« 匂いとか色とか | トップページ | またまた、私の勘違い(*_*;? »

2017年10月10日 (火)

モンゴルかアイヌの、歌う女性の過去世

2年前に、「ある小天狗の話」として、ふと見えた過去世の話を綴りましたが、今日もそんな感じの内容です。

おとぎ話のように読んで頂けたら、嬉しいです

******

昨晩、寝る前に、1人の友達のことを思っていました。

強く意識したわけではないけれど、彼女の過去世ってどんなふうだったのだろう?と思ったら、まぶたの裏に草原の風景が見えてきました。

私が見えたのは、地上5mくらいから見た草原です。ドローンでフワッと舞い上がった時に見える感じね。

背丈が20~30㎝くらいありそうな雑草はみな、強い風に吹かれ、横になぎ倒されています。

私の見える範囲は狭いけれど、辺り一面、草原なのが伝わってきます。雰囲気は、夏の北海道かモンゴルのよう。

草はかなり密集しており、その様子は北海道っぽいけれど、情報が少なくて断定は難しかったです。

すると場面は変わり、1人の老女が見えました。さっきより草が減った感じの草原で、1人立っています。

映像のようだけど、老女の姿形はややイラストっぽい感じ。絵か写真を1枚見ている感じです。

私は過去世を見る時、江原さんのように詳しくはわからず、絵みたいな写真を1枚見せられることが多いです。

1人の人物が見えるくらいで、詳しい背景はわからないです。

老女をよく見ると、着ているものがアイヌの民族衣装のよう。

髪は白髪で長く、頭にハチマキ?を巻いているか、帽子を被ってるみたい。やはり、アイヌかな。

でもなんだか、モンゴルのようにも感じる。年代は、今から100~200年くらい前か。

夕暮れ時らしく、少しオレンジ色を感じる。老女の表情は、笑っているようだけど、よく見ると、深い悲しみや憂いも含んでいる。

複雑な表情のまま、固まっている感じ。

おそらく彼女には家族がいたけど、みな亡くなり、彼女が1人生きている。その人生は翻弄されることの多かった、苦難の連続だったみたい。

彼女は、歌が好き。1人で歌っている。その歌は、喜びの歌。本当なら、彼女の娘が嫁ぐ時に、歌うはずだったもの。

彼女には女の子がいて、嫁ぐ先も決まっていたようだけど。不慮の事故か急な病で、若いうちに亡くなったみたい。洪水のように流れた涙を感じる。

それより前、彼女自身が嫁いだ時に意識を合わせると、自由な恋愛をして結婚したのではないみたい。親同士の取り決めた相手か。

だとしたら、身分や環境は、当時にしては恵まれてたと思うけど。

親のため、夫のため、子供のために生き、肝心の自分のことが二の次だった人生。

家事をこなしながら歌を口ずさむことが、自分のなぐさめとなったみたい。

******

今回の人生では、「自分の生きたいように生きる」が、彼女のテーマっぽい気がする。

電気もガスも水道もなかった当時に比べたら、今は文明の利器に恵まれ、自由を存分に謳歌できそうなものだけど。

この、アイヌかモンゴルの人生と、今の彼女は、ちょっと被ってるような気もします。

当の本人にこのまま話すと、わけが分からず500mくらいドン引きされる気がするので。少しぼかして、ここに綴ってみましたが。

「自分の生きたいように生きる」は、多くの女性に共通するテーマのような気がします。

生きるのに難儀するとか、自分の殻を破るのを迫られるとか、そういう状況をわざわざ引き寄せて。

思い切って飛び込むとうまく行くことでも、私達は何か思い込みに囚われ、エイッとできないみたいなことが、大小様々にあると思います。

要領よく近道する人もいれば、不器用で遠回りする人も多いでしょう

自分が要領の良いタイプなのか、不器用なのか自覚しつつ、自分に最適なやり方でやって行けると良いですね。

小さいことをたくさん実現させる人生なのか、大きい目標を一生かけて取り組む人生なのか。

どちらも素晴らしいことだし、正解は人それぞれでしょう。

私達みな、自分はこれだというものが、見つかりますように

 

 

-----------****--

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--****-----------

« 匂いとか色とか | トップページ | またまた、私の勘違い(*_*;? »

スピリチュアル」カテゴリの記事

過去世リーディング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 匂いとか色とか | トップページ | またまた、私の勘違い(*_*;? »