢くて、例えば店など検索すると、今いる場所から近いところが優先して出るそう(パソコンに精通してる方から聞きました)。

なので、その方のブログ記事が上位に出たのも、そういうことだと思いましたが。

私も鳴海で教室を行っているので、一気に親近感がわき、思い切ってその方に連絡を取ることに。

突然のことなので、失礼のないよう文面を考え、「絵の具を受け取って頂けませんか」と、メールを送ったところ・・・

すぐに返事が来ましたが、なんとなんと、その方は数年前、私の教室に来られたのだそう

ブログはハンドルネームで、そこでお名前を知りましたが、かすかに記憶が思い浮かびました(名古屋近辺に多い名前で、覚えてました)。

その方は、水彩絵の具は使わないけれど、周りに使う方がいらっしゃるので、受け取って下さると。

しかも今週、私が教室を行うすぐそばの店で、その方も絵の教室を行うそうで、その直前に取りに来て下さると言われるのです

道路を挟んで向かい側にある店で、私は行ったことはないものの、紅茶教室のまろさんがそこで教室を開いているので、知っていました

まぁ~~、世間は広いようで、狭いこと

大して検索もせず、ポチッとクリックした方に連絡を取ったら、あれよあれよと決まってしまって。

偶然にしてはできすぎな話で、考えれば考えるほど、冷静になりました

その晩、だんなさんに話したら、私よりすごーーくビックリ&そんなことってあるのと、大ウケでした。

まぁとにかく、すぐに決まって良かった。その方とも久しぶりにお目に掛かれて、嬉しいです

この頃、物に関しては、現実化が早いです。

「○○が欲しい」と思うと、思いがけずプレゼントされたり、お安く手に入ったりと、おぉぉ~と、秘かに感動しています



« 銀河系の片隅で | トップページ | 中野信子さんの「科学がつきとめた『運のいい人』」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河系の片隅で | トップページ | 中野信子さんの「科学がつきとめた『運のいい人』」 »