« できすぎな偶然♪ | トップページ | アンダラ2つをリフォーム »

2017年2月15日 (水)

中野信子さんの「科学がつきとめた『運のいい人』」

先日は、Eテレの「ねほりんぱほりん」のことを綴りましたが、もう一つ、Eテレの「SWITCH INTERVIEW 達人達」もたまに見ています。

様々な業種の仕事をしている人達のトーク番組で、なかなか見応えがあって面白いです。

しばらく前、エアレースパイロットの室屋義秀さんと、脳科学者の中野信子さんのトークを見ました。

中野さんはバラエティ番組にも出ているようですが、私は初めて知りました。

中野さんは美人さんで、大変頭の良い方でしたが、もしかして天然(^^;)?な面も見受けられ、好感が持てて興味津々に

本を何冊も出されているので、アマゾンで中古本を見つけ、買いました。

2017021501

私が読んだのは、「科学がつきとめた『運のいい人』」です。

運のいい人に共通する「行動パターン」「考え方」「物事のとらえ方」をわかりやすく書かれ、どうしたら運がよくなるのか、どういう人が運を味方にすることができるか、科学的にアプローチされたものです。

電車の中で読みましたけど、文章がわかりやすいので集中でき、文章量も多くなかったので、思ったより早く読めました。

細かい内容は内緒ですが、目次を書き出すと、

・運のいい人は世界の中心に自分をすえる
・運のいい人は「自分は運がいい」と決め込む
・運のいい人は他人と「共に生きること」をめざす
・運のいい人は目標や夢を「自分なりのしあわせのものさし」で決める
・運のいい人は祈る

こんな具合で、具体的な例をたくさん挙げながら、書かれています

自分に当てはまるものが多く、嬉しかったですが、特に響いたのは、運のいい人はゲームを降りない、話でした。

ゲームというのは、受験や就職活動という名のゲーム、結婚して家庭生活を送ることもゲームで、私たちはあらゆるゲームに参戦していて。

運のいい人は決して自分からゲームを降りない、ここを徹底している、という内容です。

何かを始めたら、中途半端に終えたら、運を逃す

私自身、これは実体験で、なんとなくわかっていた気がします。

それから、「運のいい人は脳が飽きっぽいことを知っている」も、グフフとひそかに笑いながら読みました

具体的に書きたいけれど、我慢して。脳の話は、奥が深かったです。それをわかりやすく書いて下さった中野さんに、感謝です

(脳科学と言えば、以前読んだ黒川伊保子さんの「夫婦脳」がすごく面白く、面白さで言うと、知的好奇心が刺激された「夫婦脳」の方が良かったです



« できすぎな偶然♪ | トップページ | アンダラ2つをリフォーム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「運のいい人はゲームを降りない」
これ、とても耳が痛いです。

「運のいい人は脳が飽きっぽいことを知っている」
私だけの脳が飽きっぽいと思っていました。

忍耐力が必要なんですね。

今日も素敵な情報をありがとうございます。

*はな姉さん

あらまっ、耳が痛かったですか
忍耐力よりも、楽しんでやるのが大切だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« できすぎな偶然♪ | トップページ | アンダラ2つをリフォーム »