書籍・雑誌

2020年7月 5日 (日)

浅川嘉富・保江邦夫 令和弍年天命会談 金龍様最後の御神託と宇宙艦隊司令官アシュターの緊急指令

かれこれ9年前、浅川嘉富さんの龍蛇族の本を読んだら、内容盛りだくさんで、知的好奇心がかなり刺激されました。

その後は、浅川さんは本を執筆されていないですが、つい最近、保江邦夫さんとの対談本が出されたそう。

保江さんのことは、詳しくは存じ上げないですが、何年も前から著書を一度読みたいと思っていて。

アマゾンで調べると、(これは読まないといけない)と、直感センサーがビービー鳴りっぱなし❗な感じで(^^;)。

久しぶりに、衝動買いしました。

2020070501

・・浅川さんの本は相変わらず、小脇に抱えて気軽に持ち歩けない、表紙と題名で(^^;)。今回も、ブックカバーは必須です☆

見た目はこういう具合ですが、内容はとても濃厚&興味深かったです。

アマゾンの紹介文を拝借すると、

自身の精神と肉体を極限にまで酷使して世界中の秘蹟を探検、全身全霊を傾けてその解明に邁進してきた、龍蛇族研究の第一人者・浅川嘉富氏。

そして、湯川秀樹博士の最後の弟子にして、伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かった異能の物理学者・保江邦夫氏。

世界における、宇宙人文明・UFO・古代遺跡・神々との邂逅について、二人の行動知の巨人が天命により宇宙初の会談を決行。

◎「神様はリセットボタンを押したがっている」という戦慄の託宣
◎富士山噴火の可能性
◎ AIネットワークの危険性
◎加速する魂の抹消
◎太陽の次元上昇が起こす地球のアセンション
◎秘密裏に行われている遷都計画
◎シリウスB・宇宙艦隊司令官アシュターからの緊急指令
◎キリストが本当に伝たかったこと
◎シリウス・レムリアの復活を阻もうとしている人物
・・etc.

二人が世界中の神秘スポットに実際に足を運び命がけで調査した貴重な成果、そして、金龍様や宇宙からもたらされた真実のメッセージを惜しむことなく公開。

果たして、目前にせまった魂の消滅と地球の悲劇を回避できる、金龍様からの最後の御神託とはどのようなものなのか…?!

という具合です。

浅川さんの著書は3冊持っており、どれも情報量に圧倒されたけど。それらに書かれていなかった、今まで口外されなかっただろうことも、多く載っています。

興味のわいたものは自分の足で調べ、世界の果てを旅したお二人の話は、多岐に渡ります。

個人的にググッと引かれたのは、富士山の話、AIの話、皇室の話です。

お二人それぞれに寄せられた情報も、たくさん紹介されてます。中には、それはどうかな?と思うものもあったけど。

かつて私も訪れたことのある、人と場所のことも書かれてて。

手厳しい指摘だったけど、(実際そうなのよね)と納得のいく内容に、思わず苦笑したものもありました(^^;)。

私の肌感覚では、今、いろんなことが何かヘン、新型コロナも何か奇妙だと感じることが多いのですが。

この本を読んだら、それらがだいぶスッキリした反面、今まで思いもしなかったこともいろいろ気づかされ。

拝読後は、ズシンと胸に来るものが多かったです。

それでも。私達がみな、良い未来を生きるよう、ほんの少しの違いが生まれるキッカケになるのを祈念しつつ。

心を込めて、この本を紹介することにしました。気になった方は是非、本を手に取ってみて下さいね。




-----------*・*---
天然石ビーズアクセサリー教室&販売
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON  寺本 高子

☆インスタグラムはこちらから
☆相互フォロー大歓迎です
---*・*-----------

2020年1月22日 (水)

小田真嘉さんのメールレターより~「身近なあの人の人生ストーリーを知るほど…」

2019041501

今日、小田真嘉さんから届いたメールレターがビビッと来たので、そのまま転載します💕。

*****

どんな人も
お役目を授かって生まれてきて
そのお役目を果たすために
必要な経験をたくさんしている。

そう思って(信じて)
すべての人を見て、関わってみる。

すると
出来事と出来事のつながりが見えてきて
その人たちのストーリーが現れる。

そして
それらのストーリーを感じるほど

自分自身は同時並行で
無数のストーリーに重要人物として
友情出演していることに気づく。

関わる人たちの
同志、名脇役、キーマン、助っ人...
として

そのとき、そのときで
求められる役割を
完全燃焼で演じていると

一緒に自分のストーリーも
どんどん進んでいく。

*****

私達の、一人ももれなく誰でも、
こういう仕組みがあると見ています。

目に見えない存在からの守護と応援と、
様々な計らいも受けながら。

私は今日までゆっくりし、明日からまた教室です。今回のインフルエンザは特殊だったわ(^^;)と、いろいろ思いを巡らしつつ。

また元気にやっていけることに、大感謝の思いを天に送ります💕💕。




-----------*・*---
天然石ビーズアクセサリー教室&販売
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON  寺本 高子

☆インスタグラムはこちらから
☆相互フォロー大歓迎です
---*・*-----------

2019年12月 9日 (月)

BASHAR GOLD バシャールゴールド

2019120901

バシャールと言えば、かれこれ11年前に須藤元気さんとの対談本を読んだことがあります。

その他のバシャール本は、本屋で立ち読みしたことはあるけど、ちゃんと読んだことはないです。

と、そんな話をお客さんにしたら、本を1冊貸して下さいました💕。それが、「バシャールゴールド」でした。ごく簡単に言うと、今まで世に出たバシャール本のいいとこを凝縮した本です。

バシャールとは、オリオン座の方向にあるエササニという惑星にいる存在。ダリル・アンカさんをチャネルとして、私たち地球人と交流を続けています。

日本で初めてバシャール本が出て、もう30年になるのかな。長いだけあって、「バシャールゴールド」はかなり分厚いです。返すのはいつでも良いという言葉に甘え、ゆっくり読みました。

✨ゴールド✨と言うだけあって、今まで語られた珠玉の言葉がちりばめられています。バシャールは、新しいものの見方をわかりやすい例えで説明するのが、良いです。

ページを開くと、様々なエネルギーレベルで重なり合っているように感じます。半透明な箱があっちこっちから飛び出し、本の中で積み重なっている感じです。

気になる文章は手帳に書き写しましたが、ここで紹介したいものを少し抜粋すると・・

*****

意識の物理学「共鳴マジック」で癒す

たとえば、みなさんは富士山がこの地球の大きなパワー・スポットだと知っているでしょうが、どんなことにでも富士山の波動をつくりだすことができます。

(中略)

自然は常に、バランスをとるヒーリングのエネルギーとして働きます。その波動を利用してください。

美しい木や花を見たとき、それを見るだけで自分が中心に戻ったり、バランスがとれたりすることをみなさんは知っていますね。

そういう波動の中で何かものをつくるとき、そのつくったものの中にもその波動が実際に織り込まれます。

***

一人ひとりの波動で全体が変わる

みなさん全体は地球上のたったひとつの意識です。
そして個人のレベルでは、毎瞬毎瞬、みなさんはテレパシーによってつながっています。

ですから、自分のワクワクする生き方を、一人ひとりが確信を持って選択するとき、その波動は社会全体の中でどんどん強くなっていきます。

ときには、この大きな地球の中の小さな国の、そのまた小さな都市の中の小さな部分にいて、自分がすることや自分の起こした変化など、この地球全体には何の影響も及ぼさない、と感じるかもしれません。

しかし、この社会全体が変わる、その波動をつくりだすもととなるのは一人ひとりの波動なのです。

***

次に言うことはとても大切ですから、よく覚えておいてください。

あなたが「過去から引きずってきている」と思っているどんな観念も、実際には、あなたによっていま作られているのです。

あたかも過去から引きずってきているかのように。しかし、実際にはこの瞬間にまたつくっているだけなのです。

物理的な現実と同じように、過去もそれ自体で存在できる分離したものではありません。

みなさんの意識が、過去と現在と未来というコンセプトをつくりだしているだけです。

過去も現在も未来も、文字どおり、まさにいま、ここにあります。すべてのもの、すべての場所、すべての時は、いま、ここにあるだけです。

ですから、どのような現実も、自分が望む現実も、チャンネルを違う周波数に切り換えるだけで体験し、見ることができるのです。

*****

う~ん、こうして書き出すと、やや抽象的かな(^^;)?私としては、どなたかの心に留まり、バシャールに興味を持つ方が増えたら、嬉しいです💕。



*************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdofree.com/

☆インスタグラムはこちらをクリック
 相互フォローよろしくお願いします!
*************

2019年11月19日 (火)

人間関係がうまくいく 類人猿診断

2019111901

先日友人から、類人猿診断を教わりました❤。サイトから説明文を拝借すると、

「類人猿分類」は実際の大型類人猿の性格傾向をヒントに、精神科医・名越康文の監修のもと、Team GATHER Projectが作成した性格分類です。

4種類という大まかな分類ですが、ビジネスや学校など、あらゆる現場で使える実践的な性格分類法です。

4つのタイプは考え方や行動の基準がまったく違います。そのため、タイプが異なる人同士では、互いの言動が予想できなかったり、その背景にある理由がまったく想像できないことがしばしばあります。

類人猿分類を活用して、自分や家族、友人、同僚の性格傾向を互いに理解しあっていくことによって、会社や学校、家庭などの人間関係をより円滑にしていくことができるようになります。

とあって、家族や友達、職場の人達と一緒にやってみると面白そう🎶です。

①単独行動で職人肌のオランウータン
②ムラっ気が強いけどリーダーシップのあるチンパンジー
③秩序を守る物静かなゴリラ
④愛嬌があって互いの気持ちを大切にするボノボ

といった具合に、私達の性格を4つのどれかに振り分けるもの。

上に貼ったリンクから診断できるので、興味のわいた方は是非お試しを。ちなみに、私とだんなさん、教えてくれた友人も、みなオラウータンでした。

解説文を読むと、なるほど納得なものもあれば、そこまでじゃないけどな~?というものもありました。「そういう傾向がある」と言う感じで、自分を客観するのに良さそうです。

ちなみに、貼り付けた画像は、類人猿診断と関係ないです☆。大名古屋ビルヂング1階にある「アナと雪の女王2」の青いツリー、パリ祭に行った時に撮りました。



******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年9月11日 (水)

津留晃一さんの「多くの人が、この本で変わった。」を再読して

一昨日までドタバタしましたが💦、教室ではみなさん楽しんで頂けたようで、何よりでした💕。昨日はちょっと休憩、本を1冊持って、近所のドトールで読書を楽しみました✨。

なかなか、こういうひと時を作れないのですが。普段の日常をスパーンと忘れ、良い気分転換になって、私にはとても良いのを改めて実感。時間を作ろうと思いました。

昨日は、6年前に買って読んだ津留晃一さんの「多くの人が、この本で変わった。」を再読しました。すっかり内容を忘れてましたが、そうそうこの感じだったと、思い出しながらの読書でした。

2019091101

6年前、その感想レポートを綴った記事は、こちらです。

ここ数カ月、この記事にアクセス下さる方が一定数いて、出版されたのも随分前なのに、どうしてかな?と思ってました。それで、6年ぶりに読むことに。

6年前は、禅問答のような内容に追いつきたく、しがみつくように必死に読んだ覚えがあります。今回は、肩の力を抜いて、さらさらと読み返しました。

改めて拝読しても、ドキッとする言葉は多かったです。様々なことを経験した大人なら、耳に痛い内容は多く、「良薬は口に苦し」なのを思い知らされたりもしますが・・❗

津留さんは、一般的な生き方をさらに濃く、凝縮した人生だったろうと察します。一人の男性がたどり着いた、英知あふれる良書です。

職場で、家庭で、身近な人間関係で、大人のみなさんは悩むことが多いと思います。悩みに直接関係はなくても、ふと開いたページに、きらめくヒントが見つかりそうです。

津留さんの言葉は平易で、理路整然としてるけれど。禅問答らしいと感じるのは相変わらずで、女性には読みにくいかもです。

今日、この記事を綴る前に、発行元のサイトを見ました。私も、本を購入したところです。

転売目的を固くお断りするとあり、以前とは様子が違ってて。ちょっと気になり、アマゾンで調べたら、中古本がかなりの高額で販売されていました。

こういうことは、私が購入した当時にはなかったことでした。う~ん・・ 今どきと言えば、今どきの事象だけど。きっとまた、変化するでしょう。

読みたい人に読み継がれて欲しい良書なので、いろいろ落ち着くよう、心から祈念します。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年8月23日 (金)

小田真嘉さんのメールレターより~偶然で人生が進む人、偶然に振り回される人

2019041501

お盆休みも終わっていつもの日常が戻り、高校野球も終わったら、こちら方面は今日、気温が下がって涼しく感じました。時折雨が降り、その間は蒸し暑かったですけど。

8月も23日。日の出時間も少し遅くなり、秋の虫の鳴き声も聞こえるようになって。明日はまた気温が上がるようだけど、少しずつ秋が近づいていますね。

今週は、アンダラの販売ページを作り、だいぶ前に手に入れたカボションカット石のラベルを作ったり、預かったアクセサリーのリメイクをしたり、iichiページに手を入れたりして。

今までできなかったあれこれを、こなしてました。地味にコツコツこなすのは、割と好きだけど、ずっと部屋にいるとバランスがよろしくないので、明日は出掛ける予定です💨。

今週の日曜、小田真嘉さんから届いたメールレターは、私も「たまたま」を日常で実感してるので、嬉しかったです🎶。貼り付けようと思ってたのが、まだだったので、今日はその紹介です💕。

*****

運がいい人は
偶然を味方にしている。

たまたま出会った人と仲良くなる。
たまたま目にした情報が役に立つ。
たまたま話題になったことがヒントになる。
たまたま過去にやったことが今に活きている。
たまたま行った場所でチャンスがやってくる。

たまたまの出来事で人生が進む人と
たまたまの出来事で人生を振り回される人は
一体、何が違うのか?

それは
些細なことを見逃さない。

偶然の出来事には意味があると
正面から受け止める。

ノリを大事に
すぐ動く、すぐ変える、すぐ進める。

それらを続けていると
イヤな偶然も減っていき

だんだんと
偶然が味方してくれるようになっていく。

*****

◆成長のヒント
バックナンバーはコチラ
http://ow.ly/4qNzw




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年8月18日 (日)

紙の手提げ袋をブックカバーに

この頃はなかなか本を読めないですが、電車で出掛ける時はいつもバッグに本を入れ、車内で読むようにしています。

今日は近所のドトールに行って、本を読もう🎶と思いつき、しばらく前にお客さんからお借りした本を持って行くことにしました。

近所と言っても、歩いて25分の場所で👣。去年から毎日1時間を歩くようにしていて、ドトールあたりまで行くのが、ちょうど良いです。

お借りした本はちょっと大きくて、私の持っているブックカバーは使えないのがわかり、作ることに。

作ると言うと、ちょっと大袈裟ね(^^;)。買い物した時にもらった紙の手提げ袋をほどき、本のサイズに合わせて切るだけです。

小学生の頃、きれいな包装紙など手に入ると大事に取っておいて、何かに使いまわしてました。そのノリで、今は紙の手提げ袋を取っておき、ブックカバーを作ったりします✨。

保管してある手提げ袋を見たら、2年前に雑貨を買った時のがまだあって、これを使うことに。

2019081801

水色の植物柄が、大人っぽくて良い感じでしょう💓。その隣りは、ロクシタンの手提げ袋で作ったもの。この柄はかなり気に入っていて、何度も使っています☆彡

左端のは、確か頂いた本に掛けられていたカバー。きれいなカレンダーから作ったのかなと見てますが、このサイズが使いやすくて何度も使ったけれど、そろそろ破れそうなので、処分しようと思います💕。

新しいブックカバーをかけた本を持ち、ドトールへ歩いて行ったけど、休日の午後はみなさんお茶したい時間帯で、結構混んでて。席はあったけど、読書するのはやめて、そばのスーパーで買い物して帰りました💨。

平日の昼間だと空いてて、静かに読書できて良いのよね。平日はなかなか行けないけれど、近いうちに行きたいです💓。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年6月17日 (月)

ジュリアン・シャムルワさんの「ワンネスの扉 ― 心に魂のスペースを開くと、宇宙がやってくる」

2019061701

エドガー・ケイシーのグッズを取り扱う、テンプルビューティフルさんのメルマガをいつも愛読しています。

話題は商品紹介に限らず、店主の光田さんの旅先の話、スピリチュアルな話など、いつも興味深いです。

何年か前から、フランス人のジュリアンの話題が時々出ていました。

2年前にジュリアンのお話会が東京で開かれた時は、新幹線の時間もチェックし、行こうかどうしようかギリギリまで迷ったほど。

当時は更年期で体調が今ひとつだったので、あきらめましたが(T_T)、光田さんの企画&プロデュースで今年の4月に彼の著書が出ると知って、これは是非買おう❗と、とても楽しみにしていました。

発売されるとすぐ買ったのですが、他にも読みたい本があり、最近になってようやく読み始めました💓。

私は10代の頃からスピリチュアルな本が好きで、たくさん読み漁ってきました。

ここ数年は、胸が熱くなる良い本と出会ってますが(アナスタシアシリーズなど)、ジュリアンの本も素晴らしかった✨✨です。

アマゾンから紹介文をお借りします。ちょっと長いですが、お付き合いを。

*****

フランス・ブルゴーニュの葡萄畑に囲まれた村で育った少年が16歳のある夏の夜、UFOを目撃。

それからというもの、夜ごとに謎の宇宙人が訪れ、目に見えない交流が始まります。


そして数年後、パリで新生活をスタートした彼は、とつぜん自分がなくなり、宇宙のすべてと一体になってしまうという、信じられないほど素晴らしい体験に頻繁に見舞われるようになります。

日常生活のなかで、何の前ぶれもなくいきなり圧倒的な感動が押し寄せ、涙があふれて泣きくずれてしまう……

最初はそれが「ワンネス」と呼ばれる体験であることも知らず、いったい何が起こっているのか全くわからないまま繰り返し体験し、自分は気がふれたのではないかとさえ悩みます。

いったい宇宙人はなんの目的でやってくるのでしょう?そして、そこからわかってきたこととは……?

冒頭から躍動感あふれる展開、読み出したら止まらない! フランス人のジュリアン氏が流暢な日本語で書いた、驚きの体験記。シンプルな言葉で、目に見えない魂の交流を鮮やかに語ります。

文化的に理性を重んじ、「個」の意識が強いフランス社会のなかで、UFO遭遇、宇宙人との交流、そしてワンネス体験…と、説明のつかない意識の拡大現象をいきなり次々に体験してしまう著者。

彼は「目に見える現実」と「目には見えない現実」とのはざまで強い恐怖に襲われ、激しい矛盾に葛藤しながらも、少しずつこの物質的現実の奥に広がる、多次元世界に目覚めていきます。

そして解釈や分析や判断はすべて脇において、ただひたすら 自分に起こる現象をありのままに観察し、すべてを詳細に記録しました。

そのエッセンスが凝縮されている本書は、まれに見る貴重な魂の記録といえます。


*****

フランス人のジュリアンは、子供の頃から日本のアニメを楽しむなど、早くから日本に興味を持ち、独学で日本語を勉強したそう。この本は、彼が日本語で書いています。

光田さんがその原稿を読み、不明な点は彼に質問したそうですが、どんな言語でも表現しにくい内容をよくここまで書かれていると、感心しました。

夜ごとやって来る宇宙人は、目で見えるものではなく、気配で感じるもの。あまりの恐怖に、彼はいつも気絶するように眠っていたそうです。


年を経るにつれ、彼は自分の身に起こることを冷静に観察し、ノートに書き留めていきます。

今年39歳になる彼が、母国のフランスではなく、日本で著書を出すというのも不思議な流れです。その辺りのエピソードは、是非著書でどうぞ。

この本がちょっと特殊なのは、今まで様々な本を読んできた中で、あまり感じたことのない「静けさ」が感じられること。私はもう一度、読み返してみます。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2019年3月27日 (水)

古宮 昇さんの「プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術」

2019032701

子供の頃から本が好きな私は、読む時は集中し、本の世界に入り込みます💓。電車や飲食店など、多少の音がする場所で読むのは、全く平気です。

が、この頃は、活字を追う集中力が落ちてるのを絶賛実感中(;^ω^)❗電車の移動時間が読書タイムだったのに、スマホを見ることが増えました。

大好きなアナスタシアの本も、6巻を読んでる途中で骨折し、そこで止まってしまって。秋に出た7巻は買ってあり、6巻の初めから読み直したいです。

去年の11月に丸善で買った「プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術」は、何か月もかかってようやく読了❗良い本でした。読みながら、自分や周りの人達のことを振り返り、時間が掛かりました。

「はじめに」から文章を拝借しますが、

福祉、教育、医療など人とかかわる職業に就いている人々は、傾聴の大切さを痛感しています。しかし、がんばって聞こうとしても、なかなかうまくいかないものです。

なぜなら、傾聴するためには、相手の気持ちを、その人の身になって理解するための理論と技術が必要だからです。その理論と技術が傾聴術です。

本書は、傾聴の実践に欠かせない技法とともに「人間の心の成り立ち」や「傾聴を妨げる心の動き」についてわかりやすく具体的に解説しています。

さらに傾聴の技法を実践的に学べるように、第6章では事例を通して、聴き手がしてしまいがちな悪い応答例と良い応答例をその理由とともに解説しています。(中略)

本書で傾聴の基本を学び、共感力と傾聴スキルを磨くことによって人間関係が改善されたり、困っている人の力になれたりします。その結果、仕事のやりがいがアップし、得られる喜びも大きくなっていくことでしょう。

とありますけど、ようは、

☆聞き上手になりたい
☆人間関係がちょっと苦手
☆心のしくみを知りたい
☆自分が何につまづいてるのか、客観したい
☆親子の関わり方の参考にしたい

こういう思いのある方には、男女や年齢に関係なく、是非ご一読をお勧めしたいです。個人的には、大人はもれなく全員、読むと良いと思いましたよ。

☆モンスターやクレーマーの対応のコツ
☆愚痴が止まらない人の本当の理由
☆万引きをやめられない子供の心
☆怒りをぶつける人の、心の裏にある怖れ

など、これはほんの一例で。複雑でデリケートな心のしくみを、イラストもふんだんに使い、わかりやすく詳しく書かれています。

自分自身はもちろんのこと、身近にいる「困ったちゃん」を理解する助けにもなりそうです💕。




******************
天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロット&過去世リーディング
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/
******************

2018年11月29日 (木)

天外伺朗(てんげ しろう)さんの「日本列島祈りの旅2 クナト姫物語」

2018112901

私は本を読むと、これは良いと思ったものを、ここで紹介しています。精神世界の本がほとんどだけど、胸にジーンと来て、多くの方に読んで頂きたいと思うものばかりです。

でも、今日紹介するものは、万人向けではなさそうです。これから時間をかけて、多くの人に浸透すると思うけど、今はまだ、この内容を受け入れ、理解する人は少ない気がします。

それでもあえて紹介するのは、この本を昨日見つけ、今日の午後に読了した時に、ブログに載せなくてはと、せかされるものを感じたからです。

ここから先の文章を読まれて、ピンと来た方には、この本を大いにお勧めしますけど、何のことやらさっぱり?な方は、ちょっと変わった本が出たのね、くらいに受け止めて頂けるとありがたいです。

いつも私のブログを読んで下さっている方にも、検索サイトから偶然ここにアクセス下さった方にも。この情報が必要な方に、なるべく早く届きますように。

この本の紹介文は、内容が的確にまとめられているアマゾンから拝借しますね。

天外伺朗氏が、民族の封印された御霊を開放することを目指し、2016年から始めた“祈りの旅"待望の2巻。

本書は、Tya‐Tya氏(ヒーラー、エネルギー・ワーカー)に降りてきたチャネリング情報に基づいて、島根県の潜戸(クケド)で2年越しに行った祈りの儀式の記録です。

出雲王朝より昔の時代に、龍蛇と心を通わす“クナト姫"と呼ばれる美しい女性と、そのとき一緒にいた一族(異なる部族)が潜戸で虐殺されたというチャネリング情報。

そして、虐殺された人々の霊が潜戸に長い年月、封印されてしまっているといいます。その封印を解くことが「日本列島祈りの旅」全体のキーになると。

何が起きたかは、チャネリング情報をベースに想像を交えて小説とし、追記も含めてフィクションとして巻頭に掲載しています。本書は、これ以外はノンフィクションという、変則的な構成になっています。

フィクションの部分は、救いようもない悲しい物語。3000年以上たった2016、2017年に、今度はノンフィクションとして、祈りによりクナト姫もオオババ様も封印が解かれ、解放される…… という壮大な物語になっています。

私たちが住んでいるこの日本列島に、はるか昔にこのような悲劇があり、それが今日まで延々と続いてきた、というロマンをお楽しみいただけます。

ノンフィクション部分では、潜戸での祈りの儀式の様子に加え、一体「地縛霊とは何か」という疑問を、深層心理学の知見と、医師による看取りの体験談などから推定しています。

いま、人類は進化しつつあり、それに伴い社会も「“分離"から“統合"へ」変わろうとしています。 地縛霊というのは、「分離」された生命エネルギーが、肉体が消滅した後も残ってしまった状態。

その供養をインディアン流に表現すると、「母なる大地」が「分離」から「統合」へと向かうことであり、この人類の進化、社会の進化と呼応しているのです。

↑紹介文は、ここまで。太字の部分がキーワードになると思い、私が勝手につけました。

天外さんが複数の人と連れ立って行く、日本各地の封印を解く旅の様子は、大雑把な内容です。地縛霊についての見識は、理論的に書かれてるけど、やや理屈っぽいかも。

それでも、これだけの内容をよくぞ1冊にまとめられたことに、素直に敬服の思いを抱きました。

この本は、見た目は普通の本だけど。読み進めると、時空を超えて物語の世界がドーンとつながっていて。天外さんが日本各地を訪れた旅先のエネルギーも多次元的に重なって、とても立体的と言うか、多面的な本という気がしました。

たまたま私は本を読む前に、You Tubeで「秋のクラシック」を見つけ、それを聞きながら読み進めたのですが。初めの物語の部分は、部族の戦いなどハードな内容があり、そのエネルギーを和らげるのに、役立ったように思います。

「秋のクラシック」って、ちょっと物悲しいけど、力強い希望を感じる美しい旋律が、ちょうど良かったです

 

-------------------

天然石ビーズアクセサリー教室&制作
タロットリーディング 愛知県名古屋市他
Little Amethyst LOON 寺本 高子
https://little-amethyst.jimdo.com/

--------------☆彡---

より以前の記事一覧