« 教室後にタロットリーディング | トップページ | リハビリが始まって1週間 »

2018年6月19日 (火)

地震前の微細な変化

昨日は大阪で震度6弱の地震がありましたね。

こちらでも震度3でしたが、私はその時、掃除機をかけている最中で、地震に気づかなかったです。

震度3に気づかないって・・・ 部屋を歩き回ってたと言っても、鈍すぎますねぇ(*_*; 。

今日のホウホウ先生のブログは、地震の前に起こる微細な変化について書かれて、興味深かったです。

ホウホウさんは今回の地震の前に、強烈な眠気、ラップ音、普段と違う違和感、異様な空腹感がしたそう。

その他、敏感な犬が吠え続けたり、頭痛、肩こり、耳鳴り、PCの調子が悪くなることもあると。

こういうことは信じる or 信じないに分かれると思います。

私自身は、東日本大震災の起きるだいぶ前から、何か落ち着かない感じがありましたが。

でもその後、あんな大地震が起きるとは、全く予想していなかったです。

今回の震度の表を貼り付けますが、

2018061901

こうして見ると、西は九州北部から東は関東まで、日本海側も太平洋側も、本当に広く揺れたのがわかりますね。震源の深さは10kmだったそう。

今日ネットのニュースでも、「地震雲には、科学的な根拠はありません」という否定的な記事も読みましたが。

私は、地震の前に空に現れる変化や、人の身体に起こりうる変化こそ、科学的な研究を深めて頂きたいと思っています

深さ10キロって相当な深さだし、揺れが感じられたのも、本州のほぼ半分くらい。

こんなに広い範囲で揺れる前には、地下に莫大なエネルギーがうごめいていただろうと思うのです。

地球の鉱物は6割が鉄鉱石で、地球は鉄の星だと聞いたことがあります。

地震の直前には、水蒸気や電気的なエネルギーが深い地下から地表に出てきて。

それが空に反映して変わった形の雲になったり、大気に影響して赤く染まることもあるだろうし。

動物や昆虫や魚は、微細なエネルギーの変化を敏感にキャッチし、普段と違う行動を取ることも、あると思うのです。

現代を生きる私達は文明の利器に慣れ過ぎて、本能的なものが鈍ってる。

本来私達は、風の音に耳をすませ、その流れ具合を肌で感じ、明日の天気を予想することもできるのでは。

そんな具合に考えると、人間も、地震前の微細な変化を身体で感じ取っても、不思議はないと思います

まずは、「こういうこともあり得る」と意識することからスタートして。

感じ取ったことをみんなで共有するシステムができると、最強の地震予知システムになるのではないかしら。

本当の科学って、こういうものだと思う。人間の知力と能力を、こういうことに使う時代がきっと来ますように

 

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

« 教室後にタロットリーディング | トップページ | リハビリが始まって1週間 »

石・癒しなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教室後にタロットリーディング | トップページ | リハビリが始まって1週間 »